サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 新潟活動 | トップページ | プレス民主号外(副大臣特集) »

文部科学副大臣を拝命致しました

Hptops

おはようございます。
昨日、文部科学副大臣を拝命致しました。
皆さまのご期待にお応えできるよう全力を尽くす覚悟です。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
台風12号による文科省関連の被害状況を事務方に確認。
教育の充実の大前提として子どもたちの安全が確保されるよう指示。
記者会見を終えて深夜に帰宅しました。
先ず、記者会見のオープン化に着手します。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
私の担当は、教育と文化。
放射線障害についてまだ直接の担当に決まったわけではありませんが、昨日の会見では、「給食の安全確保についてはほとんど対策が未実施。
子どもたちを放射能から守るためにできることは何でもやりたい」
と決意を述べました。
今後とも、宜しくご指導いただきますようお願い申し上げます。

森ゆうこ

Hppp   

« 新潟活動 | トップページ | プレス民主号外(副大臣特集) »

コメント

おめでとうございます。森副大臣の仕事は児玉龍彦氏や小出裕明氏や武田邦彦氏をアドバイザーにつけて今後の放射能の問題に取り組むことです。徹底的に除せんをして放射能を減らしていくのか、国民全員でこの汚れた 日本を割りきって放射能を噛みしめていくのか方向性をつけてください。よろしくお願いします。

「国民の生活が第一」理解する方は少ないですが諦めずに頑張っていらっしゃる姿勢に頭が下がります。
名もなき市井の一人ひとりが、社会の実相・真実を知り立ち上がる時が来たのだと思います。
本当に微力ながら応援させて頂きます。

森議員の文科省副大臣就任を祝福します。

さて。
文科省で教育担当。文化担当。昨今の教育荒廃?(教育レベル低下)はちょっと頂けない。
子供達の教育現場に保護者の介入が露骨過ぎる。(更に、温室育ちの教師が多くなってます)
今すぐ変えろと言っても無理っぽい。
ゆとり教育導入時にはマスコミをフル活用しています。(まぁ何処かの大国の横槍があってのゆとり教育導入)
日本の将来には子供達の教育は欠かせない。
新たな教育システムを作り上げ、東大崇拝を止め、詰め込み教育システムから自己確立させる教育システムを考え出してください。

文化担当。
昨今の韓流?(笑)
まぁ何も言いません。嫌なら見ない。ですね。

森議員には是非とも放射能汚染の担当もやってもらいたい。
原発事故対応大臣と環境大臣が兼任とかふざけた人事。
森議員の立場があるから余り書きませんが…

日本のフクシマ大惨事に対する姿勢は疑念を持たれていますよ。

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=VpdrvozDJJo&sns=em

福島中央テレビから削除要請が幾度も出ています。

一体何を隠したいのか?
と、言った疑念を持たれている福島県庁及び福島県知事。
視線はこの二つに向けられ、政府及び東電への批判が霞んでいます。
黒い霧は晴れないのか?

文科省での対応ならば、学術面から原発事故の調査も出来るのでは無いの?
緊急炉心冷却装置を外させたのは何故か?とか…
議員の身の安全性からは勧めない事案ですが…

教育現場への着手が出来るならば、食育等と言われる昨今の給食の安全性の確保は是非ともお願いします。(孫子にベクレル単位の汚染食材は食べて貰いたくない)
肩書きを超えた越権行為は議員の活動には無いの?

書類と判子の霞ヶ関では対策も対応もノンベンダラリンの仕事効率。
文科省のトップならば鶴の一声もありなんだが…

森議員。
与えられた権限の中で思いっきりやってください。

官僚と揉めるのでは無くなって官僚を持ち上げ懐柔していく胆力で議員のマンパワーを発揮してください。

カンバレ森ゆう子。

おめでとうございます。
 正に適材適所ですね。嬉しくなりました。応援しています。

おめでとうございます!

いままでのご活躍が、ご努力が、さらに実りある実行に結びつくことを願っています。

ところで、早速ですが
なんと、福岡市が給食に東北、北関東の食材を使うことを決めたとか、信じられない報道が昨日ツィッターをめぐりました。横浜市のことも驚きましたが、福岡市には関東から多くのこどもとお母さんが自主避難しているのに、よりによってこどもの給食に放射能が追っかけてくるとは!?

東北、北関東の食材は熟年や老年者が食べればいいと思います。老人ホームの給食であれば、問題ないと声を大にしていいたいです!

でもこどもはだめ、こどもたちは守らなくては未来がありまん! 森さん! 頑張ってください!


副大臣就任おめでとうございます。
文部科学省のナンバー2ですから、森ゆうこ議員がこれまで提言してきたこどもに関する様々な政策は一気に実現することでしょう。それが非現実的なものでない限り。
文部科学省というリソースを使ってどれだけ実現するのか、楽しみです。
実現しそうもないものは、早めに「これこれ」の理由で実現しない、と説明されたらいかがでしょうか。そしてその反省を自分の政策形成に生かすことによって実現可能な政策提言ができることになります。
また福島県の方やこどもの文部科学省への陳情/要請も自らお受けになることでしょう。これまでそういうことを支援してきたのですから。

この度は文科省副大臣就任おめでとうございます。
少し前に民主党が良く分からなくなり、不安を森ゆうこ議員にぶつけてしまいました。大変失礼致しました。森ゆうこさんが文科省副大臣に就任したのなら安心できます。本当は副大臣ではなく大臣になって頂きたかったですし、首相になって頂きたかった…
文科省からでいいので、日本を変えて下さい。日本の子供達を国民を守って下さい。これからも森副大臣を応援させて頂きます。頑張って下さい。

おめでとうございます。顔の見える政治をお願いします。
それと小沢さんの検察審査会の議決無効はどうなったのですか?

おめでとうございます!
森ゆうこ文科省副大臣誕生すばらしいです。
今このときも高汚染の環境で生活することを
強いられている子供たちのことを考えると、
本当に心が痛みます。
森さんの訴えは心に響きますので
ぜひ存分にお力を発揮していただきたいと思います。

期待しています。何の為の政権交代かを考え下さい。マニフェストを守らなければ。

「この紋どころが、目にはいらぬかぁー、此度の文部科学省副大臣、森ゆうこ様に在らせられるぞぉー」
越後の国の副将軍の十八番は世直し。
悪代官を、ばっさ、バッサ、罰っさと、斬り倒して下さい。助さん、角さんの選任は将軍様と要相談。(金正日ではありません)失礼しましたぁー。さて、本題ですが、
最近の放射能汚染の報道が、二分されつつ有る様に感じて参りました。
まずは、このブログ、福島原発汚染は風評被害の極みではないか説。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1327.html#more
以前、投稿した東大アイソトープセンター長(放射能は本当に危険なんだ説)とは反対の意見であり、同じ東大教授の、稲博士に近い論説。
私も、最近ではTPPにまつわるアメリカの戦略(放射能パニックショック)のような気がしています。農産物輸出品の停止はおろか、工業製品にまで影響を与えていますし、加えて、この円高による国内産業の海外移転、日本の国力が削がれて行く内容ばかりで、新内閣は増税路線。
悪材料のみで、株価は低迷、下がった所で、ハゲタカに持って行かれる。いつか来た道、学習したはず。
そこで、同じ過ちを繰り返さぬ様、ドブネズミを退治する為に、1960年代の気象庁の観測データーを引っ張り出して下さいませんか。この時期は、中国、旧ソビエト、アメリカ等の大国による核実験が一番多く繰り返されていた時期に当たります。当然、日本は中国、ソ連の風下、偏西風によって沢山の放射性物質が飛来して来たと思われます。誠に残念ではありますが、誰も、その当時の気象データーとの比較と説明をして下さる先生がいらっしゃらない。
次のブログ内容から、放射能パニックの信憑性を疑いました。印籠の力を振りかざして日本の安全、安心を取り戻して下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/34772537.html

野田新内閣が発足してまだ湯気が冷めやらぬ前に、ネット上では、既に諦めムード一色、誰も期待していない論調であふれています。あえて、牽制しているかと思えば、その様な思いも感じられない。野田は本気で国民を騙して、奈落の底へたたき落とす気でいるのでしょうか。もし死ぬ気でやると言うならば、背開き、腹開き、好きな方を選んで、一人で死んでくれ。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/200eeb5752b178e6a8597f2f8c2cc8cb

http://quasimoto.exblog.jp/
他にもあるけど、内容は似たり寄ったり、これだけ警戒されている新総理も珍しい。ネットのお陰で、国民も少しは分かって来ていますよ。どじょうは泥を食むからどじょうなのか?

文科省副大臣就任おめでとうございました
私が感じる言葉として「拝命」とは内閣総理大臣からではなく
天皇陛下からでもなく国民から付託された任務と考えていただきたいな ということ
内閣不一致の問題、各種圧力等 いろいろ問題はあろうかと思いますが国民のための政治を入閣されると皆さんが忘れてしまうような事にはならないよう希望します
そしてお忙しい事や立場上の問題からこのブログが続けられないような事にならないことも希望します

文科副大臣ご就任、誠におめでとうございます。

形だけの挙党態勢でなく、
「国民の生活が第一」に少しでも近づけるように、
中川大臣にも野田総理にも、
言うべきことは、どんどん言って下さい。
森ゆうこさんなら、きっとやってくれると思います。

国民のために、
小沢首相の次の首相を目指して、頑張って下さい。

先ほど「おめでとうございます」と記してしまいましたが
何か今回の内閣人事に違和感を感じてしまいました
杞憂であれば良いのですが今回の内閣人事は
小沢派の切り崩し工作ではないのか?
主流派に反主流派を取りこんでしまえば反主流派の力は衰退する
大連立を行おうとすれば民主党の反主流派は自民党と競合する選挙区から排除
しなければならない
もしこのような戦略があるのであれば 民主党のマニュフェストはなくなり
増税に持ち込む事が出来る

考えすぎだとは思いますが民主党S氏がバックに居ることを思うと・・・・

杞憂だったと将来笑えたらと思います

就任おめでとうございます。一層のご活躍を期待します。

今朝の日経新聞の春秋にムカついています。今回の文科省関係の議員の人事は「教育の中立性を欠く」そうです。

ご確認を!!

森ゆうこ様 今までの尽力が評価されたのでしょう!ご苦労なことです。どうか放射能から子供達を守って下さい。お願い致します!ゆくゆくは初の女性総理大臣になることを希望致します!

文科省副大臣就任おめでとうございます。この国難の時に大変な役目を引き受けられ、今後はますますその責任が重くなりますが、森さんならば必ず国民のためにおおいに活躍されるものと期待しております。それには、やはり放射能汚染の実態を早く公表すべきではないでしょうか。菅政権で隠されたデータが山のようにあると思います。また、福島県の佐藤雄平知事が、届いていた放射能拡散予測を故意に隠し、20ミリシーベルトへの引き上げを政府に依頼したとも言われて居ます。これらの問題をはっきりさせなければ、福島県の子供たちを守る事も難しいのではないでしょうか。佐藤知事は県民の事など考えていないとおもいます。おおいに糾弾して下さい。よろしくお願いします。
  来年こそは、小沢政権樹立にむけて邁進あるのみです。もちろん我々も応援しています。

森文部科学副大臣殿
今、テレビのニュースで政府税調における森副大臣の発言を聞きました。復興財源について増税反対の立場で意見を述べておられました。内閣の一員としてこれまでの主張を変えることなく堂々と発言されている姿に拍手喝采です。内閣の一員という重責の中で信念を貫くことは、時として困難に直面することもあるでしょうが、愚直に国民との約束を守ろうとしておられる政治姿勢を高く評価するとともに、一層のご活躍を期待し応援させていただきます。

アメリカでは、グーグルは、まるで秘密警察の様相を呈している様です。
アメリカで行われている事は、日本で行われていないとは言えないと思いますが、どうなんでしょうね?
CIAが関与していますので、便利であっても使用を控えられた方のが政治家にとっては安全ではないでしょうか。

http://democracynow.jp/video/20100730-4

森ゆうこ議員が文科省の副大臣になられたことを私は素直に喜べません。

なぜならこれまでのように自由な発言、活動ができなくなるからです。

政府の一員になったことでかなり制限されてしまいます。非常に残念です。
小沢問題の追及にしても原発問題に対してもこれまでのようにはできません。また予算委員会の与党でありながら発する厳しい質問もなくなります。これは反小沢の議員にすると願ったり叶ったりではないか。名前は書かないが喜んでる議員の顔が浮かぶ。

しかしもう引き受けた以上は単なるお飾りになられたら困る。火の玉になって検察審査会や最高裁を糾弾した精神で文科省の官僚を相手に闘ってもらうしかない。変に政府の一員という意識をもつ必要はありません。今まで通り国民の代表として自分がやるべきことをやってもらいたい。

そこで具体的な提案をさせていただきます。
まず東大地震研究所に出してる補助金50億円を廃止して学校の耐震強化に充ててほしい。いくら調査、研究しても地震の予知はできず国民の生活には全く役立たないことがあの3月11日に証明された。
ムダな補助金を廃止して国民の生活に有効なものに使う。これは民主党マニフェストの精神である。

それと文科省の所管である日本相撲協会についても同じである。年間100億円の収益がありながら補助金を出している。これは絶対やめるべきだ。国技の名の下に税制面の優遇を受けながら補助金を受けてる。しかも法人税の未払いがある。しっかり納めていない。ちょんまげとふんどしをしていれば特別扱いされる仕組みはもうやめるべきだ。公益法人の前に補助金を取り消さなくてはならない。
こういうことは今すぐにできる。来年の予算に計上しなければいいのである。

文科省にはこういうムダがまだまだあるだろう。公益法人や独立行政法人など教育や文化という美名で隠されてきたものを副大臣の森さんには表に出してもらいたい。本当に必要なのか。増税の前にこれをやらなくてはいけない。本気になれば増税など必要ないのだ。自民党政権がやってきたことを続ける必要は全くない。それでは政権交代の意味がない。
民主党は自分たちの政策を実行すればいい。多くの国民はそれを望んでいる。

「国民生活に必要なものは何か?。必要なものは増やし、そうでないものは削る」(09年政権交代マニフェストより)

この度は副大臣就任おめでとうございます!

20ミリシーベルト抗議において文科省行動にも参加したものです
先日千葉市においても給食の安全管理強化を求めて陳情や署名提出いたしました。
食における暫定基準が世界に比べかなり緩く、これでは毎日被ばくしろというのが現状です。
基準値見直しと給食の食材チェックは義務として頂きたいです。生産者サイド志向では必ず子供達が犠牲になります。
どうか引き続きよろしくお願いします。

おめでとう。
教育と文化担当とか、総務省の担当かもしりませんが私は今の
メデアのありかたに問題あり感じます。
週間誌の見出しに責任を、テレビワイドシューを報道扱いさせるな、報道するならその報道の為にその局自身が取材をさせる事
過去の別の画面を利用させない。
新聞も読者に事実を事実として報道する義務を強化させる、
今は個人的感情が入りすぎだ(個人に会社の意向)。
テレビはNHK・新聞は朝日これ以外は不要だ、しかし、この方が
方すら質がおちた。
報道倫理に政治介入は必要だ。(公正取引の例外扱い撤廃)

子供達を放射能汚染を守るネットワークちば様
ご意見には概ね同意なのですが、一点だけ私見を述べさせていたきます。消費者も生産者も福島原発事故の被害者なのです。どちらかに偏った志向では問題は解決しないと思慮します。森副大臣は「放射能汚染から子供の健康を守る」ことと、適正かつ速やかな損害に対する補償の実施を担保することで生産者の生活を守ることの両方の大切さを訴えておられたのではないでしょうか。

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090701001315.html
これと言った業績も何も無い、無知無能の売国奴の前原誠司。日本国民の相違でもない自分の独りよがりで、テロ国家アメリカに、ちぎれんばかりに尻尾を振ってアピールしている姿を見ていると、怒りを取り越して哀れささえ感じられる。日本の自衛隊は、ソマリア沖の海賊対策と言う大義名分をもって、すでにジブチに自前の海外基地を戦後初めて敷設している。これを機にNATOは対中東戦略に日本を参加させようと講じている。前原の馬鹿な発言は、このNATOへの参加を前提にマイケルグリーンら、対日工作員達に言わされているだけの、ただのノー足りん野郎なんです。日本がNATOに参加すると言う事は、同じアジアの民に向けて銃口を向ける事である。その事が素人にも分かるのに何故に前原?彼の韓国人との抜き差しならない付き合い、ヤクザのフロント企業からの献金問題等から見ても、反日政治家の代表で有る事は間違いないだろうし、創価学会の池田大作(韓国人)の隠し子との噂は、彼の行動、態度、言動等からして、あながち噂として見過ごせるものではないのではないか。
日本の自主独立、尊厳を守るためにも、すべての政治家には出自を明確にする事を義務にするべきである。そして、在日韓国朝鮮人に対する、通名の使用を禁止する事を提案したい。そうする事の方のが在日韓国朝鮮人、日本人にとっては目に見えないトラブルをその発生前に避けられる様に思うんだが、どうでしょうか。献金問題でも、知らなかった、日本人だと思っていた等と、簡単な嘘は付けなくなる。
今、ヤクザ、暴力団の親分は、在日韓国朝鮮人にかなりの割合で占められているそうです。宗教を隠れ蓑にした、カルト創価学会の日本への浸食。創価学会と暴力団との関係、ネット社会では、みんな分かっているんです。手遅れになる前に、日本が日本で在り続けられ、未来の子供たちに繋げられる様に是非ともお願い申し上げます。
この次は、子供達からどうしようもない大人達へのお願い。
http://www.youtube.com/watch?v=uP2LCHHnero

森議員、文科省副大臣就任おめでとうございます。
森議員が取り組んできた子供たちを放射能汚染から守る行動を行政の立場で一刻も早く進めていただきたいと思います。と、同時に中長期的な視野での取り組みとして一つお願いがあります。
民主主義の基本は、国民一人一人が教育によって得た手段によって情報を入手し、思考し、判断することが不可欠と考えます。今の日本の教育において、この一連のトレーニングを行う場が学校の何処にもありません。一つの正解を求めるテクニックを学んでいる場にすぎません。これでは、(故意に)誤ったメディアの情報を鵜吞みにする思考停止状態の国民だらけになっている現状も頷けます。そこでお願いです、教育に”議論”するカリキュラムを組み込むような教育体系に変えていただけないでしょうか。困難なことは十分承知しておりますが、森議員のバイタリティで転換していただきたいと思います。

反国民生活シフト着々と

鉢呂経産相の早々の辞任は、疑問があります。
まず、福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と
発言したことについては、
何ら根拠のない安心安全を振りまいてきた、
政府・東電・地元自治体の
これまでの説明の方がおかしいのであって、
事実として、今後長期間にわたって人が住めない場所が、
広範囲に存在していることを所管大臣として、
鉢呂氏自身の言葉で語った勇気ある発言であり、
責める相手を間違っているのじゃありませんか?
まして、「死の町」にしてしまったのは、
経産官僚・電力会社・ご用学者・マスコミたちであり、
そいつらに対してこそ、怒りをぶつけるべきでしょう。

それ以上に判らないのが、「放射能……」発言です。
各紙が書いている鉢呂氏の発言自体が、
「つけてやる」「つけちゃう」「うつしてやる」
「分けてやる」「ほら、」……全てバラバラです。
同じ言葉を聞いて、それも聞き耳を立てて聞いている
取材対象の言葉がこんなに違うのは、どうも変です。
たとえ、何らかの問題発言をしていたとしても、
そこにいた記者たちが、
それほど重大な発言であると感じていなかったことを
示していると思います。
だとすると、その場に居た記者も
同じく責任を問われるべきです。

また、かつて失言問題で辞職に
追い込まれた大臣は数々あれど、
真意が伝わらなかったという弁明はしても、
最後まで、自分がどんな発言をしかたわからないまま
辞めていった大臣を私は記憶していません。
果たして、その趣旨の発言があったのかどうかさえ
疑問になってきます。

しかも、
8日に福島第一原発の視察を終えて、
「放射能……」発言が、その日の夜。
その後、9日午前の会見で「死の町」発言をし、
その日の午後に、その発言に対する釈明会見をしていますが、
「放射能……」発言が、大臣の首を取るような
重大な発言であったなら、
問題化する前に、2度も会見をしているのに、
何故、その時に、この問題に関して
誰一人糾弾しなかったのでしょうか?

鉢呂氏は、社会党の出身であり、
前の海江田大臣よりずっと脱原発に理解を示していました。
「原発依存度を減らす工程表を
総合資源エネルギー調査会で作る。
原発については、基本的に新設は困難で、
寿命がきたものは廃止する。
調査会委員の人選では原発反対派も取り込む。」
と発言していました。

発言の真相が明らかになる前に、辞任してしまった訳ですが、
経産官僚をはじめ、原子力村の人達は、
今回の出来事に何らかの加担をしたか否かは判りませんが、
ホッと胸をなで下ろしていることでしょう。


話は変わりますが、
G7=先進7か国の財務大臣らによる会合では、
主に、世界経済の回復と金融の安定化に向けて
協調することで合意したはずなのですが、
安住財務大臣は、その後の記者会見では、
財政の健全化を強調し、
増税の事まで言及しました。

菅前首相も、たしか副首相兼財務相当時G7へ言った際、
日本をギリシャのようにしてはならないと強く思ったと、
マニフェスト破りの消費税10%発言の理由を述べました。

財務大臣が海外へ行く時は、
財務官僚に缶詰にされて、レクチャーを受ける、
もっと正しくは、洗脳されて、帰って来るのでしょう。

元々、野田内閣には大した期待はしていなかった訳ですが、
ここ数日間に、
少なくとも、財務と経産の分野で、
さらに、反国民生活シフトが進んでしまいました。

http://himiko238.blog.fc2.com/

 副大臣ご就任とても危惧しています。辻元清美氏のように政権内に、というより悪党民主党に取り込まれないかと心配しています。どうかそのような心配を払拭されるようなご活躍を期待しています。
 喫緊の課題として、要望したい1点目は、公立学校の式典時に(入学式・卒業式等)、日の丸、君が代を強制する文科省の施策を廃止して頂きたいことです。国旗・国歌法が成立したときの小渕総理大臣は「式典等での強制や処分を考えていない」という趣旨の発言を国会で明確に述べています。
 ところが、文科省はこの意に反して全国の都道府県、市町村の教育委員会に君が代の斉唱を生徒、職員に強制する通知を行っています。これは、憲法で保証された思想信条、良心の自由に反する不当なものです。君が代斉唱時に不起立やピアノ伴奏拒否の教職員に対して東京都や他県では既に処分を行っており、これを不服として裁判を起こした方で最高裁で懲戒免職が確定された方もおります。
 さらに大阪府の橋本知事は、起立斉唱を義務づける条例を提案し、成立させました。この9月にはそれに違反した者を処分する条例も提案する予定です。これらは明らかに憲法違反の暴挙です。是非とも国としての指導をして頂きたいと特にお願い致します。
 2点目、戦後の民主教育に置いて必要最低限の規範だった「教育基本法」が安倍政権によって改悪されてしまいました。民主党が政権を取ったその時点で一旦、元に戻すべきでした。鳩山政権は総合的に見直すべきだと言っているうちに、その機会を失ってしまいました。
 曲りなりにも戦後の民主教育を支えて来た教基法を、是非とも元に戻して下さい。
 以上、間違いなく官僚達が強力に抵抗する施策ですが、少しでも風穴を開けるべく、よろしくお願い申し上げます。
 お身体ご自愛の上、さらなるご健闘を祈念致します。
       (子供達の未来を展望する愚直な者より)     

SPEEDI、9月6日発表「福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算」 http://nsed.jaea.go.jp/fukushima/data/20110906.pdf
この情報を、国民に早めに知らせていれば緊急的な避難行動を起こすこともできたし。放射線・放射性物質を必要以上に妊婦・子供に浴びさせることもなかった。 責任の所在は明確なので、組織というよりも、一人一人、管理者等の責任を追求しなければならない。 森議員、頑張ってください。@radioleaks4u

まず。文部副大臣おめでとうございます。森議員は胆力と行動力は認めますが、早く自分の思想と哲学を発表して同士を募ってリーダーとなって下さい。誰かの下につくより孤高を選んで下さい。小沢一郎、鳩山は駄目です。苦労をしていない人は人の上に立てません。皆な森議員に期待していますが今の状態では駄目です。

辛口のメールですが今後の活躍を期待しています。

今日の国会でも話題になりました、朝鮮学校無償化についてです。
前総理が勝手にされたと私は認識しています。
なぜ増税と騒がれ、未曽有の危機なのに、他国の学校を無償化する必要があるのでしょうか?
日本人は朝鮮の為に税金を払っているのではありません。
総理なら国民の認識なしに他国の学校を無償化していいのでしょうか?
世界にはこんな国は1つもありません。
民主党に強い不快感を持ってしまいました。

浸透圧発電というものがあるのを初めて知った。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110908/222529/?top_updt
http://bzsupport.blog.so-net.ne.jp/2011-09-04
二酸化炭素も熱も発生しないし、それこそ電力消費地に近い「東京湾」に作っても何の危険もない。 
単なる私の見落としか、マスコミとグルになった電力利権の仕業なのか、ニュースに取り上げられた記憶が無い。この技術は既に、ノルウエーで実証実験済みである。原発事故後でも、再生可能エネルギー発電のリストにも載ったのを見たこともなかったが、海に囲まれた日本には願ってもない技術に思える。
東電なんかさっさと解体し、原発も廃炉にして最高レベルの技術をもって福島民に対して誠意のある対処を検討して欲しい。日本人は日本人らしい再生の在り方で世界にアピールして行こう。

森副大臣いつもお疲れ様です。副大臣に早速お願いがあります。まず関東、東北の子供達の林間や修学旅行ですが、線量の低い所に行くように文科省から各学校に通達を出して下さい。関東、東北の子供達は日々被曝をしています。学校の行事で線量の高い所へ行き被曝量を増やしては可哀想です。今すぐにお願いしたいです。1年1mSvを守って下さい。1日も早く関東、東北の学校の除染もお願いしたいです。毎日学校に通い被曝している東日本の子供達が可哀想。除染出来ないのなら学校を休みにして欲しい。未来ある子供達の身体を1番に考えて下さい。宜しくお願い致します。

韓国人がエイズ感染者を日本に送り込み、売春させていることが判明。 アルファルファモザイク
URL:
http://blog.m.livedoor.jp/amosaic/article/4076725?guid=ON

韓国や中国や朝鮮。本気で日本人を滅亡させようとしている…気がする。
昨日朝鮮から脱北者が七名来ましたが(今は長崎県にいる)、日本政府はどのような対応をするのでしょうか?朝鮮工作員の可能性も有る。もう少し危機管理を徹底して欲しいです。受け入れるのでは無く強制送還して欲しい。
朝鮮学校の無償化も反対します。副大臣宜しくお願い致します。

「しかたない病」が蔓延しています。
大震災の被害も想定外の大きな地震であったから「しかたない」

「仕方なかったんだ…」 農家、禁止されてる屋外飼料を牛に与えて虚偽申告→厚労省幹部、激怒…福島・セシウム牛肉問題

福島原発事故による放射線被曝は「しかたなかったんだ」
茨城産の放射線量の高い恐れのある野菜を出荷するのも生活していくためには「しかたないんだ」
停止している原発の「再稼働」も今の生活を守るためには「しかたない」
TPPの参加も国内の工場がみんな海外に移転しまうなら「しかたない」

すべてが「しかたない」ようです。
大事故から日が経つにつれ多くの国民の思考が停止しだしています。
恐るべき現象です。
遠く海外の国の人達が「フクシマの子供達」の健康を心配しているというのに、この国の政府も経済界も「しかたないだろ!」と恐喝している。
「フクシマの除染などで完全にできない。除染しているフリをするしかない」というのが本音でしょう。

どう考えても「完全な除染」などできない。
「しかたない」

その土地にはもう「住めないし、住んではいけない」のです。
大臣や副大臣がこんな発言をしたら、即辞任でしょうね。

しかし私達なら言えます。

「政治家ではないみなさん」なら言えます。
「しかたない病」に罹ってしまった大人達に言いましょう。
「せめて子供達の未来を守りましょう!」
「子供達に負の遺産を残してはならない」
そしてこのコメントを見ているみなさん!
「しかたない病」と闘っている「森ゆうこさん」を応援しましょう。

『前代未聞のおかしな判決』

検察自身が描いたシナリオに基づいて検察が作成した
ウソの供述調書を
証拠として採用しなかった(できなかった)裁判所が、
証拠はないけれど、検察のシナリオだけは正しいと「推論」して、
検察でさえ賄賂の立件ができないので、
政治資金規正法違反でしか起訴できなかったのに、
裏金授受の事実まで積極的に認めて、有罪にしてしまいました。

そもそも、政治資金規正法に基づく収支報告書の
記載ミスがあったとしても、
他の政治家なら、記載の訂正で済まされてきたものである上に、
2004年10月に小沢個人から借りた4億円は、
きちんと2004年の収支報告書に記載されているのですから、
記載ミスさえないもの、すなわち、裁判に掛かるはずのないものを
裁判に掛けて、あまつさえ有罪にしてしまうのですから、
検察と裁判所の連携ぶりは、まあ見事と言う他ありません。

もうすぐ始まる小沢氏自身の裁判に関しては、
小沢氏と秘書との共謀関係の立証という、
もう一つのハードルがあるので、
今回の判決が、
即、小沢氏の有罪に結びつくものではありませんが、
小沢氏の政治活動が、
今後は今まで以上に制約を受けるという意味で、
政治的には極めて大きな影響のある判決です。

本来、政権交代があれば、前政権の悪事が暴かれることにより、
政治の自浄作用が働くことが、
政権交代の最大の効用であるはずでした。
ところが不思議なことに、日本においては政権交代後も、
前与党の自民党や公明党の行った
不正や犯罪が斬罪されることなく、
与党の最大の実力者で、
マニフェスト実行のために最も必要な政治家が、
排斥され続けています。

野田政権は、
国民の生活が第一とした、国民との約束をかなぐり捨てて、
復興を旗印にして増税を正当化しています。
当然、次回の総選挙では、民主党は敗北し、
自民党が政権に復帰する可能性は極めて大きいですが、
冷や飯を食った痛みは身にしみたものの、
与党時代の責任が追及されないまま
政権に復帰してしまうのですから、
その後の自民党の政権運営がどのようなものになってしまうのか、
想像に余りあります。
そして、官僚(検察を含む)、財界、アメリカ、マスコミ等に加えて、
司法にとってさえも、その方が良いのだということが、
今回の判決で垣間見えます。
そういう意味でも、小沢氏の裁判の行方は余談を許しませんし、
このことは、小沢一人の危機などではなく、
日本の民主主義こそが、大きな危機に立たされているのです。

http://himiko238.blog.fc2.com/

 危惧していたことが起きてしまいました。沖縄での教科書採択問題で森ゆう子議員の発言が大きな反響を呼んでいます。
 法的手続き等の問題以前に、育鵬社版教科書の内容がどのようなものかご存知でしょうか? 沖縄にとって切実な基地問題も取り上げていない、憲法9条の果たした役割も記されてない、間違いだらけの育鵬社版教科書は明らかに戦争賛美の、好戦的煽動、偏向教科書です。戦後の平和教育を一挙に覆す効果絶大なトンデモ教科書です。こどもたちの未来が危ぶまれます。
 就任早々、文部官僚にやられたのだろうと、私達は労働組合の集会で、話し合いました。特に沖縄の代表の方々の落胆は計り知れません。
 どうか、ウチナンチュウのポンドチュウに対する信頼を回復するために、是非とも、悪辣な文部官僚の策謀を阻止して下さい。
 先の大戦で、筆舌に尽くしがたい辛酸を味合わされたオジイ、おばあ達のこころに寄り添った施策をとられることを切に望みます。

国民の権利を行使し、正義を守る手段に打って出る時です。
「お天道さんは、ちゃーんと見ておられる」(小沢一郎)
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2c2d70ae276d969ee46135c6fef74909

日弁連加盟の弁護士諸君、これで良いのかね?
最高検察庁と同じレベルの信用失墜ではないのか?
良心のカケラが残っている内に自らの襟を正せ。権力に立ち向かうその姿こそが存在の意義ではないか。
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3894.html

「沖縄の痛みは我々の痛み」さんの投稿に同感です。2011年9月21日の東京新聞26面の記事で、敬愛する森裕子先生が「事実上、育鵬社版をを採用するよう促した」と書かれているのを見て愕然とした次第です。国会で初めて脱原発を宣言されたのが森先生です。しかも子供の心身の健康を一番の尺度にして精力的に発言してこられたのも森先生です。
過疎地の原発の問題と、沖縄の基地の問題が本質的に同一であることを御存知のはずの森先生が、、、なにかの間違いではないかと思案して参りました。
日本の文部科学行政は根本的出直しが必要と考えております。だからこそ森先生への国民の期待は熱いのです。もう発火しそうなほどです。どうか原発推進論の巻き返しに反撃するとともに、教育の反動化を粉砕してください。●→文科省→東京大阪を初めとする自治体の締め付けに、学校の先生たちが悲鳴を上げています。子供たちは悲鳴を上げる術すら知りません。なんと罪作りなことでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学副大臣を拝命致しました:

» 野田増税内閣は存在理由なしだし、増税する理由がない。&学校給食に気をつけて! [ふじふじのフィルター]
 菅首相(当時)が、増税大好きの吸血鬼与謝野肇氏を他党から連れてきて公約違反の増 [続きを読む]

« 新潟活動 | トップページ | プレス民主号外(副大臣特集) »

本の予約はこちらから

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30