サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 参議院本会議代表質問photo(2013/03/06) | トップページ | 日銀総裁候補 所信聴取、質疑速記録(参・議院運営委員会) »

小沢一郎代表の東日本大震災2周年談話

  東日本大震災から2年の月日が経過致しました。改めまして、震災でお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に対し衷心よりお見舞いを申し上げます。
  震災で「大切な家族」を失い依然癒されない思いに苦しんでいる方々や、「生活の基盤」を失い人生を大きく変えられてしまった方々の心情に思いを馳せるとき、名状し難い悲しみと憤りを覚えます。いくら月日が経過しても決して癒されない悲しみというものがあります。
  「復興」を考える上で何より重要なことは、復興予算の規模そのものではなく、このような人々の思いに十分思いを馳せ、被災者の生活再建のため真に必要な事業を行うのだという私達「政治」の固い決意であると確信致します。
 また、「忘却」という私達の最大の「敵」にも十分注意しなければなりません。福島第一原発事故は決して収束していないにも関わらず、多くの国民にとって原発事故への関心が薄れつつあることは誠に残念です。今でも原発事故の被害に苦しんでおられる福島県の皆様方の「思い」にもっと寄り添った政治を行うべきです。忘却・風化は決してあってはならないことです。
 「復興」はインフラを元に戻して整えてそれで終わりではありません。被災者の皆様方が失ったものを失ったものとしつつも、新たな気持ちで前向きに社会生活を行えるようになってこそ、はじめて「復興」なのです。その意味で、私達生活の党では、あくまで「生活」本位の復興政策の実現に向け、引き続き全力で取り組んで参ることを固くお約束申し上げます。
 
                                                             平成25年3月11日
                                                                     生活の党代表
                                                               衆議院議員小沢一郎

« 参議院本会議代表質問photo(2013/03/06) | トップページ | 日銀総裁候補 所信聴取、質疑速記録(参・議院運営委員会) »

コメント

震災から二年が経ちましたが政治の真の姿が感じられません。

検察や偏向報道が国民に多大な不利益をもたらした果ではないかと思います。

復興よりも権力闘争 政権を奪還したけども支援団体から反乱です。

政治の劣化が激しく 生活の党が政権奪還を果たして政治の劣化を強靱化してくれ

震災から二年経ちましたが、前に進む政治で余計に国内が混乱しています。

政治家として、人として、1000年に一度の震災に私利私欲を優先させた事を反省していただきたいと思います。

人の批判ばかりで大臣になり、落選したらさっさと引退。

政治は新喜劇ではありません。

生活の党が政権奪還を果たして 被災地の復興にあたり 被災地の復興を加速させて国土ではなく政治家を強靱化して下さい。
お願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎代表の東日本大震災2周年談話:

» 田畑は流れ 荒れ果てて ただ一粒の麦も無く! [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
制度をいじっても、なにも本質にとどかないのは歴史が証明している [続きを読む]

« 参議院本会議代表質問photo(2013/03/06) | トップページ | 日銀総裁候補 所信聴取、質疑速記録(参・議院運営委員会) »

本の予約はこちらから

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31