サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

駒沢大学公開講義

Imag0440_2

【駒澤大学】森ゆうこ参議院議員による公開講義

Komadai120629

森ゆうこ参議院議員による公開講義「福島第一原発事故以後の日本政治」
日     時 : 6月30日(土) 13:00~
会      場 : 駒沢キャンパス1号館 1-401教場
ゲスト講師 : 森ゆうこ参議院議員
http://www.komazawa-u.ac.jp/cms/news/20120628kouenkai
大勢の皆様のご参加をお待ち申し上げます。 
          
【私たちにふりかかる被ばくのリスク】
 2011年3月11日に発生した福島第一原発事故により、被災地の皆様や私たちは日常的に「長期の低線量被ばく」に晒されています。しかしながら、政府は再稼働を反対する国民の声を無視し、東京電力の事故責任を曖昧にしたまま、活断層の上にある大飯原発の再稼働を決定しました。
【2011年4月19日 文部科学省通知と森ゆうこ議員の抗議】
 同日、文部科学省は福島県教育委員会、福島県知事(他)宛に、「福島県内の学校の校舎・校舎等の利用判断における暫定的考え方について(通知)」を発表し、子どもにおける年間被ばく限度の引き上げをしました。しかし、子どもの年間被ばく限度(=20mSv)が妊娠した女性放射線業務従事者の年間被ばく線量限度(=1.5mSv)を上回るという事態を、同通知は看過していると言えます。
 森ゆうこ議員は、同通知に対する2011 年5月23 日の文科省前での福島の母子たちによる抗議行動に馳せ参じ、自らマイクをとり文部科学省に申し入れを行うなど、私たち国民の声を現場で共有し、国政に反映させようと奮闘してくださっている数少ない国会議員です。

TV出演

TV朝日「朝まで生テレビ」に出演致します。

【激論!ド~する?!消費増税政局と日本政治】
放送日時:6月29日(金)25:25~28:25
(30日 午前 1:25~4:25)(※ 一部地域は25:34~)
URL:http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

捜査報告書の作成・提出事案に係る関係者の人事上の処分について

田代検事らの処分が発表された。

不起訴となった田代検事は減給処分受け、自ら辞職した。

検察及び法務省は自浄能力を発揮する最後の機会を自ら放棄した。

中村哲治参議院議員の部屋で法務省からの説明を受けた。

説明資料以下に。    森ゆうこtwiiterより

--------------------------------------------------------

被処分者及び処分内容

田代政弘(処分時 法務研総務企画部付、当時 東京地検特捜部検事)

減給6月 (100分の20)H24.6.27付け

資料はこちらから

【資料2】
国会議員の資金管理団体に係る政治資金規正法違反事件の捜査活動に関する捜査及び調査等について

今後は参議院が主戦場

衆議院で増税法案が可決された。
今後は参議院が主戦場。
小沢一郎新政研会長をはじめ反対票を投じた同志達に敬意を表するために、十数人の参議院議員と共に、本会議後の会合に参加した。

森ゆうこtwitterより

恐ろしい

❶民・自・公の談合による大増税は国民に対する造反である。
【日本国憲法 前文】 (前略)そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。(後略)
❷国民は民主党に白紙委任、全権委任したわけではない。
民主党が二〇〇九年の衆院選マニフェストに盛り込まなかった消費税増税を「命がけで実現する」という野田総理。
「自分たちが選んだ総理が政治生命をかけているのだから黙ってそれに従うのは当然。
嫌なら出ていけ」という少数の不心得者がいる
❸白紙委任・全権委任をされてもいないのに約束したことと正反対のことを強行するのは、まさしく「独裁」である。
消費税増税法案に賛成することは、もはや一つの法案の採決の問題ではない。
民主主義の根幹である、主権者による厳正な信託を軽んじる行為であり、これは民主主義を否定するものである

「消費税増税法案を成立させたことが嫌なら、次の選挙で落とせばいい」という岡田副総理らの発言が許されて言いわけがない。
この発言は、つまり、選挙の時に嘘をついても政権を取ったらこっちのもの。
あとは何をやっても最高権力者が政治生命をかけてやるのだから黙って従えということ。恐ろしい。

森ゆうこtwitterより

新潟活動

新潟東港国際海上ターミナル工事完成式典
624hiogasikou

党員・サポーター緊急連絡会
624kinnkyuukaigi

阿賀野市出版記念集会624aganosi

新潟活動

私学助成の会

623sigaku

柏崎出版記念会&納涼会

120623kasiwazaki

マックス会

623makkusu

原発再稼働反対デモ。

報道ステーションで大きく報道。福島県選出議員をはじめ117名の署名を添えて再稼働反対の要請を行ったのに、野田総理や細野大臣は話を聞こうともしない。

しかし、今夜のデモの声は官邸にも届いていたはず。

森ゆうこtwitterより

民主党両院議員懇談会

【6/20・17:00~憲政記念館】

冒頭から3時間以上も挙手していたのに、発言させてもらえなかった。
最後は、直嶋正行議長が、予定通り?石井一、蓮舫、鹿野道彦各氏を指名し、民主党を割らないために幹事長一任と発言しそこで打ち切り。
指名されれば、離党宣言した上で、執行部の嘘を追求する予定だった。
民主党がどうなろうとそんなことは枝葉末節。
格差社会を解消する社会保障は棚上げする一方、この国の経済を破壊し、国民生活(富裕層は増税でも何ともない)を苦しくする消費増税だけはやることを決めた民主党。
自民党より悪い。

森ゆうこtwitterより

【社会保障と税の一体改革調査会・税制調査会・厚生労働部門・財務金融部門・総務部門・文部科学部門合同会議】

前原政調会長の突然の「一任された宣言」。
そのまま党の女性職員などにガードされながら非常口から脱出。
野党時代に数々の強行採決を経験してきたが、今日の前原「一任された宣言」はそれよりも酷い。
一任されたということを確認もせず、宣言しただけで逃げ出したのだから。
今回も増税推進派は前原氏らが発言するたびに拍手したり野次を飛ばすだけ。
拍手ばかりしてないで意見を述べよと言われても、出てくる発言は、「長妻さんたちが一生懸命交渉したのだから敬意を払って了承しろ」という精神論ばかり。
先ほどまで打ち合わせをしていた仲間たちから、「森さん、『検察の罠』の続編が書けるね。」と。
題して「民主党の罠」・・・・笑えない。
国民の皆様に申し訳ない。
前原氏が、「専門家としてすべての議論に参加して皆の意を呈して交渉した信頼できる人」と評した藤井裕久元財務大臣のとんでも答弁には、さすがの増税推進派もうろたえた。
曰く「日本国債の金利上昇リスク。
国債はほとんどが国内債務だが、メガバンクが国債を売りに出す危険もある。」 
はぁ?

森ゆうこ twitterより

違法ダウンロード刑事罰化審議

違法ダウンロード刑事罰化の審議は酷いものだった。
修正案提案者の池坊衆議院議員がまさかの答弁拒否をしたのには驚いた。
今日の委員会で採決されて、午後の本会議で可決成立の見込み。
私は文部科学委員を半強制的に差し替えられたので、委員会で反対票を投じることはできなくなった。
違法DL刑事罰化の参考人質疑。
エイベックス役員の岸博幸氏は、仏のスリーストライク法により違法DLが66%減少したことをあげ、DL刑事罰化でも生ぬるいと主張した。
しかし、違法DL が減少しても、却って音楽産業の収益が減少しているのではないかという私の指摘に対して、(音楽産業の収益増減について)は、前提条件の設定が難しいので分析は困難と。
その答弁に対して、違法DLが66%も減少しているのだから、前提条件はあっても、収益が目に見えて増加していないのはおかしいと指摘。
音楽産業の収益の減少は違法DLのせいではないと皮肉にも証明されている?

森ゆうこtwitterより

文教科学委員会

120619monka

19日10:00~

参議員インターネット審議中継

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

今夕の民主党調査会・部門合同会議。

消費増税は、政権交代時の基本政策変更の重要問題であり、本来党大会か両院議員総会で議論すべきことなのに、決定権限は自分にあると強弁する前原政調会長。
社会保障は棚上げになっていないと強弁を繰り返す長妻衆議院議員。
民主主義ではないと非難噴出。
消費増税推進派の発言はゼロ。
これまでも、推進派は論理的に反論できていない。
マスコミは全く正反対の報道をしているが、消費増税反対派は論客ぞろいで、論旨も明快である。
推進派は、ほとんど発言しない。
総理が政治生命をかけているから従おうとか、決められない政治からの脱却という精神論ばかり。
そう言えば、藤井裕久税制調査会長からも反論がない。
藤井さんはかつてこう言っていた。
「私は何時でも、何処でも、誰にでも」同じことを言う。デフレ下の増税は経済政策として間違い!経済が悪化し税収は増えない。」
いつから、何故変わったのかとの私の質問に未だ回答なし。

森ゆうこtwitterより

違法ダウンロード刑事罰化、明日質問予定です。

違法ダウンロード刑事罰化明日、参議院文部科学委員会で質疑の見込み。
正式な開催決定は今日の夕方になるが、理事から質問準備依頼。
これから質問を作る。
内閣提出の著作権法はフェアユースの拡大。
全く異質な刑事罰化の修正案。
本来、議員立法で提出すべきであった。談合政治ここに極まれり。

森ゆうこtwitterより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参議院文教科学委員会は明日19日、10:00より開会です。
委員会の様子は下記URLよりインターネットで御覧になれます。
参議員インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

採決阻止に向けて

「消費大増税に反対する国民集会」熱気溢れる集会でした。
お集まり頂いた皆さんありがとうございました!
会場に入りきれなかった300人以上の皆様すみませんでした。
国民の皆様の声をしっかり受け止めて、まずは、採決阻止に向けて頑張って参ります。
森ゆうこtwitterより

社会保障一体改革調査会等合同会議と通学路議連

今夕の民主党「社会保障一体改革調査会等合同会議」は3党実務者協議の経過報告。
一任を取り付けるものではないことを確認。
私は日本国憲法の前分を引用。
「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるもの〜」
選挙でマニフェストを提示し、厳粛な信託を受けたことが余りにも軽んじられていると発言。

報告された修正協議の状況は、つまりマニフェストの根幹を撤回し、野党案を丸呑みせよという。この要求に対して、根幹の部分を国会議員の入らない「国民会議」に棚上げするという妥協。
民主党に対する国民の皆さんの期待は、特に社会保障の分野。
事実上それらを撤回して増税することに何の正統性もない。
--------------------------------
第二回通学路議連「児童ら通学安全対策促進議員連盟」
警察庁交通局から、通学路事故の原因分析と防止策・国交省から、通学路の交通安全施設の整備状況をそれぞれヒアリング。
そして、交通犯罪被害者遺族の立場から「通学路安全対策への提言」を『命と安全を守る歩車分離信号普及全国連絡会』から伺う。

森ゆうこtwitterより

増税の前にやることがある!

デフレ下で増税しても税収は増えない。
社会保障の財源確保も、財政再建もできない。
歴史が証明している。強引な大規模増税採決を阻止するために総決起集会にご参加を!

消費増税採決に反対する国民会議

6/14 (木) 午後6時〜 憲政記念館 講堂

主催: 消費税を考える国民会議

  森ゆうこtwitterより

滝 実 新法務大臣へ申入れ

6月8日11:00

司法改革を実現する国民会議「申  入  書」

 相次ぐ冤罪事件の発生などを受けて、司法改革の必要性が叫ばれて久しい。そのような中、郵便不正事件において検察官による「証拠の捏造」が発覚し、国民の検察に対する信頼は失墜した。そこで法務省は、「最高検検証チーム」や「検察のあり方検討会議」を設置して、抜本的な検察改革を実施することを国民に約束したのである。それにもかかわらず、検察の組織内で一部検察官らが検察組織の不起訴処分の決定を覆そうと試みて、まったく事実と異なる捜査報告書を作成してまで検察審査会を誘導しようとした強い疑いがあり、世間を驚愕させた。

 その報告書の問題性は、陸山会事件公判の証拠決定において、大善裁判長から「同捜査報告書が問答体で具体的かつ詳細な記載がされていることに照らすと、あいまいな記憶に基づいて作成されたものとは考え難く、記憶の混同が生じたとの説明は、にわかには信用することができない。」と指弾され、また、退任された小川敏夫前法務大臣も退任会見において、「客観的資料を見れば分かることだが、捜査報告書の中身、捜査状況の録音を詳細に見てみれば、記憶違いではないと、誰しもが思うんじゃないかと思う。逆に、捜査報告書と録音をインターネットで流出しているようだから、それを見れば判断できると思う。」と述べ、更に「指揮権発動」に言及されたほどの深刻なものである。・・・・・・・・全文へ続く

「(全文はこちらから)」 

6/6 : 1930インタビュー

本日6月6日水曜日19:30、岩上安身さん @iwakamiyasumi のインタビュー。

IWJチャンネル1はここから

120606hp

原発再稼働、慎重判断を官邸で要請。

原発再稼働、慎重判断を官邸で要請。
6/5 16:30 約20名の民主党衆参両院議員と共に、117名の署名簿と原発再稼働の慎重判断を求める要請書を斉藤副官房長官に渡した。
再稼働を判断する前提として、事故原因の究明、新規制組織、法律、マニュアル、地域防災計画等の策定などを再要請。
森ゆうこ ‏twitterより

「要請書はここをクリック」 

【指揮権発動】

指揮権発動を決意するも、野田総理に相談して断られた小川敏夫前法務大臣。
そのせいで更迭された(?)
小川前大臣の勇気ある辞任会見を無駄にはしない!

小川前大臣:「きちんとした形で対応しなければ、国民の信頼は回復できない。いいかげんな形で幕引きすることがある、そのように国民から受け止められれば、国民からの信頼回復は遠のいてしまう。検察の信頼回復を何としてでも実現したいという思いだった。」

「田代検事は不起訴」という報道が繰り返されていることついて、小川前大臣は「客観的資料を見れば分かることだが、捜査報告書の中身、捜査状況の録音を詳細に見てみれば、記憶違いではないと誰しもが思うんじゃないかと思う。逆に、捜査報告書と録音をインターネットで流出しているようだから、それを見れば判断できると思う。」と答えたが、至極当然である。検察、法務官僚のリークと思われる「田代検事不起訴へ」という報道は誰が考えてもおかしい。

小川敏夫前法相が、ねつ造捜査報告書問題についてきちんと対応しない検察当局に対して「指揮権発動」するという英断を決意したのは、国民の皆さんが「検察官が犯罪を犯したのに、何もなかったかのようにしようとしているのはおかしい!」という声をあげ、行動したからだと思う。

繰り返すが、小川前大臣の勇気ある辞任会見を決して無駄にはしない。
捜査報告書をねつ造するという検察の大犯罪をこのまま見過ごせば、国民の誰もが、いつでも犯罪者にしたて上げられる。
法治国家、民主主義の危機である。
皆さん声をあげて行動しましょう。

検察の信頼を取り戻すために「指揮権発動」という重大な決意をし、それを小川前法務大臣は野田総理に相談した。
だが、野田総理はそれを承認せず、小川前大臣を更迭した。
野田総理がもはや国民の側に立っていないことは明らかである。

小川敏夫前法相の指揮権発動決意について、news23は短く報じたが、野田総理に拒否されたことには触れなかった。
知り合いの記者から連絡あり。
本気で指揮権の発動が「政治の捜査機関への不当介入」と信じている記者たちが多いことに驚いたと。
検察、法務官僚の教育が行き届いているらしい。

指揮権発動は法務大臣の専権事項。
小川前法相は野田総理に相談せず発動すればよかったのだ。

最も強力な行政権を行使する捜査機関を監視、批判せずして何のジャーナリズムか。
 
明後日、6月6日水曜日19:00頃から、岩上安身さん @iwakamiyasumi のインタビューを受けます。

森ゆうこtwitterより

「児童ら通学安全対策促進議員連盟」設立総会

【児童ら通学安全対策促進議員連盟 】設立総会開催
6/4・16:30ゲスト 平野博文文部科学大臣、松原仁国家公安委員長、吉田おさむ国土交通副大臣。
集団登校中の児童保護者10名が無免許運転の自動車にはねられ、その内3名の方が亡くなるという痛ましい事故が発生した。

子どもたちの安全を守るために、これまでの安全対策を検証し、二度と悲惨な事故を起こすことのないような措置を検討し政策提言を行うために【児童ら通学安全対策促進議員連盟 】が設立された。
会長は伴野豊衆議院議員。
事務局長は斎藤嘉隆参議院議員。
私は副会長に就任した。

・・・・と嘆いた。

昨日、長岡技術科学大学大学院 工学研究科修士課程 「原子力システム安全工学専攻」設置記念式典並びに祝賀会に出席しました。
「システム安全工学」は「安全神話」の思想とは対極にある。
ご自身が大阪大学原子力工学の一期生でもある 新原 皓一 学長は 悩み抜いた末に新学科設置を決断。
廃炉に向けての安全管理やバックエンドなど、また、新しい規制庁を支える人材の養成が必要。
原研から三顧の礼で迎えられた小川教授は、原発再稼働を議論する党の部会で、保安院が「これらの安全対策で事故は防げます」と説明したことを話題に出すと、全然分かっていないと嘆いた。

森ゆうこ twitterより

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

本の予約はこちらから

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31