サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« YMFへご入会のお願い | トップページ | 「市民連合@新潟」スタート集会 »

憲法記念日

主権在民。 

日本国憲法における主権者は、内閣総理大臣ではなく国民の皆様です。
_
主権者が国民であることを忘れ、多くの反対の声を無視して、平和憲法に違反する「安保法制」いわゆる「戦争法」を無理矢理成立させた安倍政権の暴走が続いております。安倍総理はこの夏の参議院選挙で勝利を収めれば、立憲主義を回復するのではなく、今度は憲法そのものを変えようとしています。参議院は「再考の府」、「良識の府」です。過去の過ちの反省に立ち、再び権力が暴走しないようにすることに、その存在意義があります。私たちはこの夏の戦いにどうしても勝たなければなりません。
_
この度、一人区となった参議院新潟選挙区において、私、森ゆうこは野党統一候補として闘うことになりました。各政党が、それぞれ擁立したい候補がありながら、安保法制を廃止して立憲主義を回復し、憲法を守り、平和を守り、国民を守る政治を実現するために一つになりました。「新潟県、県政史上初の大同団結」です。
_
私は、各政党の思い、そして何よりも、主権者として、こどもたちの未来のために立ち上がり、行動してきた市民の皆さまお一人お一人の思いをしっかり受け止め、最後まで全身全霊をかたむけて闘ってまいります。
_
オールにいがた  平和と共生  こどもたちの未来のために 皆様の力強いご支援を心からお願い申し上げます。
_
平成28年5月3日  憲法記念日
元文部科学副大臣
前参議院議員     森ゆうこ

« YMFへご入会のお願い | トップページ | 「市民連合@新潟」スタート集会 »

コメント

野党統一候補としてのご健闘をお祈りします。
平和憲法に違反する「安保法制」を参院委員会で不当な方法で議決したことにし、参院本会で賛成多数で押し切り成立・施行させた安倍政権の主権者不在の政治を、取り敢えず参院選で野党過半数を実現し、『ねじれ国会:決められない政治』状態に追い込めればと考えています。
参院選の争点の一つである安倍政権の『憲法改正』ですが、9条を守ることや護憲イメージだけを強調するような選挙戦略は避けて頂きたい。日本国憲法には社会の変遷と共に変更を加えなければならないと考える人々も少なからずおられます。
安倍政権の目指す憲法改正は、一体誰のためのものなのか、決して『主権者』のためのものではなく、『政権側の都合で主権者の権利を制限する』ことのできるものであることを、国民に周知させることが大切です。まさに、民主主義国家において合法的にヒトラーのような独裁者の出現を許すことにつながりかねないものであることを強調すべきだと思います。

もう一つの争点は、『国民の生活を優先する』ことです。アベノミクスはトリクルダウンに象徴されるように大企業や投資家、高所得者を優先し、彼らが富めばそのおこぼれが下々まで波及すると言うものですが、主権者に『滴』で我慢しろと言う政策は全くの『主権者』に対する冒涜です。
そのアベノミクスも失敗は明白です。対外輸出や外国からの投資、観光客誘致、その他にも規制解除などで競争をけしかけたり支援するような政策は終わりにすべきです。能力のあるものは放っておいても勝手にやるはずです。国家予算を使ってやるべきことではありません。TPPはおろか国家間の押し売り協定などは全て不要です。
経済政策では地方を活性化し内需主導の景気浮揚策、エネルギー・産業用原材料・食料の自給率の向上、資源の再生利用、耐久消費財の長寿命化や再生可能資源の活用で「大量消費・大量廃棄に終止符を!」、企業や地域社会による子育て支援・教育・医療費・公共料金の無料化などによる生活コストの削減で少子化に歯止めをかける、無年金者の解消など国民の生活を優先する政策への転換を図るべきです。
民進党にもその辺は徹底して貰いたいと思います。

地球大掃除が近い
当面の対策として全最低生活費を政府が無償で支給する「べーシック・インカム」の実現運動を起せ。その上で、銀河連合加入の無数の先進文明惑星の円盤が暗示しているように、創造主らの天命と惑星発展法則に従って、貨幣制度廃止、万事無償奉仕社会へ移行する戦略目標の実現を目指せ。SPGBとCPGB(英国社会党と共産党)は"Abolish Money!"(通貨を廃止せよ!)の戦略目標を目指して闘っている。政治的ゾンビの日本人はそれを無視して後れていて、金権奴隷生活に埋没している。だから創造主らによる地球大掃除が切迫している。先ずNY、ワシントン等の米東部、西部カリフォルニア、次いで英ブリテン島、次に日本列島が海中へ沈没する。http://ameblo.jp/tatsmaki
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日:

« YMFへご入会のお願い | トップページ | 「市民連合@新潟」スタート集会 »

本の予約はこちらから

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30