サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 検察審査会は憲法違反ではないか・・・! | トップページ | 法務部門会議 »

検察審査会は憲法違反か?森ゆうこ議員vs仙谷法務大臣

昨日の予算委で「検察審査会は違憲ではないかと」と質問。

その後、与野党を超えて、多くの議員から趣旨に賛同、早期に法改正すべき、と声をかけられた。

全ての行政組織は法律にその所轄が明記されている。

つまり、最終的に内閣がその行政権行使の責任を負うー憲法65条、66条。

しかし検審は 検察審査会法に裁判所の「所在地」におくとあるだけで、どこが所轄なのか、国家行政組織法など他の法律の何処にも記載がない。

つまり、三権のどれにも属さない、いわば、第四権力である。

第四権力はその権限行使についてどこからもチェックされない。

三権分立の外にある。

三権分立の目的は? 続 三権分立は何のためにあるのか。

権力の分散、チェックアンドバランスによって国民の基本的人権を守るためにある。

一昨日の予算委における、仙谷法務大臣との議論で明らかになったことは、検察審査会の独立した行政権行使による国民の人権侵害については、内閣は責任を負わないということ。

昨夜、自民党の先生方から、検察審査会などという怪物がどうしてできたのか、との質問を受けた。

いや、先生方も賛成したはず。裁判員制度に気を取られ、検審の僅かな法改正に、誰も気づかなかった。

不覚であった。

だが、不覚であったでは済まされない。

早急に法改正が必要だ!仙谷大臣との議論をもう一度整理し、質問趣意書を提出して法改正を促すか。

議員立法で改正するか。

本来の立法府の機能を取り戻すために活動を開始しよう!

>montagekijo:面白い議論でしたがメディアどこも取り上げまあせんでした。⇒YouTube video -- 検察審査会は憲法違反か?森ゆうこ議員vs仙谷法務大臣 http://youtu.be/PhWL3VN-nV4?a

残念!

も少し続けたかったけれど、時間が足りず。

再トライ! でも、一昨日の特別抗告を棄却した最高裁とまるで打ち合せをしたような答弁だった。

« 検察審査会は憲法違反ではないか・・・! | トップページ | 法務部門会議 »

コメント

検察審査会の法律は まさしく 簡単に言えば 責任とるトップがいない。審査、議決。
庶民と言うなの 名前悪用して 好き 勝手 の 議論し 議決も出来る。
管轄が 無いから 右にも左にも 言わば 事件により 有利な方向に行ける。 トップの 大臣、省、 が 検察審査会の上に 無い ためにこんな 法律 造ったのが そもそも、原点で 問題であったと 感じた。この問題ある検察審査会 利用したのが 現在の 政府かも ? 信じたくないが
同じ党で 反小沢で いつも、支持率下がれば小沢批判し 支持率上げて、政権維持してきた。 今回は 全てが 解った 森ゆうこ議員徹底的に 検察審査会の疑問点と 検察審査と検察天下り企業の癒着疑問点も調べ、 全員 一致団結して 徹底的に中途半端無く、調べ 頑張って欲しい 小沢議員は 無罪です がんばれ 森ゆうこ! 沢山庶民 応援してる。 庶民より。

管轄も無い いわゆる 検察 と 同じ 機能 持った団体組織造ったことになる。 検察は 二つ も 必要無い! 後から出来た 新しい検察と思える検察審査会は 何でも 出来る なぜ か それは 庶民の代表と名前だけ名乗り、トップ 責任者もいなし また 個人情報保護と 言う こと 利用し、自分たちの 利益 権利 権力 保護 も出来る それに 逆らうと逮捕することもできるとは、 戦国時代の 武士が将軍に逆らうもの 裁くのと 同じ システムと感じる。

本日(12月8日)新聞報道にて、最高検が、「高検(東京、大阪、名古屋)内に証拠確認専門官を置く」方向と知りました。私は、以下の理由で、この方針に疑問を呈します。
① 今、検察が直面している事態は、地検の担当検事が証拠改ざんを行ったこと(事実)、そして、その上司である特捜部長および副部長がこの事実を知っていて隠避したのではないか(係争中)という事態にあります。改ざんされた証拠を確認してどうするの?という基本的なピントはずれを指摘致します。
② この課題は、「法と証拠に基づく捜査方法」の品質の向上・改革の課題です。エンジニアリングの世界ですら、品質は「検査ではなく作りこみ」というのが、今まで、世界をリードしてきた日本の結論・智恵です。つまり、まずは、もっと現場に近いところ(この場合地検内)に解決策を講ずべきであって、仮に「証拠確認専門官を置く」しか智恵がないなら、それは、地検内に置くべきです。というより、本来、この証拠確認という機能は、担当検事が果たすべきで次に上司である副部長、部長の責務のはずです。それを、上位組織である高検にそのチェック機能を置くというのは、全く見当違いであると指摘致します。エンジニアリングの世界よりもっと人間臭い司法の世界なら、そんなことをすれば、如何にこの上位組織のチェックをかいくぐるかと証拠改ざんなどの智恵をめぐらすようになる恐れがあります(原因の究明、問題の深堀が全く不十分)。
③ 下位組織の品質不良を上位組織が検査するという発想は、まず、中央集権的発想であるし、次に非効率である。
私は、今検察が直面している重大な事態(課題)に対しての最高検の改善の方針が、こんなピント外れであるとの懸念を一体誰に伝えれば良いのか?誰か納得のいく説明をお願いしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/50190561

この記事へのトラックバック一覧です: 検察審査会は憲法違反か?森ゆうこ議員vs仙谷法務大臣:

« 検察審査会は憲法違反ではないか・・・! | トップページ | 法務部門会議 »

本の予約はこちらから

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28