サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について(要請) | トップページ | 新潟活動 »

STOP!権力の暴走・国民大行動

Bdcam_20120421_200526881

小沢一郎政治裁判の不当判決は許さない

« 検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について(要請) | トップページ | 新潟活動 »

コメント

権力は暴走しない。

憲法 前文に掲げる原理に反する
憲法、法令及び詔勅は排除されるから、
原理に反する権力は効力を有し得ない。

国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、
効力を有するかの如く偽装して、
他人に強制し、服従させる犯罪にすぎない。


【参照法条:憲法 前文】
 そもそも国政は、
 国民の厳粛な信託によるものであつて、
 その権威は国民に由来し、
 その権力は国民の代表者がこれを行使し、
 その福利は国民がこれを享受する。

 これは人類普遍の原理〔※正しくは国民主権の原理〕であり、
 この憲法は、かかる原理に基くものである。

 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

小沢不当裁判を糾弾する集会
「小沢一郎政治裁判の不当判決は許せない」での、各先生方のお話を聞かせていただきました。ありがとうございます。
どの方のお話も、聞き応えのある内容ばかりでした。

植草先生の理路整然としたお話の中で、この国の民主主義をおかしくしている、大きく厚い壁の姿を知ることができました。
仙波氏や三井環氏のお話では、司法や検察組織のでたらめぶり不正三昧という事を知り、民主主義国家としての体を成していないと言う事がわかり落胆いたしました。

権力の不正を暴く為の力を有するマスコミも、その不正に加担し、国民を洗脳する組織に成り下がっているようでは、もうどうしようもないと思いました。何もかもがグルになっての不正や腐敗だったのですね。これでは、何でもできてしまいますね。どんな不正も、国民のコントロールも自由自在ですね。

しかし、あの会場に参加された市民の方々の働きはすばらしいと思います。私のように落胆しているばかりではなく、あそこまで調べ上げ、証拠を握り、不正を暴いた事は驚きでした。特別な権力も調査権も無い市民が良くあそこまで確信に迫られたと感心いたしました。あの会場の発言者としてはいらっしゃっていませんでしたけれども、八木啓代さんという方も頼もしい国民ですね。
勇気ある国民によってこの国の不正が明るみに出されました。本当にありがたく思います。

皆様のお話をお聞きし、こんな腐った国の仕組みや不正は、このまま孫子の代に引き継いではいけないと強く思いました。
会場でどなたかがおっしゃられたように、この不正を正すことは「我々の時代の責務」なのですね。原発問題も、そうですね。人間の力では処理ができない使用済み核燃料や、原発施設の廃炉処理問題を子孫の代に背負わせてはいけないのだと思いました。これも我々の時代の責務なのですね。

「小沢氏の問題は小沢氏だけの問題で終わらせてはいけない、これからが頑張りどころなのだ、これからがスタートなのだ」と会場でおっしゃられていましたが、本当にそうですね。小沢氏の裁判が無罪であっても、そうでなくても、この大問題は国民として目をつぶっていてはいけないのですね。

難しい事が分からない一主婦ながら、皆様のお話をお聞きしまして、その事をしっかりと決意いたしました。皆様の後ろからついて行き、この国の腐敗を糺す為の国民としての一齣になりたいと思います。皆様から、しっかりといろいろと勉強し学びたいと思います。そして、だまされ続けて泣き寝入りする国民から卒業したいとおもいます。

市民の方々がここまで進めた小沢不当裁判の不正暴きの駒は、ここから先は、私たちが国政を託した議員様にお願いしたいと思います。国民も一生懸命にお支えいたしますので、いろいろな調査権や、国民に託された議員としての権限を駆使して戴き、真相にを暴き、解決にたどり着いていただきたいと思います。

どうぞどうぞ、国民目線の議員様方が党派を超えて手を組み、一致団結をして戴き、その大きな不正集団を糺してください。このままでは子孫に申し訳が無くて申し送りできません。相手は大きいグル集団のようですから、国民の代表議員も大きな塊になって手をつないでいただきたいと思います。

天木氏が話された「海外メディアにこの国の不正を発表する」事も大きな戦略のように思います。この国は、こんなおかしなことをしているのだということを、ぜひぜひ海外の方々にもお知らせして、海外の良識派の応援もいただきたいと思います。
「法務委員会秘密会」にも大きな期待をしています。
どうぞよろしくお願いします。

今どうしても書いておきたいことがある。

「ーー裁判官にも勤務評定がありますが、評価の主な対象は判決ですか」
矢口「そうです。判決にはそのすべてが表われていますからね」

これは30年以上前に出た「裁判官の内幕」という本にある一節である。矢口とは最高裁事務総局人事局長矢口洪一である。その後最高裁長官になった人物だ。“司法界のドン”といわれ“ミスター司法行政”と評された最高裁事務総長と最高裁長官の2つの権力ポストについて最高裁の表裏を知りつくしたまさに最高裁そのものである。

日本の最高権力者は総理大臣ではない。最高裁長官である。憲法上総理も長官も天皇から任命される。総理は国会やマスコミから毎日批判され不信任をつきつけられたら辞めざるをえない。しかし最高裁長官は誰からも批判されない。国会やマスコミは勿論学界からもない。これほどの権力者がいるだろうか。総理大臣さえ有罪にできるのである。一度長官になれば定年までいて一切責任を追及されることがない。その後も…。多くの国民は顔も名前も知らない。だからこそ国民審査があっても安泰でいられるのだ。

全ての裁判所を統括している最高裁はアンタッチャブルである。誰も触れないし触れさせない。秘密のベールに包まれた要塞である。日本の最高裁はアメリカの最高裁と大陪審それにCIAとFBIを合わせたような存在である。あらゆる情報をもち、色々な調査をし、そして法律を自由に解釈(無視)し判決を下す。ただ単に判決を出す所ではない。絶対権力者は小沢氏ではなく最高裁である。
今最高裁は田中角栄に続き小沢氏も社会的に抹殺しようとしている。検察審査会は法律上三権から外れているが実際は最高裁事務総局刑事局が運用している。いってみれば最高裁の一部局に過ぎない。現実に第5検審は何か聞かれると「最高裁が…」と言うのである。この一言で全てわかる。

小沢裁判は違法捜査と違法起訴によるものであり、それは既得権をもつ官僚、マスコミ、そして最高裁がそれを守るためにやった。まさにみんなでやれば恐くないということである。会議もなければ採決もやらない。責任者はいない。誰も責任を追及されることはない。それが「陰謀」である。全てはあの9月14日に決まった。最初から有罪率100%の裁判。日本の歴史上最大最悪の判決になる。検察とマスコミが腐敗してるのは証明されたが次は裁判所が腐敗してる証拠(判決)が出る。明治以降最大最強の政治家小沢一郎を何が何でも葬ろうとする日本の闇の権力はとてつもなく酷い。
しかし一方でそういう権力が生まれた原因は国民の意識の低さがある。政治家=巨悪というフロパガンダを信じ込み今も裁判所は神聖なものと思い込んでいる。99%の国民がそういう状態だから「99%有罪」になってしまうのである。国民の水準と有罪率はリンクしている。ある意味国民に検察もマスコミも裁判所も支えられている。彼らこそ巨悪である。このことを一人でも多くの国民に知ってほしい。

冒頭に書いた通り裁判官の評価は判決で決まる。つまり最高裁の意に沿った判決を出すことが最も評価される。逆に言うと意に沿わないと出世コースから外される。具体例を挙げる。有名な長沼ナイキ訴訟で自衛隊の違憲判決を出した札幌地裁福島重雄裁判長は後に東京地裁の一判事にされた。しかもこの裁判に干渉した札幌地裁所長は東京高裁判事に栄転した。正しい判決を出すと異端視され冷飯を食わされる。今はもう福島氏のように自分の出世と引き換えに正しい判決を出す裁判官はいない。特に東京地裁には皆無である。信念を持ってる裁判官はいない。勤務評定のことしか頭にない。被告人(国民)の人権などカケラもない。はっきり言う。裁判官の良心は最高裁に対する忠誠心である。憲法の番人の最高裁は憲法を無視している。裁判所が憲法を守らないのだから正しい判決が出るわけがない。番人ではなく蛮人だ。小沢裁判に唯一意味があるとしたらそのことを白日の下にさらしたことである。人間である以上必ず正しい判断をすることはない。これは政治家だけではなく裁判官にも当然当てはまる。
最後にもう一度「裁判官の内幕」から引用する。
「ただ正しい裁きだけを要求しても、裁きの誤りを根絶することはできない。全く誤りのない裁きに近くのは一層適正な手続をふまえることが前提であるが、同時に裁くことそのものへの懐疑あるいは恐れがその出発点である」

「一億総有罪」の時代まであと3日・・・

かなり長い文になりましたが最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

森ゆうこ議員 様
お誕生日おめでとうございます。先日の大集会でのスピーチと花束贈呈のシーンでは、パソコンの前で思わず拍手をしてしまいした。近くにいた家内がビックリしておりました。
もう、老い先短い年寄りですが、なんとかこの腐りきった日本の現状を建て直し、明るい未来を若者や子供たちに引き継いでやりたいと切に願っている一人です。
先生と仲間の議員の皆様のご尽力により、悪の中枢を暴き、小沢一郎先生が存分にその剛腕を発揮される日を心待ちにしております。(はるか沖縄より)

http://www.ustream.tv/recorded/21982589
120420 「STOP!権力の暴走」国民大集会 ~小沢

音が出ない?反小沢派の陰謀かな・・・

長岡生まれの女子大生さんへ

陰謀かもしれません。

国民の中にも小沢氏に対して反感をもってる人がいます。

お友達に小沢不当裁判について話して下さい。

政治家よりも悪い人間がいることを。

勇気を出して言いましょう。小沢一郎は悪くないと。
今日有罪の不当判決が出る可能性が高いです。それでも怯むことはありません。
マスコミも裁判所も絶対正しいことはありません。

くれぐれも鵜呑みにしないようにして下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STOP!権力の暴走・国民大行動:

« 検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について(要請) | トップページ | 新潟活動 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31