サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 森ゆうこ生活の党代表代行 参議院選挙最終日メッセージ | トップページ | 皆さんに励まされ »

これからも闘い続けます。

私に尊きご一票を投じてくださった皆さま、そして熱心に応援してくださった皆さま、議席を勝ち取ることが出来ずに本当に申し訳ありませんでした。全ては私の力不足です。

原発再稼働、年金抜本改革を先送りにした消費税増税、TPPなど課題は山積です。
休む暇はありません。

これからも闘い続けます。
130424hp_2

« 森ゆうこ生活の党代表代行 参議院選挙最終日メッセージ | トップページ | 皆さんに励まされ »

コメント

大変厳しい選挙戦で165308票

素晴らしい選挙戦だったと感じました!

今日から新たな戦い

必ず日本政界の要になると確信しております。

 ほんとうにお疲れさまでした。
 厳しい選挙戦。有権者の47.39%が,受け皿がない,また,大手マスコミの争点誘導とも言える報道で“身動きができない” 。そんなことが,民主主義に大きな足踏みをさせたのではないのかと,思っています。
 まずは,休養。3年後には,ぜひ,衆議院議員として日本の未来をひっぱってください。  不一
 

残念無念!
国会議員でなくても「政治活動」はできます!
もちろん、何の権限もない「いち国民、いち市民」の立場では
これまでとは異なり、経済的にも政治的にも困難を極めることでしょう。しかし、政治信条とされている『政治は生活』を実践されるうえで、わたしたち一般国民と同じ立ち位置、同じ視線で政治活動に取り組んでいただくことによって、地域社会、国民生活の一隅を照らすことはできると確信しております。ココロ折れることなく、明るく朗らかに、多くの支持者、仲間のみなさまとともに前へ進みましょう。

ゆうこ議員お疲れ様です。力強い責任感のあるメッセージ見ました(笑顔)。ある呟きに、自民党万歳、貧乏人の負け!。とつぶやいた若い方たち。道徳の劣化。小沢代表、ゆうこ代表代行、生活の党、候補者の庶民を思う気持ちは作られたものではないことは、民主党から国民の生活が第一の看板を持って出たときから変わっていないので信頼し応援しています。山本たろうさん、さわれないほどあついです。潰されないようサポートしてください。小沢代表、ゆうこ代表代行、生活の党の皆様身体をゆっくり休めて下さいね。

お疲れさま、今後とも応援します。頑張ってください。

 とても残念でなりません。あなたは国会にいるべき人です。
 あなたがたの考えているような国家像に賛同します。この間テレビでベルギーの国情を紹介する番組を見て、教育費、医療費の無料、老後の手厚い保障など、日本が目指すべき手本のような国だなと思い、その正反対の方向に進んでいる今のの日本に不安を感じざるをえません。
 腫瘍の悪性と良性を区別する要素のひとつに境界が明瞭か不明瞭かというものがあります。福島県知事の佐藤さんの件以来、日本には様々な癌のごとき暴力装置がそれこそ正邪の境界を曖昧にしながら複合的にこの国を誤った方向に持ってきたのを見せつけられてきました。癌は自律的に増殖しあちこちに転移し宿主が死ぬまで増殖を止めません。
 国民が、有権者が正しい知識を持ち判断できなければ現状は悪化の一途だと思います。国民の声を受け止められるような組織の一本化をぜひ、急いで作ってください。
 あなた方の理想とする社会の実現をこの目でぜひ見てみたい。
 大変でしょうが頑張ってください。

森ゆうこ様

お疲れ様です。
今回の選挙結果は大変残念でした。
これで参院には安倍政権を追及できるまともな議員がいなくなりました。

今回の投票率は約52%と言われています。
NHKを筆頭に大手マスコミは選挙前から自公圧勝を世論誘導し、相変わらず共同通信などはトレンド調査と称して自公圧勝を世論誘導しました。
ヨーロッパの国ではこの様な世論誘導をする事を禁止している国もあると聞いたことがあります。日本もそうすべきでした。

どうせ選挙に行っても自公が勝つから無駄だと国民の半分が諦めました。この大手マスコミ(依頼主は自民党)の作戦が勝利し、国民の半分が自らの基本的人権を捨てた選挙でした。
もしくは不正選挙マシーンの活躍で自公+その補完勢力が大勝利したのかも知れません。
選挙マシーンを使うのは仕方ないかも知れませんが、やはり最後は手作業で不正が無かったか確認すべきだと思います。

次回選挙は3年後になる可能性が高いですが、その前に消費税増税・TPP参加・原発再稼動・憲法改悪等の自公勢力の悪政で日本は崩壊してしまうでしょう。

選挙後半で自民党石破幹事長は兵役拒否をした国民は軍法会議にかけて死刑にする言っています。
TVではさり気なくニュースとして流していますが、自衛隊は海外でアメリカ軍・他と軍事演習を実践しています。すでにもう日本は戦争の準備をし始めています。
このことに関してどの政党もおかしいと言いません。
これで日本人は国連軍に参加という名目で戦場に狩り出され、その内の何人かは死んで行きます。正義が無いアフガン戦争では各国で戦死者が続出しています。憲法改悪で日本もこの泥沼の戦場に狩り出される事になるでしょう。

日本の崩壊を目の前にして、こんなはずではなかった、と言ってももうすでに後の祭りとなりました。
日本の行き先は絶望的になりましたが、この国にはまだ、小沢代表がいて森ゆうこ氏、三宅雪子氏他日本に希望を与えてくれる人材がいます。

私は森ゆうこ氏には衆院選に出ていただき、衆院議員になっていただきたい。と願っています。
日本崩壊までにはまだわずかに時間があります。
大手マスコミは参院で安倍総理が問責を受けた最低の総理大臣だということを必死で隠して今回の勝利を導きましたが、国会議員でなくなっても森ゆうこ氏なら必ず安倍政権を追及できると思います。

森議員には長い選挙戦を大変お疲れ様でした。
森ゆうこさんには充分に気力・体力・知力を蓄えていただき、今後も変わらないご活躍を期待しております。


新潟県民は森ゆうこ氏の良さが分からないらしい。
できれば三年後の衆議院議員選挙狙って下さい。
選挙が終われば、次の選挙の準備ですよ
応援しています。頑張って下さい

森ゆう子様
正直、本当に悔しいです。でも、戦い続けるというあなたの強い意志に『希望の星はまだまだ輝いている』の思いを強くしました。
これからもずっとサポーターでいきます。

追伸
これを機に、これまでの『政治』・『政党』の既成概念に捉われることなく、『森ゆうこ』として、組織団体に依存しなくても存立可能な、同じ志を持つ市民の力を結集し新たな政治の潮流を構築すべきであると提案します。小沢氏の政治理念はブレずにスジのとおった素晴らしいものです。したがって『生活の党』を否定するつもりはありません。しかし、政治は結果がすべてであるとすならば、衆参における選挙結果を真摯に受け止めなくてはなりません。これを永田町の論理で現有既成政党の離合集散による対立軸の形成に希求してしまうと、民主党政権と同じ過ちを繰り返してしまうでしょう。
新生『森ゆうこ』さんには大きな課題が2つあると思います。地域、生活に密着したところで「生活者の声」を政治の現場に届け実現すること。そしてもうひとつは現自公政権の受け皿となるべき新たな対立軸の構築です。『森ゆうこ』さんには政党レベル、国会議員の離合集散ではなくて、山本氏や三宅氏と連携して、志を同じくする市民の結集に力を注いでいただくことを切に期待します。

【異議申立・確認請求の趣旨】

平成25年 7月21日に行われた公職選挙法 第二百四条に掲げる「参議院議員の選挙」における当選・落選の「効力」について異議を申し立て、当選・落選の「効力」を有しないことを確認する〔ただし、参議院議員の「選定」について投じた有効票に比例して導き出されるべき結果と一致する部分を除く〕。

【異議申立・確認請求の理由〔概要〕】

無用の死票を生じること、及び、有効票に比例した結果〔当選・落選〕を得られないことについて、予見可能、又は、既に指摘され 、且つ、回避可能であるにもかかわらず、選挙制を改めない立法府の不作為は、憲法 前文に掲げる「国民の厳粛な信託」を害し、憲法 第十五条1項、並びに、憲法 第十七条に反する。
___

 今回の参議院議員選挙の結果として、ねじれは解消しました。

 つまり、選挙制度の違憲性について、与党は、是正することが可能であり、違憲状態が継続する結果について、回避義務を負います。

 是正しない不作為については、与党の責任を徹底的に追求しましょう。

 ただし、その前提として、選挙の効力について異議を申し出るために、訴えを提起するか、参加の申出をして、違憲判決を勝ち取る事を要します。

森ゆうこさん
大変お疲れ様でした。
私は新潟ではありませんし、新潟に行ってもいませんので状況が分かりませんが、森さんが当選されなかったことは生活の党には大きな国会活動で痛手です。

有権者の審判の結果ですから、受け止めなくてはなりません。

しかし、今回の生活の党の惨敗は何に問題があったか。

総括する必要はあると思いますが、私は選挙の戦い方以前に、マスコミの報道に国民は誘導されてしまった。

特に「ねじれを解消出来るか」というフレーズは国民に自公に入れないと捩れが解消されない、ここは自民党に入れるしかないだろうという国民感情が働いたと見ています。

原発やTPPは争点にならないように隠したことと、マスコミがそれを言わなかった。

今回の選挙区で注目をしたのは山形選挙区です。
山形のJAがTPPに真っ向反対の「みどり」の舟山候補を支持した。

しかし私は絶対に自民党の大沼候補が勝つと見ていました。
自民党候補のTPP発言で「攻めるところは攻め、守るところは守る」という言葉に有権者は「そう言っているんだから我々を守ってくれるよ」という催眠術に引っ掛かるだろうと思いましたが、案の定でした。
ある意味、この山形の選挙区が全体の情勢を見るスケールでした。

そこで、今後の政治活動です。

マスコミは森さんの活動を取り上げませんし、ネットも新潟では効果は薄いでしょう。
森さんは検察や最高裁の官僚を問い詰めるときの舌鋒は鋭いものがあります。
鬼気迫るという感じですが、これがテレビ討論になるとカラキシ下手です。

どうも小沢一郎氏の事件以外の経済や外交などの討論や演説は苦手のようですね。

話し方が考え込んたり、詰まってしまうところが視聴者に訴求力が無い。と見えてしまいます。

やはり以前から申し上げていますが、地元でのミニ集会を数多く開く。
TPPの問題で言えば農家の人たちに(生活の党支援者だけでなく)訊いて回る。

その一つ一つの問題を生活の党の議員とネットワークで結び(これが難しいか?)どう解決するか、その糸口を地元の有権者と一緒に考える。
そしてそれを組織化する。

今までもやっていることだと思いますが、もう一度角度を変えて考えてみてはどうでしょう。

非常に残念でした。残ってほしかった。
ですが、今後も頑張ってください。【小沢一郎】を助力して下さい。
この先、必ず、必要だと声があがります!
応援してます!

お疲れ様でした、ひとまずごゆっくりお休み下さい。

充電下さい。

小沢代表をお守り下さい。

特に、検察の不正につき厳しい姿勢を貫く事を、心より願っております。

森ゆうこ議員、同志のみなさま
本当にお疲れ様でした。

国営放送を筆頭に大手マスゴミの徹底した争点隠しで、「生活の党」は一切報道されない。既得権益集団には本当に腹が立つ。
また民主党候補を担いだ労組の組織票とは何ぞや。連合の立つ位置は国民目線ではないのか。

どんな事があろうと、私は森ゆうこ議員を断固支持していきます。

森さん、お疲れ様でした。
本当に 残念です。
これからの 日本の未来が 不安です...
ゆっくり 休んで、パワーをためたら、
日本に 明るい光を照らすため、
また 力強く 頑張って下さいね!
応援しています!

日本の国会からは事実上、野党は消滅したと思います。これからは、オール与党の国会になるでしょう。オール与党の国政に対抗出来るのは地方自治です。森さんにお願いです。新潟で、国政に対抗できる勢力を作ってください。県知事選挙・県議会議員選挙・主要都市の首長選挙と市議会選挙に、生活の候補を擁立して、ぜひ国政の圧力に対抗できる勢力にしてください。

国会を指差す、このパロディ風?の絵、いいですね。国会復帰を目指す意志と、「いいか、国会、私、森ゆうこが監視してるぞ!」との意でしょう。絵葉書で1枚欲しいのですが。さて、選挙のプロ小沢氏が自信満々に3年後を見据えておられるご様子。結集による大逆転でしょうか。その時は森さんの真価の時ではないでしょうか。   山形県酒田市より

昨日の夜は、残念で眠れませんでした。
小沢さんを信じて、比例区は生活に入れました。
選挙区は、新潟でないため、生活の党の方が出ていなかったので、入れられませんでしたが。
森先生の姿が、国会で見られないのを考えると、涙といいようのないさみしさを覚えます。
再起をお祈りいたしております。

付け足しです。掲載の絵は、“女ハマコーさん”の様でもありますね^^ プロレスラーとも闘われる訳ですから、応援を込めて、そう貰うかと。
 月光のおじさんが「参院選でも不正選挙があるぞ!」のFAXを、いの一番に「森さんの所に送った」と言ってましたよ^^)

森ゆうこさんの強さを心より尊敬しています。勇敢なご活動、今までどうもありがとうございました。東京都民なので投票できず、このような結果になり本当に残念でなりません。皆さまのコメントに全く同意です。どうかゆっくりご静養なさって、また国会にご復活されることを願っています。

これで、ねじれを解消:つまり、自民党政権が一党で、即席支配できる国になってしまいました。 このTVの報道で、「ねじれを解消」という言葉も、まるで良識のあるような発言ですが、実は、凶器のように支配できる国にしてしまいました。 これから、安倍政権は、国民が嘆こうが、放射能を垂れ流そうが、危険な食物が広がろうが、悪いことばかりが起きるように好き勝手やるでしょう! 

新潟県で、企業などの応援が無く、個人で16万票以上もあったのですから、森ゆう子議員の信頼はとても厚いものです。

きっと、神様は、森ゆうこ議員は、参院よりも衆院で活躍できるようにしてくれているのだと信じています。

これだけ大変だった選挙、さぞお疲れになったことでしょう。 ゆっくり休憩なさって、また新たな活躍を期待しております。 

少しだけ、お休みなさいませ。

脱原発、反TPPを望む国民を代表して、また小沢氏の後継者として厳しいマークを受けながら果敢に戦って下さりありがとうございました。国会は新自由主義政党と共産党つまり金儲け至上主義とマルクス主義の2種類のイデオロギー政党に占拠されました。米英独の主要紙が「原発事故に無策な日本が太平洋を汚染している」「福島の事故を封じ込めることは不可能ではないか?」などと批判しているのに日本のマスメディアは知らん顔。国民は目も耳も塞がれています。セレブ・芸能人に乗っ取られた国会を政治家が取戻し、正気の報道人がジャーナリズムを取り戻すまで戦いは終りません。武器も軍隊もない戦争TPPに引きずり困れる日本。99%の国民が安価な労働力として使い捨てられ安全な飲料水や食糧も1%が独占するTPP。
美味しいこともなく苦しい困難な戦いですが、森ゆうこ先生はリタイアしたり、不用意な弱味につけこまれて既得権側に利用されたりせずに、政治家の使命を果して下さると信じています。心身をリフレッシュして再スタートし、小沢代表や前職の方々だけでなくみどりの風などの99%の1人として働ける政治家たちと協力してオリーブの樹を植えて緑の国土を守って欲しい。

お疲れ様でした。新潟県民の皆様が、森ゆうこ議員の必要性を知らぬわけがありません。

残念ながら、今回もまた恐らく不正選挙でしょう。

個人票もさることながら、生活の党の比例票がこんなに少ないわけがありません。解決策が見出せないので、愚痴にしかならなくて大変申し訳ないのですが・・。

日本はもう国家の体を成してません。

100万人規模の犯罪組織に1億3千万の人々が牛耳られてしまっているプランテーション状態です。

森さん今回の選挙の結果は大変残念な結果となりました。しかし私はまだまだ諦めていません。勿論森さんも諦めていないでしょう。日本の最後の最後の三年後に期待したい。
どういうかたちで森さんはレベンジするかは解かりませんが是非それまで応援をしていきたいと思います。舌鋒鋭い国会での森ゆうこさんを見られないのは残念ですが、三年後の森さんに期待したい。

新潟県民でなくて残念です。森さんは生活の希望の星です。理念や信念でなく自分の損得やしがらみで投票する人があまりにも多い。既得権益者と戦うのは強い組織がなければ大変困難ですね。それにも拘わらず16万近い得票は日ごろの活動の賜物です。眠る暇があるのかしら、と思う程多忙な中で体が心配でした。NHK等テレビ討論も拝見しましたがTPPや原発についての討論の時間が無くてマスコミの意図的な争点隠しがありました。ネットでの党首討論も自民の横暴で無くなり折角のチャンスを失いTPPの問題点も指摘出来ずマスコミによる農業問題への矮小化を是正出来なかったのも痛かった。同じ様な主張の社民も同県に立候補したのは痛かったですね。話合いで連携出来なかったのですか?矢張り自民に対し乱立すると損です。山本太郎さんの取られた戦法が参考になると思う。森さんには、これからも党の中心になってネットで配信続けて下さい。応援しています。

森さんお疲れ様でした。ゆっくり充電して下さいね!ひとつ公明党の山口さんに言いたい。ねじれ解消と叫んでいましたが、自分こそ与党で自民と政策も殆んど一致していないのに選挙目当ての自民党と野合し、ねじれている事には気が付いているのか?と言いたい。自分達こそねじれ解消すべきでしょう。これから安倍さんが憲法改正等で段々ヒットラーの様に独裁色を強めて行く事が心配です。今回の様に投票率が低いと心配です。森さんの復活を願ってます。

お疲れさまでした。

“これからも闘い続けます。”のタイトルを見て、思わずコメントしました。
落選された事が、本当に信じられず一支持者として、森さんの次なる闘志にこれからも応援いたします。
タラレバで個人的な意見ですが、民主党時代にしっかりと菅を降ろして、不道理な検察による権力に対しての責任追及(組織の長)を民主主義のもと国民の前に知らしめてほしかったです。
参議院での中継で、しばらく森さんの歯切れの良い言葉が聞けないのが残念ですが、165308票プラス全国の森ゆうこ支持者が居る事を感じて、一層のご活躍を期待いたしております。
“原発・TPP・検察”どれもドラキュラみたいで、光を当てれば消えて行くようなもの…、どうか私達国民に希望の光を当てていってください。
ずーーーっと応援しています。

森ゆうこさま

本当にお疲れさまでした。
生活の党は、大変残念な結果になってしまい、
ただただ、悔しい思いです。
支持者は「めげずに頑張ろう!」で心を取り戻そうと
励ましあっています。

森さんも暫し、お疲れの羽を休めたら
また、必ず歩み出して下さい。

日本の良識を取り戻すために。

昨日の夜から悔しい思いをしています。

結果に納得していません。小沢さんや森ゆうこさんの正義や真っ直ぐな強さをを怖がる哀れな者が働いた不○のように感じています。

一人一人の目線に立ってくださる議員さんは県内を探しても森ゆうこさんだけでしょうね。

これからも応援し続けます。お体を大切に過ごされてくださいね。

ありがとうございます。

まさか森さんが落選とは・・・。志がある政治家が認められないのは残念です。あれだけ検察と戦ってこられた方なのに。しかしあきらめないで下さい。見ている人は必ずいます。次こそは当選できると信じています。

長い逆風の中での戦いでした。
小沢つぶしの出鱈目報道をしておきながら、小沢無罪の結果に謝罪もせず、いまだに「うそ」の報告書と言い放つのがマスコミです。そして、裁判後は、全くの無視。

報道が今のままの状況であれば、大衆はマスコミの敷いた道を進むだけでしょう。
かつては、そして今現在もそうなっています。
こんな愚かしい恐ろしいことはありません

けれども、今はネットという武器があります。
日々の活動を、ネット配信できますし、政府のおかしなところを批判することができます。

小沢さんの後継者の声もある森さんは、今後の日本になくてはならない存在です。
それは鋳薔薇の道でもありますが、がんばっていただかなくてはなりません。
新潟は当方の選挙区ではありませんが、これからも応援しております。

謝る必要一切無いです。精一杯戦ったと思います。
勝利に届かなかったのは自公に政権交代してまだ半年程度。
与党を評価するにはまだ早すぎることと一方の野党がバラバラで
信頼の受け皿になっていないので国民は今回の選挙に関心が薄かった。
無党派層は棄権を選択したのだろう。結果投票率の低下を招き、
圧倒的な組織票にオンブする自民、公明、共産等が議席を増やした。
支持が増えたのではなく無党派層がそっぽを向いた。
小沢代表は戦う前から三年後の衆議院選挙に照準を合わせていました。
その時までは自公の評価もきちんとされるだろうし、野党もこのままバラバラでは
駄目だということが今回の選挙で身に染みたので再編の動きも出てくると思います。
生活の党の政策は間違いなく国民の大多数が望むものであり、今後も引き続き
粘り強く訴えるべきです。
森さん 一番悔しい思いをしているのは森さん本人だと思いますが持ち前の
闘志で立ち上がって下さい私はずーと応援します。
先ずは充分休養してくださいこれからたっぷり戦う時間があります。
生活の党と森ゆう子さんに希望を託します。

森議員の支援者の方々ってどうして批判ばかりなのでしょうか 投票結果をちゃんと受け止めるべきです 私は新潟県民ではないのでどうでもいいですが 小沢代表に金魚の糞みたいにくっついているかぎり支持出来ません 森議員を支持してない県民・国民を責めるのは最低です もっと現実を見て下さい 生活の党が支持されていないのは紛れもない事実です 批判ばかりするから見捨てられたのでは 議員本人も支持者も

森議員と同志の皆さん。
選挙結果は残念でなりませんでした。
生活の党と言う政党が国民の望むモノと離れていたのかもしれない。しかしながら議員達がやって来た活動は真っ当な人間の活動だったと思います。
自民の大勝はこの国を危険なターニングポイントを放り込んでしまうでしょう。
確かに終戦時にアメリカが書いた草案丸呑みの憲法は日本人、今の日本人にそぐわなくなって来たのかもしれない。
だからと言って、軍拡が許される訳ではない。ちゃんとした手続きを踏まえた改憲が行なわれるには、やはり野党の監視と意見が必要デスね。
ネットの拡散は正解も不正解も一緒くたな混同情報が溢れています。
ネットが真実と妄信している若年層が催眠に掛かった様に改憲を支持している。
隣国がどうしょうもないのは長年放置していた自民党デスね。
半島と癒着が深いエージェント議員達の暗躍が歪みの本質でしょう。
誰も正解を導け無いのが今の日本。
地道な長い政治活動が始まります。挫けず人心を解きほぐす絶好の機会と捉えてやって行くのが生活の党の使命だと思います。
次は自民党の終焉になる様に。アメリカの51番目の属州から真の独立を達成出来る様に。

これからも応援し続けます。

選挙戦本当にお疲れ様でした。改めて大きな組織票と言うもの力を見せつけられ残念な結果でしたが、そんな組織や既得権に真っ向挑んで行くあなたをこれからも支持し応援させて頂きます。残念ながら新潟県民でないので直接かたちとしてのものはできませんが。

“多くのこの国の政治家の言葉を聞いたことがあります。小沢信者ではないのですが、小沢さんはあれほどの傷を負いながら未だ、政治を動かせるコアの中に居て多くの同士を動かせる力は誰にも真似出来ないでしょう。本物でないと出来ない力です。また、小沢一郎さんほど政治家らしくない政治家を私は知り得ません。何を言われようと一切いい訳を言わない。選挙重視だと言われることもありますが、基本的に掲げた政策はブレテいません。選挙=戦って勝たないことには政策も何も無いのです。

ですから、国民の事を考え選挙の為に色んなアイディアを試みる事は納得出来ます。仏教大師“最澄”の言葉に“忘己利他”(もうこりた)という言葉があります。
己を忘れて他人の為に尽すという意味合いの言葉です。思いやりという概念の心で感じとり実行出来る究極の優しさ・想い=愛だと思います。
この言葉の似合う最も政治家らしくない政治家小沢一郎さんは最も政治家らしい政治家と言える。“上記のコメントは7/15日の私のblogに掲載した内容です。
いろんな弊害もあったのかもしれませんが、今回は上手く国民に生活の党の真意が伝わってなかったように思います。
最も政治家らしくない政治家小沢一郎さんの後継者は森さんしかいません。これは神が与えた充電期間と考え精進ください。更なるパワーアップした森ゆうこを待っています。

 大変、残念な結果になってしまいました。
しかし、我々国民にはどうしてもあなたが必要です。
あなたの感性、あなたの勇気、あなたの誠意、
どうかこれからもがんばってください。

多くの国民があなたを応援しております。

これからが心配です。

トテモ残念。

森ゆうこ先生、昨日の選挙結果は本当に信じられなかったし、昨夜の選挙報道番組で
森先生が「私の力不足」だと会見されているのを見た瞬間、えっ嘘だろう!って思いました。

私は、「検察の罠」と新著「日本を破壊する5つの罠」を読みました。
小沢先生の件では全く反省していない検察しかり、アベノミクスの罠では庶民には
恩恵がないだけならともかく、今以上に重く負担がのしかかってくることになるんですよね。

今回の参議院選挙は、原発やTPPや憲法改正などの自民党の政策を隠して
既得権益の甘い汁を吸いまくっている大マスコミが国民に耳障りがよくて
ねじれを解消すれば、政治が前に進んでいきやすくなるので、これからもっと多くの人に
景気の浮揚を実感してもらえるようになると、嘘の報道をしてそれを多くの国民が信じてしまった結果だと思います。

森先生、参議院2期12年の任期、お疲れ様でした。
残念ながら3期目は叶いませんでしたが、3年後の衆議院、もしくは地方自治
いずれにしても、森先生のような優秀な政治家の方には、今後もまだまだ活躍して
もらわなければ困りますけど、まずはゆっくり休養をしていただき
今後の活躍に備えてください。期待しています。


国会のテレビ中継を見て、舌峰鋭く、日本のサッチャーになる人だと
ファンになりました。
今回の落選、残念でなりません。
私は生活の党の、党員でもありませんし、新潟県人でもありません。
でもわかります。
森さんは参議院に必要な、いや日本に必要な人!
どうか挫けず闘ってください。

森ゆうこさま

ご苦労様でした。
あなたは小沢一郎さんと並んで、日本の良識ある人々の希望の星です。

残念な結果となりましたが、不正報道を垂れ流すマスゴミや裏社会・闇勢力にやられたのだと思っています。前回同様の不正選挙の疑いもあります。

一方で、もっと多くの国民が目覚めるには、自公とその補完勢力に騙されたことをひしひしと感じるまでは、本当の「国民のための政治」を理解してもらうことは無理なのかもしれません。

戦争、貧困、失職、飢餓が自分や家族に襲いかかるまで、騙されたい、夢を見たいと思っている国民が多いのかもしれません。嫌なことは見ない、考えない、知りたくないと思っているうちに、がけから突き落とされる、それまでは気が付かないのかも、いや、気が付かないことを選んだのかもしれません。

3年後を待たずして、多くの日本人はアメリカの99%と同じ状況に陥るでしょう。
その時の道しるべ、指導者として、より一層の勇気と力量を蓄えてくださることを、森ゆうこさまに期待いたします。

 森先生のような原発や放射能の問題、TPPや消費税などの問題で本気で取り組んできた政治家の方が議席を失ってしまうなんて信じられません。ただ森先生に集まった16万票の意味は、自民なんかに集まった票とは意味がまったく違うと思います。なぜなら森先生に集まった票の、一票一票は森先生がされてきた活動をちゃんと見てきた人たちが「森先生なら信頼できる」、「森先生にこれからも国会で闘って欲しい」と願って投票した一票一票です。自民なんかに集まった票はテレビや新聞に騙され、洗脳された人たちの票です。この違いはとても大きいと思います。
 いまテレビや新聞は安倍政権が長期政権になるような報道をしていますが、本当にそうなるのでしょうか。いまの政権がやろうとしているのはTPPや消費税大増税、原発再稼働、際限のない金融緩和などとデタラメなことばかりです。そのうちアベノミクスというメッキが剥げてきてデタラメぶりが露呈してくれば政権が持たなくなる可能性だってあると思うのです。
その時、解散総選挙があるかもしれません。そうなった場合にはぜひ衆議院選に出馬して頂きたいと思っています。これからも応援しております。頑張って下さい。

森ゆうこ様
長い選挙戦本当にお疲れ様でした。
私は森議員を知ることで政治の実態がよく分かりました。
議員さんの中にはこんなにも熱く、前向きで、本気で、真剣に国民の立場で
行動し活動されている方がいると知ったのが森議員でした。
いろいろな意味で感銘を受けました。
しばらくは生活の党、党員での役目としてテレビ討論に参加して
生活の党の理念や森様のお考えをぜひ聞かせてください。
そこは可能と思います。
新潟選挙は建設業界、原発関連、電力関連等の組織力との戦いで
市民はおそらく組織力に盲従となってしまうところがあったでしょう。
これからも市民の皆さんに森様のお考えを発信していきながら、大事なことを
心に届けてあげてください。

2013年参議院選挙後も、生活の党と小沢氏、森ゆう子氏を応援しますよ(^u^)!!


みなさま、お疲れ様でした。私も生活の党のビラを総計2200枚、知人と配布しました

(^u^)

三年後には必ず、国民の生活が第一と考える党がどこなのか、日本国民にもわかることでしょう。

森さん、お疲れ様でした。これで、泉田知事の援護射撃が手薄になり、原発再稼働か、と暗澹たる気分です。

森さんには、何が何でも国会に戻ってきていただかねばなりません。その日まで、健康第一で頑張って下さい。

ねじれ解消選挙にやられましたね。しかし、ひとつだけ良いことがありました。今後の責任を自民党に負わせることができたことです。それで国民が豊かで幸せになれば、結構なことですなのですが、期待はできません。なぜなら、その気も覚悟もないからです。だから3年後また政権交代がありますよ!違憲で暫定的な政権でなく真の民主政権の誕生です。山本さんのような若い力も楽しみだ。その日まで準備して頑張っ下さい。私もその日まで虫の世界に戻ることにします。ピョン

戦う前から負けていた!?この完全なる敗北の敗因を深く考え、活かさなければ、次回の挑戦も厳しい結果になるだろう!

森さん、こんにちは。選挙戦まずはご苦労様でした。
落選の報は昨日の夜11時過ぎに聞きましたが、残念という気持ちとやっぱり予想どおりか、という腹立たしい複雑な気持ちでございました。
それにしても、ここの森さんの支持者の人達はやさしいですね。自分は森さんはじめ、生活の党候補者全員落選と聞いて頭にきています!

党首の小沢さんの会見からもここまでの完全なる負けというのは予想していなかったようで、狼狽ぶりが伝わってきましたが、あえて有権者の一人として厳しい意見を書きます。

肝心の獲得票ですが、以下の結果でした。
塚田 一郎
自民 現 49歳456,542
43.0%
当風間 直樹
民主 現 46歳204,834
19.3%
森 ゆうこ
生活 現 57歳165,308
15.6%
米山 隆一
維新 新 45歳107,591
10.1%
西沢  博
共産 新 33歳60,317
5.7%
渡辺 英明
社民 新 63歳46,101
~以下省略。

自民票がここでも圧倒的だったのは分かるとして、民主の2位当選は、組合や官公労の組織票の力が大きかったのでしょう。森さんも多勢に無勢だとおっしゃておりましたね。
やはり残念なのは、与党への批判票がバラけてしまったことで、社民や共産党と選挙協力できていたら、16万票獲得した森さんは当選できていたかも知れません。

私は選挙というものは、候補者がこれまでやってきたことへの審判だと思っておりますので、やはり森さんが民主党に在籍していた3年間、そして離党してから国民の生活が第一、未来の党、生活へと度重なる政党変更に対する不信と説明不測が有権者からの厳しい評価になったものと推察しています。

これは、民主党がたった16議席しか取れなかったのに加えて、そのほかの元民主党議員も軒並み落選したことを考えるとよく分かります。有権者の民主党への気持ちは、政策うんぬんよりも嫌悪に近いものがある。
有権者の一部は、森さんらを一様に公約破りのペテンの民主党上がりの立候補者としか見ていなかったのかも知れません。
菅や野田を総理の座から降ろすか、それができないと分かった時点で皆で離党して新党を結成していれば、ここまでの敗北は無かったと思いますし、そう考えるともう選挙戦の前から負けていたようにさえ自分は感じてしまいます。

選挙戦では、自民党は日本医師会や郵便局長会など各界の代表を、民主は労働組合の支持を取り付けていた中で、支持母体を持たない森さんら生活候補は苦しかったと思いますが、それはみんなや維新の会も同じことだ。
しかし、維新やみんながメディアの露出もあろうが、それなりに当選者を出したことをもう少し真剣に考えてもらいたい。

もっと言いたいことは、大きく支持を減らした民主党候補者にも負けてしまったことだ。嫌われている民主候補にも負けたのは深刻で、次回の選挙では維新のほかにもみんなの党が参戦してくるかも知れません。

さて、今回よりネット選挙が解禁されて森さんは、私ら支持者に対して演説日程など細かくメールしてくれましたが、自民党は選挙運動のプロアドバイザーが全国の各候補者にタブレット端末で、演説の内容をその日ごとに的確にアドバイスしたりと特性を最大限に活かした運動を行なっていたのに驚きました。生活は相変わらずの昔ながらの田舎の選挙運動で、車と徒歩くらいの差があった。

期間中は街頭演説の様子もブログでUPされていたので見ておりましたが、有権者は殆ど関心を示していないようでしたね。こういう場合は町会議員選挙だろうと国政選挙だろうと殆ど負けるのです。
私はあの画像を見て、たぶんダメだろうと思いました。
あと森さんの話は確かに正論だが、あまりに八方美人過ぎた。アベノミクスに対するダイナミックな経済政策に対して、反対だけのスケールの小ささも、有権者は感じ取ったのだとも思う。
これはみどりなど他の党の街頭演説にも共通していた。

今回の選挙では、みどりの党、みどりの風、新党大地などミニ政党が乱立しましたが、我を通して結果は予想どおり全員落選でした。私は生活からは1人は当選すると思っていた。。
事前の選挙協力もなく、比例代表の統一名簿すら作成できなかったのだから、与党の支持が大きい中では当然の結果だったろう。
統一名簿も作らずに選挙協力もしないで、飛沫政党だけで選挙戦を勝ち抜けると思っていたのなら、いくら何でも有権者をなめ過ぎですよ。次回立候補するのなら、最低でも50人以上は擁立してからにして下さい。1人や2人で政策とか原発止めるなんてできっこない訳ですから。

今度の選挙は人より政党だった為に、ろくでもない候補者でも自民なら当選できた。認知度が低い生活が、更に資金不足、候補者不足で選挙区に満足な数の立候補者を立てられなかったのは痛かった。

生活の党の落選の理由をまとめてみました。
・政党の知名度不足~新政党ゆえ未来の党なんだか生活なんだか、今だによく分からない有権者も。
・政党の野党としてのスケールの不足~自民アベノミクスに対抗する政策なし、具体策無くただ反対ばかりで、共産党みたいだった。
・政党の政策と有権者の関心のズレ~福島をはじめ原発立地県でも自民が軒並み当選している。有権者は、原発よりも経済や雇用、年金を重視していた。
・立候補者不足~選挙区の立候補が僅か4名では、与党有利の国政選挙は勝てません。有権者は勝ち馬に乗るから。
・事前の政党間の選挙協力の無さ~生活と政策が似通ったミニ政党間で、比例の統一名簿すら作れないのでは、勝てるはずがありません。
・組織票が無いこと~森さん自身もおっしゃっていましたが、分かっていたなら支援団体を集める努力をするべきだった。
※街頭演説に人が集まらない~私の個人的に確信する落選候補者に共通する点です。ブログ見てそう思いました。

私個人の一人の当選者も出せなかった生活への気持ちとしては、残念というより、何で我々支持者の期待を裏切ったのか、腹立たしい気持ちのほうがはるかに強い。もう寝てられないくらいだ!

組織票の無さを森さんも敗戦の弁の中で言っていたが、それよりも組織票を獲得する努力はなされましたか?円安の恩恵を受けない内需産業の団体や、原発に不安な婦人会など探せばいくらではあったはずだと思いますが・・・。
選挙前の準備や根回しが全くできなかったのは、生活のようなミニ政党では致命的だった。

森さんは、捲土重来を期すとのことですが、次回の選挙の時も今回と同じようなことをやっていたのでは、たとえ与党が敵失してもその票はみんなや維新の会に持っていかれるでしょう。
はっきり言って今回と同じでは何度やっても負ける!勝てませんよ。

本当にいい事の無い選挙結果でしたが、そんな中で東京選挙区の山本太郎氏の当選は輝いていた。一筋の光明と言っていい。
彼は、組織も何も持たない中で最激戦区の都を制した。山本氏は期間中に「飛沫政党が比例の統一名簿も作らないで勝てる訳がない」とも言っており、選挙では一年生のドシロウトでありながら、森さん達より遥かに選挙戦を熟知していたように感じます。
彼の頭に100円ハゲを作るような死ぬ気の戦いの中に、次回選挙での森さんや生活の党復活のヒントがあるかも知れません。

生活以外でもみどりの党、みどりの風、新党大地は当選者ゼロ、社民が1票という現実を深く考え、森さんや生活を支持しなかった有権者の声にも耳を傾けて下さい。

森さん、お疲れ様でした。・・・本当に残念でした。
新潟の方々は、絶対に森さんを選んでくださると信じていました。
残念で残念で仕方ありません。

でも、森さんは本当にお強いですね。これからも闘い続けることを力強く宣言してくださいました。私と言えば、選挙結果を見て寝込んでしまっていましたが、森さんの宣言を拝見し、あわてて飛び起きました。ここで諦めては、私たちのおこした問題の数々を次世代に背負わせてしまいますね。それではこのあと、この国を引き継いで頑張らなければならない子孫に申し訳ないですね。私たちの時代の問題は、私たちの時代で解決しなければならないのですよね。一緒に頑張りたいと思います。
これからも、小沢氏と森さん、生活の党を支持し続けます。どうぞよろしくお願いします。

今回の選挙結果で唯一の救いは、山本太郎さんが当選してくださったことです。
山本さんと同じ若者のミュージシャンの三宅さんは残念でした。
三宅さんと言う若者もとても素晴らしい若者ですね。お話しを聞いて感動しました。
あの様な若者達が、この国の危機を感じ取って政治を志してくださった事に大きな救いと新しい政治の始まりを感じています。勇気ある彼らに大きな期待をしています。

山本太郎さんが頼りにしていた森さんが落選なさってしまったことで、山本さんのこれからの苦難を考えますと、とてもとても心配です。森さん、どうぞ、今までの経験を活かして、山本さんの相談役とサポートをお願いします。小沢氏の長い議員経験を通したアドバイスも彼らには必要だと思います。大きな、大きな既得権益にどう立ち向かっていけば理想に近づき、実現できるのか、特に官僚対策などのアドバイスは必要だと思います。彼らが潰されないようにどうぞお力添えをお願いします。

三年後の衆議院選挙に向けて、政党編成での新しい器作りにも期待していますが、新しい政治に踏み込んだ若い方々との連携も期待しています。彼ら若者の演説らしくない演説に、大年配の私でさえ感動いたしました。考え方も新鮮でした。選挙運動や政治にも若者の感性や考え方、形を採り入れて変わる時が来ているのではないかと感じています。ドロドロした古い選挙方法や政治は若者の政治離れの原因になっているような気がいたします。若い彼らを活かした政治をお願いしたいです。その辺は、比較的お若い森さんにリーダーシップを発揮していただき、選挙形態も政治も変えていっていただけることを期待いたします。
ご高齢の小沢氏のお支えも、森さんどうぞお願いします。国民にとって大切な方ですので、酷なことですが、もう少し頑張っていただかなければなりませんから。

森さん、三年後の衆議院選挙できっと復活してくださいね。
三年後の森さんの復活とともに、既得権益打倒の政権交代がまた起こることを祈っています。森さん本当にお疲れ様でした。

昨日森さんに一票を投じた新潟県民です。まだ信じられません。
善戦にかかわらず新聞テレビのプロパガンダが保守的で素直な?県民の心に浸透したのか…
全国の森さんファンの方に対し、県民の残念な選択に申し訳ない気持ちです。
これからの日本や柏崎刈羽原発の行く末を思うと暗たんたる気分ですが、今はゆっくり休養されて、絶対また国政に戻ってきてください!
お待ちしています。

非常に残念な結果でした。
大マスコミの誘導作戦は見事成功した形ですね!!選挙前に与党の圧勝を報じて、投票に行く気を失せさせる報道でしたね!!
今日から、日本は破滅の道にまっしぐらになりますので、書き込んでいる皆さんは、この国を捨てて、民意が通用する国に亡命するしか良策はありません!!

国政への復帰、御待ちしています。

このコメント欄が示す通り、貴方は周りのYes manしか耳を貸さない。
まっとうな日本人、有権者がコメント欄をみたら、アレ?と素直な違和感を覚える。
それに何とも思わないのか。民意に訴えたいというまえに、民意を聴く努力をしてはどうだろう。
如何なる状況であれ、有権者は小沢一郎の支援に労力を割くために国会議員一人を選びはしない。

ゆう子ちゃん(我が家は家族でこう呼んでいる)、本当にお疲れさまでした!

選挙から二日経って、今更ながら、ゆう子ちゃんが落ちたなんて未だに信じられない想いでいっぱいだ。残念で残念でくやしくてたまらない気持ちでいっぱいだ。
何かやろうとしても気持ちが定まらない。
この二日間我が家も、また殊に私めの気持ちがいつもと違い重くて仕方がない。

しかし、しかし、いつまでもその気持ちを引きずっていても埒がない。安倍政権がこのまま三年も続くとは考えられない。原発再稼働や、身近な問題として消費税増税、年金支給額の減額など、国民の側からフラストレーションが起こり必ずや一年以内にでも破綻を来すときがやってくる。
今の分かりにくい政党分布が少しずつ淘汰されていくだろう。

気持ちを切り替えて(自分のことなんだけど)次に向けて捲土重来を来す。国民の命と生活をきちんと見据えている真の生活のサポーターが全国にいっぱいいるんだから。

私の好きなブログの一つに「“生活の党”ゼロがマスメディアの合言葉だろうが、予想以上の票を獲得している」と載っている。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/151054157af9f5210d3f19236459447e?fm=rss

是非とも、皆さんもご覧ください!

ゆう子、リセットしてゴー!!

力不足?
違うでしょ、
有権者が怒ったのは選挙前に総理に対し問責を出した事なんです。
大事な法案が廃案に、
今回の選挙で問責を出した党は全滅。
貴方達は何やってんですかね。

森さん、今後も闘うのもいいのですが、小沢命だけはやめたほうが良いと思います。小沢はもう終わった人ですよ。東北の地元でも終わった人になっていますよ。1日でも早く他の党に移籍を考えた方が良いのではないでしょうか。私も鳩山を小沢が首相にするまでは本当の政治家だとおもい応援をしてきました。鳩山を首相にした時点で小沢は馬鹿だとおもいいっさい応援をやめました。私達小沢を見ていれば義理も人情もない人ですよ。括弧だけつけている人ですよ。だから今まで小沢についていた人はみんないなくなったでしょう。だまされないように考え直していただきたいものです。再考を。。。。。。。


本当に残念な選挙結果に驚いています。
非常識の謗りを受けることも厭わず申し上げます。
安倍内閣の誤った排他的民族主義に立脚する憲法破壊行為を阻止する行動を起こして頂きたいのです。

そのために是非お願いしたいことは党勢の拡大です。
野党の中に居る政治的主張を同じくする方々を一つにまとめることが喫緊の課題だと思います。
早速武器輸出三原則の切り崩しが報じられています。(もっとも、これは民主党政権時代に目論まれていたのですが)
悠長に構えていれば、あっという間に軍国化されてしまう危うさが現実に迫っている今、一刻も早く同志を集めて頂くことを切にお願い申し上げます。
森ゆうこ様のこれからのご活躍を心から期待しております。

森さん今回の選挙は残念な結果となりさぞかし無念で有ったと思います。選挙から2日が経ちました。選挙中は全国遊説や県内での遊説をこなしさぞかしお疲れだと思います。
今回の選挙で自公政権が誕生してしまいました。この政権を止められるのは森さんだと思います。
自公政権は日本は自然災害が多い事を指摘います。原発は安全が確認出来しだい再可動していくと云っています。中越地震・中越沖地震・佐渡沖地震とたてつづきに地震が起きているのに羽原発を再可動させようとしております。ましてや刈羽原発で発電された電気は関東圏へ送られています。刈羽原発の事は国会で安部首相に森さんは真っ向から質問しても回答はなしでしたよね やはりこれを阻止出来るのは森さんだと思っています。社会保証せいどや子育てについて主張されておられました。いち早く国政に戻られる事を望みます。
高齢者や子供の他に障がい者にも光を当ててください。働ける状態の方には仕事の斡旋を働け社会進出を進めて下さい。しかし身体を動かせない方の入所可能な施設も少ないです。県内でも数は足りていないと思われます。是非この辺についても光を当てて下さい。


8時33分の「国民主権」氏のような「森ゆうこは小沢の擁護に時間を遣いすぎ」というコメント、時々みますね。大いなる勘違いです。

森ゆうこ氏は、国会議員がやるべきことをやったまで。それがたった独りだから目立っただけです。あの時、民主党議員が大勢立ち上がれば、こんな酷い状況にはなっていなかったはず。すべては議員たち(特に男)の勇気の無さに原因がある。森さん独りに重荷を背負わせたあの連中は、政治家失格です。歳費とは「勇気代」ですよ。

森さんの奮闘がなければ、西松事件からこっちの小沢さん関連の陰謀は永久に闇の中だった。私は、森さんに、国民栄誉賞をあげたいくらいです。

まっとうな日本人は森さんを支持します。自信をもって進んで下さい。

ただし、次回の選挙は自民の悪政に国民がうんざりしているころだから、また政権交代、という考えは短絡的すぎると思います。自民も、生活の党もどっちも消え去る可能性もあると思います。

PS:小沢さんのサッカーちらし、あれはダメでした。あれを見た瞬間にこれは負ける、と思いましたよ。もっとプレゼンに力を入れなくてはね。


参議院選挙から、2日がたちましたが
まず、福島原発の汚染水が海に流れていたことを東電が認めました。
それも、参議院選挙の翌日に。5月下旬から井戸で高い放射能が検出されていたようですが
このタイミングでなぜ?発表なんだ。怪しいですけど、あんまりマスコミは報道しませんね。

それから、これは某地方紙の今日の記事で、今回の参議院選挙でねじれが解消した
わけですが、「良識の参院」守れるか!という見出しに

過去にねじれ状態だった時
与党が法案を参議院で通すために野党案の丸のみや譲歩、修正を余儀なくされた
ので、国民にとって悪いことばかりではないし、ねじれ状態があったがゆえに
一定の歯止めやチックの役割を果たしていたことが分かる。など、まるでねじれを
肯定するかのごどくの記事。選挙前はさんざんねじれを解消して、決められる政治を!
前に進める政治を!と報道しておきながら。

選挙が終わってすぐ選挙前とは真逆の報道記事!
テレビ(特に地上波)報道もいい加減だし、新聞を読んでもなんだか違和感があります。

森さんのことは、確か岩上さんのサイトのインタビュービデオで最初に知り、それ以降、ブログや書籍等で、いつも活動を拝見していました。私は愛知在住で、直接、投票する事は出来ませんでしたが、今回の落選を聞いたときは、驚きしか出ませんした。
いい仕事をされている森さんを、国会の場に送ることができず、残念です。

ごくろうさまでした。自民党のふざけた政治は早晩破綻し、前回のように、ころころ内閣を変えてのたらい回し状態になります。
マスコミのネガティブキャンペーンによる応援がない中での今回の選挙は、生活の党を応援するコアな国民が結構いることが確認できました。あきらめずにがんばってください。微力ですが次回も生活に投票します。

森さんが誰に何を言われようと、日本を想い頑張り続けてくれるなら、応援いたします!

これから書く内容に関して…
あえて、記事投稿者が公開したくないと思える内容だと思います。

まずは、2期12年ご苦労様でした。
氏のコメント・公開されたコメントを見る限り、
脳内で「不正選挙」ってことですか?
いくら落選した原因を総括しても、本当の理由は知りうることはできないでしょう。
代表の小沢さんも、「民主党政権の失政が原因」って・・・、全く分かっておりません。

考えられる理由は、
①新潟の有権者に選ばれたのに、小沢さんのために議員やっていたから
②テレビの中継で流れた氏の態度や言動(パンチラ乱闘…見たくもないわ)
③常識のなさに呆れた(内閣に対しての態度はどこの国の人かと)

ではないのでしょうか?

私は他県ですが、
新潟選挙区は実質3人の戦いであった訳だし、
誠実な政治活動をしていれは当選はしていたと思いますよ。

利権政治や検察の闇にメスを入れたがるのはわかりますが、
一番近くの闇にはズブズブだったのですね。

さらに、かの未来の党の一連の流れも、
一番のダメージだったでしょうね。

「力不足」ではありません。

因果応報です。


とても残念です。この野党が壊滅した状況をたいへん心配しています。信念の人、森さんをこれからも応援します。3年後に復活してください。

ー>国民主権さん、森さんは小沢一郎個人の支持のための政治をしているのではありません。小沢問題の背後にある日本の*国民主権*に関わる大きな闇と戦ってきたのです。もう少し日本政治の裏を勉強してくださいね。

リチャード・コシミズさんのブログに以下の通りあります。
不正選挙の疑いがあります。証拠に基づき追及する必要があります。
このようなあくどいことに目をつぶっていては、この国にこれから何が起こるかわかったものではありません。以下転載。http://richardkoshimizu.at.webry.info/201307/article_212.html
**************************

7.21不正選挙:生活の党の新潟選挙区、森さんは16万票。比例区は4.5万票。

ありえない。

新潟の比例で生活の党に投票した人、票数と投票所の名前を教えてください!

2013/7/24 00:45
拡散希望 参院選新潟、生活森ゆう子前議員165,308票獲得、生活比例45,182票。なんと12万票減。森氏は16万票取りながら比例は4万5千なぜ。徹底的に調査必要。新潟県粟島浦村の森氏票は18票、比例生活は1票のみ。森氏に投票した18名の方、比例投票先を開示願う。森氏のために!
120.143.9.81 agrenet

森ゆうこ先生お疲れ様です。

明日の講演会頑張ってください!

生活の党対三党合意の戦い 負けはしたけど孤軍奮闘で善い戦いでした。

次回選挙まで どのタイミングで第2自民党を誕生させるか?

残念ながら 突如として第3極を構築したメディアの力には勝てない。

現在の日本の支配層を 国民と共に打ち砕くのかが三年間の課題だと思います。

平成の松下村塾 森ゆうこ塾だと思います。

期待しております!

森ゆうこ議員本当にお疲れ様でした。恐らくバタバタと忙しく、整理をしているのでしょうね。今回つくづくおもったのは、生活の党の取り組みが、世間話しにけされ、浸透していなかったこと。小沢代表が原発をどうしたら終わりにできるか、ゆうこ議員が原発で泣いている方たちをなんとか、してさしあげたい。支持者のかたたちは、すべて承知していますから、応援しているのです。生活の党を非難する方たち、潰したいと思う方たちは、中身のない世間話しのネタで世間を見よと言われる。でも、、、。福島のうみが、汚染されている、その海で子どもが泳ぎ、魚を食べ、海外に流れたとしたら?世間話より、もっと恐ろしいことです。あの本には日本の問題が沢山書かれている、生活の辞書みたいなものですね。東電には国がもっとかかわり、大事に至らないようにしていただきたいものですね。小沢代表、ゆうこ(一生懸命不条理と戦った)元議員、生活の党、候補者の皆様の、熱い戦いを見せていただきました。今後の発展をお祈りしています。ゆうこさんという、勇ましく、くちべたな女性を遠くから応援しています。

森ゆうこさん

再度コメントいたします。
森さんは、新潟で大きな企業や組織の支援が無いのにも関わらず、数多くの票を得たことの意味は大きいと思います。
次は衆院選か参院選か分かりませんが、いずれにしても、政治活動を続けるためには、組織にお願いをするというのではなく、市民をオルガナイズするという戦略にスイッチすることだと思います。

政治理念・政策を「訴える」ことではなく、市民の「訴え」を訊く。

有権者の思いを政治家がどれだけ聞いてくれるか。

という立場に立ってミニ集会などを通じて行動していく。
このことが必要だと思うのは小沢代表も記者会見で言っていますが、マスコミが生活の党の主張を取り上げてくれなかった。
このマスコミがどのように取り上げるかは今回の選挙を通じてよくお分かりだと思います。
もう知名度では通用しないんです。

大きな組織に依存するのではなく、市民を組織化することで、企業や団体が支持せざるを得ない状況を作り上げていく、その行動の戦略を基本から考え直すことがこれからは必要だと思っています。

選挙大変お疲れさまでした。
いろいろ政治家を見させてもらっていますが、今の世の中、あなたのような政治家は非常にまれであると感じております。 がゆえに落選したのではと・・・ そこのところが残念でなりません。次回ぜひがんばって下さい。

森ゆうこ様

お疲れ様です。
森議員は沢山お仕事をされていたので資料の整理等、引越しはさぞ大変だったかと思います。

休養が取れましたならば再活動される事をお願い致します。

さて、ここ数日、またもや自民党(特に麻生副総理兼財務大臣)がとんでもない事をやっていて世間を、世界を騒がせていますが森氏が沈黙されているのでとても寂しく思っております。

先日、堤未果氏著「㈱貧困大国アメリカ」(岩波新書)を読み終えましたがアメリカのロビー活動は半端ではなく、オバマ大統領の政策は全て骨抜きにされているとの指摘がありました。
麻生副総理の「ナチスの手口に学んだら」発言は世界中で非難されており、いくら発言を撤回したからといっても、ネットで広がっている肉声では明らかにナチスのやり方を肯定しているのがわかります。

麻生副総理が言いたかったのは、合法的に日本国憲法96条の改正で改憲のハードルを低くして、自民党の憲法改正草案の非常事態では国家権力が国民主権より優先されるという隠し玉を使うことによって、国民が知らない間にいつの間にか憲法改正でナチスのような国家にするということなのだと受け取れます。

普通のリテラシーのある方ならそう解釈しますので、人権を大事にする団体・個人が麻生副総理に抗議するのは当然の事ですが、日本の大手マスコミはアメリカの人権団体が騒ぎ出したのでロビー活動を本格的にしたら安倍政権にとって危険だという事で火消しの報道をし始めました。

孫崎享氏、天木直人氏が指摘している様に麻生副総理が内閣に居れば、その弱みに付け込まれて日本はアメリカに益々国益を貢ぐ事になります。
それでなくとも墜落の危険が大きいのでアメリカ住民の反対にあい、自国では飛べないオスプレイも植民地化している日本ではオスプレイが自由に飛び回る計画が米軍人から公表されています。

麻生副総理の存在は日本にとっての国益を害しますので辞任か議員辞職するべきです。また、心ある議員はその様にさせなくてはいけないと思います。

しかるに「国民の暮らし・命・地域を守る」はずの生活の党がこの様な麻生副総理の発言に沈黙しているとは、活動を停止したと考えられても仕方無いのではないでしょうか?

福一では参院選挙後に実は事故後からずっと汚染水が垂れ流し状態だったと東電が報告しました。国民の命をないがしろにする環境省と自治体の連携不足で放射能が漏れている海を海開きしている為、何も知らない国民は自ら放射能の海に行って被曝しています。
また、福一では放射能の線量が高くなっているようですが、またもや政府が情報を隠蔽している為に私達はすでにどの位被曝しているのかわかりません。

こんな人権無視の安倍自公政権に知らず知らずの内に静かな死を東日本の人々は強要されています。

新潟でも泉田知事が自民党の圧力に負けずに孤軍奮闘されていますが、このまま自公の原発政策を推し進めて行ったら日本民族は絶滅してしまいます。また、自公の原発事故を収束できないのに世界に原発を売り込もうとしている安倍総理は死の商人といわれても仕方ない事をしています。
日本に51基ある原発の上をいつ墜落するかわからないオスプレイが上空を飛来する。
こんなブラックジョークが本当に起ころうとしています。

森ゆうこ様、そろそろ沈黙から目覚めてくださるようにお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからも闘い続けます。:

« 森ゆうこ生活の党代表代行 参議院選挙最終日メッセージ | トップページ | 皆さんに励まされ »

新型コロナウィルス感染症支援策一覧

本の予約はこちらから

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31