サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 「真の挙党体制を構築するため」の党運営について | トップページ | 最高裁から説明を受けました。 »

第177回国会(常会)

1月24日召集 会期は150日 6月22日まで

朝の厚生労働部会に出席。

年金法改正案について、様々な問題点を指摘。提案も行った。

霞ヶ関が滑り込ませる条文には要注意。目が離せない。

« 「真の挙党体制を構築するため」の党運営について | トップページ | 最高裁から説明を受けました。 »

コメント

衆議院代表質問見てます。渡部恒三は終始寝ています。税金の無駄遣いは、最初に役立たずの老人から削減してもらいたい。
サラリーマンが会議中に寝ていたら解職ですよ。金があれば、国会議員になりたいね。寝て歳費貰えるなら。仙石も居眠り。国民を愚弄してる。
テレビ中継してんだよ、アホじゃないか!

厚生労働部会ということで下記御検討をお願いします。従来は実質大企業しか対象ではなかった雇用安定助成金制度でしたが、麻生内閣第2次補正予算で初めて中小企業雇用安定助成金制度が成立し多くの中小企業が倒産を免れ、雇用を維持してきました。民主党政権になり継続はされたものの、運用条件など厳格化の一歩をたどり、今国会では
その制度の中の教育給付金が割合で言うと半減されるようです。金額で言うと大企業が
1日4000円ー>2000円(2000円減)、中小企業が6000円ー>3000円(3000円減)。自公政権唯一といっていい中小企業救済策が民主党政権でなし崩しにされてきてます。是非再検討をお願いします。早く小沢内閣を誕生させてください。

【年金制度についての与謝野大臣の発言について】

先日、与謝野大臣が年金の支給年齢を上げるとの旨の発言をされました。
この発言は、年齢が若い人程、将来、年金がもらえるのかと不安を感じさせるものと思います。
年金・医療・介護等の将来不安が内需を冷え込ませている大きな一因である昨今を考えますと、このような発言は大きな問題だと思います。

将来の安心を国民が感じるのような年金・医療・介護制度の早急な制定こそが最大の景気対策だと思います。

与謝野大臣の起用は、菅政権は、民主党らしさ失い、自民党的になってしまのかという不安も感じます。
このようにならないように、森ゆう子さんに頑張ってほしいです。

国会議員の削減と地方への権限移譲は同じ目的のものです。外交や国防といった国の仕事は国会議員が行い、国民の暮らしに直接関わるような事については地方に任せるといった事です。これは地方の人達が自分達で社会を作って行こうとする考え方をする必要があります。その為に必要なのは、地方から情報発信のできる人が存在する事です。それは指図してできるようなものではなく、自然発生的にやって見る人が出て来るようにする事と、発言の場が生まれる事です。声を出してもそれが消えてしまうのではなく、こだまになって遠くに届いたり、答えが返って来るような活き活きとした情報空間が必要になります。その中心になるのはやはり、国会議員、地方議員の話し方、話の内容にかかって来ます。
菅政権は日本国の国家運営を行う資質ではないので、早晩終わるものと考えます。愛知の選挙は大敗ですから、民主党として決断を先送りにはできないでしょう。菅総理を辞任させるか、民主党Aに民主党議員の大半が移動するかです。私は前者だと思っています。

[01/26 11:17]
[経済ニュース悪夢:聞けば怒りたくなる20の事実]

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/486/

☆高齢者の万引、約2万7000人で過去最多「動機は経済苦」
(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000514-san-soci
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/306.html
警察庁は「高齢者の犯行動機をみると経済苦が目立っており、実際に食料品の万引が多い。現在の経済情勢が影響している面も否めない」と話している。

森議員お疲れ様です。
年金の問題が庶民の感心です。特に年配者は注目してると思います。
上記のはなゆーさんの記事は今の世相であり今後の最大の社会問題になると思います。
何故?70才に支給引き上げなのか?
国民は納付金を25年以上も収めています。
百年安心。と自民党政権は言ってました。
与謝野馨はその時の与党にいたはずです。
まやかしは通用しませんよ。
財源不足?
そんな筈はない。(無駄遣い分は使った役所の職員に弁済してもらいたい!)
更に、財務官僚の財布でもないハズです!
今国会は実に実りの無い、期待出来ない国会です!
国民負担を決定する為の議会ならば庶民でも考え付きます。
そうでは無いのでは?
毎年毎度の納税に感謝して大事に予算をやりくりする。(足りない分は国債があります、国債が増大して日本が破綻するとかネバダレポートの様なまがい物に騙されません)
今の日本の危機は政治です!
とにかく政治です!

森議員と同士の決断がもしかしたら国民が一番望んでいるかもしれませんねぇ…

国会で暴れて下さい!(暴力じゃないよ…笑)

検察と検察審査会関連での前向きな対応に感服します。
検察・野党・与党・・・よってたかっての小沢さんタタキには、日ごろから頭にきています。
中でも、菅・仙谷・岡田・枝野・前原等、反小沢と称されいるこれらの連中にはあきれ返っています。保身の為にそこまでやるかの感じです。
是非頑張ってください。
身の危険を考え、仲間での行動をお願いします。

95ヶ月厚生年金に加入していましたが、独立後国民年金に加入するのに気ずかず今まで来ました、妻も私(74歳と73歳)も所謂無年金者です。
政府は五割も国庫負担で年金を支払おうとしています。そのために消費税10~25%が必要だと言われています。その消費税を無年金者の私たちまでも払わされるのかと思うといやになります
無年金者は世の中に一体全体何%ぐらい居るのでしょうか
出来たら各年齢別に知りたく思います
厚生省や新聞社に聞いても全然判りません
最高裁みたいに公表を憚っているように思います
賢明な正義感であられる森ゆうこ議員ならなんとか調べていただけるのかなと確信して御尋ね申し上げます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第177回国会(常会):

« 「真の挙党体制を構築するため」の党運営について | トップページ | 最高裁から説明を受けました。 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30