サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 国民の生活が第一 第2次公認内定者 | トップページ | 国民の生活が第一結党記念パーティー »

10月23日(火)小沢一郎代表「記者会見」

○第2次公認についてと次期総選挙の意味合いについて
○第2次公認の女性候補について
○岩手の第3次公認について
○党首会談について
○脱原発について
(以下、会見内容)

【代表】
第2次の衆議院の公認内定者を本日、常任幹事会で決定いたしました。
トータルで24名でございます。
したがって、第1次と合わせまして53名の公認内定者でございます。
それから参議院の公認内定者ということで、はたともこさんが入っておりますけれども、現在は参議院の候補者選考には入っておりません。
ただし、はたともこさんの場合は応援して下さる協会の団体の皆さんから、ぜひ党としての公認を出すという意思表示が必要だと、そうしてもらえば推薦をするというお話があったそうでございまして、私どもとしては、それならば、ということで今回、はたともこさんについてだけは今日時点で、次の参議院通常選挙の比例の公認内定者ということとして決定いたしました。
また、24人目のところに入っている渡辺義彦さんですけれども、彼は昨日まできづなの所属の議員でありましたが、本日をもって私どもの党に移りまして、そして活動を早くいたしたいという本人の意向もありました。
そういうことで私たち国民の生活が第一の公認候補内定者として今日決定いたしました。ただし第1次についてもそうでありましたように、選挙区がないと感じておられると思いますが、事実上はそれぞれ実際の選挙区はもう決まっております。
従いましてこの内定を機に政治活動を始めていくと思いますが、今回もいろいろなことも勘案しながら、最終的な選挙区は特定せずに公認候補の内定をしたということでございます。
なお私どもの党が1番女性の比率が高いですが、第1次、第2次合わせまして53名中14名の女性の候補でありますので、これまた女性の候補が1番多い政党であろうと思います。以上です。
◆質疑応答
○第2次公認についてと次期総選挙の意味合いについて
【記者】
選挙区についていろいろなことを勘案ということだが、これには今後の他党との選挙協力や選挙区調整も入っているのか。また、第2次のメンバーで次期衆院選を戦っていくということだが、今度の総選挙を代表の中でどういう選挙と位置付けているか。
【代表】
選挙区の特定をしていないことについては、今質問の中にあったことも一つの理由であります。
今日の政治の状況について、変えなければならないという考えをもって活動をしている方も他におりますので、同じような考え方の候補者が競合するということは、選挙をする国民の皆さんにとっても迷うことになります。
また結果として、同じような者が競合するということは当たり前のことですが好ましくない、という理由からであります。しかしながら申し上げました通り、実態はほとんど選挙区もそれぞれ決まって活動していくだろうと思っております。
それから第3次の公認内定者の発表を年内にしたいと思います。
100人を目途にと思っておりますが、100人では過半数になりませんので、小選挙区だけの話ですけれども、その意味においても今後同じ志を持つ方がおれば、できるだけ競合を避けながら効率的に結果を出せるようにしていきたいと思っております。
2つ目の質問については、半世紀来、旧来の自民党中心の体制が時代に対応できなくなってきている。
勤続疲労とかいろいろな言葉遣いがありますけれども、新しい時代の変化に対応できない。従って政治を根本から変えなければいけないという趣旨で民主党の時に、3年前の総選挙で訴え、政権交代ができました。しかしながら結果として民主党政権は国民の皆さんとの約束を反故にし、かつまた政治の根本的な改革ということについてはまったく手を付けようともせず、旧来の自民党政権の延長のような状況に陥っています。
それは国民の皆さんが批判するところですから、現状認識としては誰もが違いがないと思います。
従って我々はもう1度、3年前に主張した抜本的な、根本的な政治行政の機構、統治の機構の改革を目指して、時代の変化に対応できる、そして国民の生活を安定させる、国民の生活に目を向けた政治を実現しようということで、ある意味においては3年前の政権交代の選挙へ向けて頑張っていた時の考え方と訴えをもう1度主張していきたいと思っております。
○第2次公認の女性候補について
【記者】
女性の比率が高いのは党の大きな特徴だと思うが、女性候補の公認が多いのは何か考えがあっての事なのか。
【代表】
人口比で言っても女性の方が多いです。それに比べて特に日本の場合は国会議員の中で女性の比率が非常に低かったということもありますので、女性で我こそと思う人には積極的に出ていただきたいという思いが1つあります。それからこれは半分冗談ですけれども、選挙に出るということは、普通の生活とは変わった形の日常あるいは考え方をしなくてはならないですが、最近の日本では女性の方が、非常に決断が速いということもありまして、我が党では女性の比率が高くなってきているのだと思います。
○岩手の第3次公認について
【記者】
3次公認を年内にということだが、岩手についても同様か。
【代表】
岩手県第1区第3区も3次公認、年内に公認発表できると思います。
○党首会談について
【記者】
生活として野田首相との党首会談に応じるのか。
【代表】
私ども固有の状況として、明後日に結党記念パーティーが控えております。それが終わってからでないと(応じられない)という状況が1つあります。
それからもう1つは、どういうことで会談をするのかということが明らかではない。前国会では我々はカヤの外で、自公民でやってあれだけの大増税を通して、今度は調子が悪くなったからと言ってその他の野党に、というような感じでして、少々不見識のような気がします。
またテクニカルには、自公民の時には幹事長会談をして、何について党首会談をするのかということを話したが、何もなしにただ党首会談というのは、旧来のやり方からしてもあまりにも雑ではないかと思います。
中身を期待せず、ただ会談をやればいいと捉えられかねないような進め方ではないかと思います。
私どもはいつでも、一国の総理が会いたいということであれば会うことは当然だと思いますけれども、やはりどういうことについて、どういうようにしたいから会談をしたい等、前もって幹事長会談なり国対委員長会談なりできちんと、粗々詰めながらやっていくべきではないかと思っております。結論としては、それはそれとして、事情が許せば会うことはやぶさかではありません。

脱原発について
【記者】
原発事故の当事者である日本が脱原発に踏み切らないことについてどう思うか。
【代表】
まずドイツに行ってまいりましたが、10年後に原発ゼロへという我々の主張は日本において国民の皆さんに訴えるにあたって、まさに我々自身が確信をもって進めていいものであるという認識を改めていたしました。
ドイツではチェルノブイリの事故で、遠く離れていてもいろいろな放射能の被害があり、今でもキノコや山の生物については食べられない状況が続いています。
その時から議論が高まってきましたが、一時もう少しテンポを緩めようという議論があって、現実にそういう法律ができたのだそうですが、日本の福島原発の事故で、ほとんどすべての国民も、原発をなくしてきれいで安全なエネルギーに変えようと、再生可能エネルギーという言葉を使っておるようですが、そういうことで政党も全政党賛成でこれを決めたということであります。
そしてドイツ国民の8割以上がこのことについて全く異論はないということを、政府の人もその他の野党の人も言っておりました。
それから、経済界、商工会議所や原発関係の経済界のところでもお話を聞いたのですが、原発を10年後に廃止することについて、その原則については財界も一切異論はないということでした。
日本の福島原発でもって、国民皆さんが改めてそう考えて行っているドイツなのですが、その福島原発を抱えている日本で、なぜ今日のような状態なのかということです。
大手のマスコミの調査でも6割を超える人が原発はゼロということに賛成しているようですが、私は全国民にまんべんなく問えば、ドイツと同じように8割以上の数字になるのではないかと思っております。
ところが政治・行政・産業界、この原発に関連してのいろいろな既得権、きつく言えば利権の体質がまだまだ強く残っておりまして、国民の命や暮らしよりも既得権を守るほうに重点がいっているように私は思います。
ですから、旧来の既得権の中に浸っている人たちが原発の維持、今の日本で言えば再稼働、それから新たに建設も始まりましたけれども、これは国民の意思に大きく反することだと思いますので、私どもはドイツの状況を参考にし、自信をもって原発ゼロの政策をぜひ、国として実現できるように頑張りたいと思っております。
以上

« 国民の生活が第一 第2次公認内定者 | トップページ | 国民の生活が第一結党記念パーティー »

コメント

本日の、結党記念パーティー
お祝い申し上げます。

トヨタの社長の言葉がとても良かったので書き込みします。
最近の、若者の車離れを各メーカー共同でメーカーから若者に近づいて行く。こんな内容でした。

小沢代表からの強いメッセージ期待しています!
国民に寄り添い、国民を不幸から守る!

たくさんの生活党の議員が当選されますよう祈念致します。

森ゆうこ先生
支援者の皆様

お疲れ様です。

スレッド違いすみません。

ネットジャーナリストのリチャード・コシミズブログを閲覧していたのですが、昨日アップされていました記事のコメント欄に、次の様なコメントが投稿されておりました。

◆これが、私RKの知っている日本企業の本当の底力です。http://richardkoshimizu.at.webry.info/201210/article_73.html#comment

【内容】
電通・創価学会のお気に召さない大企業は取り潰しにあいます。まともに経営が成り立たないような窮地に追い込まれます。銀行から貸し剥がしにあったりします。いえ、それ以前に、大企業にまで成長させてくれません。TVのCMを打つ為には創価学会・電通を通すことが前提となるため、CMに登場する企業は全部創価学会の傘下もしくは言いなりになっている企業と見ていいでしょう。

創価学会は北朝鮮宗教なのですから、日本人から搾取(本来得られるはずの賃金を奪う、ピンはね)するのは、カルトにとってごく自然な行為。日本人が一生懸命働いて生み出した富・財産を北朝鮮宗教団体が吸い上げ、結果的にアメリカ・ユダ金に流す。

実は北朝鮮邪教によって永田町がコントロールされ、この日本国は北朝鮮によってコントロールされている事実を一人でも多くの日本国民に伝えなくてはなりません。
※一抜抜粋
投稿者:エセ右翼の中身は北朝鮮(2012/10/25 09:05)

『生活保護_創価特権』で検索すると、こんな事が書かれておりました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254818367

【内容】
地方では創価特権として生活保護と市町営住宅の優先入居は当然の事です。
特に首長・助役等が創価の場合は当たり前の事です。

そして、『創価_生活保護_年金保険料全額免除』で検索すると、次の様な記事がありました。

◆生活保護の外国人、厚労省、年金保険料は全額免除に
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1020&f=politics_1020_003.shtml
厚生労働省は20日までに、生活保護を受給している在日外国人の国民年金保険料について、本人が申請すれば自動的に全額免除とする方針を決めた。近く地方自治体に周知する。多くの自治体と日本年金機構の出先機関は従来、日本人と同様に申請なしで一律全額免除となる「法定免除」としてきたが、機構本部が外国人を適用外とする見解をまとめたため「国籍による差別だ」との批判が出ていた。

これは、明らかに日本人に対する差別と言って過言ではありません。一方で、生活保護費支給額の減額を検討して、生活保護の在日外国人に上記の様な形で還元するとは言語道断。

国民の税金並びに年金保険料を喰いものにしている米国ユダ金裏社会の手下である財務省、厚労省は許せません。

マスコミはあまり報道しませんが応援しています。
今日のテレビ朝日のモーニングバードでの玉川さんの化石燃料石炭のはなし興味ぶかかったです。

結党パーティー大成功でしたねなんと4000人の参加者、他の方のツイッターでは4500人とも伝えていましたね本当に応援してよかった!今日はある方の人生と照らし合わせてつくずくおもいました。小沢代表はどんなにたたかれても止めない責任感の強さを再確認しました。尖閣問題の影響でしょうか、ものを作るラインがいよいよストップしはじめたようですよ。暮れのボーナスも危ういとか。サラリーマンは仕事をとられてはお手上げです。小沢代表ゆう子議員そして生活党の皆様、お身体大切にして、国民の生活を守って下さい。今日の善き日に乾杯!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月23日(火)小沢一郎代表「記者会見」:

« 国民の生活が第一 第2次公認内定者 | トップページ | 国民の生活が第一結党記念パーティー »

本の予約はこちらから

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30