サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« <どうする?原発>徹底討論!本日、ニコニコ生放送に出演致します。 | トップページ | 新潟活動 »

政権奪還と国政調査権発動

「国民の生活が第一」は消費増税廃止法案を準備している。
来る解散総選挙で政権を奪還し、法案を成立させたい。
ネガティブキャンペーンで不可能だと思っている国民も多いと思うが、我が党は民主、自民に次ぐ第三党である。
小選挙区制の元では充分に政権奪還可能である。

一昨日、月刊誌BUBUKAとプレイボーイの取材を受けた。
それぞれ独自に調査をした上での素晴らしい取材であった。
ジャーナリストとしての真摯な姿勢に感動した。

7/30の参院決算委員会で情報公開資料を元に日付の無い納品書や請求書、落札率の高止まり等、裁判所の会計経理の問題点を追求した。
昨日の決算委理事懇談会で我が党の主濱理事から「国会法105条に基づく会計検査院への検査要請」「国会法104条に基づく記録提出要求」等を提案してもらった。
国会法104条に基づく記録提出要求とは、いわゆる「国政調査権」の発動である。
その記録とは、起訴議決を行った東京第五検察審査会の審査員の生年月日等に関する記録である。
7/30日の決算委では与野党各会派の委員から開示すべきとの声が挙がった。
実現されることを期待したい。

森ゆうこ twitterより

« <どうする?原発>徹底討論!本日、ニコニコ生放送に出演致します。 | トップページ | 新潟活動 »

コメント

もう野田総理は総理大臣を演じているだけになった。映画を見ているようだ。監督は勝栄二郎、でも監督は辞めてしまった。オスカー俳優野田佳彦、助演男優賞 安住淳、監督の支持がなくなったから何もできない。さあこれからは早く勝に変わる監督を見つけないとどうしていいかわからなくなってきた。

維新は、近々グッと支持を落とします。
生活が政権与党になる近道は、小沢氏を信じ結束して行動することのみ!

先日も投稿しましたが…一度森議員のメールアドレスを送って頂きました。

よかったら情報提供をしたいと思います。

自民の言っていることにも腹立つ。問責提出検討とニュース見て思ったのが、「他の中小野党が共同提出した問責の採決には応じずに、自分たちの出した問責には賛成してください」というのは虫のよすぎる話だと、呆れ果てるばかり。さもや自分たちの主張=参院全体の意思と勘違いしているところや、自分たちが決議案出せば、野党みんな白(賛成) 出してくれると思い込んでいるところに、不快感を感じざるを得ません。かつて民主党が野党参院の多数を握って法案を次々と通した時に、かつての尾辻参院会長は「常軌を逸している」と批判していたけれど、その言葉をそっくり返したい思い。まして、談合で消費贈税を国民の合意なく民自公の多数で議決したことそのものが「常軌を逸した」行動といわず、何と言えるのでしょう?この期に及んで総理は総理で「増税分は全て社会保障に使う」と言ってますが、その疑問性が既に報道で明らかにされているでしょうに。にもかかわらずそう豪語するとは。事の重大性がまったく認識できない総理(ましてやそんな総理を支える政党(=与党)政治家)には一刻も早くレッドカード突きつけないかんと思います。森さん、頑張ってください。

「小選挙区制の元では充分に政権奪還可能」は良いポイントですね
要するに「多くの選挙区で1位になればよい」のです。今更自民党や民主党の支持者になる浮動層はほとんどおらず、これらのくされ政党は間違いなく圧倒的に得票数が減るはずで、全体として一定の得票があっても多くの選挙区で1位とはなりにくくなるはずですね。既に第3位の勢力である上にネットで圧倒的支持の「生活」が、「その信頼性をきちんと浮動層に浸透させること」ができればかなりの選挙区で勝てます。消費増税廃止・脱原発は間違いなく指示されますし、適当な口当たりのいいことではなく「きちんとした軸のあるまともなこと」を言っているのは「生活」だけですから。ともかく味方を地道に作り続けていくことと邪魔をさせないことでしょう。でもされます
まずは小沢さんの裁判が全部いんちきの冤罪だ と言うことはもっと徹底的にはっきりと白日の下にさらしてください。国政調査権の発動ナイスです。ともかくひたすらしつこくお願いします。マスゴミは組織としては敵(どこも一生懸命いんちき外交問題を煽って国民の目を消費税や原発から逸らそうと頑張ってます)ですが、心ある人はどの組織にもいますので、そういう人を通じて語るのは正道。どんどん行きましょう。応援してます
政権奪還は可能なことではなく実行することです

森ゆうこ様
お疲れ様です。
「国民の生活が第一」がいよいよ本格始動ですね。
71選挙区に候補者を立てられない国民の敵・民主の敵「嘘つき民主党」は次期解散総選挙で消滅です。
消費税増税賛成で国民の敵になった「連合」も仕方なく「生活」を一部で支持せざるを得なくなりました。
そして、消費増税反対・脱原発の超党派議員グループ設立・消費増税賛成民主党に刺客と、小沢代表の自公民シロアリ談合3兄弟潰しが本気である事がヒシヒシと伝わってきます。

大手マスコミの「野田総理11月総選挙」という記事で一挙に解散の風が吹くでしょう。
今からワクワクです。
必ず「生活」を中心としたオリーブ連合が圧勝して政権を奪取しましょう。

さて、小沢政治謀略事件の真相も森議員、八木氏、市民の多くの皆さんのおかげでこちらも大詰めになってきました。
検審強制起訴制度は元々検察が不祥事を起こした身内を不起訴にしたからできたものでした。
欠陥だらけの制度でそれが東京地検特捜部・最高裁・黒幕に利用されて小沢代表が嵌められてしまいました。

今回、八木氏のおかげで元々の主旨の通り、田代元検事を強制起訴しようとしています。
小沢氏の大久保秘書は自殺の可能性があるとして検察は無理矢理逮捕しました。大久保秘書は無実なのでそんな事はしませんが、田代元検事の場合はどうでしょう?

田代元検事は検察・最高裁・検審の秘密の悪事を知っています。
検審はイカサマソフトで田代元検事を起訴相当を出さないようにするかも知れませんが、森議員の国政調査権でイカサマが公になれば、その不正もできなくなる可能性があります。
そうなると田代元検事は・逃亡・自殺あるいは最高裁・検察・黒幕によって消される危険があります。
彼を逮捕・身柄拘束して守ってあげた方が良いのではないでしょうか?
また、彼にも冤罪の植草氏・鈴木宗男氏・大久保秘書らの様に何十日、何百日も勾留されれば冤罪を作ってきた身の業の深さを味わってもらってはいかがでしょうか。
その頃には最高裁・検察・黒幕の悪事がバレ、彼の命も救われるかも知れません。

今秋にも、衆議院の解散、総選挙があると思われます。
ユダヤ金融資本裏社会さん達による不正選挙が、必ず行われるでしょう。
新聞・メディアによる捏造世論調査。

ネット上では、『国民の生活が第一』を支持してます。
各選挙区において、有権者が、『国民の生活が第一』の候補者に投票したにも関わらず、売国政党の候補者が当選した場合には、得票数の改ざん等の不正が行われた可能性が十分考えられます。また、開票開始からすぐに売国政党候補者の名が発表された場合も、不正が行われた可能性があると思われます。

そして、開票日の当日、犬HKを含む各テレビ局は、一斉に報道特別番組衆議院議員選挙開票速報を放送します。
議席獲得インチキ予想数を報じる筈です。

我々有権者が、しっかりと監視しなければなりません。

今度の選挙は、ユダヤ傀儡米国の奴隷になる事を認めるか。独立を果たし、夢と希望と野心を携えて生きていける日本にするか?
二者択一の選挙です。

森先生
お疲れ様です!

本日は、24時間テレビです。

気持ち程度ですが募金して来ます。

小沢代表の率いる
生活が、日本の新しい政党の形を国民に提供してくれる事を願っております。

24時間テレビのように!たくさんの国民に共感や共鳴を提供して!誰もが安心して過ごせる世の中へ!

国政調査権を発動した際、その調査結果をどのように政策や政治システムに反映するのか、その仕組みが不明確です。先の国会事故調は、報告書をまとめて発表すれば終わりですか? 「人災」、「虜」など、不可抗力以外の「未必の故意」が存在することを明らかにするものでした。訴追などによってそれらを糺すことが出来なければ、民主主義は機能せず只のガス抜きで終わってしまいます。それでは、国会そのものに問題があることになります。

私の夢は全ての国民が明るく家族で食卓を囲める国を造る事。嘗て小沢先生はこう語っておられた。今子供の数が激減して全ての諸問題の根幹を為している。小沢先生乾坤一擲の新党が初めての選挙を迎え様としている!何度も投稿しているが70議席を死に狂いで確保して戴きたい。そのためには、森ゆうこ先生の東奔西走の活躍が不可欠!お願いです!私の長年に渡る小沢一郎支持の情念に明るい光を灯していただきたい!頑張れゆうこ先生!頼んまっせ~

Suicaさん。
日本テレビが毎年放送しております24時間テレビですが、あれは似非番組です。

日本テレビは、米国ユダヤ金融資本CIA直属のメディアである事をご存知ではないのでしょうか?

米国CIA直属の読売新聞創設者である正力松太郎氏も、児玉誉志夫の子分である渡辺恒夫氏も、米国ユダヤ金融資本裏社会直属の手先です。

この番組名は、『愛は地球を救う』ではなく、『阿片はユダ金を救う』が正しいのです。

これは、身体に障害持つ人達や難病を患っている人達を出演させて、真実を知らない国民に見せて『まあ可哀想に…。』と洗脳させておいてお金を集める手法です。

つまり、難病を患っている人達、身体に障害を持つ人達、真実を知らない国民は、ユダ金メディアに騙されて、お金を搾取されて喰い物にされているのです。
集められたお金は、彼らの元には届くことは殆どありません。募金するなら、直接彼等にお金を届けるのが一番なんです。

森先生、明日8月28日の法務委員会での質問(裁判所職員定員法の一部を改正する法律案 )、がんばって下さい。期待しております。
熱い心と鋭い言葉の刃ですね。

ところで、国民の目をそらしながら財務官僚とその走狗たる民主党は、次々と増税策を打っている事には気付きませんでした。

「地球温暖化対策のための税」
  ↓
http://www.env.go.jp/policy/tax/plans/2011/about.pdf

日本は重い増税国家に向かっているのでしょうか?
国民の目を逸らしつつ着実に増税が進行しているようです。これでは重い年貢にあえぐ江戸時代農民と何らかわりが無い…

「苛政は虎よりも猛し」

日本は民主主義国家ではないのでしょうか?

平清盛様へ

おっしゃる通りですね。

巨大権力との闘いは、国民の声が必要です。
検察の問題が国民的議論に発展しないのがとても不思議です。
テーマとしては、24時間テレビのような方向で国民にアピールして頂きたいと思って投稿致しました。

「生活」が日本を救える唯一の政党だと思っております。

Suica様

コメント有り難う御座います。m(_ _)m

貴殿が仰る様に、無知な国民(以下B層と呼びます)が、目を覚まされ、真実に気付いて貰う事が重要です。

多くの国民(B層)が目をさませば、ユダヤ金融資本裏社会は、もう何も出来なくなります。

しかし、今の状況は、一部の人々を除いて多くの国民は、未だ真実に気付いておりません。

情報拡散が重要な鍵になると考えます。

巨大なユダヤ金融資本裏社会(略してユダ金)との戦いも、決して惜しんではいけないと考えます。
彼等が企んでいる事は、把握しております。

戦い方は、パソコンと携帯電話(ネット接続環境がある事。)を使って彼等の企んでいる手口を次々とバラしていけば充分です。
※彼等は、バラされた同じ手口は二度と使いません。

不束者では御座いますが、色々お世話になると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

平清盛様へ

ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いいたします。
真っ直ぐで!
真面目な森議員を地道に応援しています。

生活が政権奪還して森議員が総理になって笑顔で暮らせる日本に!!!

7党の問責決議に自民党が相乗り (笑)
退路を遮断されている事に気付いていない谷垣禎一総裁は多分自民党総裁の器ではなかったようだ。
国民の生活が第一党党首の筋書きは奥が深い。

本題の国勢調査はメデイア連合のスルーで中身が全く伝わらないのが意図的過ぎます。
NHKを筆頭にイヤラシイくらいのスルー。
しかし、最近は国民の生活が第一党並びに。と言った感じの前振り放送が増えた様な気がします。
放送局への抗議電話もスルー出来なくなりつつ有るのかもしれません。

もぉ一つ。
忘れてました。
野田総理への問責決議でした(笑)
民主党の代表選びにも影響は必至ですな。
総理も退路を無くしたみたいですね。
秋の国会が冒頭から空転するのは見え見えです。
破れかぶれの解散か?総辞職か?
どちらにしても民主党政権の終焉を意味してます。
野党7党も選挙の洗礼を受ける。しかも内容はかなり厳しい批判票を浴びせられると思います。
野田政権はこの批判票をごまかす為の画策を準備していると思います。
野党7党は時間の猶予が出来た事をプラスに変えて行く努力が必要です。
国会閉幕は次の選挙洗礼をイカに優位に変えて行くかが議員、代議士としての力量を推し量る目安だと思います。

森議員と同志の活動が実を結ぶのを祈って止まない。

血みどろの選挙活動を遮二無二生き抜いてください。
応援しています。


今朝の明け方私は夢を観ました=鮮明な夢でした。

総選挙の結果新しい内閣は

1.小澤一郎さんが官房長官でした。
2.鈴木宗男さんが外務大臣兼北海道開発大臣でした。
3.亀井静香さんが総務大臣兼金融大臣でした。

そして総理大臣と法務大臣はそうです

森ゆうこさんでした。

政治は国民の側に沿った民主的な公平な政治でした。

4時間ぐらいこの↑の夢を鮮明に夢の中で観ていました。

正夢になることでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権奪還と国政調査権発動:

» 新自由主義の終焉(4) [未来に希望をつなぐために]
新自由主義の終焉(4) 新しい価値観による改革への着手時期の到来    新自由主義は、市場への不要な政府の介入を排し、市場原理を極力活用した経済運営を行うことが国民に最大の公平と繁栄をもたらす(市場原理主義)と信じ、政府の経済・社会政策に当て嵌め、「小さな政府」を主張し、国営事業、公営事業の民営化、地方分権などを訴え、かつ、進めてきた。  しかし、コロンビア大学のジョセフ・スティグリッツ教授によると、アメ..... [続きを読む]

« <どうする?原発>徹底討論!本日、ニコニコ生放送に出演致します。 | トップページ | 新潟活動 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31