サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 児童養護施設の改善にむけて! | トップページ | 第177回国会(常会) »

「真の挙党体制を構築するため」の党運営について

Photo_2 1月21日 16:00~17:05 

参議院議員会館B104号室にて記者会見

(動画)岩上安身オフィシャルサイトより

18:15党本部にて岡田幹事長に申入れ。。

平成23121

民主党 代表   菅直人  殿

幹事長 岡田克也 殿

議員有志一同

平成23年度予算案並びに関連法案の早期成立を目指す「真の挙党体制を構築するため」の党運営について

来週124日に第177回通常国会が召集されます。私たちは、現下の厳しい経済情勢に置かれている国民生活を守るため、何をさておいても、平成23年度予算案と関連法案を一日も早く成立させなければなりません。しかし、昨年7月の参議院選挙大敗により、臨時国会に引き続き「ねじれ国会」という非常に厳しい現実が待ち受けています。

私たちは党所属国会議員皆で心と力を合わせて、この難局に立ち向かっていかなければならないと決意を新たにしております。そのために、何よりもまず挙党体制を築くための党運営が必要であると考えます。菅直人代表をはじめ執行部の皆様におかれましては、私たちの真意をお汲み取りいただき、国会召集日に開催される両院議員総会までに下記の質問にご回答下さいますようお願い致します。

                   記

【国会運営について】 【党大会の運営について】

【政策について】   【内閣改造について】

上記内容は下記3枚pdfにて

「110121「真の挙党体制を構築するため」の党運営について」

« 児童養護施設の改善にむけて! | トップページ | 第177回国会(常会) »

コメント

森議員
ご意見拝読いたしました。まっとうです。誰の目にも明らかです。心配なのは明らかすぎるので執行部が開き直るのではないかということです。負けないでください。いろいろ大変だと思います。どうぞお体に気をつけて、小さく弱い多くの国民のための正義を、暮らしを守ってください。お願いします。

菅政権の目的が、『打倒、民主党!』に変わったと考えれば、簡単です。菅政権の目的が民主党を潰して自民党政権に復帰させる。そして自分達は自民党に入るか、万年野党として責任から逃れた政治屋稼業をして過ごす。と評価するしかないでしょう。早く辞めてもらう。これしか有りません。あまりに、馬鹿で他に申しようが御座いません。
民主党に以下の意見を致しました。
件名 『偽善者面は止めろ!!』
小沢一郎議員の「政治とカネ」について、はっきりと説明しなさい。
尖閣ビデオを公開しなさい。
現執行部は「民主主義人民共和国党」に行って好きなだけ独裁政治をおやりなさい。
以上であります。

森ゆうこさん、川内さん、申し入れ内容は実にもっともな内容です。

動画のアップを楽しみにしております。
これを機に、「国民の生活が第一」の09マニフェスト勢力の情報発信のため、ネットでの動画発信戦略を構想してみてはいかがでしょうか。

森さん、がんばれ!

菅支持議員と 鳩山小沢支持議員は 原点から考え方が違う
一緒は 考えられ無い 新党つくり 集団離党したら良い。
絶対に増税路線は負ける。 不景気な時 雇用無い時増税 消費税アップするのは 異常 そんなことしたら
景気 どころか 倒産する。菅 は 無能 また 前原は 勝手にアメリカの言いなり 沖縄 おもいやり 予算決めた ここは 日本だアメリカに日本人の大切な血税ムシリ獲られ国民にはお金無いから増税?フザケルのも いい加減にしろ!前原 絶対団結反対する。
日本は アメリカの植民地では無い 小沢議員支持する 鳩山小沢路線支持する 森ゆうこ議員 絶対に がんばれ! 貴女の後ろには大応援団体がいる。 沢山 応援してる頑張って欲しい!

Ustream iwakamiyasumi channel での森さんのインタビュー生中継、最高でしたよ。
岩上さんにお願いして「森ゆうこチャンネル」も作っては?

なんでそんなに必死なの?
小沢から金そんなにもらってんの?
刑事事件はそれで裁判すればいいけど、秘書が何人も起訴されてんのに議員本人がトカゲのしっぽ切りで知らんぷりは政治責任として許されないでしょ?
連座制で議員辞職するのが当然だと思う。
そんなのをかばってる議員も怪しいものだ。

検察審査会 指定検察官は サツサと小沢さん起訴したら? 逮捕したら? 検察審査会で決めたし! 指定検察官弁護士は 社会から見捨てらたら良い!冤罪小沢さん起訴した無罪起訴した 弁護士で 仕事も 永久に無くなる。弁護士と言う信用も 永久に 無くなる速く小沢さん起訴しろ小沢議員は 無罪である 冤罪起訴 した 指定検察弁護士官は 歴史に残る 国民 及び世界中の 笑い者になるだろ〜! それを支持した反小沢議員も世界中から笑い者になる日本 国益 失う。 責任者は 菅 高見の見物人は 官僚と アメリカ 関係無し いかに菅が 無能か これで解る 団結は 無駄 集団離党したら良い 菅政権なら 昔の社会党の道 歩むやがて党は消滅する 無くなる 国民は バカでは無い 菅内閣の 増税消費税アップする党なんか 誰ひとり 支持しない あえて 言うなれば菅内閣支持は 官僚家族と 経済界トップの家族。。 あとは 増税、消費税 団結反対だ!! 小沢議員強く応援し支持してる。 小沢総理希望する

●森さん、お疲れ様です。マスコミの小沢議員批判は異常ですね。特に、みのもんた氏はしつこいですね。毎週土曜日の午後、彼の番組をよく聴きますが、毎週小沢議員を批判します。その話の運び方は明らかに意図的です。みの氏のファンは年配の女性が多いと聞きます。皆その言葉をまともに信じてしまうんですよね。目を醒まして欲しいものです。

どうして反転攻勢を仕掛けないのですか? その為には小沢先生の国会での証人喚問であれ 倫理審査会であれ出席し そこが突破口であり出発点になるハズです 無実と無罪は違うのです もっと積極的に汚名をそそぐ努力が必要なのでは…
2年前の今頃だったと思います 当時の麻生総理が多くの国民の反感の強い給付金について 実際に給付したら低迷していた支持率は上昇するとほくそ笑んでいたのは… 不思議に思っていたら 見事なタイミングで西松事件 検察からのリークとそれに乗せられたらマスコミ報道によりすっかり事件は造られてしまったように思います しかしこれも有名税の一つと思って 是非とも反転攻勢に転じて下さい

民由合併以来民主党を支持し続けて来た一人として、現政権並びに執行部、特に江田五月法務大臣と岡田幹事長を質したい。

江田法相は、「検察の在り方検討会議」第5回会合で、
「正義を追及するのは検察で、国民生活の一番基本的な信頼。早急に信頼回復を図る必要がある」と指摘。年度末までに有効な改革策を提言するよう求めた。とある。
一方、法相は21日の会見で、小沢元代表が通常国会冒頭での政倫審出席を事実上拒否した事に絡み、「政治と金の問題は日本の政治の宿弊というべきもので、日本政治が今日まで抱えてきている。私たちの世代でけりをつけ次の世代に引き継がない。その思いは菅首相と共有している。」等と発言したようだが、何を言うか!だ。
具体的問題点すら提起もせずに、所謂「政治と金」問題等と発言してる場合なのか。
陸山会事件における公判前整理手続での失態?実態を所管大臣としてどう捉えているのか。

公判前整理手続で、石川代議士の取り調べ段階での弁護士宛の手紙やICレコーダーに録音した記録を証拠申請し採用されたとの事。マスコミ報道によるその内容が事実とすれば、検察の誘導強要による供述という、社会的にも大きな問題であることは言うまでもない。
その後、それ以上に大きな問題がマスコミにより報道された。
もう一人の被告である、大久保元秘書の公判前整理手続での問題である。

報道によれば、
捜査段階当初、収支報告書の虚偽記載への関与を否認していたが、その後の取り調べに対し、大筋で容疑を認めたとする、その供述調書について証拠請求を取り下げたという。
その後の取り調べをした検事は、厚労省村木裁判で証拠を捏造した前田被告である。
最高検が昨年12/24に公表した村木裁判による検証結果の報告書によれば、
最高検の検証チームは、前田被告が東京、大阪地検特捜部在籍時に関与した41件の事件についても調査したが、他の事件では「証拠の改竄を行った事実は認められなかった」と結論付けた。とある。
ならば、何故証拠請求を取り下げる必要があったのか。
前田なる者が取り調べた実態を裁判上明らかにされる事を回避する事を第一優先と捉え、事実から逃げたとしか思えぬ行動である。
その結果、逆に大久保元秘書側は、
前田被告が当時の取り調べで「否認を続ければ小沢元代表を起訴する」と示唆する発言をして自白を迫られたとして、前田被告から受けた取り調べの内容の記録を証拠申請した。と報道された。
検察の取り調べの実態を裁判で明らかにするという、大久保元秘書側の強い意志の表れである。
これが、事実とすれば、大問題である。
前田被告は、水谷建設の元幹部を取り調べ、1億円裏金提供の供述を取った検事であるが、大久保供述の証拠請求を取り下げたのであれば、この件も疑わしい限りであり、検察は同様にこの件を取り下げるべきである。
これでは、石川代議士の取り調べについても、疑わざるを得まい。
これで、陸山会事件の公判が維持出来るのか。

一体検察はどうなっているのか。
あの最高検による検証報告は何だったのか。
最高検は本当に検証したのか。
江田法相は、一体何をしているのか。
政治と金などと小沢元代表を批判している場合じゃなかろう。
先ずは自身が所管する検察を質すべきであり、それが大臣の江田氏の責任ではないのか。

そもそも、政治と金問題=小沢悪論なるものは、検察による無理筋で起こされた西松事件が事の発端であり、それが陸山会事件へと続き、検察審査会による起訴議決へと発展し、その間検察リークとマスコミあげての情報垂れ流しによる世論誘導で作り上げられたものである。
西松では小沢氏が代表を辞任、陸山会では小沢氏が幹事長を辞任、今では説明責任という名の下で国会招致問題、起訴後の離党勧告問題等、政治に対し非常に影響を及ぼし続けている。
事件が事実であれば、小沢氏も元秘書等も制裁を受けねばなるまい。
しかし、西松事件では裁判で検察側証人の証言により覆され既に事件そのものの実態が失われ、陸山会事件等は本来訂正で済むレベルの単なる収支報告記載期ズレの問題を収支報告書虚偽記載による政治資金規正法違反容疑で立件。
その上、今回表面化された検察の取り調べによる供述に信憑性がないとなれば、その被害者は、各元秘書等であり、小沢氏であるり、その間党代表、幹事長と辞任に追いやられ選挙にも少なからず影響を及ぼした事からも、最大の被害者は民主党そのものである。
今回、検察による供述調書の証拠請求の取り下げ等矛盾する行動に対し、民主党としては事実関係を追及し、先ずは検察を批判すべきではないのか。

事ここに至っても、党として批判もせず、疑問を呈する事もせず、実態調査もしないままに、小沢氏一人責任を追及し続ける執行部の姿勢は承服出来ない。
執行部は何をしているのだと言いたい。


民由合併以来民主党を支持し続けて来た一人として、現政権並びに執行部、特に江田五月法務大臣と岡田幹事長を質したい。

江田法相は、「検察の在り方検討会議」第5回会合で、
「正義を追及するのは検察で、国民生活の一番基本的な信頼。早急に信頼回復を図る必要がある」と指摘。年度末までに有効な改革策を提言するよう求めた。とある。
一方、法相は21日の会見で、小沢元代表が通常国会冒頭での政倫審出席を事実上拒否した事に絡み、「政治と金の問題は日本の政治の宿弊というべきもので、日本政治が今日まで抱えてきている。私たちの世代でけりをつけ次の世代に引き継がない。その思いは菅首相と共有している。」等と発言したようだが、何を言うか!だ。
具体的問題点すら提起もせずに、所謂「政治と金」問題等と発言してる場合なのか。
陸山会事件における公判前整理手続での失態?実態を所管大臣としてどう捉えているのか。

公判前整理手続で、石川代議士の取り調べ段階での弁護士宛の手紙やICレコーダーに録音した記録を証拠申請し採用されたとの事。マスコミ報道によるその内容が事実とすれば、検察の誘導強要による供述という、社会的にも大きな問題であることは言うまでもない。
その後、それ以上に大きな問題がマスコミにより報道された。
もう一人の被告である、大久保元秘書の公判前整理手続での問題である。

報道によれば、
捜査段階当初、収支報告書の虚偽記載への関与を否認していたが、その後の取り調べに対し、大筋で容疑を認めたとする、その供述調書について証拠請求を取り下げたという。
その後の取り調べをした検事は、厚労省村木裁判で証拠を捏造した前田被告である。
最高検が昨年12/24に公表した村木裁判による検証結果の報告書によれば、
最高検の検証チームは、前田被告が東京、大阪地検特捜部在籍時に関与した41件の事件についても調査したが、他の事件では「証拠の改竄を行った事実は認められなかった」と結論付けた。とある。
ならば、何故証拠請求を取り下げる必要があったのか。
前田なる者が取り調べた実態を裁判上明らかにされる事を回避する事を第一優先と捉え、事実から逃げたとしか思えぬ行動である。
その結果、逆に大久保元秘書側は、
前田被告が当時の取り調べで「否認を続ければ小沢元代表を起訴する」と示唆する発言をして自白を迫られたとして、前田被告から受けた取り調べの内容の記録を証拠申請した。と報道された。
検察の取り調べの実態を裁判で明らかにするという、大久保元秘書側の強い意志の表れである。
これが、事実とすれば、大問題である。
前田被告は、水谷建設の元幹部を取り調べ、1億円裏金提供の供述を取った検事であるが、大久保供述の証拠請求を取り下げたのであれば、この件も疑わしい限りであり、検察は同様にこの件を取り下げるべきである。
これでは、石川代議士の取り調べについても、疑わざるを得まい。
これで、陸山会事件の公判が維持出来るのか。

一体検察はどうなっているのか。
あの最高検による検証報告は何だったのか。
最高検は本当に検証したのか。
江田法相は、一体何をしているのか。
政治と金などと小沢元代表を批判している場合じゃなかろう。
先ずは自身が所管する検察を質すべきであり、それが大臣の江田氏の責任ではないのか。

そもそも、政治と金問題=小沢悪論なるものは、検察による無理筋で起こされた西松事件が事の発端であり、それが陸山会事件へと続き、検察審査会による起訴議決へと発展し、その間検察リークとマスコミあげての情報垂れ流しによる世論誘導で作り上げられたものである。
西松では小沢氏が代表を辞任、陸山会では小沢氏が幹事長を辞任、今では説明責任という名の下で国会招致問題、起訴後の離党勧告問題等、政治に対し非常に影響を及ぼし続けている。
事件が事実であれば、小沢氏も元秘書等も制裁を受けねばなるまい。
しかし、西松事件では裁判で検察側証人の証言により覆され既に事件そのものの実態が失われ、陸山会事件等は本来訂正で済むレベルの単なる収支報告記載期ズレの問題を収支報告書虚偽記載による政治資金規正法違反容疑で立件。
その上、今回表面化された検察の取り調べによる供述に信憑性がないとなれば、その被害者は、各元秘書等であり、小沢氏であるり、その間党代表、幹事長と辞任に追いやられ選挙にも少なからず影響を及ぼした事からも、最大の被害者は民主党そのものである。
今回、検察による供述調書の証拠請求の取り下げ等矛盾する行動に対し、民主党としては事実関係を追及し、先ずは検察を批判すべきではないのか。

事ここに至っても、党として批判もせず、疑問を呈する事もせず、実態調査もしないままに、小沢氏一人責任を追及し続ける執行部の姿勢は承服出来ない。
執行部は何をしているのだと言いたい。


ご奮闘の様子を見るにつけ、何故、他の議員は発言せぬのかと、歯軋りしています
私たち、昔からの、支持者は、もう、あの時の精神を忘れたガン内閣の狂気の暴走には
諦めました.  再出発すべきです、!
カン内閣の不信任案が出されたら、絶対、賛成すべきです。  近親憎悪と言われようと
功労者を生贄に差し出して、自分の保身に利用するとは、人間として最低の行為です
許すところがありません、  地方選挙では、執行部の行動する前に色分けして、推薦
議員を決めるべきで、『日本一新の会」では地方で候補者に電話で選別を始めています
もう、限界です!  森さん! 川内さん! 防波堤ばかりさせて、申し訳ないのですが
踏み止どまって、やれる処まで頑張ってください!

いつも阿修羅等ですばらしい活躍に感服しています。ご存知だと思いますが明日新潟で「小沢一郎・鈴木宗男応援デモ」を行います。
1月23日の「小沢一郎・鈴木宗男応援」新潟デモのチラシをつくりました。

http://www.fuyuu.com/home8/1.23demo.pdf
http://www.fuyuu.com/home8/1.23demo2.pdf
1789年のフランス大革命より222年になります。田中角栄さんも輩出した地区から是非参院選の責任をとらず、09年のマニュフェストを蔑にする缶政権を引きずりおろしてください。たすけあい党より 

森議員、川内議員さま、昨日は本当にお疲れ様でした。
岩上さんのustで昨日のお二人の行動の前後を拝見しました。
岡田氏とのやり取りも・・・暖簾に腕押し状態のようですね・・・

岡田氏は元からあのような方だったのでしょうか?民主党支持者の新参者ですので・・・
民主党の議員の多くの方々を私たちは買い被っていました。
菅氏、岡田氏、前原氏、仙石氏、馬淵氏、それに長妻氏・・・などなど

なんと冷たい政権を選んでしまったのかと、後悔の念が消しても消しても持ち上がります。次々と小沢派議員をポストから外し、委員会からも排除するとは・・・
冷血そのものですね。挙党一致なんてトンでもない。専制政治です。

代表選で、菅氏を選んでしまった事が決定的な誤りでしたね。
それ以前にも誤りの兆候があったような・・・
そもそも、小沢氏を代表から降ろしてしまった事が最初の最大の誤り。
政権交代後の鳩山政権で小沢氏を入閣させなかった事も、難を加速させましたね。
力のある政治家の力を総結集してさえ足りないほどの相手だというのに・・・力量と経験豊富な政治家を外しては、政権交代の実を実らす事など不可能だったのに・・・と思います。

その結果すっかりと既得権益側に取り込まれ、政権党の権力のイスにすがっている事だけが目的になってしまい、まるっきり小泉売国政治の自民党政策を引き継がされている・・・もう、残念と言うより悔しいです。本当に悔しい・・・悔しい・・・あの、歴史的政権交代がこんなになるなんて・・・

既得権益側に現政権が取り込まれてしまったと言う、この事柄は、単なる推測ではなく、ウィキーリスクで曝露された真実、事実です。
鳩山グループの方々は「もう!あなた方執行部で勝手にやってください」とおっしゃっているそうですけれども、ちょっと無責任ではないでしょうか?政権交代の意義を台無しにする方向に猛進しようとしている現執行部に対し、その投げやりな言葉は無いと思います。

小沢派の方々と、その外の国民寄りの議員の方々が一致団結して現執行部を説得をする事は出来ないのでしょうか?ぜひ、ぜひ、行動を起こしてください。今のままでは、小泉政策の遣り残した「国民などドウでも良い、アメリカ様が第一」の政策を実行され続け、吸い取られ尽されます。どうぞ、一致団結し、方向を誤っている現政権の阻止をお願いします。あの政権交代を成し遂げた国民からの切なるお願いです。

小沢氏の事件も免罪である事が明るみに出てきました。小沢氏を民主党全員で支え、その免罪を勝ち取る事でしか、あの歴史的政権交代の実は実らないと思います。
その実を実らせる事ができれば、あの政権交代は、この国の官僚主導政治とアメリカ従属の歴史的転換として輝かしく歴史に残ると思います。今の状態では独立国と民主主義を遅らせた歴史の汚点として残るだけです。

民主党の議員の皆様、力を合わせてあの政権交代を成功に導く努力をしてください。現執行部は既得権益に騙され目隠しをされて反対方向に進まされています。それの間違いに気づかせるように、党員全員での説得をお願いします。その説得に成功し、方向を正せさえすれば力のおありになる方々です。きっと、政権交代の実は実る筈です。

成功すれば「鳩山政権をスタートとした民主党の革新政治は、幾分の紆余曲折を経て、鳩山・小沢両氏の血の滲む努力と、民主党議員全員による改革の硬い意思により、国民が託した歴史的政権交代は成し遂げられ、20××年、日本は真の独立国となり、真の民主主義国家に生まれ変わった」と歴史の教科書に載ることでしょう。

民主党!頑張ってください!

森ゆうこ参議院議員様
やりました!『真の挙党体制を構築するため』の党運営について読みました。同意します。すばらしい! 岡田の言うべき言葉を貴方から幹事長へ書面を付けて、申し込みするとは大政党である民主党がするとは夢にも思っていませんでしたが、現政権のメンバーでは致し方ない必要行動でした、それを川内、森の両氏がやってくれて感謝しています。これからも応援してゆきますから頑張ってください。物騒な世の中、くれくれも身辺にご注意を払って、貴方が女首相になるまで頑張ってください。こちらもそれを期待して応援してゆきます。合掌 鹿島

昨今の民主党執行部の行動のニュースに接する度に、多くの国民から政権交代を期待された時の民主党と比べると、菅総理のリーダーシップにより、先の衆議院選挙で国民に約束したマニフェストを安易に反故にしたり、或は、先の衆議院選挙を幹事長として采配し、見事に勝利し政権交代を果たした小沢一郎氏に対しては、今や礼儀も忘れ執拗且つ非情に排除一途の対応をとったりなど、最早や、見る影もなく民主党を変節させてしまっていて、菅総理の人間としての礼節を忘れ苦難な汗は流さず安易な方策を選択するようなリーダーシップでは、国民の期待は完全に裏切り、国民の生活は惨憺たるものになってしまうのではとの思いと、然りとて、他に期待できる政党は見当たらずで、倒閣以外にないのではとか単純な思いが過ったりなどして、一国民としては、ただただ心配と憂いの毎日でありました。それだけに、この度の、心からの国家国民への熱い思いと民主党を憂いた有志の行動は私達の誇りでもありますし、まだまだ民主党も捨てたものではないとの思いを湧かせて下さり、とても心強く希望を抱かせて下さいました。本当にご苦労様でございました。益々のご活躍を切にご祈念致しております。

森ゆうこ様
初めまして。
ツイッターと岩上氏のユーストで森議員の考え、行動を知り、侠気のある森議員の大ファンになりました。昨年12/14の朝ズバ、1/21の記者会見では良くぞ言ってくれたと意気に感じました。
岩上氏との対談で菅一味が森議員の支持者を弾圧している事を知りました。
菅一味は「国民の負担が第一。元気な既得権益を復活させる。平成の売国」をスローガンに、今度は国民を弾圧します。

今、小沢氏は動けませんが、2/7の石川議員の公判で冤罪事件が明るみに出れば動けます。裏を返せば、小沢氏への証人喚問は無理なので、冤罪がばれる前に菅一味は小沢氏を離党勧告などの処分をするハズです。その為、党規違反で委員会人事、役員人事を反小沢にして準備しています。
支離滅裂な彼らは小沢氏が無罪になっても誰も責任を取らないでしょう。

国会初日に両院議員総会がセットされました。この日に菅氏は小沢氏を起訴させて、総会で一気に処分する算段だと私は見ています。しかし、石川議員、森・川内議員の先制攻撃で彼らはピンチです。また得意の先送りかも?

森議員様
どうぞ、キャツラに負けず、国民の生活が第一。の政治を復活させてください。

今の民主党執行部は何かに取りつかれたような異常な状況である。我国のトップも目に覇気がなく万年野党の批判のみで国家論か語れてない。私は小沢氏が自民党を出た時からの熱烈な支持者の一人です。何とか総理大臣になって欲しいと望んでいます。今は武田信玄のごとく動かざること山の如し。デモの輪が大きくなり国民の声が更に強くなることを期待します。必ず国民は理解します。それにしてもみのは許せん。

今の民主党執行部は何かに取りつかれたような異常な状況である。我国のトップも目に覇気がなく万年野党の批判のみで国家論か語れてない。私は小沢氏が自民党を出た時からの熱烈な支持者の一人です。何とか総理大臣になって欲しいと望んでいます。今は武田信玄のごとく動かざること山の如し。デモの輪が大きくなり国民の声が更に強くなることを期待します。必ず国民は理解します。それにしてもみのは許せん。

岩上さんとの対談(1時間半くらい)と同じものを、外国人記者クラブで話していただくことはできないのでしょうか。

小沢さんがおっしゃっている「お天道様が見ている」ということを昔こども達は信じておりました。今の記者の皆さんも「お天道様が見ている」ことを信じている心ある人もあるはずです。
ぜひ、ぜひ、お願いいたします。

今の菅執行部を見ていますと偽メール事件を連想します。
おそらく彼らは国会閉会中に小沢切りを行えば、国民の支持も再上昇し通常国会を冒頭から有利に運営できると安易に考えていたのだと思います。

確かに1000人(有権者の0.001%の数字)のマスコミ世論操作では小沢切りを支持する数字になっていますが、内閣支持率は30%前後と危険水域ギリギリですし、本当の国民の声たる選挙では、10月以降7連敗中です。

2010年10月・・・北海道5区補欠選敗北
2010年11月・・・和歌山知事選敗北
2010年11月・・・沖縄知事選不戦敗
2010年11月・・・松戸市長選敗北
2010年11月・・・福岡知事選敗北
2010年11月・・・茨城県議選敗北
2010年12月・・・西東京市議選敗北
岡田氏で勝てたのは『相乗りした』2010年11月の愛媛知事選と松山市長選だけです。恐らく見通しが狂った時の撤退とか出口戦略などプライド高き彼らには最初からなかったのだと考えます。

逆に言えば彼らのメンツを保ってやりさえすれば出口戦略の無い彼らとしては渡りに船と妥協すると思います。不本意とは思いますが相手は子供ですので正論を述べてもますますかたくなになると思います。追いつめすぎると破れかぶれ解散という最悪の事態になるとも思えます。

できれば森さん川内さんクラスではなく、お子ちゃまの虚栄心を満たす連合の古賀さんとか稲盛さん、亀井さんあたりに鳩山さん当たりを通じてお願いしたほうがベターだと思います。

森議員。
お疲れ様です。
岡田幹事長の迷走ブリは目を被うばかりだ。
民主党が現在、半分に割れているのは端から見ても歴然です。民主党の中に野党がいるのと同じ事です。
小沢派の皆さんが息を潜めて我慢しているのは解ります。
しかし!
それは民主党の中の政局です。1日も無駄に過ごされては国民は不利益を被ります。
09マニフェストは反故にされました。
あの時民主党に投じた有権者の落胆と怒りは凄まじい物です!(次期衆議院選挙は焼け野原になるでしょう)
理念の違った野党からの閣僚の受け入れ。
増税に次ぐ増税の議論。
歳出の区分けと見直しの議論は何処にいった?

民主党は出直しを選択するかマニフェストへの回帰を選ぶかの二択しか無いです。
出直しは簡単です。
野党の不信任に同調する議員が民主党から大量に出ればOKです。
マニフェストへの回帰は現執行部の刷新しかありません。
対米隷属の面々の首切りしかありません。
しかし、難しい問題です。
横田からの信任が内閣の基盤になっている菅直人内閣の打倒はちょっと手強い。
代議士諸君の団結力の見せ場なのだが…
国民にデモを決断させる政府は情けないです。
投じた一票を悔やませるな!
と言いたい。

これだけ国民をシラケさせた政権は皆無です。

挙党一致も見せかけならば国民は代議士諸君へ牙を剥く。

この国会の冒頭で解散しなさせなさい!

背任内閣はとっとと退散しなさい!

森議員の同士の決断にかかってます。

『更に森ゆう子ココログをパワーアップするために。』

ツイートで言葉を交わした雑談日記のSOBAです。

昨日は、主体がハッキリ分からないマスゴミ造語の「強制起訴」でなく「審査会起訴」あるいは「検審起訴」を使おうの呼びかけツイートへの賛同ありがとうございました。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2011/01/post-15b2.html#top

今日は森ゆう子ブログパワーアップの提案です。

植草一秀先生の所でも設置している、「ココログ最強検索」と「ココログ最強カレンダー」を設置をお勧めします。
※植草さんの所へは同じくご提案し、即行で提案を採用して頂きました。

資料サイトなのに検索出来ないのは不便です。ぜひお勧めします。
※なお、googleの検索窓はよした方がいいです。特に政治的な事柄については非常に偏頗な検索結果を出します。

◎「ココログ最強検索」の特徴。とにかく正確。

◎「ココログ最強カレンダー」の特徴。
1、上部の←、→クリックで前月、次月に進めます。
2、過去エントリーを開くと、それに対応する年月になります。
3、日付にポインタを持って行くと、エントリーの表題がポップアップします。
※なお同一日に複数エントリーがある場合には最後の表題がポップアップします。

※「ココログ最強カレンダー」の設置については若干分かり辛い部分がありますので、僕のココログでの説明を参考にして下さい。以下です。
http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/04/post_25a4.html#top

小沢議員 西松事件で訴えた 人 は 誰 だ 社会問題に発展した 誰か 国民は 知る権利がある。

検察審査会も 疑問 国民は疑問 訴えるところまできてる!検察審査会 架空団体みたいな感じさえする 理由は 公表 不完全!
菅政権には 呆れ果て 今後一切関わりたくない 選挙は 勝手にすれば良い
私達は 菅支持議員 無視する!
小沢議員は 夢実現のために頑張って欲しい日本変えて欲しい 国民の生活第一の理想実現の夢に向かって全力で 一致団結しがんばれ 応援する

ハッキリ 指摘 だらだら コメントは 仕方ない!

ハッキリ 指摘 する
西松 事件 で 小沢議員 訴えた人は誰?

前田 が 一人で 出来ない 支持した上司の 問題は無いが 上司の責任は?

前田一人の 問題に現在はしてる感じさえする?

政策問題 逆方向は質問しないか?

沢山ありすぎる問題 書くのは嫌気がする それくらい 現在の菅政権はダメ 嫌だ 鳩山 小沢 議員は 徹底的に 抵抗するつもりあるか? こちらは 生活第一の政治希望して投票して政権交代させた 期待 裏切りは 絶対許さない。国民の生活第一の政治して欲しい。希望 と期待している 頑張って欲しい 絶対に無理なら政権崩壊させ 新しい政権 連合政権樹立望む 国民のために 働く政権作ること期待します!
アメリカ第一は ダメ
官僚第一 は ダメ ここは日本 アメリカの植民地では無い!

ツィッターでフォローさせていただき、議員のつぶやきを「当然」と思いながら応援をしているものでございます。

投稿の中には、何も調べも知らないで小沢=悪、秘書が逮捕されているから小沢=悪、○鹿みたいなコメントもありますが、そんなもの気にしないで信じる道を突き進んでください。

しかし、民主党執行部に対して色々と意見を言うのも限界に近づいているのではないでしょうか、だって相手は聞く耳を持っていないんですから。このまま暴走を続ければ日本が大変なことになってしまうような気がします。

そろそろ路線が違うものを切り離すのか、出て行くのか、結論を出す時期が近いような気がします。森議員を始めとする方々の奮闘を期待しております。

鳩山小沢議員 小沢議員代表選挙支持した議員は 菅に強く抵抗するべき 国民の代表である 生活第一の政治の政治目指して 頑張んばるべき! 根性が無い 菅政権崩壊させる気持ちで 国民の立場になり 徹底的に 抵抗するべきべき 一致団結し 根性据え打倒し 原点の政治目指し 国民の生活第一の 庶民の暮らしが楽になる政策すること期待します 増税 消費税アップ 保険アップ ガソリンアップ タバコアップ これが 庶民が悦ぶ政策か ふざける のも いい加減にしろ TPPまで言う 最悪政権だ 怒りだ 団結し こちらは 支持はしない 拒否 団結反対する。 小沢議員 応援する! 小沢さん支持 亀井さん支持

小沢鳩山政権支持者さんへ
いつも情報ありがとうございます。私はテレビと大新聞は見るのをやめました。理由はご存じのように真実を伝えていないことがはっきりわかったからです。
感情で物を書いてるだけ。マスコミは事実を書く。のではなく書いた事が事実になる。しかも全く責任はとらない。マスコミがすべてを決めているといっても過言ではありません。
鳩山政権の時あれだけ世論調査したにもかかわらず、菅政権ではやらない。むしろマニフェストを守らないことをマスコミは歓迎している。菅政権は反民主の官僚やマスコミを味方につけ更に反民主の急先鋒与謝野氏を入閣させた。ただそれだけのことである。
敵を味方につければ安泰と思っているのだ。
しかし菅政権は必ず行き詰まると私は思っている。
議会運営ができない政権が簡単に予算を通せると思えない。鳩山政権は小沢氏が戦後5番目の早さで予算を成立させた。
小沢鳩山政権支持者さんはよくご存じだと思います。「小沢氏を代表から降ろしたことが最大の誤り」といわれてましたがその通りですが小沢氏がやめたのは西松事件(?)以後ですからこれがなければ総理になっていたと思います。
また「代表選で菅を選らんでしまった事が決定的な誤り」というのも異論ありませんが他に人がいないという民主党の弱点です。
選挙の顔としては知名度のある菅を選択するしかなかった。小沢氏と鳩山氏の暗黙の了解だった。まさに層の薄さです。
しかしだからといって民主党がダメだと切り捨てるのはいけないと思います。
ダメなのは菅という総理であり民主党ではありません。菅政権は自民党と同じといわれるが政策はともかく自民党のような知恵がありません。
それが経験のなさです。
2009年自民党マニフェスト「議院内閣制下での政治主導を一層強化する」と民主党と同じことをいっている。政治主導は自民党も唱えている。実は子供手当てと高速無料化以外はほぼ同じである。「2020年に成長戦略として国民所得を世界トップクラスに」といっているが10年後のことを公約にできない。任期は4年。これほど国民をバカにしたものはありません。民主党の方が自民党よりも具体的に書いてある。それだけに責められやすい。しかしやらなくてはならない。今からでも十分間に合う。

100年に1度の政権交代を失敗だったと私は思いたくない。権力の移動がない民主主義は民主主義ではない。「議会制民主主義を定着させる」という小沢氏の考えは全然間違っていない。
それを邪魔する勢力が日本を悪くしているのだ。

今も政治家罪悪論を信じてる人は多数である。しかし小沢氏の一連の問題でそれは破綻した。好き嫌いは別にして小沢氏は法律に反することはしていない。もうこれは断言してもいい。
同時に検察とマスコミの信用は地に落ちた。

秘書が起訴されたからといって議員辞職する必要は全くない。してはいけない。
そういうことで私も小沢鳩山政権支持者さん同じく、民主党頑張れ。といいたい。

はじめまして。先程、岩上さんの1/21のインタビュー動画を拝見しました。
いつもながら、森さんの勇気と真摯なご発言と行動に敬服しております。
先日の青山での「検察・マスコミの糾弾、小沢さん支援のデモ」には夫を送り出しました。
(下の娘が小さいこともあり、夫婦での参加は今回は断念。)
選挙で投票して後はおまかせ、、、という時代はもう終わり。
いま自分にできることを、小さくとも何かしなければ取り返しのつかないことになる、という危機感が身に迫るこのごろです。
森さん、どんなことがあっても負けないで、今よりすこしでも美しい国の未来像を描きつづけて
ください。いまはまだかなわなくとも、「いつかきっと」と、行動し続けましょう。
わたしたちが応援しています。


こんにちは(゚▽゚)/
初めまして〜
民主党と言うか…
小澤一郎先生を支えつつ
今後の日本国を発展に導いてください。

真実を求める者様

先のご投稿では、私の短気を納めてくださいまして、ありがとうございました。
今回は、私のような主婦の投稿に「情報をありがとう」との感謝まで頂き恐縮です。
私の情報など、孫の情報アンテナに従って中学生レベルで読み集めたものです。

孫に「これに付いて知りたいけれど何処を読めばいい?」と聞きますと、「お婆ちゃんはどれくらい詳しく知りたいの?」と孫、息子が横から「お婆ちゃんは一番簡単なのから!」との口出し。・・・と、言うことで中学生レベルの情報で、小学生レベルの理解をし、要領の悪い表現で長たらしく書き込んでいます。間違いも沢山あると思いますので、お気づきの時には、どうぞ訂正し、お教え下さい。

早速ですが、今、知りたいことがあって調べています。
先日、小沢氏がテレビ出演の時におっしゃった「TPPは、アメリカの世界戦略なのですからね」という言葉の意味です。

私も、主人も東北出身者ですので、田舎には農業を生業にしている親戚、知人が沢山おりますので、農業が犠牲になるということは解っています。その意味では、反対ですけれども、TPPとは農業だけではなく、全てに対する自由貿易で、全てにわたる関税無しの貿易になると言う事らしいですが、その中身と、本当の危険性をよく理解できません。

亀井大臣の「国にとっての大事は、自主防衛と自主関税権だ」とのお言葉をお聞きしたり、他の評論家の、TPPをタイタニックに例えた「TPPに入らないと世界から乗り遅れると菅政権は言っているが、タイタニックに乗り遅れる事は良い事だ」と言う記事も読みました。それらの情報から、菅さんの勇み足TPP協定推進は、とても危険な事なのだとの感想を持ちました。ですが、実は、その危険内容を良く知りません。内容を良く知らずに確信を持った「賛成」も「反対」も出来ませんので、よろしかったら、教えて頂けませんか?

宜しくお願いします。

森参議院議員様に対し初めて投稿させていただきます。日々の議員活動を拝見し異なる地域の者ですが意見のほどよろしくお願いいたします。
 失われた10年いや20年が経過し自民党(資本家優位)の政策ではもはや立ち行かなくなった国内において、2大政権として議論を交わす政党が成熟していなかったことに対し、この国の不幸が具現化されるに至っています。
 国民からの選出された議員により民主主義は成立するものとした大前提に対し、現在の政権はもはやナチスかスターリンの再来を想わすような独裁的な愚行が多すぎます。
 民主党内にはブレーキをかける勢力な存在しないのでしょうか?
 菅直人さんは、権力亡者にしか映りませんね。
 

先の投稿での「民主党がんばれ」の部分、ちょっと言葉足らずでした。

「民主党」と言ってしまいますと、現執行部の10人組み(4人組が定着していますが、それだと前原さん、安住さん、小宮山さん、げんばさん、レンホーさんなどが外れてしまいますので)を含めての応援ととられてしまいます・・・09年の政権交代を台無しにし、国民の声を聞く耳持たない方々を除いた「民主党」との意味です。

現執行部の幹部と、それに付随している議員の方々は、私たち主婦仲間内では次回の選挙で「落選」の対象とする方々です。大阪の友人達は、社民党から抜け出し、アメリカのポチと言われている前原さんにベッタリの辻元さんも、その対象者に入っているようです。「絶対落としてみせる」と息巻いています。

間近に迫っている地方選挙も、私たちは当然、菅支持派の地方議員も応援できません。その方々を当選させたのでは、現政権の肯定になるからです。ますます、菅政権は勘違いをして、売国行為に突き進む事になります。

政権交代を成し遂げた国民の想いを裏切られ続けても、小沢氏や小沢派の議員がいる限り、その民主党を見放しません。ですが、現執行部付随の議員や立候補者は絶対に支持いたしません。

以上、訂正させて頂きます。

前原は絶対に 拒否する 菅も駄目 だが 前原 は もっと駄目 アメリカ小泉 竹中 路線だ 前原断固拒否 駄目小沢総理期待 する 駄目なら 亀井総理 それが 駄目なら 小沢支持議員総理希望する 森ゆうこ議員総理になれ 応援する 頑張って 欲しい 菅支持議員は絶対許さないし 拒否する 菅民主党は見捨てた 永遠に無視 関わり たくない!
小沢議員は無罪です! 冤罪 国策捜査です

  今朝のテレビで、辻なる人物が公衆の場で森先生を呼び捨てにしている場面の報道がありましたが、このような失礼を許してはなりませんぞ!老いぼれではありますが、一応九州男児の応援団のつもりです。今後とも、御自身の思うところを怯まず堂々と発言して頂きたいと思います。

小沢鳩山政権支持者さんへ
私も今流行りのTPPはよく知りません。元々私は大学で法律を学んだので経済は苦手です。これでは答えにならないので多少調べました。
TPPとは「環太平洋戦略的経済連携協定」といいまして元々シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの四ヵ国で始まり、貿易関税について例外品目を認めない形の関税徹廃を目的としているものです。

昨年からアメリカが急速に推し進めて「2015年までに協定国間の貿易において、工業品、農業品、金融サービスなど全品目の関税を10年以内に原則全面徹廃する」ということだそうです。
これに反対が出る理由は、「外国企業の進出、投資規制や労働者の受け入れ制限が難しくなる」ということとやはりアメリカ資本が無条件で国内産業に入ってくることに対する警戒感があると思います。

関税というのは国内産業を保護することが目的ですからそれを無くすということはやはりすべての産業にダメージはあると思います。
ただ関税や規制をなくすのは日本は既にやっていて、自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)で11カ国と締結しています。ただ東南アジアや南米が中心で日本よりもGDPの割合が少ないので国内産業にはあまり影響が少なく、むしろ輸出産業にはよい傾向があったといえると思います。

しかしTPPはアメリカが入ってきたのでこれまでのEPAとは違います。それだけに反対の声が強くなります。ただTPPには10カ国が参加するそうですが、GDPを比較すると9割以上を日本とアメリカが占めるため、実質は「日米FTA」という見方もされています。

ですから一概にマイナス面ばかりではないと思います。今はアメリカ産業が入ってきて国内産業が壊滅するような風潮ですが、決して楽観はしませんが考え方によってはアメリカに対して日本製品をどんどん輸入させるチャンスかもしれません。小沢氏が自由党時代に「アメリカにやられると思ったらダメ。逆にアメリカを飲み込むぐらいじゃないと」といってました。
私もそう思います。

農業はご存じの通り自給率は低いですが質の面ではどこにも負けないと思います。かつてオレンジを輸入してもミカンが売れたように質の高いものを生産すれば必ず売れると思います。日本の農業は世界一です。
小沢氏も「質の高いものを作ってどんどん輸出すればいい」といっていました。
小沢氏は経済は自由論者です。しかしその為のセーフティネットを作らないといけないと主張しました。
それが戸別所得補償制度です。
長々と書きましたがこれは簡単に賛成、反対をいえるものではありません。必ずしも百害あって一利なしとはいえないと思います。
すべての事柄にプラスとマイナスがありますから。

ただ今の菅政権は何の戦略もなく簡単に決めたことに反対があると思います。
しっかりとした準備(政策)が必要だと思います。やはりアメリカに対してものが言えないとダメですね。

今の段階ではこれぐらいしかいえません。また調べてわかったら書きたいと思います。
もし参考になったら幸いです。

TPPは断固 反対する こちらは 農業と 個人市場経営してる 庶民 知らない庶民は実態調査と勉強と現場の把握して欲しい それから話して欲しい! こちらは 知ってるからこそ 断固拒否 反対してる 安易に 国の これは命運問題 更に自分たちに 直結する問題簡単には 賛成する? 参加する? そんな ことされたら 非常に困る 慎重にするべき問題です 現時点では 断固拒否 反対 議論も無い突然飛び出しだ問題TPP 則ち 小泉 竹中路線 アメリカの 言いなり政策 こんなTPPには現状では 断固拒否反対する。 亀井総理だ 小沢議員支持 する 頑張って欲しい
正義は勝つ がんばれ
菅民主は見捨てた!

真実を求める者様

お忙しい中、丁寧なご回答をいただきましてありがとうございました。
いろいろな方向からのご回答を拝見し、早急に事を進めては危険なのだという事は理解できました。何事も、プラス面とマイナス面があるのと同じように、TPPも同じ事のようですね。「平成の開国」などとカッコ付けをし勇み足になってはいけないと言うことですね。よくよく検討をし、自国にとって如何なのかを良く考えて慎重に決定しなければならない事のようですね。

TPPは、なぜか急に最近出てきたように思います。それが議論もそこそこの決定では、時期尚早と言う事になりますよね。アメリカ側からの圧力があったと書かれていましたので、アメリカ側にとっては最高に有利に働く協定と言う事は間違いないのでしょうね。アメリカに急かされて言いなりにならずに、わが国の利益を考えて、慎重に事を決めて欲しいと思います。環太平洋と言っても参加国はGDPの低い所だけだそうですから、それに、韓国も中国もFTTどまりで自国の自主関税権を守っているのですね。日本はそんなに急がずに良く考えた方が良さそうですね。

真実を求める者様から、TPPは金融の自由化もあるのだと教えて頂きました。郵政民営化の郵貯資金とも関係が出てくるという事なのでしょうか?他のところで「TPPが結ばれると、日本の郵貯の莫大な国民資産がアメリカによって吸い取られてしまう」ということが書かれていました。当然その様な恐れも出てくるのでしょうね。

私も、孫に進められた所を何箇所か読んでみました。単独で読んでも良く理解できなかったのですが、真実を求める者様のご回答を読みましたら、私が読んだものも、関連付けが出てきて何となく解ってきたように感じました。ちなみに、孫の勧めで読んだ部分も書き出してみます。もっと関連付けが進めば、より良く理解できそうに思います。お暇な時間を割いていただき、これらについてのご感想もお願いできましたら、ありがたく思います。

※米国が第二次大戦後に世界に強要してきた「世界貿易」という通商システムが今、危機を深めている。アメリカはこの危機の延命のための「体制危機の輸出」こそがグローバリぜーションの本質で、その崩壊は予測されている。TPPに参加しないと日本は国際的に取り残されるという風潮があるが、「何から取り残されるのか?」取り残される事が本当に日本の為に悪い事なのかを考える必要がある。

※「平成の開国」と呼んではいるが、そもそも日本の全品目を通した平均関税率は、世界で最も低水準にあり、農産物関税も11.7とEUよりも低い。農産物の90%は国際競争力の中ですでに激しく戦っている。日本は既に充分に開国している。これ以上の何を開国するというのか?平成の開国ではなく「平成の売国」になる。

※TPPとは、広範囲な分野にわたる米国経済のためのアメリカの利益の為のルール作り。米国の都合で振り回された典型例がメキシコ。メキシコで「北米自由貿易協定」が結ばれ、主食であるとうもろこし生産農家がつぶされ、米国から安くとうもろこしを買っていたが、自国の農家がつぶれた途端にとうもろこしの価格が吊り上げられ買うに買えない状態になり、食糧難に苦しむ結果となった。

※TPPに関するロナルド・ドーア氏の興味ある発言が明らかになった。
「日本に対するTPP協定が本格化してきた。500兆円が手に入るのはもう少し待つことになる」という驚くべき発言だ。日本は1911年に関税自主権回復をした。それから丁度100年目にTPPを日本に要求してきた。形を変えた「年次要望書」である。

まだまだあるのですが、長くなりますので一旦ここで止めます。

真実を求める者様、丁寧なご回答ありがとうございました。お陰さまで、なんとか概観だけはつかめました。難しい事を易しくご説明頂きありがとうございました。

こんばんは、小沢・鳩山政権支持者さん。
TPPに関してはこちらの動画が分かりやすいと思います。
※動画ではマイナス面ばかりが強調されていますので、一つの物の見方として
ご覧ください。(セーフティーネットを強化しないでやればリスクが大きい事は間違い
ないでしょうけどね。)
-----------------------------------------------------------------------
【中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!】
http://www.youtube.com/watch?v=RlyluxDfjMo&feature=related
-----------------------------------------------------------------------
TPPとは関係ないですが、岩上安身さんの森さんへのインタビューを見ました。
森さんの支持者(団体)への現執行部の脅しや恫喝ともとれる行為には呆れますね。
肝が据わっていない政治家ではひとたまりもないでしょう。
このような事実も、インターネットが無かった頃には表に出る事はなかったでしょう。
しかし、今はツイッターやウェブの動画で表に出す事が出来る。
マスコミの専売特許だった情報発信というツールを、その気になれば手に入れらえる
という状況は、まさに時代の転換期と言えます。

①小沢さんの無罪が確定した時のマスコミの対応
②反小沢の評論家(軽蔑の意味で私は評論【屋】と呼びます)の反応
③小沢さんの無罪が確定した時の菅執行部の反応
他人事で失礼とは思いますが、これら三つは楽しみですらあります。

最後に、森さんの必死に資料を集め権力と対峙する姿勢は、故・石井紘基議員と
重ねて見てしまいます。それ故に心配もしております。
くれぐれも身辺にはお気を付けください。

  郷原信郎弁護士記者レク 2011年1月21日
  http://iwakamiyasumi.com/archives/category/webjournal

を拝見しましたら、小沢さんの「政治と金の問題」とは、もはや第二の偽メール事件といえるかもしれませんね。ただ今回の偽メールは検察特捜部(とくに、あの前田検事)が誘導した元議員秘書の供述調書やでたらめな憶測情報。
あの偽メール事件当時の民主党幹部たちは、ぜんぜん進歩していないんですねぇ。しかもあのとき惨めな状況に陥った民主党を立て直した恩人、小沢さんをたたき出しにかかるとは。
  今の民主党幹部には故永田議員の呪いでもかけられているのでしょうか?(悪い冗談ですね、失礼。)

  「岡田さん、第二の永田議員になるお覚悟は?」と聞いてみたいところです。

小沢・鳩山政権支持者 様

以下のサイトで詳しく述べられています、アメリカも輸入するのだから云々は理想ですが実際には怖い考え方です。現状の経済状況等を鑑みての小沢氏発言だと私は理解しています。「平成の開国」が日本を潰すことになると思っています、現状では絶対に許してはなりません。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/tpp_5.html

お疲れ様です。
1/24の両院議員総会は散々でした。もう菅民主党政権は完全に国民の敵となりました。
TPPでアメリカに日本を売ろうとしています。
この不況下で消費税増税をしたら日本の経済はパンクします。
また、小沢氏に対する政治謀略も辞めずに日本の民主主義を崩壊させ、すでに独裁恐怖政治を敷いています。
このまま菅政権が続くと日本は崩壊します。
小沢氏と支持派議員の存在が最後の希望です。

さて、1/22にNHK「ニュースの深読み」で金子勝氏がTPPの問題点を述べました。
(菅氏と豆腐屋に行った)大手マスコミはTPPの本当の姿を報道しません。
TPPは24分野があり、この内の3分野(工業・農業・繊維/医療品)が関税に関わる部会でその他に投資・労働・金融他の部門があります。
(詳しくはTHE JOURNAL「TPP反対!地方紙からの声」を参照願います。)

関税部門はTPP問題の「見せ掛け」で、本質は他の21分野です。
アメリカは郵政米営化で失敗した郵貯の300兆円を狙っています。他にも様々な要求をしてきます。
だから小沢氏が「セーフティネットを設けずにTPPをやったら、皆やられちゃうよ」と言っているのです。

森議員がTPPにタッチしているのか不明ですが、岩上氏・金子氏と鼎談をしてTPP情報を広く国民に知らしめてください。

Ryuji様。迷い人さま。

TPPに関する情報のご提供ありがとうございました。
偶然にもお二人の方がご提供くださった先生は同じ中野剛志氏ですね。
中野剛志先生のお話は理路整然としていて、解り易いですね。
動画は私向きですね。解り易いです。でも、これはどういうこと?という個別疑問場面では、文章化したところで調べられましたので、私の弱い頭でも相当な所まで理解が進みました。動画と文章の両情報のご提供に感謝です。
本当にありがとうございました。

TPPとはデメリットが殆どで、メリットは無いに等しいという事のようですね。
メリットとして言われている「日本の輸出が増える」という事も嘘のようですしね。
菅さんは、本当にTPPの事をお調べになって「平成の開国」とおっしゃっているのでしょうか?まさか?まさか?内容も良く知らずに、官僚の差し出すものに勇み足で調印しようとしているのでは無いでしょうね?とても心配ですね。

Ryujiさま、迷い人さま、情報のご提供ありがとうございました。とても役に立ちました。

小沢鳩山政権支持者さんへ
よかったですね。疑問が解けてよくおわかりになられたようで。私が書いたのはあくまで制度上の概要に過ぎません。大して参考にはならなかったかもしれません。お孫さんの方が情報に精通してるようで頼もしいですね。

私は情報は必要最小限にとどめているので、他の投稿されてる人の方がより詳しいでしょう。

まあ私の場合はこれまで情報に頼り過ぎて何が事実なのかわからなくなったこともあってわざと情報を入れなくしました。これはTPPに限らずすべてに共通します。情報は相対的なもので一つのことが絶対だとは思いません。ただ人は自分が思うことを正しいと信じてしまうものです。私も物をいう時はそうです。

だからこそ片方だけの意見に偏ることは避けるように心掛けている次第です。
そうはいってもなかなか難しいことではありますが。
私はすべての物事には良い面、悪い面があると思っています。絶対はないと思います。その意味でいうとTPPも良いことは何一つないとは思いません。勿論反対するのは自由ですし間違いだというつもりもありません。

今の私の考えをいえば条件付きで賛成です。それはいうまでもありません。セーフティネットを作ることです。まあ私の意見など大したことありませんが…。

一つ面白いデータがあるので紹介します。
「TPPに関する企業の意識調査」(帝国データバンク)全国2万3101社を対象に調査をし有効回答企業数は1万917社(回答率47.3%)

TPP参加65.0%が必要。
3社に2社が日本にとってTPP参加を必要と認識。
自社業界にとっては38.3%が必要。

TPPへの参加。現状でも参加可能とする企業46.1%。
TPP参加に最も必要なもの参加後のビジョンの提示が35.8%。

TPPに参加しなかった場合72.4%の企業が長期的に景気に悪影響があると認識。悪影響はないが5.4%。

これは一つの参考に過ぎません。が反対ばかりではないということはいえると思います。当然ながら賛成、反対両方あるということですね。

真実を求める者さま。

再度お返事を頂きましてありがとうございます。
何事も両面があり、絶対は無いというお言葉は大切な言葉として心に留めました。
情報があり過ぎて、という部分は私には当てはまらないかと・・・ですけれど、情報取得の部分で偏りが生じてしまう事はあるとおもいますので、そこは判断に際し心したいと思います。

孫は、私の思考の好みを知っていますので、私の気に入る情報を集める事はあるかもしれません。孫に情報提供を頼んで、納得いくものであった時は、ちょっとお小遣いを渡したりするものですから、孫は一生懸命に集めてくれます。これは、孫の為にもなるのではないかと思っています。未来のシッカリした有権者として育つようにとのバァーバの下心の想いでもあります。でも、孫は小遣い集めが第一目的のようですけれど・・・

教えて頂いた結果、わかったことは、自由貿易は良い事でfあるけれども、シッカリとしたセーフティネットを設けずに市場開放することは避けなければならないと言う事。
自由貿易には、いくつかの種類とやり方があって、その中の一つFTTとは、その国の「関税権」を守りながら、取引相手や取引品目も選べる自由貿易のこと。もうひとつのPTTは「自国の関税権」も無くし、更に取引国や取引品目も全て取り払うという協定。

FTT自由貿易での、これまでは「要望」であったものが、TPP自由貿易では法的拘束力が働く「協定」となるということ。これらのことから、やはり、私には、TPPとは、とても危険なもののように思えます。現時点の判断では、私は反対の立場です。

更に、孫が見つけてくれた動画も視た結果、この私の反対の判断は固いものになりました。新党日本のホームページの中の動画で、田中康夫さんと小野寺五典さんのPTT対談です。これも、動画ですから、私にはわかりやすかったです。

物事には両面ある。その意味でも、どちらかと言うと賛成の方のご意見と、TPPの問題点を挙げている情報とを、両方頂きました事は、とてもありがたく思います。
本当にありがとうございました。

小沢鳩山政権支持者さんへ
お返事ありがとうございます。お孫さんはしっかりした有権者に育つと思います。情報にふりまわされるのではなく、情報を選別できるようになるでしょうね。
私は情報にふりまわされたので、是非お孫さんにはそうならないことを願います。
一つだけ指摘させていただきますと日本が現在進めているのはFTAではなくEPAです。これは経済連携協定といってますが「人と人との交わりの中で、互いに力を付け合う協力関係を深め、一緒により豊かな世界を作るものです」これは麻生氏が外務大臣の時の発言です。物やサービスだけでなく人材育成面の協力も含みます。ですから単に財やサービスの取引の市場経済ではありません。

先の麻生氏は「日本にとって強い絆で結ばれる仲間を作ること」がEPAだと言いましたが私も同感です。
貿易や投資だけではなく仲間作りが最大の目的だと思います。

私は国益には二つあると思っています。
一つは目に見える利益です。これは物やお金など物質的なものです。GDPやGNP、貿易額など数字で表れます。
もう一つは目に見えない利益です。これは信頼、感謝、尊敬など精神的なものです。お互いが交わり、知るということです。まさに絆です。これは統計など数字には表れないものです。

前者は有形の利益であり、後者は無形の利益です。
経済というと有形の利益が中心になってしまいます。今大切なのは無形の利益の方だと私は思います。
無形の利益とは一言でいうと「相互理解」です。

ODAもEPAも根本はお互いをよく知り、理解を深めることだと思います。その為に現地の人と一緒に働くことが一番だと思います。その意味で日本がやってきたことは意義があると思います。
TPPもその延長にあるものだと思います。外国の企業、労働者が入ってくることによってお互いを知り理解することになります。またこれからTPPはアメリカだけでなく、色々な国が参加することになると思います。10年後20年後のことはわかりません。

経済的損失のみを強調して危機を煽るのはいかがなものか。と思います。
もっと大局的にものを見る人がいないのが残念です。誤解のないように言いますが国内産業がどうなってもいいとは思ってません。政府はもっと自国の産業を育成すべきだし、セーフティネットで保護すべきです。
それと同じく大切なのは外国との関係を緊密にして、無形の利益を得ることです。例え経済的利益がなくても。私は必ずしもそうは思いませんが…。

信頼や感謝や尊敬がお金で買えないことはご年輩の小沢鳩山政権支持者さんならおわかりになると思います。
私はジャーナリスト、評論家、学者は信用してません。この20年間彼らが言ってきたことがどれだけ間違っていたか。
10年前に政権交代が起きると誰が予測したでしょう。詳しくは知りませんがTPPについても正しい評価をしてる人がいるとは思えません。
長く書いてすいません。
ものを判断するのに少しでも参考になればと思い私の見方を書きました。
ありがとうございました。

真実を求める者さま。

お返事ありがとうございます。
目に見える国益と見えない国益。仲間作りも大切との事、どれも大切な事柄ですね。
それは、自由競争と言う「喰うか喰われるか」の競争の中でも、大切な事なのでしょうね?そしてそれはTPPという協定を結ぶ事でしか可能にならないものなのでしょうか?
私は、TPPではその期待は難しいと思います。

いろいろと情報を集めて読みましたが、韓国も中国も、それへの参加はなさそうですね。
不平等協定と思っているそうですので、参加は躊躇していて、無いだろうとの事ですから・・・実質・殆どの割合で日本とアメリカの取引になるそうですね。それに不平等協定と言われているなら、あなた様のおっしゃる「心の繫がり」等期待してはいけないと思います。危険な協定だと思います。

私たち年配は「心のつながり」「見えない国益」などという言葉には、コロッと転じてしまう弱さがあります。ですけれど、国と国の自由競争が主体の自由貿易ですから、そこはドライな国益で勝負しなければならないと、私は思います。
財布を握っている主婦は、事、損得の部分は「心」や「見えない益」は務めて排除をして考えています。その「心」部分は、違う場面での活用を心がけています。
したがって、その見えない益はTPPという所でなく結べば良いと思います。
「TPPで」というのは危険だと思います。

いろいろと教えて頂きましてありがとうございました。
二人だけでのやり取りで、こちらを占領していては皆様にご迷惑をお掛けしてしまいそうにおもいますので、TPP関連のやり取りはこれで終わりにさせて頂きます。
いろいろとありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/50646960

この記事へのトラックバック一覧です: 「真の挙党体制を構築するため」の党運営について:

« 児童養護施設の改善にむけて! | トップページ | 第177回国会(常会) »

本の予約はこちらから

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック