サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« マスコミには・・ | トップページ | 第3回「 国民と司法の関係についての特別研究会」 »

「検察の罠」5月26日発売決定

事実上、裁判自体がなくなった西松建設事件。
検察による壮大な「でっち上げ」であり、捜査報告書の捏造で検察審査会を悪用した陸山会事件------。
小沢一郎の政治的抹殺を狙った西松建設事件、陸山会事件の真実とは?
参議院議員・森ゆうこの1000日に及ぶ検察、最高裁、マスコミとの闘いの記録!

Kennsatunowana

« マスコミには・・ | トップページ | 第3回「 国民と司法の関係についての特別研究会」 »

コメント

森ゆう子議員に率直に申し上げたい。

最近の議員活動から、あなたのボスのための活動を除いたら、何が残るのですか?
ボスを支持している人にとっては、ボスを守る要員として評価されるかもしれませんが、
ボスを評価しない人にとっては、あなたは何も活動しない人に等しいのではないですか?

こどもを守る、放射能から守るといっていたのに、なぜか消費税問題で副大臣を辞任し、
大事な仕事(もともとそう思っていなかったのかもしれませんが)をほっぽり出し。
与党民主党の方針が受け入れられないので離党かと思えば、ボスのために与党内野党
の数合わせ要員へ。反消費税の活動をするかと思えばやっぱりボスの裁判支援活動に
力を入れている。

あなたはボスの子分の前に一国会議員なのですから、ボスのためでなく国民のための仕事を
していただきたい。

森ゆうこ議員支持者らに率直に申し上げたい。

悪意ある騒音に騙されないようにしよう。

上記「おまいらはレミング」 氏の僅か10行ばかりの文章のなかに、「ボス」という単語が8個も出ています。ボスによほど恨みがあるのでしょうか(笑い)。

>ボスのための活動
>ボスを支持している人
>ボスを守る要員として
>ボスを評価しない人にとっては
>ボスのために与党内野党
>ボスの裁判支援活動に 力を入れている。
>ボスの子分の前に一国会議員なのですから
>ボスのためでなく国民のための

そして最後には、次のように結んでいる。

>あなたはボスの子分の前に一国会議員なのですから、ボスのためでなく国民のための仕事を していただきたい。

この文章は、田代検事の捏造報告書のなかで、石川知裕議員を説得する「キモ」になっている文章とどことなく似ている(苦笑)。まさか、犯罪者集団、検察ー最高裁ーマスコミいずれかの関係者?

田代検事は石川議員に、

”貴方は11万人以上の選挙民に支持されて国会議員になったんでしょ。・・・貴方を支持した選挙民を裏切ることになりますよ。”

本質を突いていますが、議員の弱みをついています・・・議員説得の殺し文句です。

頑張れ! ゆうこ。

森さんの冤罪事件の追及には立派の一語に尽きます。
検察のでっちあげ事件が報じられた時、明日は我が身で、恐ろしい国になったと
寒気がしました。国会議員は国民の代表であり、決して政治裁判など許されるものでは
無いはずです。司法のからくりも、国民の前に曝け出され、森さんの追及は正義感で
立派です。民主主義の崩壊を一歩手前で救ってくれた気がします。
これからも、どんどん追求していってください。
既得権益と繋がっている官僚たちにも負けないでください

小沢さんの冤罪事件は、民主主義の崩壊だとあちこちの有識者も
言ってましたが、検察は事件をでっちあげて、ここまで、腐敗していたとは
びっくりでした。森さんの追及には頭の下がる思いです。冤罪事件は他人事ではないからです。最高裁のくじ引きソフトのインチキであること、検察審査会の疑惑はまだまだ、残りますが、どんどん、追求していってください。国民の税金で無駄な裁判が、続行されようとしている
事にも腹が立ちますし、悪徳検事の田代が不起訴になろうとしていることも許せません。
私達国民は、森さんの勇気に喝采です。これからも、理不尽な事にはどんどん、追求して
情報公開をしてください。応援してます。

反消費税・反TPP・脱原発依存・・すべての根っこは同じです。
検察の暴走を止める=政治の主権を、行政と司法から国会(国民)に取り戻す。

森ゆうこ議員。当方は北海道6区民ではありますがあなたの活動に
私たち国民の代弁者として、心から声援を送ります。

政治の主権を私たち国民の手に。
狭い了見からでなく、議会制民主主義の危機として心から支援いたします。

ゆうこ議員お疲れ様です。着々と出版準備していたのですね。ゆうこ議員が落ち着いて説明しても周りがあんなに興奮して聞く耳持たないのですから本にして正解ですね。官邸ブログ見ていると野田さんの考え方おかしくないですか?って思うことがあります。小沢さんと一日も早く話し、待ったなしなどいわないで少したちどまって国のほころびを治してほしいと思います。お身体大切に応援しています。本読ませていただきますね。

"小沢"にとらわれると、この問題を見誤る。
森ゆう子議員は小沢の子分だと思うし、ボスを擁護する意図があるとしても、
そこは、この問題の本質ではない。
日本の統治機構である司法の根幹についての問題であって、
放射能の問題と、同等の問題である。
"小沢"オンリーの話でなく、対岸の火事ではないことに気づくべき。
だが、"小沢"オンリーの話と考えている人が多く、
そこにある種の危機感を覚える。

世界というのは一周4万キロメートルの球の表面であります。意外と小さな世界です。現時点で考えられるのは、この小さな世界の中だけの出来事ですが、世界経済について、システムや理論をあれこれと言っていますが、一人の人間が富を独占し、その為に他の人間を経済奴隷のようにする考えがマネーゲーム経済であり、これが現在破綻に至っているという事だと思います。一人の人間が全部を取ってしまい、他の人間が何も無くなってしまえば、経済が死んでしまうのも当然です。現在の日本や世界はこれに近い状態のはずです。無策であるが故に増税しか言う事が出来ない松下政経塾出身者達です。総理が仰ることですからと責任逃れをする民主党議員がいるようです。到底このような人では国家の運営など任せられません。自身が先頭に立ち責任を負って、道を切り開く気概の有る人間でなければ国は亡ぶ事は日本や世界の歴史を見れば明らかです。使命感を持った人物には、この国難の状況を歴史的使命を負う立場に恵まれたととらえるでしょう。
拉致事件解決のシグナルが有る事は、有田芳生さんのツイートから感じられます。公にされる筈が無い事ですから推測の類の話は控えますが、北側に解決したい意志は有ると思います。誰も孤立は望まないでしょう。北朝鮮問題を解決する為には先ず、日本に強力な政権が必要になります。これは本来ならば、存在していたはずです。非常に叩かれ叩かれであったが為に、強力な政権ができるものと思います。マスコミが宣伝し持て囃すような、「・・・の会」というものに拉致事件解決、日本の政治の仕組みの変更、震災復興、、日本経済の立て直し、原発事故処理、領土の返還、これらの事が行える訳がありません。言う事とする事が違う人間に従うのは、上記の茶坊主の類です。
既得権側にいる人達は改革を阻止しようとして脅しをかけているのでしょうが、これまでのマスコミの世論操作報道に比べれば単発の言いがかりというものです。民主党内でこのような事が行われたのかは、政治の現場にいる森ゆうこ議員が知っている事だと思います。日本で行われている、増税、TPPという話は政策論争などではなく、本質は小沢潰し、改革潰しです。既得権を維持する為に増税が必要であり、マスコミの宣伝を利用しての自己アピールの為の「偽・自由貿易」です。一握りの人間が利益を独占し、権力を握るという意味の自由貿易です。この意味が理解できない人物が政治をやっていれば国が亡ぶのは当然です。会社が潰れるように、愚かな人物が地位にいれば、国も滅びます。徳川幕府、鎌倉幕府といった具合です。明治までは前の体制を倒したのが日本国内の勢力でしたが、現在は日本を支配しようとするのが外国資本という状況を思考停止した民主党執行部によって作り出されようとしています。自由貿易の仮面をつけた不正義の経済です。特権を得ている人には社会の矛盾が自覚できないのでしょうが、被害を被る人達には不満と怒りが蓄積して行きます。江戸時代までは、これが300年周期で起こりましたが、現在は世界だけではなく、もっと広い宇宙の範囲まで広がった考えを持つべきだと思います。可能性としては宇宙人襲来もありますが、リアルな問題として太陽活動の変化、天体の地球衝突といった事は無視すべきだはないでしょう。人間がしている事は、たったの地球の表面での活動の範囲です。太陽エネルギーも無限に利用できるわけでも有りません。太陽活動が下がれば気温も下がり、植物は光合成をしなくなりますから酸素の供給もできなくなります。そうなれば殆どの生命は死滅するというのが地球の歴史です。
中国でさえも宇宙開発を目標にしています。通信などの用途の人工衛星ていどでは日本は落伍するしかないと言えます。宇宙発電所というのは、宇宙空間で活動する事が当たり前にできる状態になっていて可能となる話です。その為には人と物を当たり前に輸送する仕組みが必要です。これは可能なはずです。
これから起こる事が日本の中だけ、地球の中だけでしか考えられない人では将来の日本の舵取りをさせる訳には行かないと思います。世界は日本を置き去りにして先に行ってしまうばかりでなく、軍事的恫喝によって亡ぶ、他国に吸収される事につながります。100年後にも存続し続けられるよう政治の仕組みを作り上げ、新しい世界を築いて行く為の好機であるはずです。既得権益を解体し、公正な社会の仕組み、経済の仕組みを作って、日本人が本来持つ能力を発揮できるようにしたら良いはずです。アジアや世界の人々が日本に期待しているのは、日本人の独創力によって世界を進歩させ、成功の手本を示す事であると思います。そうすれば自ずと拉致事件、領土問題も解決できるはずです。

ご出版おめでとうございます。今アマゾンを見たら、27位。発売前からこの数字はうれしいですね。森さんの1000日間の闘いは、日本の歴史を変えるかもしれません。こういう偉業を成し遂げたのが、女性だということがうれしいような、悲しいような・・・
三国志風に言えば、森ゆうこさん一人で、十万の兵に値いする、という感じかな。

それにしても、森さんの血のにじむような御苦労を、未だに、ボスのためと思っている方がいて、お気の毒。森さんは、国民のために正義を守ろうとなさっていることを、ご理解下さいね。

この三年半にわたって今も続いている
法務官僚らによる小沢氏への抹殺攻撃は
議会制民主主義を否定するものであり
日本が真の法治国家でないことを
露呈しました。

国権の最高機関にいるはずの国会議員の一人ひとりが
今行われている政治的謀略を対岸の火事とおもわないで
闘ってほしいものです。

検察(東京地検特捜部)の組織ぐるみの犯罪をだれが
捜査し裁くのか

最高裁事務総局(=検察審査会)の犯罪を
だれが捜査し裁くのか

森ゆう子議員の行動には敬意をはらいつつ
これからのさらなる活動に期待します。

もちろん「検察の罠」購入します。

森ゆう子 様
『検察の罠』の出版、楽しみにしています。森さんや川内さん、辻恵さんらの国会議員の皆様の活動で、我が国の検察、司法の深い闇が明らかになりつつあります。国民の大部分は、まだ我が国が民主国家であると思っているようですが、皆様の調査で、我が国が実は主権在官国家であることも明らかになりました。
 そしてその主権在官国家の維持のために、検察や司法が反対勢力を抹殺、追放するための機関として働いていることもわかりました。
 この3年間のご活動で、我が国が戦前戦中の検察・軍部によるファッション国家と同じ状態であること明らかにして頂いたことは、国民への何よりの贈り物となりました。
 国民の代表として素晴らしい仕事、戦後史に刻まれるべき立派な仕事をしていただいたと思います。やがて多くの国民が、そのことに気付いてくれるはずです。
 心ある国民は、いつも森さんの後ろを、森さんと一緒に歩いていると思います。
 今後の一層のご活躍を期待しています。お体を大切に。

森ゆうこ議員支持者らに率直に申し上げたい。
悪意ある騒音に騙されないようにしよう。

上記「おまいらはレミング」 氏の僅か10行ばかりの文章のなかに、「ボス」という単語が8個も出ています。ボスによほど恨みがあるのでしょうか(笑い)。

>ボスのための活動
>ボスを支持している人
>ボスを守る要員として
>ボスを評価しない人にとっては
>ボスのために与党内野党
>ボスの裁判支援活動に 力を入れている。
>ボスの子分の前に一国会議員なのですから
>ボスのためでなく国民のための

そして最後には、次のように結んでいる。
>あなたはボスの子分の前に一国会議員なのですから、ボスのためでなく国民のための仕事を していただきたい。

この文章は、田代検事の捏造報告書のなかで、石川知裕議員を説得する「キモ」になっている文章とどことなく似ている(苦笑)。まさか犯罪者集団、検察ー最高裁ーマスコミいずれかの関係者?

田代検事は石川議員に、
”貴方は11万人以上の選挙民に支持されて国会議員になったんでしょ。・・・貴方を支持した選挙民を裏切ることになりますよ。”

本質を突いていますが、議員の弱みをついています・・・議員説得の殺し文句です。

頑張れ! ゆうこ。

ん?小沢一郎のための活動っていうのはただの副産物では?
検察と司法の闇を暴く仕事は結局は国民のための仕事になるのでは?

☆正義を貫け!
 戦後、GHQが仕掛けた構図が定着し、そのことが原因で色んなことが発生していると思われます。
 ①如何に日本から巻き上げるか
   TPP、消費税アップ、デフレ円高・・財務省、日銀が加担
 ②アメリカにとって都合の悪い人間はつぶせ
   田中角栄ロッキード・・・そして小沢潰し
   CIAの手先に検察、マスコミ
 ③アメリカに守ってもらう??
   普天間問題、尖閣問題、竹島問題、北方領土問題
 ④牙を抜かれた若者
   日教組が手先になり、反日教育

 以上のことが属国病日本です。

 解決するには、「日本は日本人の手で守る」を基本にした国家構想を打ち出すことです。小沢さんと亀井さんが手を組んでこれまでのタブーを破ってほしいと思っています。日本国家の旗をはっきり打ち出してほしいです。

検察官が起訴相当の議決を得る目的で虚偽の報告書を作成することは、
不起訴処分と起訴相当の議決が相反する特殊な事例であって、

検察官が不起訴相当の議決を得る目的で虚偽の報告書を作成することは、
不起訴処分と不起訴相当の議決とが一致する一般的な事例というべきである。

裁判所の民事部、検察庁、検察審査会事務局、裁判所の刑事部が癒着しているから、
裁判官、検察官が、その職務権限の濫用について、告訴・告発されても、
起訴されず、起訴相当の議決は行われず、付審判請求は棄却される。

そもそも、
国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員と弁護士が癒着しており、

国又は公共団体の弁護士は、
国又は公共団体の住民のために弁護しているのではなく、

国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員のために弁護している。

裁判所の民事部裁判官は、
法令の適用によらず、意志的であっても、
判断したことのみを理由として、民事訴訟法 第三百三十八条1項九号に掲げる事由

「判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったこと。」

に該当しないとして、再審請求を棄却する公務員職権濫用の常習犯である。


検察官は、不起訴処分とした理由として、
事件事務規程(法務省訓令) 第七十二条2項十六号に掲げる不起訴裁定の主文

「罪とならず」を付していたが、

いわゆる上告理由としての理由不備とは、
主文を導き出すための理由の全部又は一部が欠けていることをいうもの
〔最高裁判例 平成10(オ)2189〕であるから、

不起訴裁定の主文のみでは、主文を導き出すための理由の全部が欠けている。

検察庁は、
主文と理由との区別すらつかない「心身の故障」ある検察官により、
違法に占拠され、検察権を排除して、権力を行使し、もって、法治を壊乱している。

裁判所の刑事部は、
理由として「被疑事実が犯罪構成要件に該当しない。」を付していたが、

民事訴訟法 第三百三十八条1項九号に掲げる事由に該当するか否かについて、
判断しておらず、判断していないから理由も付していない。

判決〔主文〕に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があった場合、
判決〔主文〕は導き出せないのであるから、
棄却する目的で、判決を行っていることは明らかである。

裁判所は、
判決〔主文〕に影響を及ぼすべき重要な事項すらわからない「心身の故障」ある裁判官により、
違法に占拠され、司法権を排除して、権力を行使し、もって、法治を壊乱している。


法令を適用する能力のない公務員は、
他人の、法令の適用により得べき権利義務に関わる職務について、
権力〔強制力〕の行使に関与させるべきではなく、罷免すべきである。

現状は、罷免されるべき「心身の故障」ある公務員らが、共謀して、
さらに「心身の故障」ある者を任官させて、
統治機構を占拠し、国権を排除して、権力を行使し、もって、法治を壊乱している。


財政破綻は、

採算割れが予見されるにもかかわらず、
損害を補うに足る特段の事情なく事業を行うこと、

より安価な代替案があるにもかかわらず、
高価な案との差額による損害を補うに足る特段の事情なく事業を行うこと、

などにより、無用の支出を行って、契約の相手方に利益をもらたし、
もって、他の住民〔国民・県民など〕に損害を加える行為による。


財政再建のために優先すべきことは、増税でも、公務員の給与の一律カットでもない。

公務の主旨に背いて他人に不利益を負担させることを強制する者を、
処罰し、損害を賠償させ、且つ、罷免することが最優先である。

出版おめでとうございます!
絶対に買います。

出版記念に「検察の嘘を糾弾する」…のような勉強会を催して
その後 サイン入りの本の販売、というような場があれば良いのに、と思いました。

ますます応援します。頑張って下さい。

ご出版おめでとうございます
結果的には森さんはじめ多数の応援団が小沢さん(選挙民)の為に戦ってきた事が検察の闇が暴かれて来たと思っても過言ではありません。
村木さん事件も小沢グループにいた石井一がらみででっち上げられた事件だと思います。(石井さんは事情聴取後はビビってしまったのか小沢さんと距離を置いていますが・・・)
森さん始め国会議員が発信しなければ今のメディアは検察にお世話になっている側で持ちつ持たれつの中なので何も明るみにはされません。

今後は裁判所の闇、警察の闇、他には外務省等省庁にも解明すべき点はたくさんあると思います。
小沢総理実現に向けがんばって下さい。
東京高裁「控訴趣意書」提出指定弁護士に支持 NHKニュース
控訴棄却じゃないのか?

小沢さんの二審が秋に始まるとか。
一体この国はどこに進もうとしているのか。
検察審査会の小沢さんの問題は、私たち国民の問題でもあります。それを日の本にさらしてくれた森さんにお礼を申し上げます。

2009年9月に発足した鳩山内閣は忘れられない。

今は人相が悪くなってしまった菅、岡田、仙谷、前原、枝野、野田、玄葉らも輝いている様に見えた。
しかし、彼らは、官僚、財界、マスコミ等に煽てられ、自分の愚かさ、謙虚さを忘れ、今の立場に必死にしがみ付いている醜い餓鬼にしか見えない。

森さん(東さん、川内さん、辻さん、階さん・・・・)!
彼らは、夢を忘れ目標を失ってしまいました。早く、彼らの役割と責任から解放し、2009年9月に戻してやって下さい。

初めまして。検察の罠読みました。
この本の横にも選挙違反えん罪事件で1年以上も投獄されたという本がありました。
「つくりごと 高齢者福祉の星 岩川徹逮捕の虚構」大熊 一夫 (著)
「検察に死の花束を捧ぐ」柴野たいぞう (著)柴野たいぞうさんは自殺されたのだそうですね。
どの本もひどいえん罪ですね。この他にも、電車内での痴漢えん罪等、たくさんえん罪はありますね。えん罪で殺された人もいる。

恐ろしい国ですよ。
●事実上の官僚の独裁体制ができあがっているということですよね。このままでは、だれが政権を取っても官僚の命令通りに事が進められてしまう。
・官僚が、自分のやり方に気に入らない人間の口封じを、自由に、好き勝手に行えるわけですからね。
・小沢さんのように発言力のある、日本にとって重要な人を黙らせようとする。これは、日本にとって大変に重大な問題だ。
・最初から、でっち上げストーリーを作って、調書をそのテーマ通りにでっち上げていく。誘導する。さらに、マスコミを使って、世論を誘導する。一般国民など赤子の手をひねるようなものですね。
●何としてもこの腐敗体制をストップさせないといけませんね。

●●ところで、森さん、この本。漫画化しませんか?
・特に、検察や裁判所事務局とのやりとりの場面など、かなり面白いのではないでしょうか?
・森さん魅力的な人なのだから、もっとかわいく描いてもらいたいです。子供や、小中高校生、大学生等からも愛されるキャラクターを作ってください。
・森さんの顔が怖くなってますよ。田中真紀子さんにも言われたそうですが、ちょっと緊張しすぎですか。大変なのはわかりますが、これからもっと大変な状況になることもあり得ます。もっとゆったりと構えないともたないですよ。そう思えるくらい緊張して見えます。
・これから、現状の応援者以外の人をたくさん作らなければいけません。
応援してます。期待してます。

森ゆうこ議員お疲れ様です。本読ませていただきました。まずゆうこ議員の生い立ち、小沢さんさんとの対談を見て、中身に入りました。あぶない!ストレスためないで!身体大切にして!心配せずにいられない森ゆうこ議員ファンになったことの内容が読み取れました。ある議員が言っていましたね、なぜそんなに夢中になるんだ?平議員でしたか?長いものにまかれてしまった方の?マークだったんでしょうね。昨日小沢さんのテレビ出演みました。今やるべきは、増税ではない。たいへんなことだけどやるべきことがある。家族で納得。今やれば将来を担う子供を苦しめることになる。谷垣総裁の小沢さんさんを切れのことばを怒らないで他党のことにおかしいですねと、一笑に付したすがたに、長い経験と修羅場をくぐってきたかたの人生の重みを感じた。今かくれ民主党のような立場になっているが頑張ってと未来の民主党を応援したいと思います。

「検察の罠」読了しました。
以下に感想を少し書かせて頂きます。

この一連の事件・裁判における司法の行動原理は小沢一郎議員抹殺であることはよく理解できます。
しかし、これは単なる手段・手法に過ぎないでしょう。法務省の官僚や、検察の検事や最高裁判所、はたまた、(実在したとすれば)検察審査会、指定弁護士などは小沢一郎議員抹殺のための部品であって、原動力ではないことは明らかです。
小沢議員抹殺の真の動機(モチベーション)が語られていない事実には御自身の死にさらりと言及するだけの思慮に気付かされ、事の重大性を感じます。

ここに書かれた官僚・黒幕は優秀と言われたいだけの使い走りでしょう。そして、検察官や裁判官などはさもしい人格の権力亡者なのでしょう。そしておこぼれを拾う大メディアもこの仲間内にいます。
それに引き替え、戦うには余りにも巨大なパワーを持つ巨大な力が通奏低音として戦後日本の歴史に隠然として響いていることに目を背けるように教育された多くの国民、そしてその犠牲になった政治家や論客が何人も脳裏に浮かんできます。
強かな「部品」どもは戦いに負けたところで個人的なダメージは少ないが、負けは認めたくないと考えるのが自然です。その結果、森ゆう子議員のこの戦いは最高に上手くいっても「ドロー」ではないかとは思いますが、しかし、ドローにでも持ち込まなければ、通奏低音はこれからも鳴り止む可能性は限りなく少なくなってしまいます。
この歴史的な戦いに果敢に挑む森ゆう子議員に心からの声援をお送りし、益々の御活躍をお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「検察の罠」5月26日発売決定:

» 政治的抹殺を繰り返す・・・検察の闇 [高橋敏男のブログ]
森ゆうこ参議院議員が「検察の罠」を出版した。 http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/05/526-e6e3.html [続きを読む]

« マスコミには・・ | トップページ | 第3回「 国民と司法の関係についての特別研究会」 »

新型コロナウィルス感染症支援策一覧

本の予約はこちらから

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31