サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 決意新たに | トップページ | 森ゆうこBS11インタビュー »

名誉毀損の裁判で勝訴

110602bunsyun1

26日東京地裁において、原告である私、森ゆうこの訴えが認められ、フリーライター森功氏と文藝春秋に対し損害賠償を支払うよう命じる判決が下された。

水谷建設社長が出廷した陸山会事件公判を傍聴していた私が、法廷で騒いだために裁判長に注意されたという記事が、全くの事実無根であると裁判所が認定した。

これは、検察のねつ造による陸山会事件を悪用し小沢一郎先生の人格破壊を行ってきたメディアスクラムの一端である。
そもそも私は、その公判を傍聴していない。
私が傍聴したのは、検察に騙されて保育園に子どもを迎えに行くことも家族に連絡することさえ許されず、10時間に渡って不当な取り調べを受けた石川知裕衆議院議員の女性秘書が証言する公判であった。
私に一切取材もせず、傍聴してもいなかった公判で私を見たと言い、裁判長に注意されたというありもしないことを一流ジャーナリストと称する森功氏が書き、週刊文春という最も名前の知られた週刊誌が掲載した。
しかも訂正と謝罪を求めた私を更に愚弄する記事を次号に載せたのだ。
未だに森功氏と週刊文春、文藝春秋からは何の謝罪もない。
同様に小沢一郎先生に対して洪水のように流されたこの3年と10ヶ月に及ぶマスメディアの攻撃に憤りを覚える。
嘉田由紀子未来の党代表も、このメディアスクラムによって作られた小沢一郎真っ黒のイメージばかりを気にして、大切なものを見失ったのである。

« 決意新たに | トップページ | 森ゆうこBS11インタビュー »

コメント

国会議員として15回当選した政治家を、何故貶めるのか?
【陸山会事件】
本質は、日本の最大のタブーを侵したからだと思います。

日本の最大のタブーは、政治利権だと思います。

新自由主義政権は、すぐに行き詰まります。

小沢氏と行動を共にする、勇気と信念のある同士で
・年功序列
・終身雇用
・企業内労働組合

日本経済の原動力だった3要素を現代版に改訂して

最大のタブー
政権奪還に挑んで下さい!

とても許される行為ではないですね。そして裁判になっていいるのですから簡単な事ですよね。「・・・裁判長に注意された」、裁判長からの証言は取れないものなのでしょうか。


損害賠償ではなく犯罪でしょう。刑事告訴と損害賠償の両方が必要です。
しかしこの状況では忙しくて大変ですね。森功と言うフリーライター、ブログ出していますね。
犯罪者として罵倒コメントしておきましたが承認制なのでたぶん承認しないでしょう。

小沢さんに関しては仕方がないとも言えると思いますよ。闇将軍におっかかり放しであったことは否定できないと思います。潜在的な政治権力者と言う立場に固執していたはずです。

だから闇から光に移れと言ったんです。これからの時代は闇は通用しません、闇の行為も公になりやすくなります。闇的な権力者達は開き直って闇的な政策を無理矢理詭弁などで押し通そうとするでしょう。

義理は大事です。しかしその義理が正しい合理性につながらなければ義理であっても特にはならなくなります。そう言う時代に入っているのです。
とにかく残念な方向に進んでいきそうですが森さん、新潟県と言う事で応援していきますので頑張って下さい。

海外、イギリス、アメリカ、中国、何処の国もメディアの操作、損得駆け引き、何かに支配された悪玉メディアが存在しますが当然日本も同じく、電通、悪の根源にかなり近い企業であることは間違いありません。

信じていますので、分党しても森―小澤に集い、日本の為に頑張る皆さんを応援します。
日本の為に宜しくお願いします。

それにしても、次々に表れるクズを掃除しなくちゃいけないのは大変ですね(笑)

ただ、名誉毀損の裁判で勝訴したところで、森功氏と文藝春秋側の森さんに対する名誉回復がなされなければ結局は載せた者勝ち、書いた者勝ちになってしまうんですよね。
あれだけ湯水のごとく垂れ流したマスコミの「小沢氏=ダーティ」のネガティブ報道だって
無罪になったにもかかわらず反省どころか相変わらずの反小沢姿勢には呆れて果てますし。

結局この国の最大の問題点は、国家権力の監視役にならなければならない責任を放棄し、官僚、財界等の既得権益者とスクラムを組んでしまった大手マスコミにあると言わざるをえません。

まずはおめでとうございます。
これからも、泣き寝入りしないで、どんどん不正を正していきましょう。仕事が増えて大変かもしれませんが、嘘記事にはうるさい党だと、マスコミが一目おいて、いいかげんな記事を書かなくなるように、一つずつ実績を重ねてくださるよう、お願いします。小沢さん関係もこれから期待します。

森さん、お疲れ様です。

聞き分けのないマスコミは、どんどん裁判にかけましょう。黙っているのは、認めたことになります。小沢さんもいい加減、気づくべきですね。マスコミ報道で名誉を傷つけられている人は市井にも多くいるのだから、そういう人を救うことにもなります

お天道様は見ているだけ。自分がやらねばいけませんよ。

勝訴おめでとうございます。裁判官にも、まともな人も居るのですね。石川さんや秘書の皆さんも、良い裁判官に当たれば良かったですね。公正な判決がなされる事を祈っています。国民審査はXを付けましたが、何も付けずに投票すると、信任したことになる事を知らずに、解らないからといって棄権せず、入れてしまう人が大半だと思う。問題の多い制度ですね。中々罷免までいかないですね。テレビでは、政見放送はするが、NHKでも裁判官のそれぞれの説明やどんな事件を担当したか、については何も報道せず、むしろ避けているようだ。国民審査に関心がいかない様にしてる。小沢さんにも、もっと、マスコミと戦う姿勢を見せて欲しい。支持者もストレスがたまる。森さんが党首になって牽引していって欲しい。出来る限りの応援をしたい。ご多忙中、御健勝をお祈り致します。

森議員のような右往左往しすぎの議員は即刻、辞めるべきだ!未だにわけが分からない!

こんばんは

分党が決まったそうですね。
ウダウダやっているより、前に進むためにも、ハッキリして良かったです。

これからの事なんですが、新党大地から出ていた苫米地英人さんと協力する可能性はありませんか?
 苫米地さんの本『日本買収計画』を読んで、この考えを応援したいと思いました。
もし、協力する事があれば教えて下さい。

日本の選挙システムを独占してる「株式会社ムサシ」に関する興味深い情報を教えて頂いたのでご紹介します。なんと、株式会社ムサシの社長が自民党に献金をしていたとのことです!
原子力団体だけじゃあ無く、自民党とも仲が良いとなると、本当に集票システムのプログラムを変更して不正選挙を行った可能性が考えられますね。
なにせ、今回の衆院選挙では全国で反原発が盛り上がっていたにも関わらず、反原発派の議員が壊滅状態になっているからです。
☆自民党収支報告書
http://www.pref.gunma.jp/contents/000205066.pdf
☆社団法人原子燃料政策研究会の役員一覧
http://www.cnfc.or.jp/j/about/index.html
監 事  浅野 修一  公認会計士
☆株式会社ムサシ会社概要
http://www.musashinet.co.jp/company/outline.html
社外監査役 浅野 修一 
少なくとも、選挙の根幹に関わる仕事をしている人が、特定の政党や勢力に肩入れしているという事実は、選挙の公平性という観点から見ても間違っていると私は思います。
しかも、下っ端の社員ではなく、代表取締役社長小林 厚一氏の名前が書かれているのです!
「日本中の選挙システムを独占している会社の社長が自民党を応援している」
この事実だけ見ても、「不正選挙があったかもしれない」と考えることが十分にできます。

当然の結果とはいえ、裁判の勝訴おめでとうございます。
このような裁判を積み重ね、彼らへの警告とするべきです。マスコミは情報を武器に
変え、容赦ない攻撃を加えてくる。事実に基づく情報ならまだしも、捏造だから救いよ
うが無い。これらはすでに言論とは言えず、このような連中は【馬鹿か外道】どちらか
に分けられる。これらを【ジャーナリズム】と勘違いしているならただの馬鹿で、確信的
にやっているなら外道です。

他の方も書かれていますが、やはり、小沢さんの『お天道様は見ている』では、これ
らには勝てません。それは国民の「民度」によるからです。マスコミの情報を鵜呑み
にしている今の多くの国民に対しては、「言ったもの勝ち」がまかり通ってしまいます。
ですから、森さんのように実際の闘争が必要です。

さて、本意か不本意かわかりませんが、森さんは担ぎ上げられてしまいましたね。
表に出るのが嫌いな小沢さんに代わって表に出て、攻撃が嫌いな小沢さんに代わって
矛となる。なんとも過酷な役回りではありますが、マスコミや検察との闘争を繰り広げて
きた森さんならやれると信じております。

>同様に小沢一郎先生に対して洪水のように流されたこの3年と10ヶ月に及ぶマスメディアの攻撃に憤りを覚える

マスメディアは日本国民の敵。
そのマスメディアの小沢先生に対する執拗な攻撃が、逆に小沢先生が国民の味方であり真の国士である事を世間に知らしめたかも知れません。

今でも攻撃を受け続ける小沢陣営であるるが故に我々の信はますます強くなり、新たに目覚める人達も増えてきてるのではと感じます。

マスメディアは今自分たちの墓穴を掘っている最中です。


散文ご容赦ください。


公人たる国会議員がどのような理由であれ、名誉毀損を理由に訴訟を起こすことが当たり前のようになっている現状に危惧を抱いています。

公人、特に選挙によって選ばれた代議士の権力は極めて大きいモノであり、一般人に代わって権力の監視を担うメディアを権力で弾圧することは、民主主義の否定であると言っても過言ではありません。

たしかに、日本のメディアがそんな矜持を抱いていることについては甚だ疑問ではありますし、某新聞社トップの政治プレーヤー的行為や、小沢報道の偏向ぶりを見るたびに強い憤りを抱き、その気持ちのやり場に困ること多々あります。

それでもメディアに対してはあきらめずに公正さを求め続けるべきですが、それを強権によって黙らせるなど、世界でもプーチンロシアや北朝鮮くらいしか思いつかないし、先進国には皆無と言ってよいでしょう。

ところが日本ではそれが当たり前のようになっていますが、今回の先生の勝訴による言論弾圧としての影響は、先般の橋下市長による朝日に対する圧力による帰結も含めて自覚していますか?

そもそも、批判や異論に対してナイーブに反応する人が、市民の代議士として高い視点と広い視野を持って働くことができるんですか?
かつて胃腸を悪いとかいって政権を放り投げたボクちゃん総理を批判する資格はあるのですか?
と問いかけずにはいられません。


ついでに言わせていただきますが、

今回の「日本未来の党」の分裂について、どうにも”古いダメなサヨク的な、人事のごときくだらねぇ問題にこだわること”が理由にしか見えないのですが、
あの合流によって投票先を見いだしたと、救われた想いで投票した人々の想いを完璧に忘れているのか、それ以前に全く理解していないようでは、もはや政治家としての資質さえ疑わしいと言わざるを得ません。

ちなみに私は先日の衆院選で福島2区の太田候補に票を投じました。
比例も「未来の党」です。

ホントに大丈夫ですか?

森ゆうこ議員お疲れ様です。昨夜のBS11の放送みました。オリーブの木構想の実現ならず、この結論にいたったゆうこ議員の苦悩、画面によく出ていましたまた聞き手の方も茶化すことなく真剣に話しを聞いて下さった。最後に小沢さんといっしょにバッシングと闘う!脱原発を実現可能なものにしていく。拍手です。私達家族が投じた票は間違いなくいかせるように応援します。今朝の朝のテレビ、おそらく取材もなしにながしているのでしょう。真実を伝えないテレビは見ないことにします。こんな番組ばかりで世の中からいじめをなくそうとしても、なくなるわけがありません。自民党は放射能の怖さもしらず、経済の為、原発稼働しょうとしています。危険だから反対する、国民の気持ちの受け皿になっている方たちが、潰されることがあってはいけません。小沢さんゆうこ議員、生活党の皆様応援しています。いつか東さん、三宅、他生活党の落選した方たちの近況をきかせてください。お身体大切に応援しています。

昨日の地方紙で未来の党の分党が報道され、相変わらずの悪いのは小沢一郎であるとのネガティブキャンペーン的な報道ぶり。いいたい奴には言わしておけ的な放置は如何なもんでしょうか?既存権力側の人間は、小沢一郎という政治家が怖くてしょうがないのでしょうから、恐さを知らしめてやったら如何ですか!

日本未来の党の分党が決定しましたね。

疑いを持ったらきりがないのですがまさか最初から小沢氏と嘉田氏が小沢政党確立、政党交付金の為の・・・・。

成田離婚とか偽装結婚とか言われてるみたいですが単なる決裂でこのような結果になったのか。

小沢政党に政党交付金受給決定の為のシナリオを選挙のプロ、政党確立のプロなのか分りませんが小沢氏がお金と後の様々な優遇協力をすると言う事で嘉田氏に演劇を頼んだとも私は疑ってしまいます。

政治の世界ではお金も必要ですがどっちにしてもこれからの小沢政党の政策活動云々で全く支持できなくならないよう願っています。

小沢氏の今後もお金の汚いな駆け引きがはっきりと素人目でわかったら永久的に小沢氏は何かの烙印を押されることになるでしょう。


日本国憲法第15条
国家公務員法第2条

国会議員は特別公務員であり全体の奉仕者である。

政党交付金に疑問を感じたのですが私は小沢氏や森ゆう子議員に憲法や民法、条令などに基づいた個人的利害問題以外のいろいろな社会・経済問題の提起や解決を直接お願いできるのですね。

政党交付金に関してはいろいろな不合理点が存在します。税金から賄われていますから。外交人参政権の問題もそうですね。


今回自民党が政権を取り戻しましたが自民党は何を言っていたでしょうか。

「国防軍」、「尖閣公務員常駐」等、尖閣問題で中国に対してはっきりとした日本固有領土の元に合法的強い対処を行うと思わせるような言い方をしていました。

石原が都の尖閣買い取りを行った時もあれだけ支持をされて寄付金も億単位で集まったと言う事は日本国民の中には中国、海外に対してきちんとした断固たる対処を行ってもらいたいと思っている人が多くいるのです。
ところが自民党は政権確定したらやはり中国に対して考慮しそれらを見送ることにしましたね。
民主党と同じ事をして政権を取り返している、詐欺発言をしているのです。自民党も公約詐欺を行っていますが日本国民の生活に直接的に影響を与えるものではないのでそんなに騒がれていませんがこれが支持票に繋がってもいるのです。

なによりも強い要望は東北被災地の復興計画でこれは公共工事を多く発注してなるべく早く楽な生活を被災者の人たちに与えてやりたいと思っていると思いますがこの復興メインの公共工事に絡めてまた自民党の特技の既得権益的公共工事が血税で行われることが明らかです。

東京の高速道路だってでしょうか、外環道地下道路16kmで一兆円、これで一兆円です。
地下道路が複雑であってもたった16kmで一兆円は驚きます。新潟県の2回の洪水被害は概算で3500億円です。

実は私は県に1回目の洪水の時に盛土工事(土手嵩上げ)をした方がいいのではないのかと警告していました。県は「許容範囲内なので」と言っていましたが増水の回数が2000年ぐらいから増えていたのです。そして地元の市で洪水ハザードマップ、冠水マップなどを作らせたのは私なのです。それを各世帯に配布するように要望していたのです。
市は電柱に印を付けるから大丈夫だと言っていましたがその数年後に作成に取りかかっていたみたいで結局2回目の洪水の後に各世帯に配布されました。

役所は嘘つきです。過失的責任、予測判断ミス、人的災害と思われても仕方がありません。
これを言われてただただ詭弁と誤魔化し、「許容範囲内」で言い逃れをするしかないのです。ではその危険性を予測した私はどうなるんだと言いたいですね。

今は時代が違います。小沢一郎さんを叩けば叩くほど、多くの方がネットで調べ、真実を知る。

朝のクズテレビのカツラ…じゃなくて、フジテレビの小倉、出演者が、狂ったように小沢一郎批判をしてました。
私は、この様なマスゴミが批判し、騒げば騒ぐほど、森ゆう子―小沢一郎に集う『生活の党』を応援したくなる。

日本を良くするため頑張っているのを信じます。

小沢氏の最初の無罪判決があった直後でもマスコミは見苦しく小沢叩きをし、完全無罪となった後は一斉に無罪については沈黙という分かり易さで、さすがに視聴者もマスコミの常軌を逸した小沢叩きに白けてる様子。やりすぎは逆効果だということにマスコミは気付かないようだ。そもそも視聴者のマスコミへの目は3.11を境に変わってしまったのだから。

事前の投稿がある投稿者への議論とのご指摘から投稿不許可となりましたので、こ
れはある特定の投稿者に対する意見ではないと前置きしておきます。

今回の件に関して、政治家がマスコミに対して訴訟を起こすことを言論弾圧と危惧され
ている方もいらっしゃるようですが、その理由が完全な捏造で、黙っていれば事実とな
ってしまう現状において、訴訟は非常に有効な方法です。小沢さんの『お天道様は見て
いる』では、何も変わりませんでした。今回の選挙で判明したように、いまだにテレビ
や新聞の影響は大きく、マスコミも権力の一つなのです。

それに、今回の件は裁判にて勝訴したのであって、強権を持ってこれを暗殺や粛清とい
う手段で排除したわけではありません。民主的な方法で法に則りなされたものです。繰
り返しますが、小沢さんは『お天道様が見ている』といって、気長に国民の目覚めを待
たれていました。しかし、ここにきてそれが無理と判断したからこそ、森さんは行動に
移したのです。情報を支配しているマスコミがいる以上、その不正を裁判以外で訴え続
けることに、どれほどの効果があるでしょう。それだけで良いと思っている人たちは、
10年~20年と『正義は我々にある』と訴え続ければいい。前回の投稿でも書きまし
たが、善悪が勝敗を決めるのではありません。

捏造による名誉棄損は暴力と同位であり、投票によって選ばれる政治家にとって情報は
すべてに作用する。『政治家を殺すのに刃物はいらない』という中田宏さんの言葉にも
あるように、ルール無用でその武器を振り回す狂人に公正を訴えたところで意味はあり
ません。必要なのは【机上の空論】ではなく、彼らと実際に対決する行動なのです。

今回の未来の党の分党に関しては、評論屋の【田崎史郎】が未来の党へ投票した人達へ
の背信である、裏切りであると批判していました。たしかに、未来の党に反省するべき
ところが無いわけではありません。

しかし、未来の党の支持者は、何に期待して投票したのでしょうか?

未来の党そのものの支持ではなく、その理念に期待、共感したから投票したのでしょう
。未来の党だから投票したのだ!と言われれば返す言葉もありませんが、それでは宗教
の個人崇拝と同じです。分党にあたり理念を放り出したなら裏切りでしょうが、理念を
放り出したわけではありません。裏切りという指摘は的外れでしょう。

私は少なくとも、未来の党だから、小沢さんだから、森さんだから、投票したのではな
く、その理念を支持したからこそ投票したのです。私は今回の選挙にて、ある未来の党
候補者(民主→生活→未来)の選挙活動を手伝いました。道行く人から『裏切り者』と罵
声を浴びせられたこともありました。その方は、民主党に投票した人への裏切りと言う
のです。しかし、党が変質し、その変質した党に残ることと、本来の理念を貫くために
離党した人、どちらが裏切り者でしょうか?今回の未来の党の分党とは違うという方も
いるでしょうが、『現状では理念を貫けない』という判断からの行動という点では同じ
です。

未来の党設立のその理念は【生活の党】に受け継がれます。もちろん、嘉田さんも
180度方針を変えたわけではありませんから、自分の方法で信じた道をいくでしょう。
それでよいではありませんか。

勝負はこれからです。

真実は勝つ。文春も所詮イエローペーパーなんですよ。彼らにジャーナリズムの精神なんてありません。嘘を書かれたら毅然と戦う。これしか我々には術はないのです。勝って良かった。嘉田女史などこの事実をどう見るんだろう。自公民や維新は無視するだろうが、それと同じじゃないだろうね。

ココにもマスコミの論調と全く同じ書き込みをする方がいらっしゃり、大変残念です。
政党交付金欲しさの結党、解党など有る筈がありません。
今回の選挙で、小沢さんはご自身の所有する都内のマンションを手放したと聞いております。
選挙資金が足りなかったのだろうと推測しますが、マスコミが煽るように、
小沢さんが金権体質の政治家だったならば、
個人所有の不動産を売り、選挙資金に充てるような事はないと思います。
因みに、財務省届け出の平成24年度の個人献金額が小沢さんが1番でした。
その額は1億円以上だったと認識しています。

11/19《国民の生活が第一》小沢一郎代表が《無罪》となりました。政治と金、マスメディアと共に騒いでいた2009年3月26日小宮山事務所の電話パンクするほど「小沢一郎代表への辞任発言」に抗議殺到 小沢一郎代表に謝罪をする気はないのか 、http://t.co/cBo2LuYo

ランスロットさんや、ふじたさんに、同感です。

自民党や見たくない名前、顔がどんどん復活してきた昨今、
森さん小沢さん達の存在だけが、唯一の希望の灯火です。

「それを強権によって黙らせるなど、世界でもプーチンロシアや北朝鮮くらいしか思いつかないし、先進国には皆無と言ってよいでしょう。」

とか書いておられる方は、勘違いをなさっておられるよう。森さんは、強権で黙らせたのではなく、法治国家のルールで勝っただけですよ。

小沢さんは、たしか、国民がマスコミの問題に気づくべき、とおっしゃっていましたが、今のマスコミはもはや限界を超え、国民に向けられた刃と化しています。

今でも7割の国民がNHKを信じている現状では、政治家が裁判を積極的におこし、正常化に努めなければどうしようもありません。さもないと、この国はまたマスコミによって戦争にもっていかれますよ。

森さん、ひるまず闘って下さい。応援しています。

勝訴、おめでとうございます。
しかし、本当の戦いはこれからです。
大規模不正選挙の追求がこれからの大仕事です。
今回は、大量の投票用紙すり替え犯罪により、
日本史上類例のない大がかりな犯罪が組織的に堂々と遂行されたのです。
結果惨敗となりましたが、逆に、これこそ、千載一遇の大チャンス。
不正の実態が続々と国民から寄せられています。
不正行為のさまざまな破綻が露呈しつつあります。
しっかりと、国民の声や情報に耳を傾け、戦ってください。
これは、日本の歴史に残る天下分け目の戦いです。
また、ここで、この犯罪を徹底的に
暴くことなくして日本の未来はありません。
まさに、日本の民主主義の危機的状況を救うためにも
この不正との戦いに絶対勝利してください。
また、今回は、堕落したマスコミを含む日本に深く巣くう暗黒を
一気に白日の下にさらし、日本国を再生するラストチャンスです。
来年は、まさに、民衆がこの腐敗の実態に徐々に目覚め、立ち上がる年
となるでしょう。
不正選挙無効、選挙のやり直し、犯罪首謀者および違反者の逮捕、
政党助成金の横領阻止、
真の民意を反映した選出議員による、正当な国政が成される真っ当な国家を我々は
取り戻さなくてはなりません。
森さん及び生活の党の皆様の今後の活躍に期待します。
がんばってください!!

おめでとうございます。
マスコミは日本最大の権力です。中央官僚と双璧です。それに対して政治家は非力です。マスコミを訴えるのは当然の権利です。
小沢氏もマスコミしかも東京キー局テレビ各社なかでもTBSの喫茶店での金の受渡し報道について訴えるべきです。小沢氏を説得して戦うべきです。
マスコミの虚偽報道や偏向報道を正すのも政治の役割です。
キー局制度の廃止も必要です。
この投稿にもマスコミに洗脳された人が多い。
森様敵は巨大だが頑張ってください。

頑張れ 森ゆう子代表!!!!!!!!!!!!!

森代表。
お疲れ様です。

日本未来の党分党については、森代表、小沢一郎氏、嘉田知事、そして離党されました亀井静香氏には、それなりの考えがあるからと理解をしております。

米国ユダ金裏社会主導による第46回衆議院議員不正選挙で、政権を担った自民党、公明党、日本維新の会、みんなの党。小沢一郎氏の作戦によって罠に嵌った事も知らずに大喜びしている裏社会。そして既存メディア。

流石は、小沢一郎先生。
長年、政治家人生を過された賜物。
ご愁傷様です。

何時バレるか怯えながら、日々の職務に励んで下さい。

話変わりまして、ネットジャーナリストの『リチャード・コシミズ氏』のブログには、不正選挙に関する根拠と証拠等の情報が多数寄せられております。

そして、去る12月22日リチャードコシミズ大阪講演会(テーマ:不正選挙)の動画が、Youtubeにアップされております。
藤島利久氏もゲストで出演されております。
是非御覧下さい。

◆リチャード・コシミズ大阪講演会(テーマ:不正選挙)
http://www.youtube.com/watch?v=K8QrU0r31nQ&list=PLPg7hSdi4rU4x1ZrGnXs58sW6lp0rgwku
※連続再生

一方、埼玉5区から立候補されました旧日本未来の党藤島利久氏が、『不正選挙に関する訴状が、粗方完成した。』旨、街カフェTVで語っております。(録画)

◆街カフェTV
http://twitcasting.tv/kochi53/movie/8056445

年明けには、東京高裁へ提訴されるのではないかと思われます。
影ながら応援しております。

森ゆうこ様
お疲れ様です。
名誉毀損裁判では勝訴され、おめでとうございます。
無罪の森代表が勝訴するのは当然なのですが、その当然の事ができない、信じられない国に日本はいつの間にかなってしまいました。
インチキ報道をする日本の多くのマスコミは、北朝鮮を批判的に放送しますが、北朝鮮と日本のマスコミの体勢と何が違うのでしょうか?

今日も朝7時のNHKニュースでは未来の党が分党したのは8億5千万円の政党助成金を小沢元代表が欲しがったからかのような脚色したニュースとは言えない「小沢ネガティブキャンペーン」の言いがかりを天下の公共放送で流す有様です。
NHKも解体する必要があります。
公共放送がインチキ・デタラメニュースを流すという事は、ネットや本で真実を見つけられない一般国民を洗脳するという事です。
フィクションライターの森功氏、及び、訴えられる事にステイタスを感じている文春では一罰百戒になりません。

次のターゲットはNHKかTBSなど、偏向放送・捏造放送をする大テレビにすべきです。
犯罪事実がなかった西松事件ではTBS「みのもんたの朝ズバ」がありもしなかった水谷建設から小沢氏側に贈賄事件がさもあったような再現動画を作ったりと捏造記事を作って真実を知らない一般国民を洗脳しました。
そして、それが検察に利用され、もしくは検察が主導して小沢氏の貴重な3年10ヶ月の政治活動をストップさせてしまいました。
その間、ますます国民生活はボロボロになってきて、生活保護が戦後以上に増えています。自殺者は今年度は3万人を割るかもしれませんがそれでも先進国では自殺者が一番多い国、日本です。

今回勝利した自公民談合政権はシロアリにばら撒きはしますが、この生活保護費はカットされ、消費税が上がり、国民生活は壊滅します。その時、全国で本当に一揆が起こるかもしれません。もうすでに全国で原発反対のデモが起きているし、森代表がいた未来の党には森議員がBSで発言していたように正しい事をする政党にはボランティアを自らかってでる、真実に目覚めた国民が増えているではありませんか。
この人達は平和的にデモで主張していますが、すでに官憲は暴力で一般国民に暴行したり逮捕しています。
これ以上、官憲が暴力で一般国民を虐げたら、一般国民は我慢の限界を超して暴力には暴力でと暴発するかもしれません。

その前に森代表が率いる「生活の党」は態勢を整えて世直しをしてください。
そういう意味で一般国民を洗脳する記者クラブ、大新聞、大TV,公共放送を使って偏向放送をするNHKなどに鉄槌を下すべきです。
でないと、またマスゴミに「生活の党ネガティブキャンペーン」を張られ来夏の参院選挙で負ける可能性が高いです。

空気を読めない・漢字を読めない大臣のいる安倍政権はトンデモナイ愚かな政権なので自爆する可能性も高いですから、来夏までもつかどうか分かりませんが、兎に角、自公民談合政権は最初から叩き潰さなくてはなりません。

森代表には今回の様にマスコミに対して正面から堂々と戦いを挑んでください。
それでこそ道は開かれると思います。

森代表にはこれからも気力・体力・知力等の過酷な試練が待ち構えていることと存じます。
しかし、森代表、小沢元代表他「生活の党」の勇士たちが日本に残された唯一の希望です。
なにとぞ、次回の参院選、衆議院選挙には是非勝利して日本を、国民生活を救ってください。
植草一秀氏とも森代表は接点を持っていらっしゃるとは思いますが、軍師として植草氏、孫崎享氏他、日本にもまだまだいる沢山の素晴らしい人物達と連携して次回はマスコミ対策、政治理念を訴える態勢をまとめあげ、必ず勝利していただくようにお願い致します。


森代表並びに支援者の皆様。

すみません。
訂正があります。

前回、コメントを投稿させて頂いた際、リチャード・コシミズ大阪講演会(テーマ:不正選挙)の動画をご案内させて頂きましたが、過って2012.12.15 横浜講演会のURLを掲載してしまいました。

正しいURLは、下記の通りです。

◆2012.12.22 リチャードコシミズ大阪講演会(テーマ:不正選挙)
https://www.youtube.com/watch?v=6O6VURyV_ug&list=PLPg7hSdi4rU4TWy74LlOr5BF31YOPvdy4
(連続再生)

申し訳御座いませんでした。

勝訴おめでとうございます。法曹やマスコミの人達が小沢氏悪人論に疑念を抱くキッカケになって欲しいです。
27日Suica様の意見は多くの人に共有されていると思います。付け加えると、1970年頃までは、素質と向上心があれば貧しい家や知識階級ではない家の子が塾も家庭教師もなしで現役で東大、京大などに進んで官僚(宮内庁、外務省は不明)や学者や研究者や経営者になることは珍しくなかったのです。それが国家の活力の源の一つだったと考えられます。その文化が壊されてしまい無念です。
武道や日の丸の小道具で演出しない中身のある教育再生が必要です。書道、算盤、折紙、囲碁将棋、早寝早起き、ラジオ体操、外遊び、読書、お母さんの手伝い。視力や脳に影響を及ぼすパソコンを子どもに必修させるのは無防備だし、英語は大学生になってからで十分間に合います。容易く洗脳されない賢明な国民を育てないと日本は終了。

森ゆう子さん
満塁ホームラン級の大ヒット
小澤一郎先生 
森ゆうこ先生 
これからも日本国民を愛する政治の国民の党 生活第一の党を護って育てていってください。

生活は壊滅しましたね。民主の影で気がつきませんでしたが、
この投稿を見て、壊滅すべくして壊滅したのだなと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名誉毀損の裁判で勝訴:

« 決意新たに | トップページ | 森ゆうこBS11インタビュー »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30