サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 第177回国会(常会) | トップページ | 起訴議決は無効だ! »

最高裁から説明を受けました。

昨日17:20過ぎから18:10頃まで最高裁から報告を受けました。
市民のお一人に対して情報開示した書類の提出を依頼し、約一週間何の説明も無く、検討した結果本日持って来なかったとの事。
再度提出を依頼し、21:00過ぎにその書類を受け取りました。

尚、別途依頼していた資料を持って来ました。でも、宣誓書の枚数が足りない。
検察審査会法第16条によれば、補充員も宣誓書に署名押印が必要。その書類は要求しました。

重要なことが分かりました。
それは審査員などへの旅費、日当支払の書類は各地方裁判所が管理しているということ。つまり、裁判所が持っている予算の執行状況が分かる書類は、当然ですが、既に検察審査会法上、秘匿すべき情報ではありません。

ご心配されている専門家もいらっしゃるので念のため。
裁判所の予算は、司法の独立性を守るため内閣や国会の圧力を受けないようにとの配慮がなされることになっています。

しかし、私が調査しているのは、司法の独立とは関係のない部分であり、適正な執行状況を調査されるべきと最高裁に確認済みです。

分かったこと。
①吉田弁護士への旅費・日当支出資料などを見ると7/13と7月にもう1回、8/4、8月は計3回、9/14とその前に1回、10/4。以上8回開催。
②審査員、審査補助員への支払資料は、裁判所の行政文書なので、もはや、検察審査会法を根拠に秘匿できない。
③審査員は半分が8/4に新たに就任。
④正式の審査員11人全員が出席した会議は一度もない。2人から4人が欠席。
⑤議決した審査員のうち3人は臨時の審査員(開催日順に宣誓書を提出したことを前提とすると)で、他に一度しか議論に参加したことがない。

« 第177回国会(常会) | トップページ | 起訴議決は無効だ! »

コメント

森さん、頑張っていますね。
TBSの番組や、岩上さんのインタビューを見て、驚いたり感心したり。
こんなに頑張っている議員がいらっしゃったとは、知りませんでした。
くれぐれも、旧体制の連中の悪意の罠に引き込まれないようにしてください。
だいぶ状況が、変化し始めているようにも感じられます。私は、二年ほど前から、新聞を取っておりません。戦前から、参謀本部の発表を垂れ流しながら、ほとんど、責任を取らなかった新聞・ラジオ。徳富蘇峰のように開き直ってしまったような言論人。小説お読むような感覚で、飲まれないようにしていたのですが、不愉快になってしまうからです。
私は、神奈川県の大和市に住んでおります。当選挙区の橘秀徳君にメールを送ったのですが返事がきません。どのような立ち位置の人なのでしょうか。ご存知であれば、お教えください。前回の参議院選挙では、千葉、金子には投票せず、社民党に入れました。次回の参院選の候補者、ひろやま氏についても教えていただければと思います。

森先生頑張れ 党内の弁護士上がりの議員や検察上がりの議員は何をしておる?又どの議員も顧問弁護士を抱えておるのにそれらの人の意見をきいて、森さんの下に結集しないのか 一人でも多くの仲間を集めてください

頑張って下さい!!!!!!小沢さんを守って下さい!!!一昨年の夏は彼がいたから勝てたとも言えると自分は勝手に想っています。もう日本は海外への経済支援、技術支援、人的貢献だけでなく、きちんと独立国として主張すべきです!!!!平成一桁の頃読んだ普通の国についての小沢さんの本に素人ですが興奮しました。早急にとは言いませんが、国防も自前でするべきです。
領土、領海、領空や主権、国益に関しても中国政府ほどワガママではイケマセンがきちんと主張すべきです!!!国際貢献も大事ですが、先ずは国民(有権者)との契約が優先する筈です…脱線しましたが、菅内閣は一昨年の夏の民主党の姿勢から大きく逸脱しています。しかし彼等はそれを善としています。このままでは民主党全体があなた方を含めて「野党」になってしまいます…私は鳥取に住んでいて、湯原さんの事務所に複数回問合せ、質問をしましたが、糠に釘です…議員は「センセイ」では無く国民の「代理人」です。偉くも糞もありません!!!「仕事は大変」それが普通です。あなた方はそれを「仕事」に選んだんです。何度か民主党の関係者の方から「初めてなんで…頑張っているんです…応援して下さい」と言われた事があります。結果、経過が見えてないのに出来ません。これは普通です。私は一昨年の夏の契約を実現してもらう為にあなた方を応援します。頑張って下さい。

>それは審査員などへの旅費、日当支払の書類は各地方裁判所が管理しているということ。

 国家賠償法 第三条1項には、「前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。」とあります。

 更に、検察審査会法 第四十六条には「検察審査会に関する経費は、これを裁判所の経費の一部として国の予算に計上しなければならない。」ともあります。
 
 よって、「検察審査会」が「検察官の公訴を提起しない処分の当否」に関し、した「議決」を行うについて、「故意又は過失」によつて、「違法」に「他人に損害を加えたとき」は、損害賠償責任は裁判所にまで及ぶものと解されます。

 更に、
 第十六条には、「地方裁判所長又は地方裁判所支部に勤務する裁判官は、前条第一項の検察審査会議の開会前、検察審査員及び補充員に対し、検察審査員及び補充員の権限、義務その他必要な事項を説明し、宣誓をさせなければならない。」とありますから、
 検察審査会がした決議において、決議に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある場合、
 「地方裁判所長又は地方裁判所支部に勤務する裁判官」が「検察審査員及び補充員の権限、義務その他必要な事項」について説明が、不適切なものであった場合は、その不適切な説明が、「他人に損害を加えた原因」と解すべきである。

 
 検察審査会法の条規が違憲なのではなく、処分の取消しの訴えを却けた裁判こそが、憲法 第十七条と第三十二条条規に反する違憲では?

森議員。
遂にやって来ましたね。
小沢氏起訴!(在宅)
指定弁護士の表情は冴えないのはテレビから伝わります。
大久保秘書と石川元秘書の裁判があります。が、石川議員の例のボイスレコーダーの音源をネットに拡散するべきだ。
尖閣ビデオの轍を踏むな。
と、言っておきます。(法律に抵触する場合があります)

顔の無い検察審査会。
しかも、造った本人が対象になる。
『黒い霧の考えそうなストーリー』です。

政治と金 リアルワールド~梅澤くんでも解る世界事情~ livedoor Blog

http://blog.m.livedoor.jp/jproject/c?id=51736207

リアルワールドの記事には故田中角榮氏の時と同じ事が起こっているとあります。
全く同感です。
黒い霧は自分達の特権を確保する為にはあらゆる手段で邪魔者は排除する。
鉄則みたいです。

国会の最中ダボスに遊覧。
幾ら経費係った?
政府専用機で沢山取り巻き連れて。
わざわざ行って要人との会談は肩書きに元とか前とかの引退している方々。
バカみたい。
ソロスと会談して話が伝わったのか?総理に。

話が逸れました。

長い裁判闘争になります。
小沢氏の政治活動を阻害する今回の起訴議決。
意趣返しの逆控訴すべき。
多分、準備中だろうかと。
こちらから控訴すれば顔の無い検察審査会のメンバーが晒されるのでは?
国民不在政治の1日も早い終焉を森議員と同士に託します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁から説明を受けました。:

» 『国民の生活が第一』を小沢一郎支援運動のテーマに! たった一人でもできる市民運動を! [父さんの日記]
小沢一郎氏の強制起訴が遅れています。これは公判前整理手続の段階で、 佐藤優氏のアドバイスを受け、石川知裕議員が検察による再聴取の恫喝を録音しそれを地裁が証拠採用した。 大久保隆規元秘書を担当した前田元検事作成の供述調書の証拠申請を検察側が取り下げた。 という事態に陥ったことに起因するようです。 石川・大久保両氏の供述調書は、東京第五検察審査会による起訴相当議決の前提となるものでした。しかし、大久保氏の調書は検察が証拠申請を取り下げてしまい、証拠採用された石川氏の録音資料からは、供述が「検察に強要され... [続きを読む]

» サカナの街で [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
またちょっとブログの更新が滞ってしまいました。こちらの問題の報告もしたいのに、なにやらエジプトが大騒ぎになってるし、日本ではわれらのオザワン(小沢一郎)さんが「予定」どおり(怒)、でっちあげの検察審査会で「強制検審起訴」されちゃうし、仕事を終えて家に戻っても、あんなこんなをネットで読むのが忙しく、その後はあっという間に睡魔のとりことなり、とてもブログどころでは...(爆)。 それでも昼間は毎日、↑こんな素敵な生き物たち↓と、ア・ウ・ンのおしゃべりをして過ごせるわたしは、たいへん恵まれてます、すみま... [続きを読む]

« 第177回国会(常会) | トップページ | 起訴議決は無効だ! »

本の予約はこちらから

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31