サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 問題点と論点整理 | トップページ | 検察官適格審査会委員 »

法治国家の根幹が揺らいでいる・検察と既存メディアに対する不信

いきなり、過激なタイトルでごめんなさい。

9月21日夕刻。文字通り寝食を忘れ(3キロは痩せたかな?戻りつつありますが)、もちろんメイクもヘアスタイルも何のその。実質三週間以上に渡って没頭した代表選挙の後片付けもようやく終わり、いつものヘアサロンへ。「証拠資料改ざん、前田検事スピード逮捕」の一報が携帯電話に次々と入ってくる。店のスタッフ達に聞かれたので事情を説明すると、「怖い!何を信じたらいいんですか?先生何とかして下さい!それがお仕事でしょう?」と。まったくだ・・・。

昨年の西松建設事件以来、「検察を批判するとは何事だ。」「森ゆうこは三権分立を知らないのか。」などなど、たくさんのご批判をいただいた。しかし、三権分立だからこそ立法府の一員として、憲法に規定される国権の最高機関の一員として、準司法機関であり行政機関である検察を国民の代表として厳しくチェックしなければならないのではないか。

そう信じて行動してきた。

本日このブログに、いわゆる「政治とカネ」について論点整理してきたものについてようやく公開することにした。

昨年、参議院本会議において、予算委員会理事として平成21年度予算反対討論を行った際に述べたとおり、この問題を放置すれば、日本は「民主主義」ではなく「検主主義国家(郷原信郎氏)」つまり国民に選ばれた政治家ではなく検察が圧倒的優位に立ちこの国を支配することになる。そんな危機感に苛まれてきた。リーマンショックといい歴史的に昭和初期の時代背景に酷似してきているのではないか。同じ危機感を共有している人々が確実に増えていると感じる。

そして、メディアスクラムだ。かつて大本営発表を垂れ流し、世論を戦争賛成へと導いた自らの力の大きさを彼らは認識しているのだろうか。

私自身がこの一年半、直接体験したこと。

例えば、産経新聞の囲み記事。「森裕子参議院議員、日刊ゲンダイのコピーを大量に配る。」ネット上にわざと流布させたのかどうか分からないが、囲み記事の最後の方で目立たないはずなのに、あっと言う間に『祭り』になった。長男から「何か大変なことをしでかした?!」とすぐにメールが来た。未だにネット上では「著作権法違反の森ゆうこ」である。コピーなんかしてませんよ、産経小説さん。取材しましょうね、記事を書くときは・・・ゲンダイそのものを400部入手して配布したんです(笑)。

例えば、朝ズバ。森ゆうこ検察追及チームを立ち上げるという趣旨のフリップをみのもんた氏が指さしながら憎々しげに(これは私の主観)何をやってるんですか、と。私の抗議を受け翌朝訂正したが、謝罪はなし。勉強会発起人の先輩議員に大変な迷惑を掛けて議員会館を謝罪してまわった。少なくとも取材しましょうよ。裏を取ることなく報道(?)すれば、ただの『風説の流布』に過ぎませんか。

挙げたらきりがない。そして今回の郵便不正事件にしても、真偽不明の情報と一番「映りの悪い」写真で、あっという間に誰からも信頼の厚い村木局長を悪人に仕立て上げた。その反省もなく、大阪地検という新しいターゲットに群がっている。

もちろん、私が接する現場の記者さんたちは真面目で、一所懸命で、現状に疑問を持っている。また、検察・警察関係者は命をかけて法と正義を守ろうとしているのだ。

そう信じたい。

「推定無罪」。この言葉の重みをどうやって伝えよう。

« 問題点と論点整理 | トップページ | 検察官適格審査会委員 »

コメント

越後路のアチコチで笑顔のステキな森議員の看板を見つけることができます 決まってそんな時は「頑張れ!」と心の中でエールを贈ります 声に出すこともあります
森議員にとっても大変苦しい辛い日々が続くことと思います 頑張ってください 今日からは「頑張れ!頑張れ!」と2倍のエールを贈ります 
小沢氏の毅然とした姿が美しいと いつも感服しております 小沢氏を信じて支えてあげてください 

森ゆうこ様

走り回り、本物の行動力のある森先生を心から尊敬しております。

森先生が、小沢先生のことを支持されるお気持ち、よく分かります。
なんとか小沢先生を守らなくてなりません。日本のために。

今回の「強制起訴」に関して、なんということでございましょう、
別の案件が、強制起訴の中身に含まれていると伺いました。
「強制起訴」自体が、無効となる可能性はないのでしょうか。

どうかどうか専門家の方を交えての「強制起訴無効」
への取り組みを模索していただけないでしょうか。

他のお方も書かれておられますが、私からもお願い申し上げます。
小沢先生を支え、どうかお力になって下さいませ。
宜しくお願い申し上げます。


どうか専門家の方

森さん、お疲れ様です。

民主党サポーターです。ただし、菅内閣は拒否します。小沢氏の件ですが、小沢支持議員はこのまま手をこまねいて小沢氏の離党を見ているおつもりでしょうか?現執行部はかならず離党勧告を出してきますよ。おそらく議員投票にして、誰が離党支持か、誰が反対かをチェックし、それをテレビで中継させ、議員にプレッシャーを懸けるでしょう。仙谷とはそういう男です。それを阻止するには、小沢氏に確固たる支持層がいることを見せつけなければなりません。森さんが音頭を取って、集会を開催してください。いまネット上では10月24日に小沢支持デモが企画されているようですが、それの成否にかかわらず、何度か集会を開くべきだと思います。執行部およびマスコミに圧力となります。代表選での小沢コールの再現を狙うべきです。たいへん失礼ながら、小沢支持者の間では、小沢支持議員たちの行動力のなさに、失望と怒りの声が上がっています。いまこそ、行動して下さい。
勇気を出して下さい。応援します。

森ゆう子様
「小沢一郎氏を救って下さい」
最近私がメールした2件下記に示します。

(1)2月21日前田主任検事の報道がなされたまさにその日、NHKにメールしました。
(要回答)9月21日(火)18:00~のニュースに続く解説に関してです。今回の村木厚子氏の事件の前田主任検事のFDDデータ改ざんの件に関して、解説者(お名前を失念しており失礼ですが)の方は、検察の構図に合わせようと尋問することに合わせ二重の「誤り」と解説されたように聞きました。本件についての私の理解は、誤りなどというレベルではなく、「重大な犯罪」です。本解説を聞き、著しい違和感と憤りを感じました。当事者である村木氏でさえ、(前田氏)個人の問題に矮小化せずに、問題の解明にあたって欲しいとのコメントを出されております。NHKの解説者であろう方の解説にしては余りにも、その見識を疑わせるものです。もっと構造的・本質的な解説をして頂きたいと思います。一聴視者の(多分他にも同様に感じた方がおられると思います)指摘に対しての解説者のコメントをお願い致します。

(2)最近(10月9日)江川昭子氏にメールしました。
小沢一郎氏を救って下さい。一庶民としてはその情報源も乏しいのですが、今回の検察審査会の「起訴相当」は、
①求められている審査対象を越えての犯罪事実が記載されている。
②審査員の平均年齢が30.9歳というだけでもなんだこれはという違和感ですが、更に一名の高齢弁護士を加えてとなると(もっと云うと女性蔑視はしませんが、女性の方が多い)違和感を越えて甚だしい憤りを覚えます。
の二点だけからでも、どう考えても、不公正極まりないと思います。また、郷原氏が云われるように、審査員が政治資金規正法の意味を理解しているとは思えないし、どこかの大学先生が云われるように、刑事犯罪と政治的・道義的責任を取り違えていると思います。
郷原信郎氏、上杉隆氏、イワガミヤスミ氏、佐藤優氏などにも訴えたいのですが、一番長く(昔から)メディアを通じてなじみがある(勿論私からの一方通行)江川さんにお願いします。石原自民党議員など、谷垣氏も含め本当の事実に目をつむり、民社党攻撃に終始する姿に失望し、怒っています。特に石原氏は、以前、後期高齢者医療保険制度の問題点が顕在化し話題に挙がった際、貴方は賛成し強行採決したではないかと云われると、「こんな問題があるとは知らなかった」と答えていました。そんな程度の政治家がと思うと憤懣やるかたなしです。お伝えしたい気持多々ありますが、散漫になりますので。

検察官適格審査会委員ご就任おめでとうございます。
やはり行動力のある方と嬉しくなりました。

以下のことは既にご存知かもしれませんがしつこくお知らせします。

●宮崎学:小沢一郎へのアドバイス その3
http://www.the-journal.jp/contents/miyazaki/2010/10/post_89.html

同じページに冨田さんの意見もあります。

小沢系の議員は何をしているのでしょうかねえ
議員こそ国会の場において発言したらいかがでしょうか、テレビ中継のあるときに「小沢無罪」と明言してはいかがですか。インタビュ―を受けた時にもはっきり反論した議員をみたことがありません。

反小沢の人達は小沢さんは無罪と知りながら、国会で下手な猿芝居をしています。男性軍には期待できないので森ゆうこさんに名女優ぶりを期待しています。

●植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-32f7.html  

『小沢一郎民主党元代表が批判される理由は皆無』
と植草一秀さんが書いています。

要旨を少し抜き書きしました。
ご覧ください簡単なことです。
これをテレビを見ている人に知らせればよいことではありませんか、

<以下一部抜粋>

★昨年3月3日に逮捕された小沢氏の秘書大久保隆規氏の被疑事実は虚偽記載だった。本年1月13日の第2回公判で大久保隆規氏の逮捕は誤認逮捕だったことが判明したのだ。

多数の資金管理団体が同じ処理をして、大久保隆規氏一人だけが逮捕、起訴された。

★本年の1月15日、石川知裕衆議院議員、大久保隆規氏、池田光智氏の三名が逮捕された。2004年、2005年の収支報告に虚偽記載があるとの容疑だった。

陸山会が不動産を取得したのは不動産移転登記が実現した2005年1月で収支報告書の記載は正しい。
細かな問題で、解釈の違いはあるかも知れないが、小沢氏の資金管理団体による収支報告に犯罪性は認められない。
誰がそう調べても結論はひとつしかない。

闇献金や賄賂については、検察が調べに調べ抜いた結果、不正はないとの結論に至っているのだ。メディアがまともなら、この点を詳細に調べて報道するはずだ。

 単なる憶測で、「怪しさを消すことができないから起訴」を市民目線だとして検察審査会の起訴を認めるなら、冤罪を防止することの重要性など吹き飛んでしまう。
 
 市民が怪しいと感じた人は、全員起訴されることになる。極端に言えば、1億人が起訴されることになる。

<以上抜粋終わり>

なるべくひらがなの言葉で中学生にも分かるように
噛み砕いた分かりやすい言葉がよいでしょう。

マスコミは大衆に分かりやすいように「うその記載」と表現しますそれをそのまま使います。
『大久保秘書さんは逮捕されたけど、裁判で「うその記載」がないことが分かり無罪になった。』と
こんなことでさえ、私のようなネットを見ている者にも伝わっていないのです。
誰が一体伝えてくれるのでしょうか?

石川さんも小沢さんも議員を続けられないほどの犯罪があったのですか、なかったのですか?
結果が出ているのならはっきりそう言ってください。これは冤罪でありこんなことがまかり通るなら誰も議員をやっていられないと。議員全員がそろって反論するべきではないですか?

議員諸氏は疑惑の世論調査などに振り回されずに市民を説得すること
一般大衆一人でも多くの人に真実を知らせることも必要ではないでしょうか

お忙しいと思いますがお身体大切にご奮闘されることをご期待申しあげます。

森様
獅子奮迅とも思える活躍、頼もしい限りです。
私達は、やれる限りのことをやる覚悟です。今でも、やれることは、やっているつもりですが、多勢に無勢、焼け石に水状態です。後は、力の無い我々ができることは、デモしかないかも知れません。不当逮捕も、予想されますが、目に見える形で、世論に訴えて行くしかないでしょう。
森様のご活躍期待しております。よろしくお願いいたします。

10月11日にもコメントさせて頂きました(ちょっと取り乱し気味の)。昨日の衆議院、本日の参議院の各予算委員会をラジオで拝聴しました。昨日の西田昌司氏の激しい思い込み、甚だしい論理の飛躍(小沢氏を国会の証人喚問にかけたい一心での)にあきれました。本日の森ゆうこ氏の節度ありかつ聞く人になるほど・もっともと思わせる質問の組み立てに感心致しました。「小沢一郎氏を救って下さい」。大変失礼ですが、小生、森ゆうこ様に今まで抱いていた印象は、あの武闘派のイメージ(母方と同じ新潟で親近感はありました)。でも、今日のそれは、理路整然とした知性派。検察審査会の問題点(不十分だらけ)をうまく浮き彫りにして頂きました。今日から私、秀人は森ゆうこ氏の心酔者です。森氏が今日指名された郷原氏の発言には、深い認識・高い見識と求める真実に対する謙虚さを感じます。もう一度云います「小沢氏を救って下さい」。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 小沢一郎氏の「政治とカネ」、本当に問題なのか [psw_yokohamaの第2ブログ]
民主党元代表・小沢一郎氏の秘書らが逮捕された「事件」での検察の捜査は、「相手に無理やり犯罪者のレッテルを貼ろうとする」点で、厚生労働省元局長・村木厚子氏のケースと似ています。関連サイトを記録します。 昨日更新された民主党参議院議員・森ゆうこ氏のブログは分... [続きを読む]

« 問題点と論点整理 | トップページ | 検察官適格審査会委員 »

本の予約はこちらから

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31