サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 第11期文化審議会第4回総会(第56回) | トップページ | カート・トン在日米国大使館首席公使表敬 »

活動報告

Hp228 ①「未来への教科書『写真展』in文部科学省」を視察
  2月27日(月)から3月23日(金)まで 9:30~18:30
  文部科学省2階エントランス広報スペース、庁舎前2階共用ロビー
  期間中4期に分けて写真を展示。
 被災地の子供たち等が自らの目を通して撮影し、NPO法人映像情報士協会(復興メディア隊)が収集した復興に向かう子供たちの力強くたくましい姿を写真展として展示
  詳しくは、こちら →未来への教科書『写真展』

Hp228_2 ②「超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第6回)」に出席 (於:霞山会館)
 「長寿社会における生涯学習の在り方について」(報告書案)を御議論いただきました。      詳細はこちら→ 『検討会』Hp228_3 ③第4回ものづくり日本大賞文部科学大臣賞表彰式(於:文部科学省)
 文部科学省では、学生・生徒を対象としたものづくり人材の育成に係る活動を行う学校のうち、特に優秀な功績を収めた学校に対して、『ものづくり日本大賞「ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」分野:青少年支援部門」として文部科学大臣賞を授与しています。
第4回ものづくり日本大賞文部科学大臣賞として、愛知県立刈谷工業高等学校(鈴木直樹校長)に表彰状及びメダルを授与しました。
  学校の概要は、こちら→ 『刈谷工業高等学校』

« 第11期文化審議会第4回総会(第56回) | トップページ | カート・トン在日米国大使館首席公使表敬 »

コメント

厚生労働省が定める新しい安全基準に対し、専門家で構成される文部科学省の審議会が「厳しすぎる」と注文をつけた。こういったことが政府の発する情報への不信感に繋がるのです。特に文部科学省に対する不信感は根強いものがあると自覚するべきでしょう。放射能汚染による危機感と風評被害の対立を煽っているのは文部科学省であり政府の今日までの対応の拙さに起因しています。福島原発事故発生直後から放射能汚染から国民、特に子どもたちの生命や健康を守る立場で森副大臣が孤軍奮闘で頑張っておられることを承知しています。森副大臣がおっしゃっているように測定して情報を公開する。そして市場に出回っている食品は安全であるという紛れもない事実を作る。こうした状況を積み重ねることによって初めて国民は安心、安全を実感できるのだと思います。そしてこのことが市場に出ている福島産の農産物は安心、安全であるということで風評被害も防止できるのでしょう。科学的に「わからない」のであれば「わからない」と色めがねなしで正直になるべきです。森副大臣が就任されて、省内の意識改革、危機感の共有が成されつつあるのかなと期待しておりましたが、まだまだご苦労いただかなければならないようですね。今後ともこどもたちのために頑張ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活動報告:

« 第11期文化審議会第4回総会(第56回) | トップページ | カート・トン在日米国大使館首席公使表敬 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30