サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 中央省庁との対策会議 | トップページ | 福島 陸域・水域モニタリング大学連合チームの調査活動に参加 »

学校給食の安心確保に関する申し入れ

平成23年8月11日

内閣総理大臣 菅  直人 様

文部科学大臣 髙木 義明 様

厚生労働大臣 細川 律夫 様

農林水産大臣 鹿野 道彦 様

消費者・食品安全担当大臣 細野 豪志 様

民主党政策調査会長 玄葉光一郎 様

民主党文部科学部門会議

座長 松 崎 哲 久 

学校給食の安心確保に関する申し入れ

 福島第一原子力発電所の事故以来、全国の消費者から食の安全についての不安と懸念が寄せられています。とくに食品安全委員会が暫定規制値に替わる新しい基準の策定を回避したことから、文部科学部門の担当する「学校」においては、児童生徒等、保護者、教職員が学校給食に対する危機感を強めています。

 ついては、昨日開催されました文部科学部門会議において、別添の「学校給食の安心確保に関する申し入れ」を決議いたしました。貴職におかれましては、よろしく早急なご対応をお願い申し上げます。

----------------------------------------------------

学校給食の安心確保に関する申し入れ

2011年8月11日

民主党文部科学部門会議

 これまで、文部科学部門会議は、東日本大震災の被災地、とりわけ福島県の子どもたちが安心して学校生活を送ることができるよう2回の緊急提言を行い(5月26日、6月9日)、6月21日には第2次補正予算案編成に関する申し入れを行った。これらを踏まえ、文部科学省においては相応の対策を講じ、あるいは関係府省、福島県等で所要の措置がなされつつある。しかしながら、食の安全については、政府の対応が必ずしも十分であるとは言い難い。

 文部科学部門会議は、食の安全について直接に担当していないが、教育現場の学校等においては、毎日、児童生徒等に給食を提供している事実に鑑み、児童生徒等、保護者、教職員が感じている不安を憂慮する。とりわけ、福島の原発事故に起因する放射性物質に汚染された稲わらを摂取した肉牛が市場に流通し、学校給食の食材としても使用されたことが文部科学省の調査により判明している(8月9日現在、個体識別番号による確認で12都県296校園で使用され、内2校で暫定規制値を超えた)。

 食品安全委員会には放射性物質の暫定規制値に替わる新しい基準の策定が期待されていたが、7月26日発表の「委員長メッセージ」は「生涯にわたる追加的な被ばく」について、許容できる累積線量として「おおよそ100mSv」と言及するのみで、「どのように年間に振り分けるかは、リスク管理機関の判断」としている。同委員会が「科学的・中立的」な独立機関であると自己規定するのは理解するが、これでは家庭や学校などの現場に求められる日々の判断の用を為さない。行政府は、科学としての基準を示すだけでなく、現に異常な事態が起きてしまっている今、国民に対して明快な行動指針を示す必要がある。

 したがって、風評被害を防ぐためにも、厚生労働省と各府省は連携の上、食品の安全を担保する合理的な判断のための指針を策定するとともに、検査機器の配備を含めしっかりとした検査態勢を整えることを求める。その際、学校給食においては年少の児童生徒等が教育活動の一環として食材を摂取していること、2学期の始業が迫っていることなどから、2次補正予算の予備費活用等も考慮されたい。

以上、緊急申し入れとして8月10日の部門会議で決議した。

« 中央省庁との対策会議 | トップページ | 福島 陸域・水域モニタリング大学連合チームの調査活動に参加 »

コメント

武田邦彦氏のいうたけやり精神を捨て小出裕彰氏のいう民主主義7つの大罪を理解し村上春樹氏の世界にむけた脱原発の演説に少しでも耳を傾けましょう。

森議員の活動に感謝します。

気になるニュース。
1 :締まらない二の腕φ ★:2011/08/13(土) 18:10:11.60 ID:???0
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数
から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。専門家は「微量なので、健康に影響が出るとは考えに
くいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」としています。 この調査結果は、13日、東京で開かれた日本小児科学会で、広島大学の田代聡教授が報告しました。田代教授らのグループ
は、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への
被ばく量を調べる検査を行いました。その結果、およそ半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたと いうことです。田代教授によりますと、甲状腺への被ばく量は100ミリシーベルト以上に達した場合に健康に影響が出ると
されています。しかし、今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても
最も多い人で35ミリシーベルトで、「健康に影響が出る値ではない」ということです。田代教授は「微量なので将来、甲状 腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう継続的な健康管理が必要だ」と話しています。
検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっています。
▽NHKnews(8月13日 16時48分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110813/t10014892751000.html


残酷な結果です。
SPEED1を活用して迅速に避難させていたら、こんな事態は避けられた!
少なくとも安定ヨウ素剤の配布だけでも二十歳未満に与えていれば。
悔恨の言葉も覚悟のあの決定ならば、全てを政府責任でやり抜かねばならないはずです!
永いイバラの道を歩むのですね。官邸の方々は。
代表選挙も解ります。しかし、被災民の望んでいる事は代表でも何でも無い。
安息を与えてくれる政府なんです。
生活の為の就労の場。
地元雇用の復旧作業は何時かは終わります。
東北の部品工業帯の復旧。
震災家屋の債権免除。
新しい都市基盤整備。
これ等が先決では無いのか?

放射能汚染の暫定規制値は緊急事態だからあげているのでしたよね?
直ちに影響は無い状況であり、なおかつ緊急事態とはどういう状況なのかよくわかりません。

ところで福島原発事故に伴い失った食糧は異常に少ない自給率のいかほどのものだったのでしょうか?

また経済損失はどの程度だったのでしょうか?

避難や移住の人数は?
コミュニティーが崩壊するのだから生計を立てるのに困難をきたす人もかなり多いでしょうね。

全てデータあるはずですよね、なかったらおかしいですよね、もし米産地の新潟や大農業及び水産地帯の北海道で同様の事故が発生した場合の損害の試算はされているのでしょうか?また備えも考えてあるのでしょうか?

電気がないから産業が海外へ行くという理論がはやりましたが、その先に自給食糧がなくなって貧しくて輸入もできずに餓えてしまうという所まで悲惨な想像する人はいないようですね。偉い人は電気食う方法でも見つけてるのでしょうか?三陸の海から放射能浴びたゴジラがあらわれて助けてくれるとか夢見てるのでしょうか?貧民は普通まず食う事から心配します。

菅が辞めるのは当然だとしても何で辞めるべきなのか執行部が全く分かっていないし、マスコミや専門家も「鼻くそより目くその方が好き!」程度の報道レベルですしね。まともな候補者があの民主党から出るともとても思えません。

せめて負けたらライオンの檻で執務とかにしたらハムみたいな顔した某増税大臣みたいな中途半端な欲ボケが出てこなくなりますかね?
東電と省の丁稚とかした現大臣が画策する原発問題は元に戻り、震災復興も進まないし、円高対応も株安も注視以外手も出せないだろうし、公務員改革なんて夢の夢でその分増税、領土問題は追い込まれ・・・

せめて代表の理念と公約は透明にして、マニフェスト撤回時は下野あるいは党の解散とか、せめて全閣僚の議員引退ぐらいは引き出さないとだめなんじゃないですか?


ありがとうございました。感謝してます。
後回しにされている印象の給食ですが、実際には既にかなりの汚染食材が子どもたちのお腹の中に消えてしまっているのだと思うと、先々ほんとうに恐ろしい気持ちになります。これ以上の内部被曝を抑えるために、どうぞご尽力下さい。

野田財務大臣は復興需要は千載一遇のチャンスと言い、岡田幹事長は大連立ができるのであれば、菅首相の辞任は9月になってもよいと言っています。震災や原発による人々の困難をどう考えているのでしょうか?民主党執行部に内閣不信任決議案の提出を求め、それが拒否されれば、小沢一郎氏のグループは離党して50人で内閣不信任決議案を今国会に提出してください。子供たちの被爆や原発対応のまずさ一点に絞って、菅内閣の責任を明確にしてもらいたい。

要望
民主党代表選挙において、「放射能汚染から国民の生命と健康を守る」特に「放射汚染から子供を守る」ことを政策の最優先課題に掲げていただけるように森議員のご尽力をお願いします。
大連立だとか増税だとかの議論も大切なことなのですが、福島原発事故への対応、放射能汚染への対策、そして震災復興といった可及的速やかに政治のリーダーシップが求められていることに対する議論が欠けています。森議員が推薦される候補者が政策の柱として掲げていただくことにより、次の政権では「直ちに健康に影響がない」といった姿勢をあらため、真摯に取り組んでいただけることを切望します。

土壌のセシウム除去
水洗いとふるい分けで効率的に出来る方法を、京都大学 豊原治彦准教授らが開発。
http://blogs.yahoo.co.jp/guntosi/60861831.html

何だって?「子ども手当は存続する」???野党は三党合意を無視してかかるウソをつくような政党とは今後一切協議には応じないだろう。全くもってばかばかしい。一体民主党のだれがかかるビラがまかれたことに対して責任をとるのか。そしてアホの岡田が野党に【まことに申し訳ない】と謝罪している。アホか!といいたい。結局はまたまた誰も責任を取らないんだろう。さあ、小沢派の皆さん、かかる政党に席を置いていて恥ずかしくないのですか。さっさと離党し、新党を結成するばいいではないですか。そして、国民新党・みんなの党・公明党・その他小党の一部と自民党の一部、できれば民主党の無派閥はの議員を引っこ抜いて新党を立ち上げるのが常套手段ではないですか。このまま民主党という名の政党に属していて、次の選挙に勝てますか。国民は最早民主党と菅・仙谷・前原・岡田・野田・枝野・安住・玄葉の名前に対してはアレルギー反応を起こすのみで、全く興味も何もないのですよ。そういう党名にしがみついて何かいいことがありますか。政界に旋風を!とすれば新党しかないのでは・・・

http://gendai.net/articles/view/syakai/132101
民主党党首選に立候補している野田さんは、こんな人柄らしいです。収監中の、鈴木宗雄氏からの緊急メッセージ。

ゴールデンウィーク以来のコメントです。
森ゆう子議員を通じて少しでも「まともな常識感覚を持った」議員に一国民の声が届けばと思います。

1)GWのコメントで、無駄な会議は不要、除染を最優先で即実行すべきと申し上げました。あれから3ヶ月、ようやく除染という言葉がちらほら聞こえるようになりましたが、これは政治主導の結果ではなく、市民の切実な訴えに各自治体がこらえきれなくなった結果でしょう。放射能の放出が一千万分の一になったなどと下らない報道を流させている場合ではありません。「すでに放出されてしまった過去最大の放射能」の除去をトップダウンで進めて下さい。国民の血税は、東電の補償ではなく、除染活動に費やすべきです。

2)泊原発の再開が決まったようです。技術屋として素朴な疑問があります。ストレステストなる「机上の検討」で原発の耐久性が上がるのでしょうか?保安院が過去に認可してきた原発は震度5~6程度の地震でことごとくダメージを受けることは「事実として」はっきりしています。原発の耐震スペックの見直しとこれに基づく補強対策を施さない限り、日本の原発はすべて危険です。一例として、阪神淡路大震災の貴重な教訓をもとに、日本の橋は耐震スペックが変更され、旧スペックの橋もすべて耐震補強が施されてきました。その結果、今回の震災では陸上部の橋はほとんど損壊を受けていません。津波の直撃を受けた橋は損壊しましたが、これは今後別に議論されるべき問題でしょう。古いスペックを早急に見直し、原発の耐震補強と地域住民の避難計画を並行で進め、これが完了するまで再稼働を許さないぐらいの強い姿勢で政治主導して下さい。

3)食品の放射能汚染検査が少しだけ強化されてきたことは、議員の活動によるところもあると思いますが、まだ不足に思います。私は汚染地域の食材を一切購入しません。理由は単純です。安全であることの保証がないからです。原発事故からまもなく半年になろうかというのに、いまだに緊急時の暫定基準をもって「安全」を繰り返されても安心できません。これだけ広範な汚染が進んだ以上、今後何十年間も放射能と付き合わなくてはならないのは事実です。それならせめて、産地と汚染レベルを明確にした上で販売させて下さい。購買判断は政府や農協ではなく我々消費者がします。表示が「国産」だけ、基準が「暫定」の間は購入できません。

以上。

給食の申し入れ、提出していただいてたんですね!ありがとうございます。
給食の問題、ほんとうに待ったなしなんです!
こうしている間にも毎日日本全国で子供たちが体に取り込んでいるんです。東日本だけの問題じゃない。
食べた後判明している牛肉はまだいい。おっかけできない他の食品からも相当取り込んでいるはずです。
政権与党に森さんのようなまっとうな方がいて少しでも声をあげていただいていることは親としても力になります。
ただ、本当にコトが動かないのがもどかしくてもどかしくて…

なのに最近の代表選に関するマスコミ報道・・・ほんとうにこっちがおかしくなりそう。言葉は悪いですけど、名前の出てくる面々、「どの面下げて」というフレーズがいつも私の頭にうかんじゃいます・・・。

在日韓国朝鮮人の日本や、日本人に対する気持や考え方は、祖国のそれとなんら変わる事は無い。
権威、権力には抗う知恵も力も無いくせに、弱者や、無抵抗な者に対しては、ここぞとばかりに、「火病」に陥り、狂った様に攻撃を仕掛けて来る。その典型的な一例をご紹介します。
http://kokoroniseiun.seesaa.net/

連続投稿失礼いたします。
すごーく気になったことがあります。福島県選出の某長老議員が「風評被害対策」を優先課題として挙げておられます。これはこれまで政府がとってきた「直ちに健康に影響がない」といった姿勢に通じるものですよね。たしかに農業漁業などに携わっておられる皆様にとっては生存をも脅かしかねない深刻な事態であると思います。こういった生産者の皆様の生活を守ることと放射能汚染から生命と健康を守ることは両立できるものだと確信しています。森議員がおっしゃっていたように、迅速かつ適正な損害補償を担保したうえで、厳正な科学的根拠に基づき市場に出ている食品は安全であるという事実と国民からの信頼を醸成することによって「風評被害」は防止できます。安心、安全に対する信頼がかけているから不要な風評被害が拡大しているのでしょう。民主党の中にも様々な考えがあって、森議員の考え方、取り組みは少数派なのかなぁと思ってしまいます。お仲間とともにこれからも頑張ってください。

こんにちは

栃木県北の那須塩原市よりメールいたします。

間もなく夏休みが終わり学校が始まります。
給食も始まってしまいますが、市では何も対応は変えることは
無いと思います。

周りの子供達にはじわじわと、健康被害が聞こえてきています。
今、母親の私は何をするべきなのでしょうか?
ただ、不安に怯えて 教育委員会や行政の言うとうりにしていて
いいのでしょうか?
自分なりに勉強し食物や生活に気をつけていても限界があります。学校の団体生活では周囲にあわせなくては生活出来ない部分もあります。
何を信じて、何を救いに大切な子供達を守っていけばよいのか、
時々、弱気になってしまいます。

給食は安全なものを!

国が決めた暫定基準値、せめて子どもたちの分は10ベクレルにしてください。大阪市、堺市、長野の一部の市、福島の学校、国が信用できないから自ら産地の公表したり低ベクレルになるように機械を自費で購入しています。
なぜ、国は早く動いてくれないのですか?

なぜ、原因を作った東電に補償させないのですか?
子どもたちは給食が大好きです。牛乳、食品を安全なものに。
自治体が給食を作る時にベクレルをはかれる機械をそれぞれの市などに提供してほしいです。

たくさんの子どもたちが給食により健康被害が既に出ています。
どうか宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/52454906

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食の安心確保に関する申し入れ:

» 給食食材の放射線不安に関する学校長への通知 [ ICT甲府]
2011年8月22日、結審した陸山会裁判をチェックしながら参議院議員森ゆうこさん [続きを読む]

« 中央省庁との対策会議 | トップページ | 福島 陸域・水域モニタリング大学連合チームの調査活動に参加 »

本の予約はこちらから

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30