サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 緊急!本日7月2日ニコニコ生放送へ出演致します。 | トップページ | 新潟緊急連絡会の動画をアップ致します。 »

離党届提出についてのご報告

国民の生活が第一の政治を実現するために

離党届提出についてのご報告

 

本日、平成2472日午後、民主党に離党届を提出致しました。

 小沢一郎元代表をはじめ、衆議院議員38名、参議院議員12名(私を含む)の同志とともに「国民の生活が第一。」の政治を実現するために、新たな船出を決意したものであります。

 2009年の政権交代で民主党が国民の皆様にお約束したことは、長く続いた自民党政権の中で作られた既得権益を打破し、統治機構を含むこの国の仕組みそのものを作り変えて、税金の無駄遣いを無くし、少子高齢・人口減少、そして国際競争厳しい中にあっても、国民が幸福に暮らせる社会を実現することでありました。特に、弱肉強食の新自由主義によって拡大した格差社会を社会保障制度改革等によって再生し、誰もが安心して暮らせる社会を作るために、「国民の生活が第一。」の政治を実現することでした。

 しかしながら、今日、民主党は政権交代の原点を忘れ、自民・公明との三党談合によって消費増税を強行しようとしており、国会は「大増税翼賛会」ともいえる状況になっております。選挙でお約束したことと正反対のことをやることは、大切な一票に託された国民の皆様の「国民の生活が第一。」の政治を実現して欲しいという切なる思いを踏みにじるだけでなく、我が国の民主主義の根幹そのものを揺るがすことになると考えます。

 これまで党内において、民主党が政権交代の原点に立ち返り、国民の皆様の信託に応えるようにあらゆる努力をして参りましたが、もはや「増税大魔王」となった野田総理は国民の声に、そして国民を代表する我々の声に対して全く聞く耳を持っておりません。離党するということは苦渋の決断ではありますが、ぜひともご理解下さいますようお願い申し上げます。

 今後は、同志とともに行動し、賛同者を募って新しい政治の波を起こし、真の「国民の生活が第一。」の政治を実現するために全力を尽くして参ります。

 これからも変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

       平成2472

参議院議員 森 ゆうこ

« 緊急!本日7月2日ニコニコ生放送へ出演致します。 | トップページ | 新潟緊急連絡会の動画をアップ致します。 »

コメント

応援します。
頑張って下さい。

消費税増税法案は、民主党だけでなく、小沢さんのグループをも分裂させてしまいましたね。残念です。
民主党に残って、立て直したいという気持ちも理解できますが、立て直すチャンスは何回も有ったんだと思います。
参議院選で負けた時、前回の代表選の時、採決の時。
民主党の多くの議員は、政権交代時の原点に帰る選択をしなかった。
民主党の改革をしようにも、次々と離党者が出て、反野田の人数も減る中で、はたして9月の代表選で勝てるでしょうか。
仮に勝てたとして、消費税増税に対する扱いはどうなるのでしょう。
今度は、負けた側から離党者が出ることになりますね。きっと。
私は、タイムリミットだったと思います。森さんの離党の判断を支持します。
でも、今日、離党しなかった人、特に辻さんと階さんから、後から一緒にやりたいと申し出があった時は、快く仲間に入れてあげていただきたいと思います。政治理念に違いは無いのですから。

応援します。
新年を貫き頑張ってください。
何故初心を貫き正論を唱える側が【造反・離党】なのかさっぱり理解できません。
N田さんのほうこそ新自民党を作るべきではないでしょうか?

森ゆうこ議員お疲れ様です。国民の生活を守るため、小沢さんゆう子議員、同志の方逹は険しい道を選びました。本当にこの厳しい国民の生活、今消費税増税したなら、国民の為にならず、借金を減らすことにもならない。同じ志を持つ人が沢山集まるとよいですね。福祉、医療に使われる増税であればこんなに気を揉むことはなかったでしよう。お身体大切に、ぶれないで応援しています。

森先生の決断は正しいです。
国民の幸福のためですね。
正義は森先生にあります。
同じ志の小澤先生と同志達と前進してください。
私は森先生を支持します。

これまでは 阿修羅というサイトで 閲覧をさせていただきました。
今回 腑抜け議員の後姿を見て、金目当てでは無い 本気を感じ ブログを 覗き見て 信用が期待したとおりと感じ 非力ではありますが、応援かたがた 書きこさせていただきました。

 更なる 活躍を期待しています。

空かさず、内閣不信任案を参院に上程し3党合意の枠組み破壊を。
議員達の勇気と国民への思いからの決断を全面的に支持します。
波乱の下半期が今後の日本の岐路になると思います。
健康に注意して、戦ってください。

メディアの罠にも注意してください。

分かりやすくて良い。
原口とは一生口をきかないで頂きたい。
煮え切らないクズだと思っていたが、意思表示すら出来ない卑怯者であった。

党の方針に造反したとして処分されるのであれば国民に約束したことに反する
方針を立てた党は国民に対し造反したということです。政治に信念が見られない言葉だけの今の野田内閣には大いに失望を覚えています。困難な時代に増税先行などありえないし『増税の前にやるべきことがある』との皆様の声は必ず国民に浸透していくでしょう。自信をもって行動されますよう。応援いたします。

小沢さんを支えてあげて下さい。
これからも微力ながら応援させて頂きます。

離党おめでとうございます!
信念を貫いた日頃の行動、みんな見ています!

「朝までTV」で、森さんのお話は大変説得力ありました。

番組最後の小沢さんへの評価のアンケート、
評価の良いものが増えていました。
森さんのお話の力です。

ちょっと気になったのは、他の方の話している時に
苦笑いをなさっていたこと(背景に写ってしまっていた)。

いかにオカシナ話だったのかは、私にもよく解りますが
何も事情をしらずにTVを見た人には、あまりよい感じは
あたえないかもしれません。

森さんには、近い将来、ぜひ
日本初の女性首相になっていただきたいと思っています。

小さな事で、足を引っ張られないように
老婆心から申し上げました。
失礼いたしました。

苦渋の決断、全面的に支持します。著書も読みました。森議員のような政治家が増えれば日本は変わります。

小沢さん以下、国士に賛同します。国の為に、売国奴に立ち向かい、日本の独立と未来を守る為にがんばって下さい。

森議員。ついに決断してくださいましたね。でも、これですっきりです。これからも応援していきます。野田内閣を倒して、小沢さんと同士の仲間と、真の国民の生活が第一の政治を行ってください。期待してます。

森ゆうこ議員の政治活動を支持しています。

さて、「国民の生活が第一」の議員と一緒に行動された事を
理解し心から支持します。
只今何かお役に立てることを探しています。

頑張れ!

全力で応援します。頑張ってください!

がんばってください。いつも歯切れのいいコメントで気持ちいいです。小沢新党応援します。マスコミ等余りにも卑劣な報道、民主党執行部の裏切りにはあきれます。次期総選挙で鉄槌を。私の選挙区の議員は棄権でした。政治家は判断できないと駄目でしょう。多分この方は次期総選挙にて落選すると思いますが。

こんばんは、今日はちょと疲れているから短めに記しますが
おめでとう!やっと私達ももやもやが晴れました。
ありがとうございました!コツコツ国民を裏切らず真面目にやっていれば、何処へ行こうと通用しますしそのようなお方は、どこも放っては置きませんね。
これから益々の期待とご発展を祈っています、まずは健康に気をつけながらやってください、小沢氏は稀有な方で100年に一遍出るか出ないかの政治家かも知れませんね。政治のつぼを押さえているし、他人には意外と厳しいものを持っている方に見受けられる、自分で考えろとね^^;それは国民の負託を請けて議員諸氏なんだから指図で動かないで原点を考えながらと言ういわば民主主義の個が徹底して在る気がする。

応援するよ。姫井さんにも、谷さんにも、三宅さんにも、そのほかの美人にも、よろしくとお伝えください。

田中角榮と、最後まで行動を共にされた三人の代議士を思い出します。

後々 ゆっくり調べて本を書いてみたいと思ってます。

金と権力が支配する世の中にNOを突きつけるのは日本人の魂だと思います。

残念ながら水戸黄門は終わりましたが…
敢然と権力に立ち向かう小沢グループにたくさんの国民の支持が集まりますように!

朝生出演、拝見しました。経済政策に通じているので、心強く思いました。
小沢派というと減税、無駄削減の小さな政府化政策ばかりなので、積極的には支持できませんでした。
強度のある森さん(民主党デフレ脱却議連のグダグダさに対し)、その上政策通でもあるので、将来の首班候補として期待しています。

検察の罠を読みました。小沢一郎代議士に対する国家権力の横暴は許されません。また、マスコミの悪意に満ちた世論誘導も卑怯の極まりです。唯一の希望はSNSから真の情報発信ができることです。どうか日本を真っ当な国へ造り替えてください。たとえその道が険しくとも。

離党されたことを支持いたします。

選挙権をもってから、ずっと民主党を支持してきました。
しかし、昨今の民主党の民意を無視した政策には怒りすら覚えています。

国民からすれば、マニフェストを破り消費税法案に賛成した民主党議員のほうが造反者です。
マスコミがどんなに偏光報道をしようと、大半はネットから情報を収集しています。
そのネットを駆使しているのは、これからの未来を担う若者が大半だということを、
賛成派された議員の方々は認識していないのでしょうね。
次期の選挙で、真の民意による裁きを受けてもらいたいと思います。

全面的に支持します。これ以上党に残っても反小沢はなくならないでしょう。すると首相が代わってもまた同じことになります。純化路線が最適です。

新潟県で衆院の候補者を!
投票する先が無い

頑張って下さい

小沢先生、そして森先生の離党のご決断に 本当に頭が下がる としか言えません。
日本国民の為に困難な道をお選びになる姿に、感謝 の ひとことでございます。
本当にありがとうございます。<(__)>

真実の見える人達は、一生この日を忘れないでしょう。
そして小沢先生、森先生の正しさは、この先の歴史が証明するに違いありません。

お身体と、身辺いろいろとお気をつけになって頑張って下さい。応援しております。

ここからがスタートですね。
ぶれない森ゆうこに期待しています。
利権構造は何十年にもわたってそれを築いてきた”実績”があり、相当手ごわい国民の敵でしょう。しっかりと、一歩一歩利権との戦いに進んでください。

朝ナマを見て、ファンになりました。
森さんが信頼する小沢さんなら、自分も信頼してみます。
民主党には賢そうな議員はたくさんいるみたいですが、オーラのある人はいないと思いました。今シロアリ退治に必要なのは、毒ガスです。
霞が関に毒ガスをまける強い人が求められる時が来たようですね。
新党できたら比例でいれます。

こんにちは 神野と言います

小沢氏の website へメールしました。 森ゆうこ さんを代表にして選挙を戦おう・・・と!

役職は、全員女性にして、男性は裏方に徹する(選挙区を除いて)。

其れと「米国のオバマ大統領」は、一日多いときは=20回以上も Twitter でツイートしています。 

ネット(website)部門を充実させるためにも、選挙対策専門の管理者を雇用する。

オマケとして、野田総理の2009年総選挙の「シロアリ退治」ビデオも設定しては如何でしょうか? 現在と言っていることが真逆で笑えます。

きょう(7月2日)、ニコニコ動画に出演されたそうですが、視られませんでした。

朝まで生テレビは途中からですが終了まで視ています。

森さんが他の議員を牽引してください。 弱音を吐いている「奈良県の参議院議員!」、 誰のために議員になったのか、情けない男だよ(Twitterのツイートから)。

女性議員の方が頼もしい限りです ・・・ では、失礼いたします

*-*

雨の日も風の日も
日向の時も日蔭の時も
ずっと一途な子弟愛を貫かれ
時には・・・
大仁田にもパンツ丸見えで応戦されてましたよね (笑)
女性で先生と呼べるのは森ゆうこ先生だけです。

決断新たな初日から、二戸一の弁護士連中は寝首をかいてくれるし・・・
原口みたいなカメレオンや、賛成票投じて恩を仇で返す元ピンク女優もいるし
大変ストレスがたまりますね。。。

これもそれも
日本初の女性宰相への道程なんでしょう !
心から応援しております ♪

昨日「検察の罠」を買いました。
真の改革を期待しています。
(平直をどうにかしてほしいです)

民主党を離党され新党を結成される事により国民はどの党が明確な政治理念にもとずいて、「国民の生活が第一」の政策及び真の民主主義を追求しているかが明瞭と成るので次の選挙において投票の選択が簡単となる。野党として国会での活躍を期待して居ります。

新たな門出おめでとうございます。

先ずは第一弾目、本物の議員だけの船出ですね。うれしいです。
第二弾、第三弾、そして方々からの合流があるそうですね。期待しています。
次の選挙で、小沢先生の周りで協力にサポートしてくださる、官僚と渡り合えそうな、植草先生とか、孫崎享氏とか、天木氏、落合恵子さん、菊池先生、郷原氏、佐原信一氏などのような、力の備わっている方々を小沢新党から沢山国会に送り込みたいです。

テレビでは、離党した小沢グループを思いの限りに叩いていますね。
いつもの事ですから「また、また、やっている」と覚めた目で眺めています。
「離党したことを支持するか」の結果パーセントも、思いっきり操作しているらしいですね。機密費と言う「お饅頭」の成果ですか?それとも「国税庁」の恐怖?
こんな所に国民の税金をばら撒かないでほしいです。機密費なんて言う汚い無駄な費用はホント無くして欲しいです。

テレビの数字とネットの数字は、まるきり支持、不支持が逆の結果になっているらしいですね。ネットのヤフーの投票では、とても高率で「支持するが74%」だそうです。これが本当の数字に近いと思います。あのデモの熱気を観れば分かります。
ネットを回ってみますと、こんな笑えるツイートであふれています。
「テレ朝ただ今発狂中」「何々解説員、頭は大丈夫か?」「嘘満開何々テレビ」とか・・・もう誰もテレビや新聞の数字や解説員のコメントなど、まともに信じる人など少ないという事に早く気づくべきです・・・本当に必死で嘘を発信中ですね。笑えてきます。

先ずは、新しい門出を祝福申し上げます。
森議員さま、その知力と気力と迫力とオマケの「美人力」で小沢氏を協力サポートお願いします。私たち国民も力の限り応援します。軍資金の方も僅かですが応援できます。どうぞ、どうぞ頑張ってください。

自民党野田派になっちゃいましたね。これ、野田さんの街頭演説です。http://www.youtube.com/watch?v=aC9pbPRXoww

マニフェストにないことはやらない!マニフェストにあることは命がけで実行する!って絶叫していますよね。そして、総理になった今は、、命がけで消費税増税をやるって言ってますね。こんなウソが国民に通用するはずがない。野田さんは総理大臣どころか政治家やめるべきです。

今の嘘つき民主党は解党するべきです。国民をバカにするなって言いたい。森ゆうこ議員の離党支持します。これからのご活躍を期待しています。

森ゆうこさん,「検察の罠」を読んですっかりファンになりました。
昨日の会見でも顔に決断の色がはっきりと出ていましたね。 政治家らしい風格が漂っていました。 これからは森ゆうこさんの時代になりそうです。 自己に自身をもって思うところをまっすぐ進んでください。 応援しています。

僭越ながら一言申し上げたくお目汚し失礼致します。

現民主党の内部闘争は
「統治の論理」(増税賛成派の財務省傀儡)と
「国民主権の遵守」(増税反対派で離党された方々)との衝突であると思います。
政治的民度が低かった時代(情報遮断されてた頃)とは違い、
ネット社会に移行した現在、多くの情報はリアルタイムに共有されその民度は高まるばかりです。
国民主権の遵守は決して安直な大衆迎合などではありません。

一連の消費増税をめぐる報道において・・・
下劣極まりないネガティブキャンペーンが全マスコミに発令されて
この日本はいまだ真の国民主権を勝ち取っていない事が図らずも露呈されました。
更には「財務省覇権国家」である事も。

でも、心配には及びません。
国民は感じ取っています。
称賛されるべき王道が邪道扱いで蔑まれ造反のレッテルまでも貼られている
本末転倒甚だしい不条理を !

来る衆院解散選挙のキーワードは「『真』の国民主権」この語に尽きるかと思います。
新党代表には「森ゆうこ先生」
新党名は「『真』国民主権(党)」or「国民『真』主権(党)を要望支持したいと思います。

どうぞ時節柄ご自愛下さいませ 。

お疲れ様です
マスゴミの必死な小沢叩きも呆れるばかり…巨人、原監督のいかがわしい問題は追求もせず、「長いものには巻かれろ」話は脱線しましたが、階/辻、両名の出処・進退の様。男なんですかね?あれで。両名の有権者はみています、間違いなく落選です。政局にしているのは人数ばかりボードに書いてあれこれ邪推するマスゴミでしょう。政治家の質も色々問題だが一番悪いのは選んだ我々有権者です。仙石・枝野・前原・玄場・岡田等々、腹黒い売国奴を早々に突き落とさないと益々大資本、官僚の思うつぼになる。政策で勝利する政党になって欲しい。福島の原子力問題もこれから大変な問題も出ます。安定などしていません。拡散している放射線は必ず歴史が証明するでしょう。未だに責任もとらない者ばかり。期待しています森さん。

離党の決断、変わらぬ信念と勇気に感服し、物言わぬ選挙民は今後も応援していきたい。
メディアコントロール
一般大衆はテレビの前にじっと座り、人生で大切なのはたくさん物を買って、テレビドラマにあるような裕福な中流階級のように暮らし、調和や親米主義といった価値観を持つことだ、というメッセージを頭の中に叩き込まれていればよいのである。
 民主主義にとってはこの烏合の衆が問題なのである。
彼らが大声を発し、じたばたし始めないように彼らの関心をどこかよそへ逸らさなければならない。
彼らはスーパーボールやテレビドラマを見ていればよいのである。
そして彼らを襲う悪魔の存在を信じさせておかなければならない。
そうでないと考え始めるかもしれない。
それは危険だ。
なぜなら彼らは考えるべきではないからである。」
(「メディアコントロール」) ノーム・チョムスキー
1.一般大衆はマスメディアに対する主権を持たない。一握りの最大大手メディア系列がほぼ独占する。これら大企業グループの目的は利潤追求であり、その所有者は富裕層だ。またテレビやラジオは電波の使用という認可を必要とし、政府にも強く依存する。
2.メディア企業に資本を提供する「パトロン」は広告主である。マスメディアが売る「商品」としての視聴者や読者は平等ではなく、購買力を基準に選別される。広告主は富裕層に向けたメディアを好み、内容も広告に合った「心地よいもの(例えば「自然環境」やスポーツ)を求めるため、貧困層に向けたメディアは淘汰される。利益を重視せよという市場の圧力により、この傾向は加速している。
3.安定的なニュース素材の供給源は政府と大企業であり、マスメディアはこれらのニュースに「客観性」を保証する権威となり、共棲関係にある。一方で政府や企業は膨大な費用(政府の場合は税金)を投じて活発な広報活動を行い、メディア企業の負担を肩代わりしている。
4.マスメディアは「集中砲火」と呼ばれる否定的な反応や非難にさらされている。個人や団体による攻撃は広告に依存するメディア企業に深刻なダメージを与えることも多い。そのため、政府や企業団体は組織を作りメディアを監視するが、多くの場合、マスメディアは自主規制という形であらかじめ攻撃を回避する。
5.「反共産主義」に象徴されるように、マスメディアは内なる味方と外の敵という単純な二分法をつくり、自分たちが常に「こちら側」にいることを積極的にアピールしてきた。自分たちを脅かす強力な敵のイメージは人々に恐怖を与え、支配層の立場を強固にする。共産主義がかつてほどの脅威がなくなった現在でも、「国際テロリズム」といった新たな言葉が同じ役割を果す。

ozawa shi to kenkouni ryui shi gokatsuyaku kudasai..
biryokudesuga, ooenshimasu.
ozawasan no site e nazeka e-mail okuremasen. mata
credit card de donation dekiruyouni ??
watashino card ga tsukaemasen.

野田内閣と執行部、自公の手下になりさがり、政・財・官の応援連隊と言えまいか。
得に、「原発再開」の、なりふり構わぬ妥協、その上、「再稼働に抗議する官邸周辺のデモ隊の掛け声や鳴り物の音を耳にして「大きな音だね」と呟いた。
この人物、4等級、【壟断】; 《いやしい男が高い所から市場を見下ろして商売に都合のよい場所を見定め、利益を独占したという、「孟子」公孫丑下の故事から》利益や権利を独り占めにすること。
「大資本家が小資本家を吸収して利益を―すると云って」と断じておこう。
こんな、宰相にはいつくばる、先生方、もはや次はないと知れ。以下、「マズゴミ」の所業について、下記に掲載。

東電帝国 その失敗の本質
志村嘉一郎
帯に最も知る記者がついに書いた超エリート集団のカネと人脈。なぜ朝日新聞は「原発賛成」に転向したのか?とある。読んでみて、さも、ありなん、朝日が Yes but話法に転向したのは石油危機後、広告収入が減った広報局の要請で1974年編集担当専務の渡辺誠毅(東大)が電気事業連合会広報部の原発推進の意見広告を受けると決断したときからであるという。これに読売が追従し、毎日も反原発特集連載中であったため広告はもらえなかったがやがて軍門に下る。1979年論説委員の岸田純之助が中心となって全国の支社の記者に「原発賛成」の教育を行った。こうして原発安全神話が作られていったのである。

もう一つは産業界の反対を無視してまで1997年の京都議定書を批准した裏には原発20基を更に建設しようとしていた88才の平岩が政治工作したためと書いてある。

東電は労務村、営業村、総務村などそこから外にでられないタコツボ組織で7名の歴代社長は総務と企画などゼネラリストてきいな部門からでていて技術系は2 代目の関東配電の社長だった高井亮太郎1名のみである。

勇気ある行動に敬意を表します。大応援します。

大きなリスクがある中、政治信念に基づき判断された行動は賞賛そのもの。
晴眼すれば大きい組織にまかれ信念もかなぐり捨てる居残り組とは大違いです。

なかなか勇気ある行動が、壊屋小沢・悪党小沢等と、ひとくくりに歪曲するメディアの
報道に疑問視する毎日です。本質の議論が抜け落ちているような気がします。
マニフェストを反故した現政権が正当化する風潮は納得できない!!!!!


国民を愚弄する現政権の政治に終止符を打つべく、もっともっと政策理念を
声を大にして活動してください。国民は行動をみています。必ず声は届きます。

ご活躍をご祈念申し上げます。

私も、民主党を離れます。

政権交代の夢を放棄したことは、原点を忘れて、野党意識も忘れて、苦しかったあの頃に戻りたくない、っていうことになってしまうと、夢の中身は「空」、空売りな議員も多かったんでしょう、まあ議員だけではありませんが、これも流行の「罠」なんでしょう、「原点」とは、有名無実なんてこともない、いい言葉です

検察の罠を読みました。とても素晴らしい内容でした。

この本のおかげで「マスコミ」を見る目も変わりましたし、役人の怖さも知りました。

小沢一郎さんを落とし入れたい人達がいる事実を、もっと国民が知れば、いい方向に

変わるような気がします。

是非、青森でも機会がありましたら、講演していただきたいです!!!

応援しています。

今回の離党を支持しています。
小沢一郎さんと共に我々国民のために頑張ってくださることを期待しています。

ひとつお願いがあるとすれば、情報の発信の仕方を是非工夫なさってください。
マスコミの情報操作に負けない方法がきっとあるはずです。

がんばれ!森ゆうこ!

ご返信のメールありがとうございました!

丁寧な政治姿勢に感動しました。

益々のご発展祈念してます!

連日お疲れ様です。どなたか命名の「マスゴミ」様は相変わらず不利報道一辺倒
おっと!(様)は削除
自己保身のための政局とかいろいろコメントするが、どちらが保身して居られるのでしょうか?離党された皆々様応援致します。将来に希望を・・・・・・

当選回数の少ない議員に、口の軽い方がいるようですね。

獅子身中の虫がいないことを祈っております。

若い方々が多数参加されて、心地よい感じがします。期待しております。

いつも丁寧な資料送付、ご報告を賜りましてありがとうございます。
民主党を離党されましても、従来と変わらぬ支持をさせていただきます。
政治情勢が激動するこの時期、健康にお気をつけて元気でご活躍下さい、早い時期の新党立ち上げをお待ちしています。

壊し屋は小沢氏ではなくその周囲の人達ではないか、、と貴方は言った。離党届を撤回した人が今日新たに1名合計3名。増税に反対しながら党に留まるもの数十名。
「周囲の壊し屋」の最たる者はこれらの人達と思う。
比例で当選した人は、党に飼われた単なる頭数なのか?ならば、そんな人種に人件費を掛ける必要は無い。比例票として初めから党が持つ国会議決票として、票数を党に与えて置けば良いではないか!!「人」である必要は全く無いどころか、無駄である。
「順番を付けて決めるものではない」と野田は言う。ならば、国民誰一人として反対しない議員削減を何故真っ先に議決しないのか!結局、我が身可愛さ、他人は切っても自分の血を流すのは嫌だと言う誠に卑怯極まりない男である。命掛けなら、まず真っ先に己の命を犠牲にすべきだ。それが出来ない男の戯言など、すべて大ウソである。

 今回の決断を、歴史的な快挙としなければなりません。

 新しい極を生む苦しみは、「新しい日本誕生」への胎動です。

 大海に浮遊するノミ一匹たる私、心からの応援と激励をする一人がここにあります。
 
 同志と共にご活躍されますことを。

 

私は小沢一郎氏が信用出来ませんし、森議員がTV出演された際の頑なな態度にも辟易していました。今回の消費税増税については、若い世代の為に将来に負のツケをこれ以上回すべきでは無い、決断すべき、という点で野田総理を支持しています。
しかし採決時に反対票を投じておきながら、色々と理由をつけて党に残っている輩と比較して、森議員の態度には清々しさを感じます。
政治信条や行動には同意出来ないことが多いですが、これからの森議員の活動は注目してウォッチしていきたいと考えております。

一度 党内整理の為に離党がベターだと思います。
次の選挙はやはり【国民生活が第一の政治】と思います。

新自由主義の妄想に負けず【大地に根ざす人々の政治】を目指して下さい。

MAKIさんという方は、野田増税大魔王の演技に騙され、さらにマスゴミ・既得権者らに洗脳されてて残念です。

よぉ~く調べられた方がイイ。

森先生の行動に心から(誰かと違うで)敬意を表します。
物理学者の武田先生が明快におっしゃっています。
『人は嘘をついてはいけない』
総理大臣は選挙の時の演説と現在の施策が真逆です。
大嘘つきです。これを許すのは嘘つきを容認することです。
先生がおっしゃるように民主主義も何もあったものではございません。
お願いします。極度に低レベル化した民主党ですが、
一人でも多くの友人に今を生きる人として、嘘をつくことの大罪を
教え、諭してあげてください。国民もお天道様も見ています。
御身ご自愛の上益々ご活躍されること願っています。

野田政権誕生の時に、もはや離党の決断をすべきだったのではないでしょうか?
野田総理が、財務省先行内閣だと予想できたはずではないですか?
何故今のタイミングなのかが、理解できないです。

森先生、この人数で十分十分。
しっかりと、国民主権をうったえて行きましょう。

党名は、是非、是非とも「主権者国民連合」で
お願いします。

党名からしっかりと、「国民主権」を主張していきましょう。

小沢氏自体信用できません。森さんはスジを通されたとは思いますが、行動を共にする相手を間違っています。

森裕子 様

  改めて貴女様のブログへとコメントを送信します、静岡県の白田川 一です。
小沢一郎氏の「脱藩劇」、あっぱれなものがあります。予告通りの脱藩であり、最終的に(小沢氏と)貴女様を含む衆参合わせて50人の【大量脱藩】とくれば、民主党に与えるダメージも大きいでしょう。このところの民主党は官界・財界に媚を売っており、これでは元々官僚出身者の比率が高い自民党と「同じ穴の狢」であり、胸糞悪いことこのうえありません。小沢氏との「勇気ある再出発」を心より応援させていただきます。

  新党結成の際、是非とも新党きづなとの連係を!!

今回の離党届のご連絡、誠にありがとうございます。御著「検察の罠」も拝読させて頂きました。

森ゆうこさんの様に、一人でもまともな議員が居ることは嬉しい限りですが、現在は一向に安心できる状態ではありません。

官僚機構による大メディアを介した情報操作は、本当に半端ではありません。

なぜ、わざわざ新党結成前に朝日新聞が世論調査をする必要があるのか、ここにも官僚機構のコントロールが強く効いているように感じます。

どこまで本当かは分かりませんが、「官僚機構に政治家ごときが勝てるわけが無い」と、財務省の高級官僚が発言しております。政治家を卑下することは、国民を卑下することに等しく、とても許せるような事ではございません。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32895
※ 印刷して全ての議員に回して頂きたいぐらいの秀逸な記事です。

比較的、まともな言動をしている、馬淵澄夫議員、川内博史議員、小川敏夫議員、谷岡郁子議員など、一人でも多くの「自らの意志」を持つ議員さん達を巻き込んで頂く様、努力頂ければ嬉しく思います。(ご本人のブログ等にはコメントを入れております。)

民意からの「造反」は、現民主党執行部であり、民主党執行部と同じ様に財務省に操られている自民党執行部です。特に「歳入庁の創設」の箇所を「検討する=やらない」と法案を書き換えさせた自民党こそ、最も許せない政党です。

国民の多くは、情報操作の罠に嵌り、自ら思考すれば、誰が「造反」であるかが分かる筈なのに、混乱しているだけだと思います。様々に矛盾した世論調査の結果は国民側が思考停止している事の証明でしょう。


是非、これからもお身体、そして身辺にお気遣いの上、頑張り続けて下さい。継続することが力であり、成果を上げるための唯一の手段です。

これからは本当に長い闘いが想像できます。長く厳しい闘いです。民主主義を根付かせるには「不断の努力」が必要という言葉が良く理解できます。

森ゆうこさんを、心から応援を申し上げると共に、私も一緒に闘っていくつもりですので、これからも宜しくお願い申し上げます。

今回の離党支持いたします。

政権与党から出られることは、とても不安と思います。志を同じくされる同志の方も同じと
思います。女性なら尚と思いますが、よく決心されたと感動しています。

民主党の男は駄目ですね。(小沢さんは別ですが)
日本の未来の為に、これから立ち上げる「新党」で志を同じくする女性の議員さんたちと頑張ってくださる事を願っています。

毎日、ハードなスケジュールで大変と思いますが、お体には充分気をつけてご活躍ください。応援しています。

野田さん(首相)は「税だけ決めたというのは違う。社会保障のこともちゃんとやっている。税の負担分は社会保障に使います」という趣旨の話を幾度かされてますが、テレ朝の朝の報道番組の特集を見る限りにおいても、「本当に消費税は社会保障にすべて使われるの?」と疑問に感じます。というのも、あの3党合意によるいわゆる消費税法改正の修正で、消費税の使い道に公共事業に充てられるような文言が入っているという話があったからです。しかも一般の人が読んだら何の事を書いているのか分からないような文言で。本当に霞が関の役人お得意の霞が関文学の文言駆使して、という感じで。これ一つとって見ても、1国の総理の言うことそのまま「trust(信頼)」してくださいと言っても、全く「I can't trust you ! 」なノダ、です。消費税の使い道の話だけにとどまりません。「増税だけ先行してきめたわけではない?」ならどうして、最低保障年金創設や、総合子ども園などの民主党の主要政策が撤回されるのか?何とか会議で決めるからいいノダ、という言い訳はまさに見苦しい限りで、その会議自体も国民に見える形で議論されるかどうかも疑わしく、そこでの議論で本当に最低保障年金も総合子ども園も取り入れられるのか。結局議論したけど、結果「断念」というのでは「マニフェスト実現やる気ないんですね?」としか思えない。そもそも、何故小沢さん方が離党しなければいけないのかが不思議。何故ならマニフェスト実現にために汗かいて努力しようと頑張ってたのが小沢さん方で、放棄したのが政府、党執行部の面々じゃないですか?声高に「処分、処分」と騒いでいる渡部ニセ黄門はじめ前原口先番長らこそ国民からキツイ(×3)処分を突きつけられるべき。その点で、小沢さんも会見でいわれてましたが、「国民との約束を守ろうとする者たちを、国民との約束に背こうとする者たちが罰するというのは本末転倒」の話なんです。まさにその通り!!本当に、一連の報道見ている限り、腹立たしくなるというより、呆れる他ない。「決められる政治」のためなら野党(その志向相手のほとんどが自公だけ)と談合してもいいとは。しかもいつも「ねじれてるから仕方がない」という言い訳でいつも正当化するでしょ。岡田さん(変な原理主義者)もそう。なら、「あの参院選でねじれるような選挙結果生み出すような失言を当時の代表するな!!」。そもそも全ての混迷の原因がこの参院選の結果に始まっているんですから、その反省のかけらもなく、「税議論否定されたわけでない」とかいって今日まで来てるわけでしょ。こんな政治し続けるなら、「信を問いなおせ」という意見が強まるのも当然の帰結です。正直、3年前に民主党に投じた1票返せという心境です。

私は典型的な無党派層です。政治家自身を見て投票しております。とにかく(慌てるのではなく)加速して下さい。メディアがあれこれ否定的な記事を出す頻度を減させなくては!!!ネットを最大級に活用してください。ネットを全く使用しない人達は、ほぼ新聞、テレビを鵜呑みにしています←当たり前ですが。しかし、この3年間で『あれ?ちょいまてよ?』と気付いた事もでてきたはず。今、まさに転換期であり、さまざまな点において『さまざまな発想』でわれわれ国民のカジトリをしていただける時だとも!

報道が酷すぎる。
国家権力の
醜さ・非情さ。
正しい事を正しいと言えない世の中。
今こそ国民に、温かい政治を提供してください。
国民の生活が第一!松下幸之助が経営危機をリストラではなく 社員の信頼を勝ち取り経営危機を乗りきったように!

先生頑張ってください!

三度目の書き込み失礼しました。

森ゆうこさま。はじめまして。同性として頼もしい方だといつも思っています。森さんなら弱い国民のために色々実行して助けてくれると思います。でも抜けていった男性議員達は本当に情けないしそれでも男かと言いたくなる。夫と一緒に話ていてもうこの人達は次の選挙は終わりだねといっています。女性は嘘をつかないし裏切りません。森さんはじめ小宮山さん岡本さん谷さんやほかの女性議員達で小沢先生を助けておおいに新党を盛り上げていただきたいです。

「民主党政権はNOだけど・・・」改め「民主党政権はNOだから!」という名で投稿させてもらいます。

「検察の罠」買ってしまいました!政治家や経済評論家の本は買って読んでも1年後には陳腐化して2度と読む気もしないという過去のたび重なる経験上買わないと決めていたのに!

しかし読んでみて政治家の単なるPR本や夢想本でない事がわかりました。
これこそ政権交代に期待した官僚の制御、政治主権、国民主権の本質だと思います。
鳩山さんにこれぐらいの覚悟があったらこんな事には・・・と思ってしまいます。

正直09マニは雰囲気で感じただけで、政策が正しいかどうかはよく理解してませんでした。

例えば地域主権を進めるとEUにおけるドイツ・フランス的な大都会とギリシャ・スペイン的な地方というような歪が出ないのか?

ただでさえ官僚に翻弄されてる国会議員を減らして余計に官僚依存にならないのか?

コンクリートから人へだけでは大手サラリーマンはいいかもしれないけど、地方は本当に経済動くようになるのか?

これらがどういう事態になるのかデメリットもよく聞かせてほしいですが、約束を守る、責任をもつ、正面から清々堂々とした行動をとる政治家は今や絶滅危惧種並みに貴重になってしまいました。

現在豊岡で個体数の増加を試みているこうのとりは、ドジョウを餌にしてるようです。そして子供を運んでくるというお話もあります。是非絶滅させずに、ドジョウ退治して、子供が増える社会創ってください。


森さん、引き続き脱原発を貫いてください。
大飯原発の再稼動、汚染瓦礫の広域処理など
野田政権のやっていることは
日本を破滅させるようなことばかり。
原発事故の収束はいまだされていないのに
東電擁護や原子力村の温存は許されません!

離党していただき、有難うございます。大飯原発再稼動、消費税増税、そしてTPP交渉参加に前のめりになっている野田首相は気が狂っているように思います。 小沢さんが新党を作られたら、日本のすべての原発再稼動反対、TPP交渉参加反対の2点で一致する政党と提携して、出来るだけ早く連立政権を作っていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

19回・21回どちらの参院選も森さんの名前を書きましたが、こういう結末を迎えるために票を投じたつもりはありませんでした。
昨今の民主党を見るに無理からぬ決断であったと納得はしていますが、それでも民主党の分裂は残念でなりません。

本当にこれで良かったのでしょうか。
ようやく誕生した自民に伍する単独政党がたった3年で分裂してしまいました。
次の選挙での議席獲得が望めない以上、ここが事実上の民主党の終点と言っても良いでしょう。
こんなにも簡単に有権者の期待を裏切る結論を出した民主党とその議員の神経が分かりません。
留まった議員はもちろん、割って出た議員も何を考えているのか不思議でなりません。

割って出て、改めて原点回帰をする離党議員の良識や分別というものはまだ理解できます。
しかし、公約逆行を推進、あるいは不本意と言いつつも留まった議員は何をしようとしているのでしょうか。
党の寿命が短い事を利用し、公約も何も関係無しに、今のうちに何でも法案を通してしまえ。身の振り方だけ考えて、党など使い捨てれば良い。
そんな風に考えているように思えてなりません。

政権交代の大きな期待を受け、与党・民主党が誕生した意味を考えた時、
サミットで選挙公約に反する公約をする首相など存在してはならず、そういう代表は党全体として糾弾・排除されるべきでした。
また、09年の衆院選で過半数を獲った衆院に自公との修正協議などあってはならないものでした。
おまけに、自公の手伝いをして泥塗れになった姿をその自公に馬鹿にされる。これ程までに屈辱的な事がありますか。
こうして書くのも恥ずかしい事ですが、約束を守る(守ろうと努力する)という、自明の道義もどこかへ行ってしまいました。
鳩山内閣より後の民主党は、有権者から負託を受けた人達の集まりどころか、強欲な涜職者の集いと化した印象があります。
それでも、民主党は自律・自浄により初志貫徹の方向へ転換を図るべきで、こうも簡単に責任を放棄し、政権交代を徒花にしてはいけなかった。
民意を背景に堂々と公約を実行に移し、困難な事があっても実直に取り組み続けてもらいたかった。
過去に社会党もとんでもない宗旨替えをしたが、民主党はもっとひどかった。
今、私には喪失感や無力感しか残っていません。

議員を議員たらしめているものは、有権者の信託以外の何者でもないと思っていましたが、それは違ったようです。
官なのか財なのかそれとも議員の恣意なのか、はっきりとは分かりませんが、民意不在でも法案は通過する事だけははっきりしました。
主体性に欠ける国民と不誠実な議員による間接民主制では民主主義の実効性など到底保てないという事でしょう。
約束を守ろうとしない政党・議員が多数存在し、民意が反映されない国政であれば、票を投じるだけ無駄というものです。
当分、投票用紙に文字を書く気にはなれません。

国民・議員ともに満足な見識はおろか、責任感すら無く、中には最低限の分別さえも持ち合わせていない者がいる。
何かをする事と、何もしない事、一体どれだけの違いがあると言うのでしょうか。

今後の活動を拝見させていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離党届提出についてのご報告:

« 緊急!本日7月2日ニコニコ生放送へ出演致します。 | トップページ | 新潟緊急連絡会の動画をアップ致します。 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30