サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 新潟活動photo | トップページ | 脱原発ドイツ訪問視察写真をアップ致します。 »

10月29日小沢一郎代表定例記者会見

121029kaiken
○北海道8区について
○結党パーティーでの発言について
○野田総理の所信表明演説について
○民主党離党組について
○日米安保について
○民主党について
○内閣不信任案への対応について
○石原新党と他党の連携について

(以下会見内容)
【代表】先週25日に結党記念のパーティーを開催いたしました。皆さんにもご案内の通り、4千数百人の方がおいでになり、ホテルの方も開業以来の人数だということでしたが、本当に大勢の市民の皆さんが自発的に参加をしてくださいましたことに、大変感謝しておると同時に我々全員が勇気づけられたのではないかと思っております。とても意義のあるパーティー、集会だったと思います。これからさらに第3次の公認内定者をできるだけ早く発表したいと思っておりますので、こうした草の根の皆さんの支持をいただきながら頑張っていきたいと思っております。

◆質疑応答

○北海道8区について
【記者】鈴木宗男新党大地・真民主代表との会談で、北海道8区に生活の候補者を立てると言っていたが、真偽のほどは。
【代表】基本的に北海道の人間関係については、鈴木さんの方が当然濃い、強いわけですから、大地の皆さんが第一義的に候補者選考をするということについて、もちろん依存はありませんと。大地としては可能な限り全選挙区に候補者を擁立したいということでありました。私の方はまだ確定的なものではありませんけれども、可能であれば1人でも2人でも候補者を出せればと思っております。

【記者】北海道8区を念頭に置いている理由は。また大地との連携はオリーブの木構想の一環か。
【代表】8区にこだわった、選挙区ありきではございません。今も言ったように北海道の地域における人間関係は鈴木さんの方がよく知っているわけですから、大地の方に基本的にはお任せすると。ただ私どもで可能なところがあれば大地の了解を得ながらやっていきたい、ということです。そのことがオリーブの木と直接絡んでいるわけではありません。私が3年前の総選挙で責任者としてやったときも、大地と協力関係を結びましたから、それと似たようなものと思っていただければいいと思います。 ○結党パーティーでの発言について

【記者】結党パーティーで「自然エネルギーへの取り組みが遅れたことを反省している」と言っていたが、自民党時代に自民党として原発を進めたことへの反省か。
【代表】私は最初から原子力については過渡的なエネルギーだと思っておりましたので、頭の中に認識としてはあったのですが、現実の結果として原発に依存することになってしまったことを反省し、この機会にしっかりとやっていこうという気持ちでおります。

○野田総理の所信表明演説について
【記者】野田総理の所信表明を聞いての感想は。
【代表】私も所信表明演説を聞きましたが、大変きれいなことばで、きれいな文章だったとは思いますけれども、本当に総理がこの国をどうしたいのか、何をやりたいのかということの意思表示があまり感じられなかったような気がしております。おっしゃったことは誰もが反対する話ではないのですが。

○民主党離党組について
【記者】本日民主党を離党した2名が生活に合流する可能性はあるか。
【代表】2人については私もよくわかりません。どういう風にしようとしているのかはわかりませんが、今我々と即合流するような感じではないのではないかと思います。

○日米安保について
【記者】もし政権をとったら、日米安保条約をどうするか。
【代表】オスプレイの問題も沖縄の基地の問題、米兵の暴行事件、これらは安保条約があるなしということの問題ではないと思っております。日米同盟関係というのは対等の事を同盟というので、対等でなければそれは単なる従属関係でしかないわけです。対等といいますと経済力、政治力、軍事力とみんな同じでなくてはいけないのかという人がいますが、そういう意味で言っているわけではありません。人間はみな平等であり対等であり、金持ちであろうが貧乏であろうが、どんな立場にあろうが人間として平等・対等であることは当たり前のことですが、国家間においても私はそうだと思います。アメリカと同じような軍事力を持ち、その他のいろいろな条件が同じだという意味で考えているわけではありません。ただ1つの独立国家として、そして2国間で同盟を結ぶ以上は基本的に対等の関係にあるのは当然のことであると思っております。今なお、このオスプレイの問題も、傍で見ていますと、沖縄や他の日本人を含めましてその声がアメリカ政府に届いていないような感じがいたします。そのことが一番の問題ではないかと思います。それから沖縄の人にとっても、アメリカに何も言えない、ただ言われた通り従っているだけだという感覚が非常にもどかしい、こんなことでいいのかということが気持ちの底にあるのではないかと思います。私は最近、自民党の時以上に日本政府がモノを言えなくなっているように思えまして、これは非常によろしくない関係に陥っていると思っております。ただ、地位協定の改定の問題はもちろんありますけれども、日米安保そのものがあるがゆえに日米2国間が対等の関係にならないということではないと思っております。

○民主党について
【記者】民主党のどこが機能不全に陥っているか。
【代表】離党した一番大きいグループは我々ですけれども、3年前の、総選挙に向けて訴えた我々の政策、理念と、今の民主党政権というのは、あまりにも違いすぎる。それが結局国民の支持を失っているというところに最大の原因があると思います。多分国民も言ったこと、約束したことが100%実行されなくても、できなくても、それをやらなくてはいけない、やろうという真摯な、真面目な態度で政治を行っていればこのような支持離れは起きなかったのではないかと思っておりまして、そういう意味で、選挙戦陣頭で頑張った一人として非常に現状を残念に思っております。

○内閣不信任案への対応について
【記者】改めて内閣不信任案が出された時の対応はどうか。
【代表】前国会で私どもが不信任案を提案したわけでございます。今不信任を否定するような状況にはなっていない、何も変わっていない。不信任を出すのがいいのか、あるいは出すにしてもいつなのか、どういう理由なのか、そういうことをきちんとわきまえてやるべきで、ただ徒に不信任ありきということではないだろうと思っています。現状ではもし不信任が出されるような状況になったら、もしかしたら可決するかもしれないというような、これは国会議員の心が離れたというよりも、国民の支持を失ってきているという民主党の現状だと思います。

○石原新党と他党の連携について
【記者】石原新党とみんなの党、減税日本の動きについて。
【代表】本人に聞いていませんので、渡辺さんのことはわかりませんけれども、渡辺さんは常日頃、自民党に協力するような政党は、本当の改革政党ではない、そんなのはだめだという趣旨の話をしておられたのではないかと思いますが、その論理からすると、石原さんは、これも直接聞いたわけではありませんが、自民党と連携するような趣旨の話をしてたやに聞いております。そうしますと、話し合うことは結構なことだと思いますが、みんなの党が自民党との連携を視野に入れる政党と協力関係を持つということはありえないのではないかと思います。減税日本の方はそういう点については、河村氏がはっきりと言ってはいないと思いますが、違った形で公務員問題やいろんな問題について現状のあり方を否定していると思いますので、同じ理由で、現状維持を基本的に前提としている自民党と協力するというのは論理矛盾になるのではないかと思います。
以上

動画はこちらから

« 新潟活動photo | トップページ | 脱原発ドイツ訪問視察写真をアップ致します。 »

コメント

森ゆう子議員お疲れ様です。小沢代表の記者会見の模様を動画で見ました。安倍総裁も沢山の言葉を語りはじめました。私はいちに国民の生活が第一党、二番目は民主党を応援しています。日本は生まれかわらなきゃだめだ!とか、強い日本!とか、色々騒いでいますが、国のほころびを治さなくて明るい日本はないですね。私の住んでるところは、色々な国の方たちが暮らしています。長い年月をかけて人の心も違和感なく受け入れてきたのです。地域にも、学校にも。良く日本が他国になめられていると言う政治家がいますが、どうか心を磨いてほしいですね。子をもつ親は政治家が日本の未来をどう語っているのか見て欲しいとおもいます。どうか平和で子どもたちが幸せに暮らせる国でいてほしいと強くおもいます。小沢代表ゆう子議員、生活党の皆様お身体大切に応援しています。

森ゆうこ議員&支持者の皆様お疲れ様です。

変な書き込み失礼致します。

橋下市長は、やはり優れた政治家です。
立ち上がれ日本のベテラン議員は、外野。
国会議員としては、あまり能力が認められてないようです。
早く、維新&石原新党が合流して外野のベテラン議員を指導して欲しいです。橋下市長が新党の代表になってベテラン議員がリストラされないように祈っております…

森ゆうこ先生支援者の皆様。
お疲れ様です。

◆生活保護不正受給:詐欺容疑で政治団体代表を逮捕--県警 /福井
毎日新聞 11月1日(木)16時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-00000296-mailo-l18
貯蓄があるのに生活保護を不正に受給していたとして、県警公安課は31日、永平寺町松岡志比堺、政治団体「日本塾」代表、日本国王(ひのもとくにお)こと清水国王(しんすいこくおう)容疑者(66)を詐欺容疑で逮捕した。容疑を否認しているという。

逮捕容疑は10年7月~11年2月、居住していた福井市から、生活扶助として約67万円を不正に受け、医療扶助として医療費約238万円の支払いを不正に免れた、としている。

同課によると、清水容疑者は08年9月から11年2月まで生活保護を受けていた。今年に入り、10年6月に約1000万円を銀行口座に入金していたことが判明。生活保護申請時の銀行口座とは違う名義の口座だったため、市は見抜けなかったという。

清水容疑者は11年12月の福井市長選で、一度は供託金100万円を支払い立候補を届け出たが、直後に立候補を取り消している。【山衛守剛】
11月1日朝刊
※全文抜粋

上記記事は、氷山の一角。不正受給している者の殆どが、在日、部落、同和、ヤクザ、右翼、極左、カルト宗教関係者であり、米国ユダヤ金融資本裏社会の手先なんです。
また、反社会的組織に加担する者であることを承知の上で不正に保護費を支給する公務員や社会福祉職員もいる筈。

所轄である財務省、厚労省、警察は、こういう連中に対して徹底的に調べなさい!
生活保護制度は、貧困ビジネスに悪用されているんです。

本当に生活に困窮している人々が、行政による支給しぶりによって自殺に追い込まれているんです。

景気・雇用対策を行わず、生活保護支給額を削減する方向へ進むとは言語道断!
不正受給(支給)対策は、支給要件の厳格化、宗教法人0.1%課税で十分対応が可能!

為替介入と称して、紙切れ同然の米国債を購入するお金があるなら、社会保障費用、震災復興費用、景気・雇用対策費に回しなさい!

消費税、所得税、住民税、法人税増税する必要はないんです。
紙切れ同然の米国債を売却せよ!

その他、生活保護不正受給関連ニュースは、下記URLをクリック。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/welfare_allowance_reduction/

国民の生活が第一、が政権党になったら
①宗教法人課税実現
②特別会計廃止
の二つは必ず実現して頂きたい緊急課題です。

①で、巨大宗教法人にブラックマネーが流入し、政治を牛耳るのを防ぐ。

②で、300兆円超の資金を白日の下にさらし、国民に返す。

宗教法人、ヤクザ、役人より、国民の生活が第一なら、やるべきことです。石井紘基先生の死を無駄にしてはならない。
一市民として、全力で応援します。

「生活党」の一党員です。結党記念パーティー盛況おめでとうございます。わたしも参加する予定でしたが、急な仕事の関係で出席できなく、東京の友人で小沢ファンの友達に代理で出席させていただきました。相変わらずマスコミは、この結党パーティーを「わざと報道しない」ように報道規制をしているような気がしますが、次期選挙には、絶対勝たなければ意味がありません、マスコミの嫌がらせ、特にあのNHKの世論調査の0.8%支持率報道等々、敵は多いですが、応援します頑張ってください。

森ゆうこ議員&支持者の皆様こんにちは。

橋下劇場のシナリオと感じるのは私の勘違いでしょうか?

私が、シナリオを書けば…
ゴタゴタを発信し、常にマスコミの注目を浴びて選挙直前に第3極と言われる党をまとめ新党結成。
自・公・維新の救国内閣のシナリオです。

反原発&反消費税の争点を薄れさせる巧みな世論形成ではないかと…

生活党を中心に劇場型選挙を防止する委員会を立ち上げてみたらどうでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月29日小沢一郎代表定例記者会見:

« 新潟活動photo | トップページ | 脱原発ドイツ訪問視察写真をアップ致します。 »

本の予約はこちらから

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31