サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 消費税増税法案反対者・賛成者一覧 | トップページ | あなたのご意見をお聞かせ下さい。 »

違法ダウンロード刑事罰化に関する質問に対する答弁書

参議院議員森ゆうこ君外1名提出今国会成立の著作権法の一部を改正する法律における違法ダウンロード刑事罰化に関する質問に対する答弁書

一の1について
ご指摘の付帯決議については、文部科学省として、広く国民が「違法なインターネット配信等による音楽・映像を違法と知りながら録音・録画することの防止の重要性」に対する理解を深め(以下省略)
今後は、関係団体が作成した啓発用パンフレットの活用を学校等に促すなど、関係団体との連携協力を図りつつ、「違法なインターネット配信等による音楽・映像を違法と知りながら録音・録画することの防止の重要性」について啓発等に努めて参りたい。(以下省略)

【全文はコチラから】

(質問本文はこちらから)

« 消費税増税法案反対者・賛成者一覧 | トップページ | あなたのご意見をお聞かせ下さい。 »

コメント

民信なくば立たず。
今なら、まだ間に合う!
心があるなら生活に集え。

違法なインターネット配信等による音楽・映像を違法と知りながら録音・録画することの防止の重要性をしっかり把握した上でじっくり検討してほしいですね。
ただ、刑罰化はやり過ぎだと思う。

森ゆうこ氏違法ダウンロード刑罰化による質問書本当に有難うございました!     質問による回答書を自分も読ませていただきましたが、此れは意欲的に使われるのは間違いないと思います、津田大介氏もゴールデンアワーで仰っていましたが、小学生がウイルス作成罪で逮捕されたのですが諸外国ではたいした事ではなく逮捕されるほどの物ではないと言っていました。違法ダウンロード刑罰化この法律は正に戦前の日本の悪しき法律である平成の治安維持法だと思います。    何年かかっても廃止される日が一年でも早く来るのを一人の国民として、 一人のネットユーザーとして願っています、 今国会会期末まで後20日、原発再稼動、TPPとACTA条約の関係性等の山場、霞ヶ関や永田町では解散総選挙何時来るのかと大荒れですが支持者として森ゆうこ氏を応援しています!   国民の生活が第一が与党となり何としても民自公の翼賛会から政権を奪取してください、特に自公に再び政権を持たせては駄目です声無き国民の多くもそう思っているはずです。 

森ゆうこ様

お疲れ様です。
答弁書を見ました。これが霞ヶ関文学なのでしょうか?
私には「Q&Aを読んで、その通り実行しなかったら、「法と証拠に基づき」警察が逮捕する。その周知を進めるためにタウンミーティングのようなヤラセ広告をやって天下り機関に金をドンドン流します。」と読めるのですがいかがでしょうか?

多くの善良な国民は誰も違法にダウンロードしても良いとは思ってはいないはずです。
そこにつけこんで「警察は自由な裁量により狙った人物を逮捕できるのだ。」という盲点が隠されています。
これはACTAも同様です。
森議員を含めた9人を除く参院国会議員がその隠された本質に気付かすに参院を通過させ、今度は衆議院で審議されます。
衆議院では三宅雪子議員、きづなの斎藤議員がその危険性に気が付いて積極的に反対をしています。「生活」を主体にしたオリーブ連合はなんとしてもACTAを廃案にしてください。

さて、先程、警察の自由な裁量という言葉を書きましたが、東京新聞に二つの危険性を述べた記事が載っておりました。

ひとつは2012.8.14の記事です。
都内にある20個(設置場所は秘密)の民間防犯カメラを警視庁が民間と契約して「テロリスト摘発」の名目で顔認証システムを秘密裏に試験していたという記事がスクープされました。
テロリスト摘発の名には誰も反対しないでしょう。これは2014年2月まで秘密裏に行われます。
しかし、もし警察が狙ったターゲットの行動を把握しようとしたら自由に使えます。なにしろ秘密裏に行っているのですから。あなたも私も国家に監視されているのです。

もうひとつは2012.7.19の記事です。「こちら特報部」というコーナーでメール解析広告の件が取り上げられました。
グーグルはメール内容を機械解析をしてその人にあった広告を自動的に表示する事を7年前から行っています。
要するに個人情報を閲覧されているのです。
ヤフーも同じ事を総務省に申請したら却下されました。それはサーバーがグーグルは国外にあり、ヤフーは国内にあるから認めないとの事です。
その代わり、ヤフーは検索履歴を解析して広告を打っている。
やはり、日本国民は盗聴されているのです。

この盗聴しているブロバイダーと国家権力の警察がリンクしたらどうなるでしょう。
警察が狙った人物は「違法ダウンロード刑事罰化法」を使って別件逮捕しやすくなります。しかも、広報など行き届いてもいないのにこの法は今年10月から施行されます。

小沢政治謀略事件では石川議員に対して裁判所が「疑わしきは罰する」という法治国家ではあるまじき事を行いました。
どこが「法と証拠に基づいて」なのでしょうか?他にも秘密裏に進められている「秘密保持法」など、これは現代版「治安維持法」です。

尖閣・竹島問題で善良な日本人にナショナリズムを炊きつける多くの御用学者や、単細胞な右傾国会議員が日本を軍国独裁主義国家にしよう、と動いています。
これも日本人の愛国心につけこんだうまいやり方です。
多くの日本人は「中国、韓国はけしからん」となるでしょう。
アメリカはこれを契機にオスプレイを配備して日本からまた金をたかろう。もし紛争が起これば儲けの種が出来ると喜んでいます。
実際はそうなるように仕向けていますが。

今度の総選挙は日本が民主主義・法治国家の道を行くのか、それとも、戦前・戦中のファシズムの道に行くのかの分かれ目です。
法律など外的状況はファシズムへの道をひたすら進んでいます。
国民一人一人は「脱原発」『反消費増税」「地方分権」と「生活」の行動を期待していますし、官邸前の抗議は野田シロアリ大魔王が退治されるまで続くでしょう。

日本人の半分は目を覚ましてはいますが、長年の大手マスコミのマインドコントロールは強力です。特に新聞TV漬けの人は重症です。

シロアリ談合3兄弟によって日本が沈没する前に「生活」を中心としたオリーブ連合によって政権交代が間に合えばよいのですが・・・

日本の財政、金融、経済はスペインによく似ている。これから予想される破綻はマネーのありすぎで起きる。早く今までの既得権をもっている人達をある程度解体せねばせっかくのお金が使われないまま諭吉さんは紙くずになるだけだ。でもそれはそれで痛みを伴うが所得の再分配は起きる。歴史上通貨の単位は絶対に変わる。もう数年たてば円の役割は終わり新たな通貨が発行される。だがその時日本が独自で通貨発行権を持たなければなんにもならない。

ACTAはEU議会で完全否決、しかし日本は批准間近!
カレイドスコープさんのサイトより
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1511.html

ACTAの批准が間近に。
違法ダウンロードよりも深刻な条約になりますね。
模造品の範疇の垣根はどのくらいなのか。
違法コピーも『ネットでの資料のダウンロードも規制されるのか?』
単純に言って閲覧自体が違法?とか極端な解釈は行き過ぎかもしれません。
しかし、『このACTAを逆手に取って司直の介入に繋がる可能性は捨てきれません』
会期末で多忙だと思いますがメスを入れて欲しいと思います。
議員達がメディア連合から敬遠されている見たいですが頑張って欲しいと思います。

特に犬HKの夜のアンカーが酷いですな×××
あの仏頂面はチャンネルも変えてしまいます(笑)

爺の周辺の選挙予想では田舎故に自民党へ回帰派と完全に党派離れの二極化です。
維新何ていないですね。

残暑厳しい中の議員活動頑張ってください。

森議員と同士の活動を支持します。

もぉ一つ。
明博大統領の行動は『次期政権が朴政権になることを妨害する行為だと思います』親日になると困る勢力を巧く手懐けたのは言うまでも無いと思います。

WW2の後で南朝鮮内での親日の迫害、虐殺の歴史に重石を載せてる今の韓国には日本を責める資格があるのだろうか?と思います。
議員が親韓なら聞き流してください。

アジアはマネーと言う怪物に翻弄され続ける運命なのかもしれません。

それを変える努力は惜しまないでくださいね。

こちらに集いの皆様、こんばんは。
皆様にいろいろ教えて頂いて、少しずつ利口になれているような気がします。
つい最近まで、家事と子育て、趣味以外に頭を使わないB層どっぷりの主婦でした。
お陰さまでB層から片足が抜けたような気がします。ありがとうございます。

あの・・・またまた教えて頂きたいことが出てきてしまいました。
おしえていただけましたら有り難いです。どうぞよろしくお願いします。
一応、自分でネットを彷徨いながら調べてみましたが、調べたモノがうまくつながらずに消化不良です。噛み砕いて教えていただきたくお願いします。

今、TPPとか、著作権法案、ダウンロード刑事罰改正法案、ACTA、ISD条項、などなど聞きなれない言葉が溢れていて、それらが日本にとって一つ一つ大変なものだという事までは理解できしました。それらが微妙につながっていてTPPに関係しているように書かれていましたが、どんな風に繋がっているのかを知りたいのです。

「TPP」については鈴木宣弘先生の「TPP緊急メッセージ」や中野剛志先生の書かれたものやビデオを読んだり見たりしました。それで、TPPは日本にとって大変に怖いものである事を理解しました。そのほかに「ACTA」はTPP加盟の条件のひとつと書かれていましたので、それの意味も調べました。著作権と知的財産権の覇権を狙った野望のための条約と書かれているものもありました。それに関係して「モンサント」とかの言葉が出てきたり「薬のジェネリック」が出てきたり、「種を制する者は世界を制する」とかも書かれていたりします。そっちこっち彷徨いながら読んでしまって、何が何だか、意味もつながりも、TPPまでたどり着けません。

最近日本の国会で決まった「ダウンロードと著作権法改正、ACTA」は、やはりTPPと関係があるのでしょうか?アメリカのカナダ大使館のアドバイザーが書かれた記事を訳した物も読みました。このように書かれていました「カナダの下院は月曜日の深夜遂に著作権法案を可決した。これは、カナダがTPP交渉参加国となるための最低限の条件だ。火曜日に発表されたカナダの参加表明は日本の意思決定にポジティブな影響を与える。日本こそ多くのTPP参加国にとっての本当の意味でのprizeだ」

この記事を訳して紹介した方が、prizeの意味をさらに詳しく書いてくれています。
それを読んで私は驚きました。次のように訳してくれています。
「the real prizeとは真のご褒美、景品、商品という意味で、つまりは日本の参加は、他の参加国にとってのカモネギ、鴨がネギをしょって来るという意味なのだ。日本が参加しなければ他の参加国にとって旨みのないものであるのだ。そして最大の勝算国はアメリカなのだ」とあります。TPPは「the erosion of japan sovereignty」日本の主権侵食とも訳されていました。

TPPは2007年から審議されていて、米国通商代表部が大まかな条約案を小泉政権時に日本に提案し、2011年に玄葉外相が調印したのだそうです。条約の詳細と日本訳はその調印の一年後に日本側に渡されたのだそうです。条文が不明のままの調印だったそうです。なんか・・・変ですね。中味もわからずに調印するなんて・・・政府が作った資料には、この法案が著作権・知的財産権に関わることはいっさい明記されていなかったのだそうです・・・あぁ・・・です。つまりは、アメリカが振り付けし、騙されて日本が旗を振らされたという事のようですね。

TPP戦略に大きく関与しているACTAの情報公開がされていないうちに、条約に交渉参加の署名をしちゃったのですね・・・ナントいう国なのでしょう・・・それにACTAの本当の意味も知らずに賛成票を投じる議員が沢山いるとは・・・
いま、EUでACTAへの250万人の反対デモが起こっているそうですね。このことを見ても、日本の軽はずみな前のめりの参加表明は危険極まりのない事だと思います。

また、長くなってしまって・・・ごめんなさい。

訂正です。
先の投稿で書き間違いがありました。申し訳ありません。

玄葉大臣が調印したのはACTAでしたね。TPPではないですね。ごめんなさい。
ACTAは2005年に小泉さんが提唱し(させられ)、2007年から審議され、条文書類はアメリカ側が創り、2012年にやっと仮訳の資料が日本側に渡された。その一年前の2011年に玄葉大臣が調印した。仮訳が届く一年も前の調印だった。

やっと示された仮訳の法文も中身が曖昧で、それを元に日本政府が作った資料にも「著作権・知的財産保護」に関することは明記されていなかったそうですね。中身も知らずに・・・調印なんて・・・調印した一年後に曖昧な和訳が届く・・・なんか主婦感覚でも考えられないです。主婦の日常的な取引でも、そんなふうな事では、三文判も押しませんけれど・・・あれは、国際的な調印なのですよね・・・う~ん。敗戦直後の「まな板の鯉」の吉田茂首相と同じですね。戦後70年近く経っても、延々と続いているのですね。いつになったら独立国としての自主政治を摂っていただけるのでしょう・・・

今、孫崎享さんの「戦後史の正体」を読んでいます。
なかなか興味深い事柄がびっしり詰まっていますね。
憲法で「天皇は政治には関わらない」と謳われているのに、実は昭和天皇が「沖縄に基地を永久的に置いてほしい」とアメリカ側に申し出たという記述は本当に驚きでした。これ・・・憲法違反ではないですか?無効だと思うのですけれど・・・
もうすぐ読み終わりますので、この本の内容についても、分からない事がたくさん出てくると思います。皆様にご教授をお願いすることになるかもしれません、どうぞよろしくお願いします。

小沢・鳩山政権支持者さん。

はじめまして。

貴女のご質問について簡単にお答え致します。

TPP、ダウンロード禁止、改正著作権法、ACTAは一本で繋がっております。

つまり、ユダヤ傀儡米国による日本の完全奴隷化政策と言って過言ではありません。

TPP=日米FTAと考えて下さい。
ISD条項は、日本側の弁明は一切ないというものです。

ダウンロード禁止、ACTAは、ネットによる情報拡散や表現・言論の自由を束縛する恐ろしい法案(条約)です。

では、誰がこの様な恐ろしい法案(条約)を推し進めているのか?

ユダヤ金融資本(裏社会)です。
※本部:ニューヨークにあるCFR。

此処で、日本を含む世界各国における政治・経済政策が決められております。そして、その傘下にいる米国です。

日本は、米国の隷属であり、日本政府は単なる傀儡にしか過ぎません。

ユダヤ金融資本は、隠れユダヤ人であるロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥からなる強大なる組織。
銀行、証券、保険、石油、医薬品、食料、新聞、メディア、軍事複合体等あらゆるものを傘下に支配している巨大財閥です。

日本には、ユダヤ人がいないため、朝鮮半島系の傀儡を使って、支配されております。
※在日、部落、同和、極左、創価学会、統一教会等のカルト宗教

日本も、裏社会が存在しております。

ユダヤ金融資本(裏社会)日本支部の主たる仲間

統一教会=自民党清和会、民主党稜雲会、みんなの党、創価学会=公明党
共産党、幸福の科学、外務省、財務省、厚労省、原子力保安院、司法(警察・検察・裁判所)を含む各省庁、自衛隊、東電、日銀、電通、新聞、メディア、経団連、財界、暴力団、凱旋右翼

彼らは、ユダヤ金融資本の命によって活動し、日本国民の為の政治は一切行いません。

詳細をお知りになりたい場合は、『RK blog』で検索。ブログ右側に検索欄がありますので、知りたいキーワードを入力すれば、大抵の事は触れられております。

一度、訪れてみて下さい。また、訪問されている方も多数いらっしゃいます。
私なんかよりも優秀な人達なので、その方々に聞いて見られたら、教えて貰えると思います。

平清盛さま。
ご親切なご投稿ありがとうございました。

やはりそれぞれがTPPとつながっているのですね。
TPPのための関連条項が今、続々と提出されていて、よく知らされないままに採決が進められていて、どんどんTPPへと導かれているようですね。
この条約は、世界のたった1%の人が、98%の人々の生活の糧を奪うという条約なのですね。とても恐ろしい条約だと思います。そして、この裏側には、私のうかがい知れない程の、深くて暗い世界がありそうですね。

お薦め頂いたサイトも読ませていただこうと思います。
ありがとうございました。

小沢・鳩山政権支持者さん。

コメント有り難う御座います。

TPPの件について、補足させて頂きます。

TPPの主たる目的は、次の2つです。
1.日本の農業の破壊
2.医療(保険)制度の破壊

1.は、米国から大量の遺伝子組み換え食品(野菜、果物を含む)が、日本に大量に入って来ます。
しかも、遺伝子組み換え食品か否か、小売店及び百貨店の店員が判断する事は不可能です。
更に、遺伝子組み換え食品を口にする事によって、様々な病を発症するリスクが増大すると考えられます。
※簡単に説明すると、毒物入り食品を食べさせられると考えてもいいでしょう。

2.は、正しく日本の医療保険制度の廃止です。
現行制度では、所得に関係無く、同じ医療・薬の処方箋が受けられます(国保・社保・共済共に3割負担)が、TPP参加によって、全額自己負担となります。
つまり、高所得者層のみが高度な医療サービスが受けられる仕組みになるのです。

アヒルがガーガーとうたい文句で知られている某外資系保険会社(フラック)が、毎日毎晩TVCM(現在、光和夫さんが出演)を流しておりますよね?

あれは、『日本の医療保険制度が、(TPP参加によって)近々無くなります。癌やその他の病気を患えば、多額のお金が要りますね?心配なら、我が社がお薦めするインチキ医療保険に是非加入なさって下さい。』という日本国民(取り分け低所得者層)を対象に、保険の加入を促しているのです。
フラックは、ユダヤ金融資本の傘下です。
※頭のいい人達は、『ユダヤ保険』と名付けてます。

説明し忘れてしまい、申し訳ありませんでした。

平清盛さま。

追加情報、ありがとうございます。
アッ、あのアヒルさんCMですね。
そうですか、危険な食品で健康を損ねる上に、病気になっても、頼りになる、世界に冠たる日本の皆保険制度が、そうなってしまう恐れがあるのですね。
知れば知るほど恐ろしい条約ですね。

ボンヤリしていたら大変なことになりますね。
なんにも知らされずに可決されてしまうという感じですものね。
早くB層から脱却しなければ・・・と思っています。

今日、ネットを巡っていたら、新しく「CETA」とかが目に付きました。
「ACTA」を追いかけているあいだに、もう「CETA」が出現。
ホント、付いていくのに必死です。
これからもどうぞよろしくご指導ください。
ありがとうございました。

小沢・鳩山政権支持者様

コメント有り難う御座います。m(_ _)m

CETAについて調べました。
CETAとは、カナダ政府が此まで認めて来た素朴な国民医療制度をNAFTA(北米自由協定)においてですら保護していたが、EUがカナダに対して国民医療制度すら撤廃して、医療制度の自由化を要求する協定であり、CETA交渉担当者は此を認めております。

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=hirumemuti&articleId=11334844380&guid=ON

カナダ版FTAです。
TPP=日米FTAですから、日本もカナダ同様、日本の素晴らしい医療保険制度を廃止し、お金持ち以外の庶民は医療サービスを受けさせない様にする事。つまり、『一般庶民のお前達。癌、糖尿病、高血圧、糖尿病、その他の慢性疾患が怖いなら、アヒルがガーガーのアフラック保険に加入なさって下さい。』と毎日毎晩、徳光和夫さんを出演させて宣伝しているのがその事なんです。

そして、前回ご説明させて頂きましたが、日本の農協分野の弱体化が主目的です。遺伝子組み換え食品を日本人に無理矢理食べさせて疾患を煩わせ、医者を通じてユダヤインチキ薬品を売りつけて商売するのです。

日本の医療保険制度が無くなれば、10割全額自己負担。お金持ち以外の一般庶民(低所得者層及び生活保護受給世帯)は、医療サービスは受けられません。
アヒルがガーガーの保険に加入してても、ごく一部分しかカバー出来ません。

CETAは、一部の政治家方も知らないと思います。

昨日、統一人間の屑協会所属自民党、創価人間の屑学会の公明党が問責決議案を提出。可決された事を受け、参議院での審議入りは出来ない状態に陥りました。しかし、余談を許さない状況である事に変わりは無いです。

不束者ですが、此方こそどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

平清盛さま。

またまた、お調べくださり、噛み砕いたご説明ありがとうございました。
Cは、カナダの事だったんですね。
ACTAが日本以外では、大反対にあって消滅ぎみなので、今度はカナダ発でという事なのでしょうね。手を変え、品を変えて、呼び名を変えて、同じものを提出し、ごまかして参加させるという事のようですね。油断もスキもないですね。

米国公電をウィキリークスが暴露したそうですね。
※TPP=ACTA でTPPとACTAはセット。
1%の権利保持、拡大のために知的財産権を利用し、99%支配を企む世界を巻き込む国際条約。モンサントは、種子独占支配で食料での世界制覇を目指し、世界の財閥は経済の世界支配を目指す。特に、日本と韓国を長期的に潰すために行う。・・・とウィキは暴露したそうですね。
本当に怖い世界侵略ですね。まるで戦争ですよね。

平様、ご親切に、たくさんの情報をありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違法ダウンロード刑事罰化に関する質問に対する答弁書:

« 消費税増税法案反対者・賛成者一覧 | トップページ | あなたのご意見をお聞かせ下さい。 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30