サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« そう言えば・・ | トップページ | 中学校の同窓会に参加 »

町づくり、町おこしの活動から、いつの間にか政治の世界へ。

130810s
本日、新潟市で、「生活の党新潟県参議院選挙区第一総支部幹事会」及び「森ゆうこ選挙対策本部解散式」を開催した。
今後の活動に向けての様々なご提案や、力強い支援拡大の決意を頂戴した。
最後に、本間清人村上市議会議員の発声で「森ゆうこを再び国会へ送るためにガンバロー!」と結束を確認。
_
町づくり、町おこしの活動から、いつの間にか政治の世界へ。
ふるさとの人々が文字通り手づくりの草の根の活動で産み育ててくれた。
今回一番必要だったことは、人々の期待に応えられるように、私自身が脱皮し、次の活動への更なる期待と希望を抱いてもらうことであった、と思う。
何かもう一つ足りなかった。
情熱なのか、権力欲なのか。
大志なのか、野望なのか。
それとも・・・。
_
落選後、更に物心ともにご支援を拡大して下さっている会員の皆さま、新たに入会を申し込んで下さった皆さま、本当にありがとうございます。
各地で意見交換の場をと考えていますが、今暫く時間を。

« そう言えば・・ | トップページ | 中学校の同窓会に参加 »

コメント

森ゆうこ様

お疲れ様です。
森さんを攻撃する発言がツイッターで流れ、はからずもそれで森さんが今も司法権力と闘っているとわかりました。

あまりにも熱心すぎて思い込みが激しい方に対して、その思い込みの可能性も捨てずに冷静に大局的に判断して真実を追究していこうとする森さんのやり方・考え方は正しいです。
この方は森さんに自分を認めて欲しかったのだと思います。

敵は内部分裂させて世論を分断させる事を狡猾にします。
彼らが最も恐れているのは「99%の人々の世論」だと思います。
どうぞ、敵の罠に嵌らないようにお願いします。

さて、今は準備期間なのでもう少し待って欲しいとの森さんのコメントがやっと出ました。
三宅雪子氏、はたともこ氏を除いて生活の党の方は情報発信が少ないと思います。
ただでさえ大手マスコミは生活の党は無いものとして報道していますので、生活の党の方が自ら情報発信しなければ大手マスコミに洗脳されている国民は生活の党の事など益々忘れ去ります。

安倍政権は調子に乗ってファシストの本性を表し始めました。どうやら、消費税UPで日本経済を無茶苦茶にして戦争経済で国を立て直す為に戦争への道を切り開こうとしているように感じます。
大手マスコミは戦前に戦争を煽った責任を放棄し又戦争の道へ日本が歩むように煽っています。

今は戦前と違ってネットなど情報発信のツールがあります。
森さんの情報発信で大手マスコミに洗脳されている多くの国民の洗脳を解いて、安倍政権の過ちを世論に訴えるべきと考えます。

全国ミニ集会などが出来ればいいですね。
日本国政府の福一放射能情報隠蔽などを暴く事や正しい放射能の情報などは、子供を持つ親、特にお母さん達に共感を受けると思います。
放射能に無知な人々は放射能は気にする事はないというエートス運動のような間違った行動をとる団体の言葉を信じてしまう人がいるようです。
そういう方を覚醒させる事は森さんの政治活動の理念にも一致すると思います。

準備期間が過ぎましたなら、また情報発信をお願い致します。

メアドをPCアドに変えました。
森裕子氏と同志の活動を支持します。
議員から一般人へ。
周囲の接し方や今迄の人脈に変化は?
当然ながら有ると思います。

さて、あの民主党への政権交代劇から幾星霜…立役者が政権に着いた途端に政争を仕掛けられて失脚。
まるでドラマの様な展開。
一人は奇人変人扱い。
もう一人は傲慢強欲の印象操作。酷いもんだよ。
全てが霞ヶ関がご主人からの勅命に従って三権を無視した管制クーデターだった。霞ヶ関側からすると鳩山政権が対米クーデターと捉えたんだろうと思います。
終戦後直ぐに始まった日本統治で戦後処理とアメリカ従属体制の構築が当時のアメリカの優先課題だった。
永きに渡る自民党政権が如実に物語る。

安部政権は対米クーデターへの危機感が生んだ霞ヶ関政権ですな。

日本がアメリカの頭ごなしに何かやろうとする。
即座に政権に致命的な何かが突発的に起こり得る不思議。
チョットひねるとアメリカが裏や影にいる不思議。
突発的に湧き上がる領土問題とか。
反日感情を煽る謎の組織とか。
いろんな何かの裏にアメリカがいます。

森裕子氏も次の選挙をまだ狙うならば、対米との接し方と貴方の師でもある党首が散々やって来た道の踏襲をやって行くつもりで政治活動を。
内容がきわどいのでコメント欄に載せなくてもイイですよ。

森ゆうこさん、お疲れ様です。いつまでも応援していますね。私は、小泉政権時代、ひとりの市議会議員のかたを応援していました。イラク戦争にアメリカに協力すると、小泉さんが二つ返事で決めた時期です。勿論反対意見の方で、ボイス、というチラシを駅などで配り、信頼できるかたでした。基地があり、海上、陸上、自衛隊があり、防衛大学がある。総理が軍事をかたれば、すぐさま影響があるのが基地立地市です。原発とよくにていますね。市民がわかるように、知らせてくれたチラシは、引退されたとき、分厚い一冊の本にして届いてきました。そのした積みがあって、民主党に一票となったわけです。小沢さんに一票と。そして、福島原発で、放射能もんだい、被災した方たちの命を守る取り組み、ゆうこ議員が頑張っている。庶民のために。バッシングにあったときも孤立させてはいけないと思いました。自民党になって、何も解決していない。国の発展の為、力のある方の復活を願っています。しばらく身体も心も休めて下さい。小沢代表、ゆうこさん、生活の党の皆様お身体大切に、応援しています。

震災後に森さんが東京都内で地域の皆様から招かれてタウンミーティングの講師をされている動画を拝見したことがあります。多くのリアルタイムかつ有意義な情報提供をされるとともに活発な意見交換があったように記憶しています。被曝への不安を抱える子どもを持つお母様お父様へ『子どもさんの髪の毛を保存しておいて下さい。日記をつけて下さい。』と具体的なアドバイスをされたり、『不安に怯えながら生活するのではなくて、正しい情報、知識のもとで明るく朗らかに生活して下さい。』と述べられていたことが印象に残っています。新潟における活動が主となるのでしょうが、全国の支持者、支援者のみなさまが小規模なタウンミーティングなどの場を設けて森さんをお招きすることも輪を広げるひとつの在り方だと思います。酷暑が続きます、みなさまのご健康を祈念します。

民主党への政権交代をなし得た時期を前後し、行政組織と利権組織のメディアが組み民主党の2トップへの攻撃が針小膨大に為された。
それらは、予め想定してはいたものの、未だ手を弛めてないほどの執拗さであり且つ冤罪が明らかになっても、その社会的影響の大きさには頬かむりをして無責任な態度は変えておりません。
他方、民主党の2次政権からの変節は国民には理解し難く而も大いに失望させて、その後の衆参選挙には厳しい態度を示した。
当に、森ゆうこ氏におかれましては激動のなかの日々であったかと察すると、今日までご活動には本当にご苦労さまでしたとしか言葉がございません。
それにしても、天は誠に良いタイミングで次への飛躍を期しお暇を下されたのだと思います。
小生は、その時のご決意をお聞かせいただける日を楽しみに致しております。
終わりに、暑さ厳しき折り、健康にはくれぐれもご留意なされますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町づくり、町おこしの活動から、いつの間にか政治の世界へ。:

« そう言えば・・ | トップページ | 中学校の同窓会に参加 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31