サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 森ゆうこ代表記者会見 | トップページ | 生活の党 2013年度定期大会 »

代表記者会見(書きお越し)

1301211

【森ゆうこ】  皆さん,すみません。大変お待たせいたしました。
今ほど,今週の党大会に向けまして党大会を開催し役員会を開催し,とにかく再出発ということで,元気の出る大会にして行こうということで,様々検討し,準備のために議論したところでございます。そこで少し遅れて申し訳ございませんでした。
 今,党規約,それから綱領,基本政策,またその他のことについて議論をさせて頂いている最中でございますので,金曜日にしっかりとしたものを発表させて頂き,皆さまからご了承を得たいという風に思っております。
 それから,今般発生いたしましたアルジェリアにおける石油プラントのテロ事件につきまして,国籍を問わず被害に遭われていらっしゃる皆さんが,一日も早く安否が確認され,無事が確保されることを心からお祈りを申し上げたいと思います。このような行為に対して,断固抗議をするとともに,邦人の安否の確認,あるいは救出について日本政府がきちんとした情報を確認した後でございますけれども,わが党といたしましては,今後こういう事件のあった時の邦人の安否確認・救出について検証し,そして提言をさせて頂きたいというふうに思っております。
 私のほうからは,以上でございますので,あとは皆さまのほうから御質問をお受けしたいと思います。
.
【時事通信記者】 今日ですけれども,既に撤回をされているようなのですけれども,麻生副総理が,高額医療費の問題を社会保障制度改革国民会議で「死にたいと思っても生きられる。政府の金でやっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ぬようにしてもらうなど,色々考えないと」と言った発言や「チューブの人間だって,私さっさと死ぬから,遺書を書いて,そういう必要はないと手渡しているからそういうことは出来ない。そう言うと死にませんものね,なかなか」と言った発言をされた。一部批判の声も上がっているが,森さんとしてどういったお考えか。
.
【森ゆうこ】 本当にそのような発言が,あったんでしょうか?
 どのような御発言があったのか存じ上げませんので,その発言に対してどうのと言うことは,なかなか出来ないんですけれども。
 まず,尊厳ある生をまっとうする,わたくしはこれが,医療の果たすべき役割だと思っております。間違っても,今あったような表現で言われるべきではない,というふうに思っております。
 じつは,わたくし,今,地元・新潟県で毎日雪の中を歩いておりまして,高齢者の皆さんから,「やはり,長生きしてちゃあいけないのか?」「俺たちはこれ以上生きていてはいけないようなことを言われている気がする」そう言うお話しもございまして,「そんなこと,ないですよ。健康で長生きして頂きたい。皆さんが安心して尊厳ある生をまっとうできるために,様々な社会保障制度改革・医療改革・そうしたことを行うのが我々・政治の役目です」そういうお話しもさせて頂きました。
 また,アベノミクスということが言われている事ですけれども,特に豪雪地帯で皆さんから言われるのは「アベノミクスというのは自分たちの生活にどう反映するのか,全く遠い世界の話である」ということも頂いております。
 あらためて,我々は「生活の党」ということで,政治の目的は,ごく普通の倹しく,真面目に暮らす国民の皆さんが,安心して生活できるそういう社会,そういう日本をつくる,そのために政治がある,ということで,そのような皆さんの意見をしっかりと受け止めて,みんなで力を合わせて頑張って行きたいと思っているところであります。
 少し話が長くなりましたけれども,仮にそのような発言をされたということであれば,わたくしは,これは到底許されることではない,というふうに思っております。
.
【産経新聞記者】参議院選挙に向けた野党共闘についてお伺いしたいのですが,代表,今の所参議院選に向けた他の党との協力についてどのような展望を描いておられるのかというお聞かせ下さい。
.
【森ゆうこ】 展望と言いますか,この間,様々な協力体制が築かれることをご期待をし,それぞれの立場で様々な働きかけ,あるいは御提案を頂き,働きかけを受けると言いますか,色々な動きが有るという風に承知を致しておりますけれども,今の所,特別,本日わたくしのほうから申し上げることは御座いません。
.
【記者】 民主党から一応離党されて,旧『国民の生活が第一』が結党されたという経緯がございますが,民主党との連携については,どのようにお考えでしょうか。
.
【森ゆうこ】民主党というよりも,同じ政策,政策の目的,簡単に言って見れば「国民の生活が第一」 普通の生活をする国民の側に立った政策をする,それを行うことを目的とするグループとはできるだけ連携をして,一緒にたたかわなければ,今回は自民党・公明党,非常に強い与党が誕生している訳ですので,参議院選挙,これは自公がまた大勝することになりますと,本当に何でも通ってしまう。大政翼賛会の,そういう状況が生まれると思いますので,それを防ぐ意味でもできるだけ協力関係を築ければ良いという風に思いますけれども,そこは,それぞれ,大義がなければいけませんので,そこがどう構築されるかだと思います。
.
【森ゆうこ】 よろしいですか?
(笑顔で)ありがとうございました。
(支持者書き起こし:完全版)

動画はこちらから

« 森ゆうこ代表記者会見 | トップページ | 生活の党 2013年度定期大会 »

コメント

生活の党・森ゆうこ代表 定例会見 IWJ 2013/01/21 【完全版】
作成日時 :2013/01/22 19:13
『銅のはしご』で,ただいま公開いたしました。よろしければ,御利用下さい。

私は桜宮高校の問題に橋下市長が下した判断に納得してないしおかしい。政治利用している感があります。生徒や親や市民の気持ち考えれないで市長とは言えない。素晴らしい判断と言うより、教育委員会と市長がぐるになり大人だけの判断で決めた。そういう事を許しては駄目です。森代表を中心に生活の党に期待しています。支持者の私も出来る限りの事はさせて頂きたいと思っていますし、一人一人力を合わせてスタートしましょう。

森ゆうこ議員お疲れ様です。いまテレビではアルジェリアのテロで亡くなった方のお兄様が悲しみを涙で語っています。待ちわびたご家族が理不尽なテロに巻き込まれた悲しみを想うと軽々にコメントは控えます。連日のニュースで命の重さが国々で全く違うんだと、つくづく知らされました。結党大会いよいよですね。小沢事務所、三宅さんのツイッターみています。生活に密着した、国民の生活を守る小沢さん、ゆうこ代表、生活党の皆様応援しています。お身体大切にして頑張ってください。

参院選では自公勢力に勝たせないため、生活の党が呼びかけて、大規模なメーリングリストを構築できないでしょうか。そのメーリングリストがそのまま、「オリーブの木」と協力することにしてもいい。ともかく、自公を阻止する勢力がまとまらなければ、日本は大変なことになると心配しています。

◎アルジェリア(テロ)事件について

以下のサイトを御覧下さい。

◆無念!アフリカの砂漠に散った日本人:アルジェリア政府のテロ戦略の犠牲か、それとも、自衛隊を中東で傭兵化するための犠牲か
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31307683.html

◆アルジェリア工事現場での日本人人質事件:日●の怠慢か、中東・アフリカ情勢を分析していれば、充分予想できたはず
※タイトル一部修正
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31283973.html

そして、リチャード・コシミズ氏もこの事件を記事として取り上げられております。
◆アルジェリア事件
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_196.html#comment

この事件の目的は、ユダヤ朝鮮裏社会が、自衛隊法を改正して海外で武器・弾薬が使えるようにすること。引いては、日中戦争に向けての既成事実作りがあると分析します。そしてもう一つは、ユダヤ金融資本からシェールガスを購入させようとしていること。

◎不正選挙について
不正が出来ない様、完全可視化が最も効果的だと考えます。

RK_Blogへ投稿されております正義様(2013/01/21 23:25)のコメントです。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_183.html

>完全可視化すればよいだけです。昨年のロシアの大統領選で結果が出ていますから。投票所、投票箱移動時の車内、投票箱の保管場所、開票所に大量のカメラを設置し、ネットで24時間監視できる体制をつくればよいのです。
さらに全投票用紙の記録ができればなおよいでしょう。同一人物による大量の投票用紙がすぐにわかりますからね。
問題は検察や検察審査会と同じく、可視化への抵抗があるので実現できるかどうかだけです。
具体的には不正を1つでも発覚させ、可視化を実現させるという方法です。

次期衆参議員選挙、憲法改正、最高裁判官の国民審査、地方公共団体の首長選及び議会議員選等全て適用すべきです。

◎その他、ニュースを紹介します。
ユダヤ朝鮮裏社会による社会的弱者へのイジメが加速中
◆生活保護8%引き下げ 厚労省案新年度から3年で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013012302000117.html

厚生労働省は二十二日、生活保護のうち食費や光熱費などに充てる生活扶助の支給水準(基準額)を二〇一三年度から三年かけ、段階的に全体として約8%引き下げる案をまとめた。支給水準は年齢や世帯人数、住んでいる地域によって異なるため、各世帯で下げ幅は異なる。減額幅は最大10%とする。自民、公明両党の了承を得られれば、一三年度予算の編成過程で最終決定する。法改正は必要なく、厚労相が新基準を告示する。引き下げは〇四年以来。

自民党は衆院選で支給水準の10%カットを公約。田村憲久厚労相は引き下げを明言している。公明党の石井啓一政調会長は容認姿勢だが、同党内には慎重論が残っている。
※以下略

◆<駆け込み退職>佐賀、徳島43人 教頭、担任も 本紙調査
毎日新聞 1月23日(水)2時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000011-mai-soci

森ゆうこ様
生活の党の躍進を心から祈っております。現在の政権の危うさを日々、強く感じております。マスコミがこぞって、現政権の応援団になっているのも、おかしいです。橋本大阪市長、石原慎太郎代表への批判がないのも不思議です。安倍自民党が選挙で勝ったと言っても、全国民(選挙権のある人)の16パーセントしか、支持していないのです。自民党を支持しない国民が多いことを念頭に、生活の党は、大いに活動してほしいです。
水浦征男

はじめまして。
衆院選で「不正」という話が飛び交ってますが、東京地検と同じできちんとした検証が何もなく疑惑だけの騒ぎです。(会見でもフリーの記者が質問されてましたが、的確なお答えをされていましたね。当たり前なのですが)
きちんと資料を見ながら考察していますが、何もありません。むしろ騒いでいる人たちは怪しい系統のようで、生活の党をカルトに見せたい思惑がありそうです。


個人的な選挙マニアのブログですが、よろしければご覧ください。
旧未来の党の候補者の話もあります。
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/
※衆院も小選挙区300を仕事をほったらかしにして4日かけて全部予想するぐらい選挙好きなんです(笑)


参院選も乱立だと自公に過半数をとられて「やりたい放題の三年間」になります。
望ましいとは思いませんが、とりあえずは「反自公」で維新や民主と小選挙区で統一候補を擁立しなければ、小選挙区制度ですからその時点でアウトです。
厳しい状況ですが、ぎりぎり粘って時間をかけて盛り返していくしかありません。


応援すると同時に私も戦います。「日本の真の独立」のために頑張りましょう。


※コメント公開はしなくて結構です。

森ゆうこさんの記者会見拝見しました。明日(1/25)党大会の発言、下名出席できませんが、森代表を継続願いたい。小澤さんは共同代表にして自由に発言できる立場で
全国地方の講演活動を遂行し、生活の党の地道な活動を、ネットを活用して国民に浸透願いたい。
安倍政権の経済政策も所詮は既得権益、シロアリの餌になることが目に見えている。
今必要は政策は「国民一人ひとりが働ける職場を官民で提示する事」
いま元気な老人は働きたくても働けない、年金で最低の生活はできるので低賃金でOK、日本の日常生活の下手間仕事、里山つくり、耕作放棄地の整備、廃棄物の処理ほか既得権益の好き放題の対応で、非常に高い税金を垂れ流している。
とくに震災がれき処理の対応はまさに税金の無駄使いの象徴に見える。
身の回りの地道な政策は国民の気持ちを開放しますのでばらまきでなく働ける環境整備を訴えてほしい。
アルジェリアのテロの被害者には哀悼の意を表しますが、改めて日本の外務省、大使館のインテリジェンスの稚拙さ、お粗末さを感じている。
官房機密費をマスコミの偏向に遣い御用コメンテータ、学者に垂れ流し、小澤冤罪を演出したが、真のインテリジェンスの活動には全く効果がないことが明らかになった。
腐ったマスコミについて真実を具体的に国民に知らせる活動を期待する。党員を動員してマスコミの偏向報道に勇気をもって発言しようではないか。
NHKの党首インタービューにおける森代表の小澤裁判に関する検察のねつ造発言には、改めて勇気と敬意を表します。

おはようございます。

小沢氏の打った選挙戦術が、ことごとく打ち消されました。
生活の党として、森代表継続が最善の選択肢だと思います。
これから世界各国から、日本の政策への不満や攻撃が激化してくると予想されます。

貿易赤字も昭和55年以来の約7兆円だそうです。

早晩、外交・経済で危機が訪れると予想しています。

合わせて、政界の再編・支援組織の再編なども必ず起こると予想しています。

国民目線の政策を掲げ、崩壊する党の受け皿として党勢拡大の一年になります事を祈っております。

桜宮高校の体罰問題で橋本市長の取った対処はとても良かったと思います。橋本氏の自殺問題に対する考え方は現実を良く捉えていますね。

現実は非常に大事です。

私は中学、高校と全く反対の立場で体育の教師などを怖がらせていた立場なので、と言ってもやみくもに怖がらせていたわけではありません。また憎くてやっていたわけでもなく教師側が同じようにたいしたことがない事や失敗などを怒ったりとした時などそういう時に怖がらせておとなしくさせていました。当然複数でしたが今考えてもそんなに後悔はありません。たぶん同級生からは感謝されてると思います。その同級生だってしっかりと高速パトロール隊や電力会社勤務などきちんとした者達です。

ただ大人になり子どもが出来た時に教育の大変さが分かり、教師の苦労を実感しました。そしてなるべく教師には素直に対応するべきだと思いましたがたとえスポーツでの結果が重要だとしても体罰による教えはやはり許されるべきではなく、結果として悲惨で悲しい結末になってしまうこともあると言う事ですね。

ところで新潟県の原発再稼働県民投票制はやはり日本の諸悪の根源が自民党から国民に流れていることが分りましたね。

自民党の頭の狂った賄賂をもらっているはずの議員が一部の市町村の考えだけで原発政策を決定できるものではなく原発は国策だから国に従わなければならないととにかくびっくりするような発言をしていましたね。

発電所やその他重工業地帯など事故が発生した時に原発みたいに広範囲で避難しなければならない設備がある施設はあるでしょうか。たぶんないでしょう。

それだけではなく遺伝子さえも破壊、変異によるがん細胞の増殖、自然生態系、水脈など多くの大事な恵みが破壊されてしまうリスクを既得権益で脳が冒されてしまっている者達にはやはり理解出来ないのでしょうか。

では稼働は止む負えず他の条件を突きつければそれでも応じようとせずに詭弁と権力で押し通してしまう。

私はこれでは殺人、殺されてしまっても仕方が無いと思い始めてきてます。

過去に政府官僚などが殺された事がありましたが仕方が無いのかなとも思いました。

いろいろな記事に小沢さんの事が書かれていますが政治の世界ではみっともない駆け引きをしなければやっていけないのですか。維新には無視をされてそれでは民主党にすり寄ろうとしているなどもしそうであるなら政治の世界はみっともない意地がない者達、世のため人のためと大義名分で実は肩書きと金目当てでなんて思ってもしまいます。

昨日の夕刊フジに出ていた記事ですが、小沢さんが民主党復党を考えていて輿石氏は内諾しているが岡田や細野らが反対しているから難しいと。もし、生活の党が民主党と手を結ぶんだり復党すれば許される事ではない。生活の党は小沢さんに左右されていては駄目と思う。私はこの党で政治生命終えると言う覚悟をもって欲しい。その為にも、森代表頼みます。

原発事故は次の大災害が来る前に収束すると楽観出来る根拠があるのか?首相の所信表明演説案「最大かつ喫緊の課題は経済再生」?目眩がします。
使用済み核燃料を取り出してどこかに厳重に保管する何年かかるかわからない工程にまだ着手すら出来ていないこと、使用済み核燃料は致死的な物質であることも知らないのだろうか。再稼働、新設、輸出などと言えるのは無知だからだ。
また近隣の無法国家の脅威を熱心に強調しているが、危機の源は国内にある。核物質を保管する場所に許可なく立ち入った人間を法令によって武装したガードマンがその場で射殺する国もあると聞くが、日本国内の核物質を狙う「テロリスト」に対する防御はどうなっているのか?
集団自衛権、軍拡とはしゃぐ割には足元は無防備ではないか?
核武装の妄想に酔う自称右翼、憂国の士に従って国土に致死の物質を溢れさせるのが国益だろうか?
お金をさらに溢れさせた上、予算額を膨張させれば失業者が消えて国民の懐が潤う?
不思議の国、それとも悪夢だろうか?
力強い優れた政治家がいるのだから私達が支えて戦って貰えれば悪夢から覚めると思う。

森ゆうこ様

お疲れ様です。
今回も森代表のコメントを書き起こしして頂いた支持者の方に感謝いたします。

さて、この記者会見開始直前も打ち合わせで忙しいということがよく分かりました。
漢字が読めない元総理の話は論外ですのでパスします。
国民の敵であるマスゴミは生活の党がどう野党と共闘するのかと関心をよせていました。
森代表の話は全く妥当ですが、やはり野党というより議員として国民の側に立てる人なのかを判断基準にして共闘するべきなのではと思います。

一部のマスゴミが本日行われる党大会で小沢一郎氏が代表になるとマスゴミがよく使う「関係者」の話として記事を書いています。

私としては森・小沢共同代表になってもらいたいのですが、今年改選を迎える森代表にはやはり選挙を優先して頂きたいので今回は小沢氏が代表になって頂いた方がよいと思います。

それはやはりこの記者会見を観て、私はいつも元気一杯の森代表の表情にお疲れ感を感じてしまったからです。
本当に森代表のお仕事は大変だと思います。
しかし、今回の選挙はどうしても国民主権政党が勝たなくてはなりません。
そして森代表には必ず当選して頂かなくては明日の日本はありません!

党代表がどなたになろうと生活の党が「国民の生活が第一」をうたう限り私は応援し続けます。
しかし、森代表、ツイッターで自ら情報発信の重要性を実践し始めた小沢氏三宅氏ほか、情報発信して頂いている生活の党議員を私もある程度は知っていますが、情報発信をしない生活の党議員は何をやっているのか私にはわかりません。

こんな調子では今年の夏の参院選も生活の党は大惨敗でしょう。
安倍政権により日本は経済破綻・アメリカの傭兵国家として終わりになります。
今回の参議院選挙が本当に日本にとって起死回生の最後のチャンスなのです。
どうか生活の党の方々はその自覚を持ってください。
党大会ではもう一度「国民の生活が第一」という原点に返って、生活の党が日本の最後の砦なのだという自覚をもって頂きたいと願っております。

森様
今回のアルジェリア事件ではマスコミはテロとの戦いと強調していますが、こんなことは相当昔から起こっていることで、問題は国民・企業を守る政府がないということです。TBSには珍しく、ゲストが危機管理とは危機が起こらないように管理することで、危機が起こったら人命はなくなるのは普通。国家は絶対テロとは取引しない。
いわば日本の外交官はワインを飲み、優雅な生活をするだけで、情報収集や危機管理はしない、神様たる官僚の生命安全が守られることが第一で、民間企業や国民などは視界にない。政治家にもない。領有権のない統治権だけの無人島を国有化して戦前回帰を図った結果、世界から孤立化している。尖閣の領有権は戦争終了時に決まったのである。戦前の閣議は関係ない。しかも米と中は戦勝国で当事者であるから、米側からも当然クレームがつく。戦争屋のクリントンですら統治権と領有権を使い分けしているのだから、国有化は行き過ぎである。
これをどう決着するかが安倍政権が早期に沈没するか、ちょっと長く生き延びるかである。いずれにしろ安倍は早晩行詰る。アベノミクスは劇薬で一時的に景気回復してもリストラなしでは金利高騰して国家財政破綻で日本は沈没する。
政府をリストラできるのは当然小沢氏しかいない。その時小沢氏は日本の救世主として浮上する。但し、財務省はIFMを盾に財務省主導のリストラをしようとするので壮絶な戦いとなる。私は四年後の衆議院選が勝負とみている。そのころには財政破綻の上放射能で原因不明と政府が発表する奇病が蔓延しており、世も末という状況になる。
今日日本が衰退したのは敗戦時官僚が米軍を盾に大権力を握ったためであり、それを潰せなかったら再度日本は衰退する。
参議院選の苦戦など気にすることはない。
日本を救うのは生活という覚悟で政治活動を続けてください。
小沢氏もその覚悟でしょう。

こんにちは。党大会で代表が小沢一郎議員に決まったようだと新聞で見ましたが,民主党の「ファウル」について,youtube から『2012.11.14 党首討論  小沢一郎vs野田佳彦』を文字起こししました。以下でご覧いただければ幸いです。
小沢一郎議員は,立派なだけでなく,ほんとうの意味で,普通のまともな政治家でいらっしゃることが良く分かります。 『銅のはしご』「小沢一郎議員/Virtue is an old fashion word? 」  http://4472752.at.webry.info/201301/article_53.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表記者会見(書きお越し):

» 小沢冤罪事件をウヤムヤにしてはなりまへん [ひまじんの日記]
あれ程までに執拗に「小沢氏は悪人」というイメージを国民に刷り込み続けたマスコミは、この落とし前をどうつけるつもりなんどっしゃろ? いやいや、責任なんぞ丸っきり知らぬ存ぜぬ、本来の目的であるところの「米国の意思に敵対する勢力潰し」に成功したからには、もう、あとは知らん振りの逃げの一手どすわなぁ。 マスコミのいい加減さは戦前から一貫しているんどすけれど・・・ そやけれど、検察・警察・裁判所はどうなんどす? こういう責任ある立場の連中は「知らん」で済ましまへんえ~。 ブログ:知られざる真実はんも鋭く追及さ... [続きを読む]

« 森ゆうこ代表記者会見 | トップページ | 生活の党 2013年度定期大会 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31