サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 一市民T氏 の作り話による誹謗中傷に断固抗議し、撤回と謝罪を強く求める。 | トップページ | 「所得再分配の逆機能」 »

終戦記念日にあたって

終戦記念日にあたって

2013年8月15日


生活の党代表 小沢一郎


Bandicam_20130815_195722691  本日、68年目の終戦記念日を迎えるにあたり、先の大戦において犠牲となられた内外のすべての人々に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。

 我々は、決してあの戦争を忘れてはなりません。しっかりと国民の記憶として、国家存続のための不可欠の歴史的教訓として、刻み込むものでなければなりません。今日の平和と安全は、かつての尊い犠牲の上に成り立っているということを私達は決して忘れてはならないのです。

 時として、人々は日々の安逸の中に、一番大切なもの、肝心なものを忘れてしまうことがあります。そして、その時こそ私達は新たなる危機に直面するといえます。記憶の風化や忘却は最終的に国家の破滅をもたらすことになりかねません。

 したがって、何より記憶すること、そして、語り継ぐこと、こうしたことの重要性を一人ひとりの国民が、この終戦の日に、改めて考えることが大切であると感じます。そして、全く同じことが、私達がつい最近体験した東日本大震災と福島原発事故についてもいえると思います。

 歴史的教訓から何を学び、何を伝え、国づくりにどのように反映させていくのか、いま、政治に問われているのはそういうことであると感じます。

 わが党は、このような認識の下、過去のさまざまな歴史的教訓の上に立って、世界の平和と、この国のより良き未来の創造のため、引き続き全力で取り組んで参ることをここにお誓い申し上げます。

« 一市民T氏 の作り話による誹謗中傷に断固抗議し、撤回と謝罪を強く求める。 | トップページ | 「所得再分配の逆機能」 »

コメント

森ゆうこ様お疲れ様です。小沢代表の敗戦記念日にむけての言葉、戦争を経験した父母が生きていたならば、うなずいて聞いていたことでしょう。以前ボランティアで、老人ホームでダンスを披露したのですが、その民族衣装が軍服だったのです。つまらなそうにしていた方たちが、語り始めました。軍服をなでながら戦ってきた時のことを。そこには、相手国を憎む言葉はありませんでした。友を亡くした悲しみだけ。父の弟は戦死しました。若い時には同期の桜を勇ましく歌い、晩年は、〜ここはお国を何百里〜離れて遠き満州の〜赤い夕陽にてらされて〜友はのずえのいしのした〜と物悲しく歌っていました。私は父母に笑ってもらおうとおもいました。家族が集まり美味しいものをたべ、わははおほほと。あれから13年、靖国を参拝した議員の方は、猛暑のなか、やっとの思いでお参りにきている、遺族の気持ちお分かりでしょうか?日本国を平和にできないのであれば、首相、閣僚どなたかにかわるべきです。過去の過ちにいつまでもこだわって、争って、なぜ今?。靖国参拝をニュースで見ていておもいました。ゆうこさん、放射能汚染について発信してください。今大切なのは子供の命を守る取り組み。雇用は三宅ゆきこさんが頑張っていますね。小沢代表、ゆうこさん、生活の党の皆様応援しています。

一言申し上げます。
私は太平洋戦争の終結を「終戦記念日」という表現は可笑しいと思います。

「敗戦の日」または「無条件降伏の日」と言うべきではないかと思います。

あの8月15日に天皇陛下の玉音放送を通じ戦争を終わらせたということでしょうが、それは日本側の一方的な発言であり、敵国とはまだ戦闘状態にあったわけです。

ましてや日本がイニシアチブをとって、戦況がどちらの勝利になるか分からないという状況でお互いが戦争に終止符を打とうという交渉の中で終結に調印したなら「終戦記念日」とされるでしょうが、1945年7月の「ポツダム宣言」を日本が黙殺して、あの忌まわしい8月に広島・長崎に原爆を落とされ、悲惨な状態になり、日本全体が焦土と化し完全にギブアップしたわけですから、この戦争は日本の完全敗北なわけです。

1945年9月2日にミズーリ号の上で「無条件降伏」に重光外相が調印したわけですから、正式には1945年9月2日が「敗戦の日」とすべきだと思います。

サザンオールオールスターズの新曲『ピースとハイライト』です。
小沢さんの『終戦記念日にあたって』をご一読いただいた皆様に、ぜひ聴いていただきたい楽曲を紹介させていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=o6Z4moYogto


偉大なるアーティストを政治の潮流に巻き込むつもりはありません。ただ素直にメッセージを受け止め、ココロが動きました。

今回の参議院選挙は小沢氏が「国民政治家」となるのか、「保守政治家」でとどまるのかという試金石だと思いました。
結論から言えば、森さんを筆頭にした”側近”群が必要だと思います。
山本太郎氏の応援に感動されたそうですが、最近のツイッターの森さんの言葉に共感しています。人は労組の組合員、農家、中小企業の経営者・従業員という、肩書きがあっても一人の生活者です。
山本氏は”被爆”という誰もが不安に思うことを直言し、さらに生活保護、TPP、過労死という切実な問題を生活者の目線で訴え、それが支持されました。今も、その姿勢で新しい政治家の姿を見せてくれています。
実はこの山本氏に一番近い政党は、生活の党だと思います。小沢氏の真価を発揮できる環境を整えることを期待しています。

森ゆうこ様

お疲れ様です。
ミニ集会など、以前にもまして活発な活動を再開していただきありがとうございます。
今後は日本全国で啓蒙活動をお願い致します。

さて、シリアでは国際法を無視して英米仏が戦争を仕掛けようとしています。
情報が錯綜しているためと、前回の大量破壊兵器が無かったにもかかわらずイラクに戦争を仕掛けた英米の例があるため、必ずしも英米仏の言っていることは正しいとは思えません。
 各国の情報機関は謀略を平気でしますので、シリア政府が嵌められたという可能性は非常に高いと思います。
その為、オバマ大統領は国内の世論、国家予算、情報の信頼性の問題で攻撃を躊躇しているようですが、ロビーストに押されて戦争を起こすかも知れません。

そこで問題なのは、イラク戦争の総括も全くしない日本政府は同じ過ちをしてアメリカの言うがままに正当性のない戦争をやり始める可能性がある事です。
しかも、安倍総理は憲法解釈を無理矢理変えて戦争が出来る国に日本をしようとしていますし、国会は自公民+補完勢力が与党を占めているので戦争の現実味が出てきました。

大手マスコミは2,3日の暫定戦争などと言っていますが大義名分のない戦争を英米仏がする場合、不当な行為に根拠がないシリア政府に同情するロシア、中国などが本気で決起した場合には第3次世界大戦が勃発する可能性さえ否定できません。
当然、日本は大義名分のないアメリカの道連れになってまたもや敗戦の惨禍を味わう羽目になります。

原発の汚染水の問題を東電任せで放置し、事故の尻拭いが出来ないのに原発を世界に売ろうとしている安倍総理など、日本は正気の沙汰ではありません。

アメリカがまた理不尽な戦争を仕掛けたならば、生活の党はアメリカに対してイラク戦争の時の様にしっかりと批難してください。
また、日本政府がアメリカの犬になって戦争をしないように頑張って頂きたいと願っております。

どうぞ、この件に関しても声を上げてください。

終戦から68年

たった68年で腐り切った世の中になりました。

自民党のパワーシフトが癌

小沢一郎代表を支え続ける 真の政治家達をどのようにして 国政に送り込むか

生活の党の最大の課題だと思います。

国民は気付いています。

じっくりとタイミングを待ち 必ず同士の皆様が国政で御活躍されることを祈念致します。

因果応報

誹謗中傷を全国ネットで 続けた男に鉄鎚が下りました。

人の批判を続けた男の 出処進退を見守りたいと思います。
人を批判する場合 信念を持って 慎重に考えて発言するべきだと痛切に感じます。

真っ当な世の中が 早く訪れて 生活の党が政界再編の要になりますこと祈念致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日にあたって:

« 一市民T氏 の作り話による誹謗中傷に断固抗議し、撤回と謝罪を強く求める。 | トップページ | 「所得再分配の逆機能」 »

本の予約はこちらから

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30