サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 脱原発基本法案を参議院に提出 | トップページ | 小沢一郎代表定例記者会見要旨(3/18) »

TPP交渉参加反対全国集会

130313tpp_2

「バスに席ない!」

国民の生活、命を守る立場からTPP交渉には断固反対だ。

TPPのバスはとっくに出ている。

慌てて乗り込もうとしたメキシコとカナダは、屈辱的な条件をのまされてしまった。

たとえオバマ大統領が約束しても、TPPバスは乗り合いバスだ。

本当に後から乗る日本に特等席が残されているのか、そんなことはない。

自民党は公約を守れ。

(日本農業新聞3月13日3面)

« 脱原発基本法案を参議院に提出 | トップページ | 小沢一郎代表定例記者会見要旨(3/18) »

コメント

米国による『完全奴隷化』『植民地化』TPPに参加させないよう、日本国民は立ち上がり声を上げなければならない!

「民主政権によって損なわれてしまった日米関係を修復する。」という名目で、アメリカにわが国の重大な国家主権を差し出そうとしている安倍政権、マスコミもようやく気付き始めた。しかし、衆院は自民・公明・維新・みんな、殆どがTPP交渉参加に前向きだ。全国民に周知する方法なないものか?
http://www.dailymotion.com/video/xy6rt8_yyyyy-tppyyyy-yyyyyyy_news#.UULDJBe7PSN

愚かなり!安部晋三!

小生も工事屋の端くれであり、大体12年位海外に在住、今もタイ国に居を構えいずれ
戻るつもりなのですが、多少なりとも外国語を使い日本国の有り様を見させて頂くと全く、ヤンキー・米国のユダヤ資本に好いように食い荒らされているという事を感じてなりません。小沢先生が良く云われますが、自主性がない方が自分に取って都合が良いというように、一般国民は洗脳されてしまっているのですね。おまけに隅から隅までお上意識が行き渡っていますから、要するにタコ壺社会・村、群れ社会ですから、全体の
風潮をまず確かめてから、自分の有り様を確認すべしという不文規律に従わざるを得ないように成らされますので、つまらない国・社会になっちゃていますよね。とにかく小生も小沢党の一員ですので、応援させて頂きます。

民信なくばたたず。

腐りきった 政・官・業に 生活の党の鉄鎚を下して下さい。

週末 知覧特攻記念館で森先生の必勝祈願をして来ます。

PTTの本質を見極める
自由貿易体制・各国共通ルールの創造は、大切な世界の繁栄と安定の仕組みです。しかしTPPがそれにあたるかと言えば極めて疑問です。交渉に向かう情報開示・姿勢ともに問題です。欧州の金融危機・ソブリンマネー危機の背景には、人間の尊厳を支える経済の仕組みの破たんがあります。
社会の安定と人間の尊厳を守るルールまでをも破壊する協定には反対です。
格差を広げて地域や雇用を破壊する「貪りのグローバリゼーション」を明確に否定したいと思います。TPPは貿易の自由化という側面よりもルールの統一、規制緩和の面が強く、震災、原発事故に苦しむ日本に新たな過重な課題を持ち込むものです。
TPPに関する、大きな問題点《ラチェット条項》と《ISD条項》と《バイ・アメリカン条項》これはセットですが《全然話題にならない》《ラチェット条項》とは、一旦承認したら、国民に害が有るからとTPPよりも国内規制を(優先する事が出来ない)決まり。ISD条項とは《ISD条項》投資家が相手国のルールで損失を受けた場合、第三者機関に訴える事が出来る制度。自国民の安全、健康、福祉、環境、を自分達の国の基準で決められなくする(治外法権的規定)に解釈出来る。国の主権侵害、健康保険が提訴されるとなど反対である。 《バイ・アメリカン条項》08年リーマンショック後は自動車や金融業界で政府の関与を増やした。《公共事業でアメリカ生産品の購入を義務づけた法律》もちろんTPPにも引っかかる恐れがあり、米国の貿易相手国から反発の声が上がっている。《FTAAP》とオバマとアメリカ政府。日本、カナダ、メキシコなどTPP参加を真剣に検討し始めてさらに(アジア太平洋自由貿易圏《FTAAP》構想も現実味を帯びてきた
《生活の党》はTPPには反対です。農業、医療、金融は滅びてしまう。TPPアメリカの本当の狙いは農業ではなく保険、医療、知的財産権が本音です。《生活の党》は 自由貿易推進。EPA、EPAは推進します、
したがって日本はこれらの問題を解決さませんと《アメリカの植民地になる危険性が大きく》
わたくしはTPPの参加は反対いたします。

「TPP」を乗り合いバスに例えているのは、とても分かりやすくて納得致しました。

TPP,断固反対です!

TPP参加が既成の事実だと言う事は、TPP反対派の議員も知ってる事です。何時の世も騙されるのは農民です。しかし、農協も強かなのか反対を押し出して保護金を吊り上げているといる声も聞こえます。またバラマキ政治の始まりです。

アメリカは安倍総理の集団的自衛権、中国及び韓国の領土問題の発言で、いらだっており友好関係を良い方向にしようとは思えません。絶対に日本の植民地を手放しません。本当の独立を思うなら安保条約を破棄をしてTPPなどは、脱会をしなければなりません。日米同盟などという言葉に洗脳されている様では、いつまでたってもアメリカの植民地です。

森ゆうこ議員お疲れ様です。安部さんの記者会見みました。台所を預かる身としては、日本産のものを食べさせたい。反対して食の安心を守って頂けるゆうこ議員はじめ議員のみなさまを応援します。小沢代表、ゆうこ代表代行、生活党の皆様、国民の安心のため頑張ってください。応援しています。

ついに亡国の道を選んでしまったようです。衆院選も不正選挙でどうしても自公に戻したかった人たち。世界に恥をさらしました。もうなるようにしかなりません。

モンサントの遺伝子組み換え食品が、ピストルが、麻薬が。
地震の次は何をおみまいしましょうかと日本にアメリカが言ったそうですね。

金融マフィアのための円安株高。日本はどうなるのでしょうか。

安倍首相のTPP参加表明を受けての小沢代表の抗議声明を支持します。完璧な欺瞞と公約違反であり、参院選では何としても国民を欺いた報いを受けてもらわねばなりません。何としても日本を滅亡させてはなりません。生活の党には全力を挙げての奮闘を願います。生活の党の主張は真っ当なものであり、国民に浸透しさえすれば、国民の声の最大の受け皿になるものと信じます。

こらっ~。喝だ~安部晋三偽総理。怒れ怒れ~国民。TPPは頑固反対じゃ。この国は偽がはやっとる国じゃ。偽民主党に偽自民と公明連立政権の復帰に安部晋三偽総理の再登場。他国は喜び笑い、自国は哀しみ泣いてますわ。      ちょっと、そこの偽総理さんよ。やる事、する事見ていりゃ~よ。え~きに成り上がってよ。国民が大人しいからってよ好き勝手するんじゃぁ~ないぜ~。  偽総理さんよ、お前さんはオバマ大統領の朝食の卵でなく玉子でフライパンで焼かれる目玉焼きかも知れんがよ~、よしくにもそうだが国民もよ~偽総理のおかずやエサではないんじゃ。何処まで何処まで、偽政権政党は弱者を苦しめれば気が済むんじゃ。いつもの時代も弱者を騙し、欺き、偽り、叫びまくっている。 安部晋三偽総理さんよ、前の時は国も少し正常さがあった。その、正常さについていけず身体を悪くした。国はあれから異常になった。何処まで異常になったかと言うと安部晋三偽総理のする事が評価されなければならない程に落ち込んでいるんでしまってるのよ~。異常な人が異常な国をつくる。安部晋三偽総理が元気と言えば言う程に、国は病気になるんじゃ。安部晋三偽総理さんよ~、もう、いいかんげんにアメリカや官僚の使者で国民を不幸にし国を売る為に総理大臣になったと国民に公表せんかい~。安部晋三偽総理さんよ~。私(よしくに)はよ~、あんたのする事にはよ、とことんとことん反対して行きますわ~。一人になろうが弱者を虐めて喜び微笑んでる安部晋三偽総理の悪行やアベノダメックスで騒がれて舞い上がっている偽総理さんよ~。政策も素人なら社会人としても悪いお坊ちゃまやな~。最後に一言『あんたの政治政策なんてものはよ~、百害あって一利なし。』 

今世紀最大のテロ行為のTPPに参加表明しましたね。

色んな団体が反対していました、メディアに出てくるだけでも農業、漁業、

医師会、アメリカでは議会も反対しているようで、アメリカ市民団体も

反対をしていました。

こんなに急いで事を進めれば「何かおかしい」と疑問を抱き調べていくうちに

本丸に辿り着き、世の構造に気づき覚醒していく。

良い流れだと感じます、TPPテロに参加表明した事は絶対許せませんが

これがB層から脱却する糸口になれば大いに結構だと私は思います。

TPPテロ>1216不正選挙>311人工地震まで繋がれば後はアメリカの

崩壊を待つばかりです。

B層から脱却すれば自分で興味を持ち、調べていくのでユダヤ金融資本家

のこれまで犯した暴挙を理解し、日本がいかに日本人の手で運営されて

いないのが良く理解できるので選挙のやり方、議員の選び方、税金の

使われ方、海外の支援金の出し方メディアの情報の出し方その他もろもろ

疑問を持ち、市民が国に対する監視を強めまともに国が運営されていく

ようになると思います。

そうなるにはアメリカがデフォルトした時に日本もお付き合いでデフォルト

すると思うので日本の再生時に市民が立ち上がり市民の為の国家運営を

選択するようにしなければならないと思います。

そうなれば、世界をリード出来る立派な国に生まれ変われると思います。

共存共栄の精神で他国と交渉し争い事の無い時代になると思います。

悲観する必要は全然無いと思います、夜明け前は一番暗いと言いますが、

まさに今が一番暗い時期ではないのか?と感じています。


TPP交渉の会合の現実について!!!

 アジア太平洋資料センターの事務局長の内田氏がシンガポールでのTPPの参加している大企業の集まる会合に秘密で出席することができました。 その中身の情報は、新しく参加する国に対しての交渉のやり方についてです。(新しく参加する国の人は参加できない決まりになっています)
  
新しく交渉に参加する国にたいしては 赤子の手をひねるようなルールが示されています。
末恐ろしいことが書かれています。 ぜひご覧ください!!!
    ↓
 http://www.ustream.tv/recorded/29960039

時事通信のコメント欄で散々TPP反対を訴えたが、インターネットでは反対の意見が大勢を占めていた。にもかかわらず昨日、終に安倍首相が交渉参加を決めてしまい怒りと空しさでがっくりです。9か国で決められた事、そして11か国で決められた中身も解らないのに、聖域が守られる保障もないのに決めてしまった。間違いに気がついても出られないし抜け出せないでしょ。ISD条項やラチェット規定にも触れなかった。アメリカ企業とアメリカ国民の利益のためのTPPという事。遅れて入る日本は不利だし、カモの日本が入るまで、ずうっとTPPのバスは発車しなかった。安倍は日本を取りもどす、でなく日本を明け渡す選択をした。交渉参加してダメだったら離脱できるとも思えない。

日米関係修復も何も、民主党は首相と内閣はTPP強行参加、議員は絶対反対が多数と今の自民党と同じです。
こんな事が責任転嫁と壊国の理由になるなど、そんな事を言ってる人達は本当に日本人なのでしょうか。

アメリカンスタンダードの本質は、企業による世界統治を目指すTPPそのものだ。
TPPの最大の問題点は、「農業」でも「聖域なき関税」でもない。交渉内容が国民に知らされないまま、決まってしまうことだ。
http://diamond.jp/articles/-/33289

TPP問題で一部を除く多くのマスコミはメキシコカナダがのまされた条件やISDS条項などワザと問題にしませんね。今のマスコミは過去の大戦中の新聞と同じレベルなんじゃないか?

大阪の郵政フロッピー改ざん事件から盛り上がっていた
検察や警察の取調べ可視化議論は今どうなってるんでしょうか??
もっと大胆で悪質な陸山会事件の捏造報告書発覚で小沢潰しのマスコミは黙ってしてしまったように思えます。
その後もネット遠隔操作事件で冤罪事件も起きているのに!

日本は大嘘つきの偽物民主主義じゃないですかね。
警察も検察も選挙も裁判所も大手新聞テレビも嘘だらけ。
日本を権力支配奴隷国家にされてはいけない…

森先生の姿に励まされます。
17日、首相が防大生に国民の生命と国土を守るために云々と訓辞。しかし本当の戦場は文化や外交交渉。あのJ.ナイ教授がソフトパワーこそ国家の最重要な戦力だと著書に書いた(書評しか読んでいませんが)。
有権者を騙して得票し、三権が嘘のつき放題人権侵害やりたい放題、マスコミも一緒になって国民を愚弄。米国と中国を天使と悪魔の如く描く無知と浅薄さ。
プライド、良心、知性教養が0の彼等に国政は無理。ろくことにならないでしょう。
TPPは国家の存亡がかかったソフトパワーの戦い。正常な政治家と知識人が最善を尽くして戦ってくれると信じて私達市民は身近な範囲で抵抗します。
日本は中国やEU諸国に優るとも劣らない文化大国。歴史とcultureとagricultureの国です。アメリカ教信者に翻弄される在り様は、悪い友達に唆された孫に鍵と実印を渡せと迫られる祖父母のよう。

TPP交渉で守るべき国益は「国柄」などという頓珍漢なゴマカシを繰り出してドヤ顔の安倍首相には虫酸が走りました。そもそも交渉参加表明から承認まで4ヶ月。そして交渉締結が9月だから、交渉はほぼ不可能。それでどうやって国益を守るというのか?しかも後発参加国のカナダ・メキシコも交渉権を認められていない。口では何を言おうと、自民党の詐欺師的態度はのだ民主党と変わりませんね。

これからが勝負です。

事実をまわりに拡散中です。

手応え十分。

これだけ強引にTPP(ISDS条項)を進展させた理由は、最高裁の「違憲」判決が確実に出る事に焦った為でしょう。

まさしく悪質な投資家達の「多重債務者」の心境ですね。

かなり焦っている証拠です。


日本国民が目覚め、日本という国の歴史と立場、米国という皮をかぶったオオカミである「英国主導の多国籍企業連合や国際金融資本ならびに投資ファンド達」の権力による「暴発」の事実を理解した上で、国民が率先して立ち上がり、中国やロシアなど世界からのサポートも必要ではないでしょうか。

これは、2000年に1度の「世直し」です。


TPP協定は、言わば英国発の企業連や金融資本や投資家一味がアメリカという国家を悪役に育て、盾にした「自作自演」の「政治経済テロ」そのものだ。

これは条約ではなく、投資ファンド(世界権力)が国家をより権限を持ち暴発しかねない「武力を背景とした侵略」である。

従って「安保理案件」である。

公序良俗に反し、法文の体裁もとっておらず、国家と国家が結べるような内容ではないのである。

TPPはまず当時国で話を進める前に、国連のお墨付きを得なければ駄目である。

あまりに馬鹿げた内容過ぎるのであり「国際法に触れる部分を取り下げる」よう国連に通告しなければならない「日本の主権を放棄する」不平等な協定である。

森ゆうこ代表代行。
お疲れ様です。

安倍偽首相宛に私からのメッセージ第2弾をお送り致しました。
その内容を下記に掲載致します。

宜しくご確認願います。

◎送付先
◆自由民主党_安倍晋三
http://www.s-abe.or.jp/contact

【内容】
内閣総理大臣
安倍 晋三殿

前略。
貴殿は3月15日の夕刻、記者会見でTPPへの交渉参加を正式に表明されました。
貴殿の勇気と決断には心より敬意を表します。

貴殿は、日本国民に対し、十分かつ納得のいく説明をしないまま、TPP交渉参加を表明された行為は暴挙と言っても過言ではありません。また、真実を報道せず、虚偽報道を繰り返してきたNHKを含む既存メディアも同じです。

貴殿は、『自民党は公約を平気で破る嘘付き政党である。』と自ら露呈させてしまいましたね。其処まで貴殿がTPP交渉参加表明を急いだ本当の理由は、米国の債務が米国民に知られていない債務を含めると約2京円あり、財政破綻が当初の予定より進んでいる。米政府は債務を返済する気は全くなく、米国金融マフィア(ユダヤ金融資本裏社会)から『このままでは米国が国家デフォルトしてしまう。早く交渉に参加し、日本の資産を収奪せよ。』との命令を受けたからではないのですか?

TPPの主な目的は、日本の医療保険制度、社会保障制度(生活保護制度等)の破壊、郵便貯金、簡易保険等の資産の収奪、雇用の破壊である事は既に把握済みです。また、『日本には一切の議論の蒸し返しは許さず、協定素案の字句の訂正も許さない。』と米国の担当官が述べられた事、そして、『TPP=1%の支配』であると分かっております。

隠されても無駄です。既に覚醒した人々は私を含め、インターネットを駆使して幾らでも情報を手にする事が出来ます。また、一度覚醒した人々を二度と騙すことは出来ません。

貴殿は、米国金融マフィア(ユダヤ金融資本裏社会)と共謀して、米国による日本の完全植民地化し、日本経済、雇用を破壊し、日本人を奴隷化(国民生活の破壊)に手を貸した卑劣極まりない人間です。

繰り返し申し上げます。
私は、1人の日本国民としてユダヤ金融資本裏社会(反社会的組織)に加担する貴殿を断じて許しません。例え涙を流し、許しを請うたとても容赦はしません。

ユダヤ金融資本裏社会に加担し、満州阿片人脈であった故児玉誉士夫から、結党資金を拠出して貰い誕生した自由民主党(旧:自由党)、連立を組んでいる公明党、同反社会的組織に加担する民主党、幸福実現党、日本維新の会、新党改革、日本共産党、官僚、財界人、企業、司法、メディア、自衛隊、日本経団連を含む圧力団体、在日マイノリティ(在日、部落、同和、暴力団、統一教会、創価学会、幸福の科学を含むカルト宗教等)、米国、イスラエル大使館、ジャパンハンドラーと呼ばれている者達(マイケル・グリーン氏、ジョセフ・ナイ氏キッシンジャー氏、アーミテージ氏等の方々)は、最早この日本には必要ありません。

自分達の欲望を満たす為なら、罪のない人々を平気な顔して犠牲にする様な貴方々テロリストを私と同じ考えや志を持つ人々と共に追い詰めて、表に引き釣り出して裁きに掛け、極刑にします。この事は、貴方々ユダヤ金融資本裏社会の帝王であるデービッド・ロックフェラー氏にもお伝え下さい。

貴殿が下した決断は、更に多くの国民を覚醒させるでしょう。不正選挙の追求も出てくるかも知れませんよ。そして、各地でTPP反対デモや集会が行われ、自民党や貴殿宛に抗議文やメールが続々届くでしょう。

貴殿はその抗議文やメールの内容を平常心を持って読まれ、公の場で公開出来るでしょうか?

その事を肝に銘じて、職務に専念されて下さい。
貴殿のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

尖閣・竹島双方とも実効支配している側が騒動を起し、石原氏が買収を話したのが米国ネオコンのヘリテージ財団で、日中紛争は「米国の長年の目的を叶える好機」だと海底資源確保を狙っている様です。
島嶼部・テロ・ミサイル等の防衛は05年「2+2合意」で各国が担う事が決められ、米軍はシビリアンコントロールの下「米国議会の承認」が無ければ軍事活動が出来ないので、この問題で米国債最大保有国の中国との関係悪化をさせても日本の為に活動する筈は有りません。
安保の為などとは詭弁です。
「TPP問題の本質」は、憲法・法律より条約が上位に来る為に、憲法が求める戦争放棄や議会の定めた国民保護制度が、ISD条項等により破壊される「国家主権・民主主義の喪失」を意味している事です。
つまり、国際金融資本による専制独裁政治を認めるか否かの闘いに他成りません。
NHK等でこの事実を拡散して下さいます様お願い致します。
堤未果氏の「政府は必ず嘘をつく」は参考になります。

森ゆうこ様

お疲れ様です。
戦前、東條首相は「バスに乗り遅れるな」と言って地獄行きのバス(大東亜戦争)に日本国民を全員乗せ、乗車拒否をした議員等は官憲を使って死に追いやりました。

今回も安倍総理は祖父の岸信介元総理と同様に自分の身の安全と利益・政権維持の為にアメリカと取引をしました。
(岸元総理に関しては参照:CIA秘録 ティム・ワイナー著 文藝春秋)

3月18日文化放送「夕焼け寺ちゃん活動中」のポッドキャスト「ニュースの本音と建前」でジャーナリストの岩上安身氏がショッキングな放送をしています。

この放送によるとシンガポールでの第16回TPP会議で関税の話はこれで終わったそうです。そして日本政府は国民に秘密裡にTPPについて今後一切の交渉・申し立てはしないと合意したとの事です。

米韓FTAではラチェット条項で韓国は司法も奪われアメリカに申し立ても交渉もできないのに、アメリカはスナップ・バック条項というのを作りアメリカは自国が不利になったら自由に条件をつけられるという実質的な植民地支配・しかも戦争ではなく法律でがんじがらめに縛るので韓国は完全なアメリカの属国となります。

そして安倍総理は国民に嘘をついて、アメリカに日本を売国してしまいました。
先程の番組は3月一杯で終了し、尚且つ自公政権の圧力で自公に不利なニュースは消去されるケースがありますので、TPPの陰謀について岩上氏の話を聞きたい方は早めに聞いてほしいです。(USTでもあるかも知れません)

TPPは日本が日本でなくなる法的にアメリカの属国となる条約です。
しかも安倍総理・日本の政府は国民を騙してTPPに無条件参加ですでに了承しています。

日本国家存続の危機です。

それなのに本日TV中継で衆院予算委で生活の党の畑議員が質問に立ちましたが、TV放送で舞い上がっていたのか、とってもぬるい質問で脱力してしまいました。
こんな不勉強な議員がいる生活の党は小沢代表が言っていたような国民主権を期待される政党になれるのでしょうか???

森議員、三宅前議員ほか、なぜTPPに反対するのか生活の党の議員は全員わかっているものと思っていましたが、今回の中継で生活の党にはその重大性がまるで解っていない議員がいるという事がわかりました。
これが生活の党の支持が上がらない要因のひとつだと思います。
本当にもっと勉強してほしいし、情報を共有化してください。
こんな事では次期参院選も生活の党は敗北です。

7月に日本がTPPに交渉参加してもすでに安倍総理はアメリカに売国しているので9月には日本は地獄行き決定です。

ただし、7月には参院選が予定されているので参院選で売国行為をする自公政権及び、補完政党のみんな;維新・民主党を叩き潰すチャンスでもあります。

TPPの内容に関して大手マスコミはTPPの真実を報道せずに、農業・関税の問題だけに矮小化して報道し、TPPの中身を知らない一般国民はTPP賛成に洗脳されています。(大手マスコミ発表なので本当に賛成が多いのかどうかは怪しいですが)

それにしても自民党は早くも化けの皮を表してきました。
やはり、今年夏の参院選は日本の明暗を決める決定的な選挙になると思います。
森議員は代表代行としてせめて生活の党議員にはTPPについて情報の共有化と国民にどういう理由でTPPに反対なのかと、国を売った自民党及び補完勢力打倒を訴えるべきだと考えます。

また、森議員、三宅前議員などTPP反対を訴える生活の党の議員がいる一方、他のTPP反対を言わない生活の党の議員とは一体何なのでしょうか?

国会議員だから一人ひとりが個々に考えるなど、とは政党の体をなしていないではありませんか。
生活の党は「国民の生活が第一」を旗印に集結した党ではなかったのでしょうか。

森議員にはいつも無理を言って申し訳ないのですが、本当に今回の参議院選挙では憂国の生活の党が勝って日本を売国奴の手から救って欲しいのです。
どうぞよろしくお願い致します。

正しい情報が入ってこないと民衆が判断するのは難しいのは事実。民主党政権の時の出鱈目ぶりを見て、いろいろ調べるようになったのは皮肉だよ。TPP反対者・脱原発などをマスコミがスルーしているよ・・・本来は取り上げて載せるのが普通だろうに

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPP交渉参加反対全国集会:

« 脱原発基本法案を参議院に提出 | トップページ | 小沢一郎代表定例記者会見要旨(3/18) »

本の予約はこちらから

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30