サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 予算委員会公聴会 森ゆうこ質疑動画 | トップページ | 5月3日~5日新潟活動photo »

憲法記念日にあたって(談話)

130503danwa

 5月3日
_
  本日、日本国憲法は施行から66年を迎えました。

憲法は国民の生命や財産、人権を守るために定められ、平和な暮らしを実現するために自分たちで決めたルールです。国会の憲法審査会において、改正論議が進行しています。旧来の護憲、改憲論議を超えて、憲法の本質、基本的理念、歴史的経過を踏まえ、根本に立ち返った議論が肝要であります。

 日本国憲法は、大日本帝国憲法の73条の改正規定に則ってできあがりました。実質は改正ではなく、新しい憲法の制定でありました。一種の革命とも言えます。帝国憲法が自らの根幹である天皇主権を否定し、国民主権に大転換をしたからであります。

 現行憲法は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調の4つを基本理念、原理としています。96条の改正規定は、両院の3分の2を発議要件としており、これは基本理念、原理を否定する改正は認められないという考え方を示しています。

 憲法改正の議論にあたっては、改正手続きのあり方を先行するのではなく、どのような憲法を想定し、どういう理念で作ろうとしているのかを明らかにすべきであります。現行憲法は確かにいろいろな面で現在の実勢に合わなくなってきており、国民の合意があれば改正することは当然のことであります。

 生活の党は、憲法の4大原則である、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調を堅持すべきと考えます。96条の改正規定は憲法の趣旨から現状を維持すべきです。その上で、国連の平和活動、国会、内閣、司法、国と地方、緊急事態の関係で一部見直し、加憲が必要だと考えます。

憲法は国民のためにあります。生活の党は、国民の皆さんがより幸せに、より安全に生活でき世界平和に貢献するルール作りをめざし、皆さんとともに積極的に議論して参ります。

« 予算委員会公聴会 森ゆうこ質疑動画 | トップページ | 5月3日~5日新潟活動photo »

コメント

昔は、人生50年
自分のことがせいぜい 家族のことで必死な時代
でも、今は人生80年
自分や家族の為に生きたら空しいぞ


参議院選挙の争点は憲法改正ではないような気がします。

生活の党
小沢一郎代表 森ゆうこ代表代行を先頭に
政治家としての人生劇場を見ているような気がします。

生活の党の理念にたくさんの国民の声が集まりますように

GHQは日本に平和憲法を作り軍事力をとりあげた。国民多数が第九条を支持している - 誰も知らない闇の世界経済。朝鮮戦争学勃発し国家警察予備隊の誕生させGHQの憲法第9条の政策転換をせざろう得なかった。マッカーサーは面子を潰してしまった
http://t.co/NXzrs8C0nd
 
96条の改正は必要ない《国際社会においで名誉ある地位を占めたいと思う》《いずれの国家も自国のみ専念して他国を無視してはならない》との下りがある。日本語としてはあやふやだ。9条は自衛権を否定していない。国際貢献、国連軍、多国籍軍、PKOの自衛隊の参加等も十分解釈可能だ
■自衛権は国連憲章第51条、サンフランシスコ講話条約第5条~c

憲法改正は、不可侵なものではないはずです。変えるべきところを変えるのは当然と言えます。半世紀経つ間に、現実の社会や世界の様子は大きく変わっています。
日本の政治家は軍事について無関心の態度で来ました。軍事が解からなければ、外交もできるはずがありません。日本には柔道、剣道、合気道、空手、弓道などの武道がありますが、これらは自信を鍛えて力を持つからこそ、正義を行う事が可能となる事の具体的な理解となるはずです。外交、軍事の考え方も、これと同じです。
対外諸国と対等に交渉を行う為には、適度な軍事面での実力と、人間の面で精神の強さ、知力、問題を解決する発想力が必用であると思います。日本人には元来、これらは備わっているものと考えます。これを引き出す為には、正しく信念を持った言動を続けて行く事であると考えます。
憲法の内容については、国会議員になった人達の領分なので意見は持ちませんが、一つだけ注文があります。
誰にでも読んで直ぐ、常識的に理解できる、明瞭な日本語で書いて欲しいという点です。人によって解釈が変わったり、都合よくその時々で説明が変わるような、いい加減なものであってはならないはずです。
今回の憲法改正も、安倍信三という人物の勝手な解釈、動機によって起きている事であると思います。憲法改正は、広く国民に支持される政治状況下で果たされるべき性質のものです。違憲選挙で、不正選挙が疑われる状態でできた、元の木阿弥の安倍自民党政権下で行うべき筋合いのものではありません。マスコミが煽って作り上げた欺瞞の政権です。憲法改正と煽っているのも、欺瞞に写ります。

憲法改正問題で見えてきた事は、
統制、官権、勢力

自由、民権、勢力
でしょう、
生活の党は自由民権運動の先頭に立ち、民主的勢力を統合して最終的に勝利すると思っております。

森ゆうこ議員お疲れ様です。自民党の方たちは多くの国民が改正を望んでいるというが、どれ程理解して騒いでいるのでしょうかね。政治家が国益の為といって暴走し、尊い命、犠牲者を出さない為にも憲法改正は慎重に。戦地にいって生きて帰った父と、戦死した弟。国の為、天皇陛下の為、赤紙一つで戦地へいった。残された母たちは食料もない、空襲におびえ、子供をまもり必死で生きてきた。その親を見てきた私たちにとって、先日の自民党の方たちの、天皇陛下万歳は、ニュース画面をみていて、天皇、皇后両陛下をみて、おかわいそうだとおもいました。どれ程の思いで沖縄の方たちに寄り添って生きてきたかと。両陛下のご苦労を思うときおかわいそうだというきもちがこみあげてきました。なぜこの憲法になったのか、時の政治がどうだったのか?画像があればテレビに映してほしいです。政治のちからで国民を幸せにしなければいけないのに、災害に苦しむ人、仕事がない人、生活が苦しい人、沢山いるのに安部総理はこの国をどうしたいのだろう。民間交流で日本の良さを知ってもおうと努力している方たちの苦労を、踏みにじらないで頂きたいです。小沢代表、ゆうこ代表代行、生活の党の皆様の活動を応援しています。

安倍の憲法改悪は止めさせなければなりません。これは戦争への道です。中国へは戦争をする口実を作るステップに他なりません。尖閣を突破に全面戦争に持ち込むシナリオです。改憲をすればリングに上がった事になり、チャンピオンを決める機会を与える事を意味します。何時か辿った道です。今政治に期待する事は、戦争ではなく、この国と国民をどう活性化するかです。安倍の暴走を止める為、先生が野党にブリッジをかけ改憲を止めさせ正道に導く事を切に期待致します。

素晴らしい談話ですね。是非動画でアップしてほしかった。小沢さんの話は説得力がある。マスコミが作った悪いイメージを払拭する力がある。どんどん動画をアップして頂きたいと思います。

96条を改定して憲法を変え易くするのは反対です。自民の草案を見ると、権力側、政権側を縛る憲法が国民の権利を縛る憲法に変質しています。個人の尊重が影を潜め、「公益および公の秩序によって、基本的人権を制限できる」というもの。表現の自由や集会の自由も縛られデモ行進も出来なくなりそう。99条も変わってる。先祖返りの時代錯誤も甚だしい。国民主権も危うい。単純に9条だけの問題ではなくなる。変更の中身をよく解らないまま先行して96条変えるのは怖い。権力側の暴走、権力と一体化したマスコミの偏向報道や真実の報道をさけ国民を誤った方向に導く体制が更に加速し、独裁者を作り易くする恐れあり。立憲主義とは逆方向だ。核の傘を否定しない安倍政権では結局集団的自衛権を得ても米国のいいなりでイラクの様な時に日本軍は前線に出され都合よく利用されるだけ。日本が核兵器を持つ事を米が許すはず無い。

NHKの誤報ですか?

誤報なら訂正しないと指示にブレーキ! そして改憲騒動は“選挙争点”ずらし 
選挙の争点はTPP、大増税、原発、改憲での戦争 この震災ショックドクトリン人デナシ政策の阻止!

5/2日TVニュース「生活の党、憲法9条に加憲」、「国連参加の中で武力行使を含むあらゆる手段を通じて、世界平和に積極的に貢献」

HP於5/3日代表メーセージ「皆さんとともに積極的に議論する」と結ぶ。まだ決定ではない?しかし、NHK報道「夏の参院選の公約に盛り込む。今月中にまとめる」と報道。急いでる?

私論)
改憲は煽り!マスコミ・体制による誘導! 
その前にやるべきことがある 日本の独立(情報革命により明瞭)
国会は米ポチだらけ 今改憲しても日本の為にならん
TPPで米ポチでない証拠を示せ!改憲はその後だ

改憲は問題のすり替え!緊急課題は山積み手付かず。TPP、住民中心の震災復興、原発、非増税での三権改革。TPPは経済戦争であるので阻止。震災復興はショックドクトリンによる住民利益の剥奪を阻止。原発は放射能の封じ込めと原発処理、新エネルギー政策転換。経年劣化著しい明治以来続く三権(司法・行政・政治)の改革で日本再建、経済健全化し安心な暮らしを作る

改憲の狙いは何か?
1.選挙の争点隠し 本来 TPP 震災復興 原発 増税 の4つだ。
2.戦争のできる国にする
3.道州制により 国を解体 ハゲタカの食べ易い様に 切り刻むこと

手段論に惑わされるな 目的が重要!
憲法改正の目的は?最近の政府は国民の望まないことばかりやっている。
改憲の目的は何?その目的は国民に必要?改憲以外に方法は?国民と共に丁寧な議論が必要。憲法問題は現法の問題点ばかりでなく、実際守っているか?解釈に誤りが無いかの検証も重要

“戦争”はやし立てる改憲今は×
極東が緊張するなか、世界経済が不安定な中、慎重になる時

戦争とは何か次第に分かった。米の公共事業、米を操る世界支配者たちの興行、プロレス、お金儲け。民族と民族、思想の対立ではない。そんなの演出。戦争へ行くのはだれ?俳優の森繁久弥は戦争に行きたくなくNHKアナウンサーになったと告白。号令をかける人々は行かない。手足が飛び、肉親を失うのは我々。では“力”を抑えるのは“力”以外に・・・・?戦争阻止これを皆で考えよう!!

今、生活の党として)
小沢さんは得意な憲法の問題点を立派に述べ、問題のすり替えに乗っては相手の思う壺。
支持者との距離を縮め信頼関係を築くには、国民に“この国の本当の姿”を知らせること。
党一団となり“全国ツアー”を決行。あっさり姿を消した元議員も集まれば、支援者も沸く。
もっと国民のそばへ降りて来て、生活の輪(和)又は国民の輪(和)を広げること。

政治の役割
国家は 米 にいじめられ  国民は 国家 にいじめられる
そして、国家にコネ持つ者 は 持たぬ者 をいじめる

これでは、国の発展は無い。なぜなら、国民一人々が縮んでしまうから
みなが伸び々とできる社会でなければ、発展はない

いじめの構造を正すのが政治 の役目 命がけです
今の大人の責務 戦争を止める 放射能を止める TPPを止める 増税を止める
まず本当のことを知ること、知らせることから
問われているのは国民一人々 もう手放しで政治を傍観している状況じゃない

失礼致しました。

憲法 第九十六条1項
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
___

参考
憲法 第七十九条2項
最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後十年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。

3項
前項の場合において、投票者の多数が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免される。

4項
審査に関する事項は、法律でこれを定める。

最高裁判所裁判官国民審査法 第十五条1項
審査人は、投票所において、罷免を可とする裁判官については、投票用紙の当該裁判官に対する記載欄に自ら×の記号を記載し、罷免を可としない裁判官については、投票用紙の当該裁判官に対する記載欄に何等の記載をしないで、これを投票箱に入れなければならない。
___

憲法 第九十六条1項の規定について、
「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、」を「各議院の総議員の二分の一以上の賛成で、」と改正し、
「この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」旨について改正しないならば、
「投票」について、「国会」が、

投票所において、改正を否とするときは、投票用紙の記載欄に自ら×の記号を記載し、
改正を否としないときは、記載欄に何等の記載をしないで、これを投票箱に入れなければならない。

と定めることにより、

改正する方がいいか悪いかわからない者を、積極的に「改正を否とするものに属しないこと勿論」とし、そういう者の投票は「改正を可とするもの」に入るのが当然である。

とし、改正を可とする票とみなすことが、

最高裁判所裁判官国民審査法 第十五条1項と
最高裁判所大法廷 昭和27年02月20日 判決〔最高裁判例 昭和24(オ)332 民集 第6巻2号122頁〕
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/js_20100319124143795419.pdf

から導き出すことができ、予見することができる。
___

「罷免する方がいいか悪いかわからない者」は、罷免の可否について、いずれの効果意思も有していないのであって、罷免を可とする票を打ち消すことは許されない。

上記判決は、投票の結果によっては罷免される当事者である最高裁判所の裁判官が、
「罷免する方がいいか悪いかわからない者」が投じた白票を罷免を可としない票とみなして水増しし、
憲法 第七十九条3項に付されている条件、
「裁判官の罷免を可」とする「投票者」が「多数」となることを妨害している。


同様にして、
「改正する方がいいか悪いかわからない者」が投じた白票を改正を可とする票とみなして水増しする目的で、

投票について法律を定めることにより、「国会の定める選挙の際行はれる投票」において、「その過半数の賛成」を得たものとみなすことができる。
___

【結論】

憲法の改正は、各議院の総議員の二分の一以上の賛成で、国会が、これを発議することができるようになり、
国民に提案してその承認を経なければならない手続きについては、法律を改正することにより、
「改正する方がいいか悪いかわからない者」が投じた白票を改正を可とする票とみなして水増しすることができる。
___

最高裁判所裁判官国民審査法 第十五条1項を改正しない国会がする憲法 第九十六条1項の改正は、信用するに値しない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日にあたって(談話):

» 人々の連合を深めよう [青空学園だより]
五月である.大阪の関電前金曜行動は来週10日で昨夜はなし.それでということではないが,時間がちょうど空いたので,今日の昼前後,2010年の御堂筋デモで知りあった大阪宣言の会の人らが毎週街頭で宣伝活動をやっているのだが,それを手伝ってきた.中年1人以外はみな老人... [続きを読む]

« 予算委員会公聴会 森ゆうこ質疑動画 | トップページ | 5月3日~5日新潟活動photo »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30