サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 新潟活動photo | トップページ | NHK「日曜討論」出演致します。 »

TPP交渉には反対の立場から・・

政治の世界に入る前年の夏に、確か1998年だったと思うが、米国の医療や障がい者福祉の現場を約2週間に渡って視察。
その時、特に米国の医療保険制度のいびつさを痛感した。
救急車で運ばれても、まずどの保険に加入しているか確認される。
米国の国民総医療費は GDP比約16%で日本のほぼ2倍。
フリーアクセス、現物支給。
何時でもどこでも保険証一枚あれば医療が受けられる(もちろん早急に解決すべき課題山積)という国民皆保険制度を堅持すべき。

« 新潟活動photo | トップページ | NHK「日曜討論」出演致します。 »

コメント

TPPに関する、大きな問題点《ラチェット条項とISD条項、バイ・アメリカン条項》日本政府、民主党は何故、これを論議しないのか。何故、韓国を見て学習しないのか。http://t.co/LbdVi4sU実に恐ろしいアメリカの植民地政策だ。反対、反対、大反対!

お早う御座います。

何度も指摘させて頂いている様に、TPP導入の狙いは、日本の医療保険制度の破壊及び農業の衰退が目的。

米国は、ユダヤ傀儡オバマ政権になってから医療保険制度法案は成立したものの、実際には運用されておりません。

◆米国の医療保険制度 2009年9月10日(木)
http://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2009/0910_6.html
米国は日本のような国民皆保険制度をとっておらず、公的保険は65歳以上の高齢者ら向けの「メディケア」、低所得層が対象の「メディケイド」や軍人向けのものなどに限られている。国民の約3分の2が民間の医療保険に加入する一方、15%にあたる約4700万人が無保険者。民間保険加入者の約9割は勤務先を経由して加入しているため、失業した場合には無保険者となってしまうなどの弊害が出ている。公定診療費も設定されておらず、経済協力開発機構(OECD)の統計によると、1人当たり年間医療費は2007年に7290ドル(日本は06年に2581ドル)と高額。国民医療費の国内総生産(GDP)比も16%(同8.1%)と高く、財政を圧迫している。(ワシントン共同)

若し、TPPに参加すれば、日本の医療保険制度は崩壊。全額負担を強いられる。
年収の半分が医療費で消えます。

米国ユダヤ金融資本裏社会は、これを狙っているんです!!
米国は、破綻寸前なんです!!
これによって、日本人奴隷化が完成するんです!!

また、徴兵制度を導入によって多くの若者が強制的に徴兵させられ、米国主導による日中戦争を行います。

ネットで調べると、『子供を海外へ行かせる。』と仰ったおかあさん方がおられた様ですが、無理です。徴兵制になれば、海外にいても徴兵されるし、逃げれば死刑もあります。

助かりたいなら、宇宙しかありませんよ!!

◆その話をしたら、3人ともに同じ「家の息子は海外に行かせる!」って皆が言ってました。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_65.html

12.16に実施された衆議院議員選挙は『不正選挙』です!!
不正を強行したのも、こうした目的を達成する為です。

B層の皆さん。
いい加減気付いて下さいませ!!

森ゆうこ議員お疲れ様です。日曜日討論会出演テレビの前で応援しますね。日頃食べ物にきをつかっています。安心、安全な添加物表示、日本は優れていると。台所を預かるものとして、TPP参加のメリット?デメリット?はっきり知りたいですね。寒い日が続きますが、バッシングに負けず頑張って下さい。目先の景気回復など庶民には届きません。増税ラッシュに子育て世代の方たち、耐えられるか?次世代に回る借金も自民党には明確に電光掲示板に表示を。民主党時代見えていたものが、見えなくなるのが心配です。小沢さん、ゆうこ代表、生活党の皆様応援しています。

ここでもなんでも反対か!農業にしても保険にしても、賛成派反対派とも自分に有利な一方的な議論しか展開しない。真面目に議論しているところを見たことがない。当たり前だ、TPPに関しては日本国内の誰も情報を持っていないのだから。で、貴方のように数日「視察」しただけで全てが分かったかのように吹聴して回る。もういい加減にそういう態度は止めたらどうなのだ?
しかもTPPで一番利益を得るのはアメリカということぐらい、アホでも知っているのでは?
その一番の受益国を視察してTPPはおかしいという結論に持っていくのは、理屈の立て方が間違っているのでは?
TPPでアメリカは潤っているが、締結国はエライ目に会っていると言うならまだしもだが、、
それとも一番の受益国であるアメリカですらこんな状況なんだから、後は推して知るべしという結論にしたいのか?
日本の医療は世界一、アメリカは金がないと瀕死の重体でも門前払いされるとはよく聴かされるが、そのアメリカの人口は増加し、日本は年寄りばかり増えて人口は減っている。医療の質がそのまま人口変化に直結するとは思わないが、現象だけ見ればアメリカの方が進んでいるというか自然ではないのか?
無駄に老人を長生きさせ、新しい命の芽を摘み取るのが先進医療の結果だとしたら、こんなにバカバカしい話は無い!!
国民総医療費のGDP比が高いことが悪いことなのか?その分野で金が回っているということだろう、良いではないか!日本でも「介護分野は成長産業」とか言って騒いでいる。
アメリカでは、死ぬべき人は真っ当に死に、生かされるべき命は救われているからその結果、人口増となっているのではないのか?移民が多いだの、宗教がどうだのなんてことは取って付けた理屈としか思えない。産めよ増やせよでも医療が劣悪ならアフリカのような状況になっているのではないのか?
何事も裏表、明暗はある。が、議員は賛成反対に限らずその一方だけを強調する。国民は自ら情報を収集して最終的に選挙という形で意思表示をするのだが、申し訳ないが色々な事象の裏の情報まで集めている暇は国民には無い!
それをやるのがその為に給料貰ってる貴方がたの役目だろう!
自分の考えを持つのは当然だが、それを国民に押し付けるのではなく、国民が冷静に判断できる材料を提供し、その上で何を選択することを良しとするのかを考えるべきだ。
一方が全面的に良くて片方が完全に間違っているなんて単純な世界ではないことぐらい、幼稚園児でも知っている。
国民を馬鹿にしたような、自分の考えだけを押し付ける情報提供にはもう誰も騙されないと思う。
大体、スレッドの立て方からインチキだというのが良くわかる。
「TPPには反対の立場」ということは、全てのベクトルはTPPをネガティブにしか見ないよと宣言しているわけだ。
真実なんかどうでもいい。「反対なんだからその目で見て行く」と言うなら、マトモな報告ができるわけが無い。
学生のディベート合戦を国会に期待しているのではない。
貴方の立場なんかどうでもいいのだ!!
何が国民にとって有益なのかを考えてもらいたい。

PiTaPa様
明けましておめでとうございます。

今年も力強い書き込み 森議員や支持者の皆様も心強いと思います。

Suica 様
明けましておめでとう御座います。
旧年中は色々とご交誼をいただき
誠に有り難うございました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

TPP, 消費税増税、憲法9条改悪、ネット選挙解禁、その他諸々の売国法案
断固阻止です。妥協は許されません!戦うだけです。
ユダヤの下僕売国奴は必ず刑場に引きずりだしましょう。

皆保険=世界一安全で安価な医療制度=日本の庶民の持てる最後の生命線です。
これほどの保険制度は世界中どこにもないといいます。
日本の唯一の宝かと。アメリカの外資保険会社や経済財政諮問会議の面々が、以前から混合診療導入(皆保険つぶし)を狙っています。
アメリカ型の、医療に民間の市場原理・自由競争持ち込みは、すでに時代遅れ。国民の不幸(一部の膨大な利益)でしかありません。
彼らは医療費削減による皆保険の崩壊を虎視眈々と狙っています。
皆保険を市場原理から守って。これは戦争です。
医療と福祉教育は大事な社会資本であり、国家の要です。

TPP心配です。メキシコに毎年数ヶ月滞在される方が仰っていたことを。
メキシコは1994年に、自由貿易協定NAFTAをアメリカと結んだ。メキシコは米国よりも人件費は安いし、本気で経済成長を期待していた。

だが小規模農業と大規模農業で工業製品を大量生産できる米国農業の違いと、メキシコとうもろこしよりも、安くできるように政府が補助金を出した為に敗北。
ついでに、流通界もウオールマートに吸収合併されて、労働者は派遣に。

また、民間の会社が、政府を訴えて、賠償金を政府が支払うはめになることもありと。

100%自給できたとうもろこしは、自給率60%に。メキシコは嵌められたのだ。

日本の稲作、カルフォルニア米は安くて美味。補助金などつけなくても、日本の米に勝ち目はない。100%を米国に依存する可能性が極めて高いというようなことを、保守、愛国者と思っている人たちが、戦略的、外交的に重大な問題に無関心でいることが不思議でならない。と。

個人的には、モンサントの種と肥料を使った農業しかできなくなる可能性があるという噂があり、やりきれない思いです。

すでに、モンサントは農家を訴えて、賠償金を払わせているという話もある。

日本には、有機、自然、微生物農法と、色々な栽培方法をしている方たちがおり、私も趣味の家庭菜園をしていて、自由に作れなくなるという恐怖がある。作ったら逮捕だなんて、、、。

そんな馬鹿なことが通るわけが無い、と思う人は沢山いらっしゃるでしょうが、おかしなことがまかり通っている今の世の中、何が起きるかわかりません。

すでに米国では「家庭菜園」が禁止とのこと。知り合いに真偽を聞いてもらいましたが、わかる人はいなかった。どなたか ご存知でしたら教えてください。

米国の「これで日本を潰せる」というメモがあるということも言われており、一部の輸出産業の利益になるTPPは、国民の為には絶対にならないと思います。10年、20年先の日本が、衰退の道を歩んでいないことを心から願っています。

自民党の文部科学大臣が疑似科学にまみれている、という指摘があります。

安倍内閣、組閣人事の目玉は文部"擬似"科学大臣(やや日刊カルト新聞)
http://dailycult.blogspot.jp/2012/12/blog-post_28.html

もし、事実であるのであれば、言語道断ですので、指摘し、すぐにでも辞任に追い込むようにしていだければ、と思います。

よろしくお願いいたします。

米国は、ユダヤ傀儡オバマ政権になってから医療保険制度法案は成立したものの、実際には運用されておりません。の記述が有りますが、日本は戦後?若しくは戦費をその人たちのお金で賄ったのでは?国を失ったイスラエルの民が海外で自国再建に
お金を稼がないといけない。これを非難する事が出来ますか?借金大国日本。日本も米国が手を引けばすぐ中国が来るよ。日本もイスラエルの様に祖国を失う事のないように、ゆっくり米国に頼らい祖国防衛を関係国と連携した政治が必要と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPP交渉には反対の立場から・・:

» 医療制度の信頼性向上と無駄の削減! [未来に希望をつなぐために]
医療保険制度改革案    国民健康保険と被用者保険を一本化して負担の公平化を図り、保健・福祉行政の充実により、医療よりも予防重視に転換させるべきである。平均寿命が長くなっても、健康で充実した老後を送れなければ、本人や周りの人々にとって、長寿が苦痛ともなりかねない。  充実した老後の生活を通して、健康を維持し病気にならないための施策、寝たきり老人を作らないための具体的な施策が必要である。ちょっとした体の変調や予兆から、重大な病気への進行をくい止めるための総合..... [続きを読む]

« 新潟活動photo | トップページ | NHK「日曜討論」出演致します。 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31