サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 新党設立総会動画URL | トップページ | 予算委員会質問通告と提出資料 »

新しい政党「国民の生活が第一」の結党にあたって

Hp12711

本日、私たち衆議院議員37名と参議院議員12名の計49名は、日本の議会制民主主義を記念するここ憲政記念館において、国民との約束を守る政党として党名、「国民の生活が第一」を立ち上げました。

「続きを読む」

« 新党設立総会動画URL | トップページ | 予算委員会質問通告と提出資料 »

コメント

国民の生活が第一!結党おめでとうございます。

次期総選挙で単独過半数を目指して頑張ってください!

応援してます!

「国民の生活が第一」党 結党おめでとうございます。

繰り返し党名が呼ばれることによって
皆の意識が高まり、

眠っていた人々を目覚めさせる効果があるすばらしい名前です!

しかも民主党がやらないことをやるという意志も感じられます。

増税阻止、脱原発、期待しております。


ところで、

「党の議員に対して党議拘束はかけません」

ということ、言葉の意味は解りますが、

これが実際にはどのような影響をもたらすのか?
議員の方々の行動、あるいは国民にとってどうなのか?

不勉強で正直言って、具体的には解っていません。

今後、TVやネットなどで機会がありましたら
噛み砕いて説明をお願いします。

国民の中には私と同様に理解が不充分の人も
多いのではないかと思いますので。


新しい政党『国民の生活が第一』の設立。本当におめでとうございます。さあ、いよいよですね。これからです。小沢さんを先頭に皆さんの国民を守るための政治が始まります。期待も大きいですが、その分見る目も厳しくなります。ぜひぜひ頑張りぬいていってください。

国民の生活が第一の結党、慶賀の至りです。益々のご活躍をご祈念申し上げます。

「結党にあたって」も党の綱領案もすばらしい内容、文章でした。
国民の一人として、このたびの新党立ち上げを希望への礎と考え、応援したいとおもっております。

この党名で進んで行くという事は議員の方達の並大抵でない『覚悟』『ぶれない強い意識』そして『努力』を継続していく!という表明、それらをリアルに受け止めました!(それでも私は無党派層、支持政党なし層、に所属(?)していきます)。実現に向かって困難どっさりやってくると思いますが、アプローチの方法を様々考え、試し、ずっこけることがあったとしても、揺るがない意識が前進へと繋がっていく!きっぱり!しっかしやっぱり多くのメディアには腹立つなぁー。恥ずかしくないんかなぁー。プンプン。

消費税10%になれば私の様な低所得者は確実に年間1ヵ月分の所得が失われます。3%の消費税導入時朝から晩まで反対キャンペーンを繰り広げたマスコミは完全沈黙。国会議員も賛成意見。何なんや是?そんな渦中の新党結成。新生党以来小沢一郎に投票して来た私は溜飲を下げる決起。資金不足で派手さは無いが志はどんな派手な演出もかなわない程輝いていた!庶民の為汗を流して下さい!こちらは一票を持って応えます!

こんばんは。日本の政治家にうんざりしているものです。内容は、森議員が発言した「増税大魔王」についてです。なぜあのようなくだらない言葉をいうのでしょうか?国民の代表者が悪口である「増税大魔王」の発言をすると言う事は、未来の日本を背負う子供達に対して、「人には悪口を言っていいのだよ」と断言していることと同じだと思います。しかもプロフィールを拝見すると森議員は過去に教員指導者をしてらっしゃたようで。最近の政治家はこういう、つまらない、くだらない発言が多すぎると思います。論議をしてもやじばっかり。自分のこと、自分の政党のことばっかり。本当に国のこと、国民のことを第一に考えているの?って思うばかりです。もううんざりです。確かに野田総理率いる民主党は増税を行いました。しかし「増税大魔王」という悪口又は皮肉る事でしかないこの言葉をしかも報道陣もいるなかでなぜこのような発言をしたのでしょうか?この発言を大人だけに限らず子ども達も見るということを少しでも考えなかったのでしょうか?答えていただきたいです。このようなつまらない、くだらない議員が今の日本に居すぎるからこそ、「日本の政治家」は信用されないのだと思います。本当に呆れているのです。少しでも今の政治内容と活動を国民に信用してもらえるように、もっと責任をもって発言、行動していただきたいと思いコメントさせていただきました。

「国民の生活が第一」の結党、おめでとうございます。
森ゆうこさんの「頑張ろう」格好良かったです。

真の国民主権=主権在官、主権在米からの脱却
情報公開=マスコミの健全化、特に記者クラブの特権剥奪
反増税、脱原発、地域主権・・・
相変わらず、マスコミは「何をしたいのか判らない」とか言っていますが、
凝縮されていて、しかも、非常に判りやすいです。
党名が長いと、まるで本質とはかけ離れた批判もありますが、
「国民の生活が第一」が、今、政治がやるべきことの全てを表しています。

この上は、一刻も早く、解散総選挙に追い込みましょう。
選挙をやれば、
民主党は壊滅し、「国民の生活が第一」は躍進します。
これは、自自連立解消後の「自由党」と「保守党」の逆転という
歴史が証明しています。
それどころか、民主党の変節のすさまじさ。
当時は、「自由党」以外にも、当時のまともな「民主党」という
別の選択肢があったことから考えても、
次回総選挙における大逆転は、極めて劇的なものになることは確実です。

マスコミや、他党は、「これで小沢は、終わりだ。」とか言っていますが、
言わせておきましょう。
油断させて、さっさと選挙をやらせましょう。

新党結党御目出度う御座います。如何なる政治理念を持ち日本の政治,日本の民主主義を築こうとする政党であるかを明確にされた国会議員団に拠る新党ですから国民に取っては支持出来る政党の選択がしやすく成ったと思います。

森ゆうこ様
関熊正文様

お疲れ様です。
新党「国民の生活が第一」の結党、おめでとうございます。
小沢代表、森議員、同志の皆さんが「嘘つき民主党」を離党し、本当の国民の為の政治家達が集まった事に感謝いたします。
次期総選挙、及び参院選では野田増税大魔王率いる「自公民シロアリ連合」に「鉄槌」をくだし、「国民の生活が第一」の政治を今度こそ実現して頂きたいです。

先日の朝ナマでは長妻議員(次期総選挙では落選確実でしょう)のマインドコントロールは解けないということがわかりました。
民主党離党者に際して、「連合」幹部は結局経営者側とつるんで、消費税増税で甘い汁を吸いたいのだとわかりました。
また、小沢代表は民主党が心を入れ替える最後のチャンスを上げたのに輿石他民主党執行部は離党切り崩し工作を推進していました。
それに転んだ議員はもう「信頼」という言葉に自ら唾してしまいました。
「嘘つき民主党」に残って党を立て直すなどとほざいている議員たちは結局、党員資格停止で何も出来ず次期総選挙では結局離党する羽目になります。
(国民より自分の作った民主党が可愛い鳩山元総理は次期総選挙で落選でしょう)
「消費税増税」に賛成した議員は多くの無党派層に落選させられるでしょう。

森議員はやさしいのでその様な人達を許してあげるでしょうが、「嘘つき民主党」に洗脳された議員達、特に松下政経出と現民主党執行部一味には充分気をつけてください。

もう次がない野田独裁政権は何をやるか分かりません。
自民党でさえ出来なかった「集団的自衛権」を無理矢理認めようとしたり、本来の日本領土である尖閣、北方領土の問題では唐突にロシア、中国に喧嘩を売ったりして局地戦をしようとしています。
今後は「消費税増税」「TPP参加」「原発再稼動」「司法を使った冤罪事件(ターゲットは小沢代表で総選挙と高裁の裁判をぶつけて政権交代阻止)」等々セクハラ阿波狸達の政治謀略は次々と進められるでしょう。
そして、「いつか来た道」。
野田売国独裁政権はニッチもサッチも行かなくなって戦争、紛争など国際的危機をアメリカと共同で起こして国民のマトモな思考を停止させる事(ショックドクトリンとも言われます)を画策する可能性があります。(アメリカは9.11で成功立証済)

これは外国人から違法献金を受けていた恥知らずな菅元総理が未曾有の東日本大震災で何ヶ月も首相の座に居座ったと言う事に味をしめているからです。
この無能総理は情報隠蔽で多くの東日本の国民を被曝させ、野田総理に至っては棄民政策を邁進し、更に危険な大飯原発を再稼動して西日本の人々を被曝の危険にさらしています。

参院で消費税増税が可決する前に、一日も早く野田シロアリ政権を退治して頂きたく期待しております。

新しい船出おめでとうございます。
前途多難(大手メディアの論調)は覚悟の上です。
大手メディアは世論をネガティブ・キャンペーンで誘導しますから、それに対するメディア対応が要求されますね。
相当勢いよくメリハリを付けた行動をしないと民衆はネガ・キャンに流されますから、「こと既に遅し」にならないよう、気をつけてください。

「国民の生活が第一」のHPはいつ出来るのでしょう?

国民の生活が第一!結党おめでとうございます。
自立した個人の集まりによる「共生社会」を目指す。国民が全ての情報を共有し、自分たちが住み、且つ誇れる地域の特性を最大限に生かし、それらが纏まって主権国家を確立する。簡潔明瞭な党是であり、私の主張と一致するものです。
まさに、『日本および日本人のアイデンティティを確立し、共生の道を探る。』、と言うことになります。言い換えれば、『風土を愛し、伝統に磨きをかける。』 ことで日本および日本人のアイデンティティが確立されるもので、これは単なる保守とは異なり、時代や価値観の変遷と共に『恒なる進化』が求められ、教育の基本とすべきものです。
政治に求められるものは、『良識』です。無理や不公平の上に築かれたものは、いかに堅固で素晴らしく見えるものであっても、その場凌ぎの虚構に過ぎません。原子力、社会保障政策、TPPなど従来の対外経済連携協定への対応は、根本的に見直さなければならない問題です。

“国民の生活が第一”結党おめでとうございます。

早速党員になって激しく応援をしたいと思っていますので、
是非早急に組織立てをして党員募集を御願いします。
次期選挙では大幅議席増を成して一気に政界再編し
“国民の生活が第一”党が政権与党に!!!

江戸川区松島二丁目 佐藤

おめでとうございます。
森議員をはじめ、集まられた議員の皆様の奮闘を期待する者のひとりです。
党の綱領、小沢代表の記者会見、NHKへの出演の動画拝見しました。
今後、このたび集まられた議員各位が新党の顔として恥ずかしくない
言動とふるまいをもって様々なツールを使い情報の発信をされますことを楽しみにしております。
私は政権交代時民主党に一票を投じたもののひとりです。
「国民の生活が第一」に大いに期待し、明治以来永年続いてきた
官僚主導中央集権に風穴があくことを信じ動向を見守ってまいりました。
その結果がどうだったか今さらここで述べるべくもありません。
議員一人ひとりの勉強不足・経験不足が官僚主導打破どころか、
旧政権よりもさらにひどいコントロール下に置かれたあり様に
絶望いたしました。
特に当選年数の浅い議員の皆様、今希望にあふれていらっしゃることと存じます。しかし、党の綱領をしっかり頭と体に刻み込み、粉骨砕身常に自己研さんと自己啓発をしていただきたいのです。
わたくしも日本国憲法にある『主権は国民にある』をしっかり認識しふやけた頭をしっかり鍛えてまいりたいと覚悟を決めております。
代表をはじめ議員各位の今後の動向をしっかり見守ってまいりたいと
存じます。

結党おめでとうございます!
応援しています!

(団結力)国民の生活が第一 ! 結党おめでとう御座います! 「日本に2つも自民党は必要ありません。今の民主党は、第2自民党になってしまいました」 こうなっては 森ゆうこさん達の党に頑張ってもらうしかありません、 応援しています!!

新党の船出おめでとうございます。

「国民の生活が第一」の党名、良いですね。とても好きです。古臭い「党」が付いていないことも良いですね。新しい政治になるんだ、という未来への希望が感じられます。何も説明なしでも、この党がどんな方向の政策をしてくださるかも解ります。次の選挙は迷うことなく投票ができます。とても嬉しいです。首を長くして待っていました。
私のHNも変える必要がありますね。新しい党の支持者になったのですから・・・でも・・・もう少しこのHNで投稿させていただきます。もしかしたら・・・もしかしたら・・・小沢総理と鳩山副総理のコンビが復活するかも・・・と思うからです。

綱領も素晴らしいです。国民に対する暖かい真心が感じられます。
大きな船とは言えないけれど、造りの良い、船長の力量と船員の方々の力が発揮できる粒ぞろいの出航ですね。最初の船出はこの人数ですけれど、港、港で合流しようと待っていてくださる、この国と国民を本当に想う「本物の政治家」は大勢いらっしゃるはずです。こんな腐った状態での政治で良いと本当に思っていらっしゃる政治家は、ほとんどいらっしゃらないと思うからです。

敵があまりにも大きく、強靭なため、嫌々ながらもこの流れに流され続けているだけだと思います。後一歩、後一歩が踏み出せないで苦しんでいる心ある政治家の皆さんがきっと合流して下さると思います。政治家の方々だけではなく、マスコミの方々もそうなのではないでしょうか?だって、あんな報道おかしいし、変です。偏りすぎ、造り過ぎ、嘘過ぎますもの。きっと報道人の方々も内部で悶々と苦しんでいる方々がほとんどだと思います。

国民も、政治家も、官僚も、報道人も、検察も、裁判所も、社員も、みんなでその、後、一歩を踏み出せれば、大きな壁は崩せるのに・・・と思います。大きく厚く見えている壁は、本当は少数で成り立っているのではないのでしょうか?民主党執行部数人に乗っ取られた民主党を見ていてそう思います。
小沢新党はその後一歩の先導を切ってくださいました。それに続いて私たち市民も後一歩を踏み出して、正常な政治を、司法を、報道を、社会を造り変えて、次世代に手渡したいです。

小沢先生、脱原発を表明していただきましてありがとうございます。
ですけれど、私たち国民の7割以上は脱原発止まりではなく「再稼働反対」の要求なのです。即廃炉が願いなのです。過去、自民党政策で原発推進に加担してしまった先生の過去と私たち国民の過去は同罪です。私たち国民も過去を反省し、次世代に謝罪のための罪滅ぼしの「再稼働反対」「脱原発」のデモなのです。小沢先生、過去は過去、消せません。過去よりもこれからの事は、より大切だと思います。

小沢先生、どうぞ、どうぞ、原発分野での「あと半歩」をお願いします。
徐々に廃炉では、野田政権の再稼働を許す事と同じです。近い時期の大地震も予測されています。大飯原発の地下には複数の活断層も指摘されています。徐々にでは手遅れになります。もうこれ以上この国を放射能で汚染させたくありません。
小沢先生、どうぞ、どうぞ、お願いします。
生意気なお願いを申し訳ありません。

森議員の「増税大魔王」の闘いの表現、とても良かったですよ。だって、国民への詐欺政策実行者ですし、主導者ですものね。国民対利権詐欺側との闘いですから、あの表現でなければ意気が上がりません。私もテレビの前で腕を振り上げ三唱しました。
精一杯の応援をいたします。どうぞ頑張ってください。
私たちも国民も頑張ります。

[国民の生活が第一]  新党結成おめでとうございます。

増税大魔王ノダ その通りです 間違いありません

新党おめでとうございます、がんばってください
世界的に徳政令もありそうな、9条をチラツカセテ、…なんてことがないよう、男女共に表舞台に、そんな平民時代を彩ってください

「国民の生活が第一」 結党おめでとうございます。
この党名はわかりやすく、非常に奥の深い名前だと思います。

マスゴミの連中は小沢一郎氏のネガティブキャンペーンばかりですが、良識ある国民は
それらの記事の信頼度に疑問を持ち始めています。


「国民の生活が第一」の大躍進を期待しております!!

森議員と同士の活動を支持します。
新しい党の未来に栄光あれ。
おめでとうございます。

税金の値上げに賛同する国民は一人もいません。
しかし国の借金の見通しが付かない限り、消費税はしかたがない事実です。
消費税反対の国民は、自分の事しか考えていない人ばかりです。

そんな人の意見を聞いていても、問題の解決には至りません。
決められない政治からの脱却を考えれば、しかたがない事なのです。

消費税が上がる事に反対の小沢さん、森さん、どうしてこのような結果になる前に
国会議員として別の策を講じるべきだったはず。

民主党が政権を取った時点で、やれる事はいっぱいあったはず。
なのに、結果を得る事ができず、ここにきて野田内閣を批判して離党しても、
単なるデモンストレーションとしか思えません。

国民の生活が第一党でやろうとしている事を、なぜなぜ民主党でやろうとしなかったのですか?????

有権者ばかり見るのではなく、消費税に反対のお立場なら、民主党の中ないながらも、
こうなってしまった責任、或いは自分の無能を反省しなさい。


7月25日の参議院社会保障と税の一体改革特別委員会で貴党質問者の質問を聞いていると追及が甘過ぎて、政府閣僚や民主党議員から笑われているではないですか。たしか質問者は姫井由美子さんでした。もっとしっかりした論客を出し徹底的に嘘吐き民主党を追及してください。

正直言って、小沢さん、ネーミング下手ですね。
新生党しかり、新進党、自由党って、全部そのまんまですよね。
で、今回、「国民の生活が第一」ですもんね。

私は、単純にひねって、第一国民党とかだったら、
笑っちゃうのにのな、でも、もしかしたら、当たるかもと、
わくわくしていましたが、

TVで、見てて、ガクっとしてしまいまいた。
「そのまんまじゃねーか。何のひねりもねー」。
とか思ってしまいました。

さて、ここからが、本題。
メディア戦略として、ストーリー展開をしてはどうでしょう。

割とみんな、悪を懲らしめるみたいな、
ベタなストーリー好きだと思います。

そして、記憶に残ります。

桃太郎など、勧善懲悪系の童話は、
スッキリした記憶として、残っているのではないでしょうか。

そこで、CGで、小沢さんが、おおなたを振るって、
シロアリ軍団をバッタバッタと切って、

最後は、何かよく分かんないけど、
ボスキャラと闘って、激闘の末、
刺し違えるみたいな感じの物語です。

官僚機構を倒し、巨星、小沢一郎、
国民のために死すといった、
ベタなストーリーです。

小沢さんは、まさに政治生命をかけると言っているし、
日本人的には、いさぎよさが好きですし、
判官びいきですから、受けるような気がします。

と言うことで、次期、総選挙期待しています。
是非、次回は、センター(総理)に立ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい政党「国民の生活が第一」の結党にあたって:

« 新党設立総会動画URL | トップページ | 予算委員会質問通告と提出資料 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30