サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 学校給食の放射線量測定の取り組みを視察 | トップページ | 森ゆうこヴォーカルで参加! »

福島県いわき市視察(子どもたちの安全等について検討するに当たり)

20111219161809_00001 Hptopss

12時00分 
志田名・荻地区の現状視察(同会有志による状況説明を含む)
13時00分 
志田名・荻地区放射能汚染からの復興を考える会代表挨拶
      森副大臣からのご挨拶
      志田名・荻地区の児童による作文紹介
        ほか自主的避難をした児童からのビデオレター
13時40分 父兄代表からのお願い
13時45分 いわき市長教育委員長、県関係者からの状況説明
14時00分 意見交換会
(獨協医科大学 木村准教授からの講評を含む)
閉会
以上
「志田名・荻地区放射能汚染から復興を考える会代表」

« 学校給食の放射線量測定の取り組みを視察 | トップページ | 森ゆうこヴォーカルで参加! »

コメント

森ゆうこ様
いつもご活動ありがとうございます。
日本の未来を担う子供達の事、どうかよろしくお願い致します。

お身体に気を付けて頑張ってください。先生は福島のこどもたちの救世主です。

本日、金正日死亡の報が入りました。北朝鮮の情報を知る立場には有りませんが、「横田めぐみ」という人物が北朝鮮において重要な位置に存在する事は、充分に説明のつく話だと思います。であるからこそ、北朝鮮問題の解決は可能と、私は考えます。金正日の本心は「親日」であったと推測します。
私は『清朝の王女に生まれて』愛新覚羅顕琦という本を所有しています。この中で著者が中華人民共和国が成立して、帰国する日本人に会いに行くという場面が有ります。日本人と最後の別れをした時、「5階の窓から飛んで日本に行きたい」という表現をしていました。戦前の日本人が、中国や朝鮮の人達に嫌われていたとは思いません。私自身が朝鮮出身者の孫にあたりますから、反日というのは30年ほど前に始まった共産主義者の生き残りの為の政治宣伝だったと思っています。実際には、日本人に対する憧れを持つからこそ、拉致事件を引き起こしたものだと判断しております。下司な表現をすれば、あそこの娘が奇麗だから連れて来い、でやった事であると思います。北朝鮮が日本でスパイ活動程の実力は本来ならば、有りません。日本はオウム真理教の事件が発生するような間抜けな政治の国であっただけです。
もし「横田めぐみ」が重要な人物となっていたとすれば、徳川吉宗を育てた「春日局」に相当するだろうと思います。私が考える拉致事件解決の方法は、北朝鮮を民主体制への移行させる事によって可能にするというものですから、もし重要人物であるなら、作戦は立てられるだろうと考えます。しかし、野田政権では不可能です。金正日死亡により、野田どじょう大臣が新橋に着く寸前で引き返されたそうです。着いていればですが、チャウシェスクの演説と同じようになっていたと、とある群馬県の女性議員につぶやきましたところ、とある議員の秘書の現場からの報告で、どうやら予想した通りの状態になっていたという様子のようでした。ツイッターは偉大であります。
それは兎も角、小沢政権以外では外交は行い得ません.。増税とTPPでは話になりません。金正日死亡の報如何に関らず、野田政権はもう既に死に体です。来年、「増税」を決めてから、解散総選挙のつもりでいるだろうと判断します。選挙をやれば必ず、民主党は消滅します。衆議院議員は30人も残るかどうかでしょう。民主党を潰して、「増税」だけやれば歴史に残る手柄にできると腹を決めたと、判断しています。小沢潰しという点では一貫しています。しかし、小沢裁判は、ほぼ決着したと見て良いと思います。この一年間ツイッターでやって来た事の成果が有ったと思っています。しかし民主党議員には覇気が有りません。小沢一郎という強いリーダーを付けるか、野田どじょうが、破れかぶれになって解散総選挙、政界再編となるかであると考えております。北朝鮮問題に対処する前に日本の政治がまともに機能する状態になっていなければ話になりません。震災復興も、原子炉も、到底納得できるような事はしていない、する気が無いという印象しかありません。絶対に、小沢政権でなければ不可能であります。従って、これからは如何に早く小沢政権ができるようにするか、この方向でやって行くつもりでいます。民主党が駄目ならば政界再編ですし、民主党にしがみついているだけの人間なら不要であると言って、判断を迫ろうと考えております。

 先日は志田名荻地区に視察に来ていただきまして、本当にありがとうございました。混沌とした状況はこれからも続くことが予想されます。でも、今回森先生とお会いできたことによって、砂漠の中のおアシストいいますか、放射能の中のオアシスとでも言いますか、苛立っていた気持ちは少しだけ、穏やかさを取り戻しています。先生の人間性にも少しだけ触れられたのかなと思うと嬉しくなります。
 今回は本当にありがとうございました。
                         From kaze

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 学校給食の放射線量測定の取り組みを視察 | トップページ | 森ゆうこヴォーカルで参加! »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31