サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 太田かずみ議員新春の集い | トップページ | 活動報告 »

副大臣活動

定例記者会見(クリックして御覧下さい)

Hp1111

衆議院予算委員会答弁【衆議院TV2/215:15~赤嶺政賢議員質問】(クリックして御覧下さい)

Hp1_3

« 太田かずみ議員新春の集い | トップページ | 活動報告 »

コメント

森議員の活動を支持します。

議員。
なんともかんとも。
内閣の一員だからあまり責めないけど、社会保障と税の一体改革。
聞こえは良いが、まやかしにも聞こえます。
後だしで人件費を削減とか議員の定数削減とか言ってますけど。
消費税の増税云々の布石に聞こえますね。
議員の所管省庁には直接は関係しないけど、主計局の上。
ここが悪知恵を総理に吹き込む。(違うか?)
事務次官は省庁の事務屋のトップ。
何かね。デシャバリ過ぎるんじゃない。

原発事故も事務屋の独走が被害を拡大させたに等しいと思います。

さて。
阿修羅に以下の様な書き込み。
日本政府は米国政府に貸した借金を毎年15兆円返してもらっているはず “消費税増税は全く不要である…”(新ベンチャー革命)
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/557.html

2:米国に貸しているおカネを返してもらえば消費税増税は不要

ウィキペディアで“消費税”(注2)を開くと“毎年14.5兆円ある米国債償還金”という項が載っています。

 みんなの党の江田憲司衆院議員(元・経産省官僚)が国会でこの点を公表しています。

 日本政府は公表された数字で米国政府に100兆円規模のドル(米国債のかたちで)を貸していますが、隠れ貸金を含めると日本の産官全体で700兆円~1000兆円規模(対米ドル債権)とも言われています。だから江田議員の指摘通り、日本政府が米国政府に貸した借金の一部が満期をむかえて毎年15兆円を返してもらっているということです。ほんとうはもっと多いはずですから、この金額は確実に返済されるべき最低額です。
3.米国政府は日本政府から借りたカネをちゃんと返しているのか 米国政府の財政が破綻寸前であることは良い子の小学生でも知っていますから、上記の15兆円/年を米国政府は日本政府に返せるはずがありません。米国政府の返した15兆円分の米ドルで日本政府はまた米国債を買っているようなのです。ここに日米関係の最大の問題があります。米国政府の対日借金は膨らむ一方なのです。

と一部分ですが、コレからこの事が表面化するかもしれません。(対日圧力でメディアは黙殺)
ネットの中だけになると思います。

最後に一言。
対米への阿吽を務める小沢一郎氏に早く戻る様に努力してください。
ドショウでは力量不足が目立ち過ぎる。

何とかしなさい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副大臣活動:

« 太田かずみ議員新春の集い | トップページ | 活動報告 »

本の予約はこちらから

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31