サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 吉田豊史衆議院議員とコラボ | トップページ | 終戦70周年平和祈念 プロジェクトKIZUKI旗揚げ公演「H☆ERO HEIZO」 »

政治の善し悪しが・・

政治の良し悪しが私たちの生活に直接影響を与えます。
そして益々、格差社会が拡大しています。 

「金儲けのためなら何をしてもいい」という一部の勝ち組だけが得をして、弱者や地方が切り捨てられる政治がまかり通っています。

税金の無駄遣いや、官僚の天下りはそのまま、介護保険料、年金保険料、医療費の引き上げや定率減税の廃止等で国民の生活は苦しくなるばかりです。

私は、普通の働く母親として庶民の代表として再び国会に戻り「生活者の視点」をこれからも大切にして皆様と共に闘って参りたいと思っています。
より一層のご指導ご支援を、よろしくお願い申し上げます。

森ゆうこ

« 吉田豊史衆議院議員とコラボ | トップページ | 終戦70周年平和祈念 プロジェクトKIZUKI旗揚げ公演「H☆ERO HEIZO」 »

コメント

森ゆうこ様お疲れ様です。ゆうこさんの日々の活動を応援しています。主人も年金流出問題の被害者になっていました。民主党政権時代、消えた年金を探してつなげていただいた年金機構。必ずお守りするという言葉を信じるしかないのですが。そんな状況の中、ゆうこさんが議員時代国会で取り上げていたマイナンバー制度導入の歌を、甘利大臣が歌い、制度の宣伝をしていました。軽い!騙す方は一枚も二枚も上手ですよね。大事な物は線をつなげなければ良い。小沢代表の会見の言葉でした。憲法も勉強会の動画を見せていただきましたね。安倍さんの憲法に対する言葉を聞いて驚いているところです。私のすんでいる町は、自衛隊、防大、基地、有事が起きて、自衛隊出動することがあれば、市民の命もないでしょう。過去の戦争で、学習したことです。国民を守るための大義名分で、死を覚悟でどこまで自衛隊をいかせるのでしょう。難民が安心して暮らせる場所を作ることが、敗戦から立ち直った日本が得意とするところだと思います。ゆうこさんが復活することを望み、尊敬する小沢代表の周りに皆様が帰ってくることを祈ります。

森ゆうこ様

是非もう一度国会議員になって、国民の生活のために、頑張っていただきたいと思います。

生活の視点がもちろん大事ですが、今議論されている安保法制→憲法改定の流れに、反対する立場を鮮明にしていただきたいと思います。

がんばれ。

復帰をお待ちしていました。

日本再生は、「真の民主主義の構築」からですね。

アメリカなどでは実際に行われている経済的徴兵制、苦学生や貧困からの脱出を謳って若者を勧誘する手口ですが、自衛官募集でもそのようなパンフレットが造られ、高校生宛に送られているようです。pic.twitter.com-ip5VzbMEKy

森ゆうこ様

お疲れ様です。
心強いメッセージを出していただき、ありがとうございます。

さて、安倍政権はいよいよ日本焦土化作戦の最終段階に入ったようです。
解釈変更による憲法無視の戦争法案で自衛隊はアメリカの傭兵として差し出されます。
自衛隊員は米国の侵略戦争で無為に殺し、殺されます。
当然、日本もテロの攻撃対象になります。
民主党のジャパンハンドラーのエージェントは戦争法案に対案を出すなどと安倍政権に塩を送るまねをするようですが、憲法違反の戦争法案には山口二郎氏がいうように廃案にする事が対案でしょう。

安倍政権は大企業の為の消費税増税(輸出戻り税で濡れ手に粟の収入)、日銀による
金のバラマキで株価は上がっても半端じゃない借金を将来のつけにしています。

また、大企業の為に労働力を安くするための派遣法改悪、残業代ゼロ法、すでに一部で実施されたサマータイム制度等、日本の雇用破壊をしています。
これで庶民は格差がより大きくなって、米国の様に徴兵制度はなくても貧乏人は軍に勧誘されやすくなります。多くの国民が貧乏になれば国の税収が減って日本の経済は悪化します。そして米国の様に戦争で経済を立て直そうとまず手始めに武器輸出3原則をなくし、着実に戦争への準備を始めています。すでに自衛隊は他国と軍事演習を公に行なっており、いつでも米国の傭兵としてスタンバイしています。

TPPではISD条項について大手マスコミは一切秘密にしていて、関税の問題だと矮小化して報道しています。
TPPはグローバル企業による国民主権の略奪です。TPPに参加するという事は外国企業に売国するということです。
安倍政権はTPPに前のめりです。売国はもう時間の問題かも知れません。

福一では毎日放射能が空と海に垂れ流されているのに気象庁は放射能の流れる情報を一切無視しており、まるで原発事故など起こりもしなかったような態度です。原発事故には全く対応できていないにもかかわらず、安倍政権は地震や火山の噴火に耐えられない原発を再稼動しようとしています。

安倍政権による日本焦土化作戦を阻止して戦争を食い止められるかどうかのターニングポイントは今から来年の参院選挙の間だと思います。
参院選では戦争法案賛成の自公に鉄槌を下さなければ日本は終わりとなります。
大手マスコミは隠そとしていますが安倍政権への抗議デモは広がっています。
世論操作の世論調査でさえ支持率の低下が流石に隠し切れないようですが・・・
小沢代表も会見で安倍政権の倒閣を宣言しました。

私は生活の党が国民の生活が第一の路線からはずれ、もうだめかと思っていましたが、山本太郎氏が合流してからは生活の党が国民視線に戻ってきたような気がします。
山本氏の街宣模様を動画で見ましたが筋が通っています。しかし、山本氏一人では小沢代表へのフォローが足りません。生活の党の立て直しには森さんが必要です。

安倍政権によって日本国が亡国になるか否かの大事な国会論戦は民主党などではぬるすぎて論外です。
やはり、まともな道理で安倍総理を追及できるのは森さんだけです。どうぞお体に御気をつけ活動の程お願い致します。

今更の書き込みですが、安倍総理が総理大臣になる前でも景気が悪かったのにさらに景気を悪くする一方ですね。
これからどんどん悪くなると思うとこれからの生活はつらくなる一方でしょう・・・。
安倍総理、麻生太郎氏はいっそのこと政治から離れた方がいいですね。
安部政権によって様々な悪い方へ進んでいると思います。
せめて安倍総理より性急でないぐらいの人材が総理大臣になればいいのでは・・・。
安倍総理は各国と友好的にしようとしているようです。それは決して悪いことではないのですが、中国や他の国とのやりとりは今は深く考えなくてもいいのではと思います。
もう少しわが日本を大事にしてほしいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治の善し悪しが・・:

» 安倍政権の解釈改憲を許すな! [未来に希望をつなぐために]
安倍政権の解釈改憲を許すな!  日本国憲法前文は、「本文条項の解釈基準となる。」ことは殆どの専門家の一致するところだが、「裁判規範になりうるか?」については、賛否両論に分かれるようだ。改憲派の政治家共は、「日本語になっていない」と言って制憲意思を無視してかかる。  憲法前文が法規範として憲法典の一部を構成する以上、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、」の件、先の戦争への反省と再び戦争をくり返すまいとする制憲意思は一..... [続きを読む]

« 吉田豊史衆議院議員とコラボ | トップページ | 終戦70周年平和祈念 プロジェクトKIZUKI旗揚げ公演「H☆ERO HEIZO」 »

本の予約はこちらから

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31