サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 森ゆうこ参議院議員と米山隆一新潟県知事を囲む会in十日町・三条 | トップページ | 192-参-環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会-010号 2016年12月01日(未定稿) »

TPP特別委員会で森ゆうこ参議院議員が質問に立ちます!

明日、12月1日(木)TPP特別委員会が午後1時から4時間審議されることになりました。
NHKテレビ放映される予定ですが、森ゆうこ参議院議員が質問に立ちますので、ご覧頂ければ幸いです。
16:17~16:32(質問時間は多少前後する場合があります。)
また、後からでも参議院インターネット審議中継で以下のURLよりご覧頂けます。
(写真は11/25 TPP公聴会質問)
161125_tpp

« 森ゆうこ参議院議員と米山隆一新潟県知事を囲む会in十日町・三条 | トップページ | 192-参-環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会-010号 2016年12月01日(未定稿) »

コメント

【情報提供】

11月24日、内乱の罪につき、告発状を検察庁に提出しましたので、情報提供致します。
___

告発状
平成28年11月24日
検察庁 検察官 宛て
【告発人】

住所
氏名   
年齢
TEL

【被告発人】
【首謀者】
安全保障関連法案可決に関与した国会議員すべて
安全保障関連法の公布に関する承認に関与した国務大臣すべて
安全保障関連法を対象とする憲法適否裁判権行使請求事件に関与した裁判官すべて
「南スーダン国際平和協力業務の実施に関する自衛隊行動命令の一部を変更する自衛隊行動命令」に関する閣議決定に関与した国務大臣すべて

【事件名】
内乱

【告発の趣旨】
被告発人の次の頁に掲げる行為は内乱(刑法 第七十七条)に、被告発人は首謀者に該当するものと思料するので、厳重な処罰〔死刑又は無期禁錮〕を求めたく告発する。

【告発事実】
【告発事実 1:国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して】  
被告国務大臣〔所謂、内閣〕は、2015年、衆議院の総議員の四分の一以上、参議院の総議員の四分の一以上の要求があったにもかかわらず、国会の臨時会の召集を決定しない不作為により、国の立法機構を破壊し、日本国の領土において、国の機関の人類普遍の原理に基づく憲法の条規に反する法律案を是正する国権を排除した。

【告発事実 2:国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して】  
被告発裁判官〔所謂、裁判所〕は、2015年から2016年に、安全保障関連法案可決、安全保障関連法の公布に関する承認、国会の臨時会の召集を決定しない不作為、補正命令、口頭弁論を経ないで訴訟手続に関する申立てを却下した決定又は命令、立件しない不作為、最高裁判所 大法廷を構成しない不作為、これら行為の内乱行為該当性を対象とする憲法適否裁判権行使請求事件群において、最高裁判所 大法廷を構成しない不作為により、国の違憲審査機構を破壊し、日本国の領土において、国の機関の人類普遍の原理に基づく憲法の条規に反する行為を是正する国権を排除した。

【告発事実 3:権力を行使し、】
被告発国務大臣〔所謂、内閣〕は、違憲性を指摘されてなお、憲法 第二章 第九条2項が保持を禁止した戦力に対し、命令する権力を日本国の施政の下にある領域の外〔他国の施政の下にある領域〕において濫用する目的で、被告発国会議員と共謀して、法案可決権を濫用させ安全保障関連法案を可決させて安全保障関連法とし、法律の公布に関する承認権限を濫用して当該法律を天皇に公布させ、被告発裁判官〔所謂、裁判所〕は裁判権を濫用して当該法律の施行に荷担した。

【告発事実 4:憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした】
被告発人は、憲法の定める統治〔法治〕の基本秩序を壊乱することを目的として、憲法 第六章 第七十九条1項、第八十一条、第八十二条の規定を構成する要件を満たす「長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官」で「最高裁判所〔大法廷〕」を構成し「法律、命令、規則又は処分」について「公開法廷」で「終審裁判」の「対審」を行い「判決」により決定すべき憲法の定める手続を経ず、国の機関の法規〔国の最高法規である憲法を含む〕に反する行為の是正を求められてなお申立書、申立て、請求を却ける権力を濫用して是正を妨げ続け、防衛省 陸上自衛隊 南スーダン派遣施設隊第11次要員を構成し、「南スーダン国際平和協力業務の実施に関する自衛隊行動命令の一部を変更する自衛隊行動命令」について閣議決定権を濫用して、平成28年11月18日、当該命令を発出し、南スーダンに派遣した。

【補足】
検察庁は、国の行政機関にすぎず、憲法 第六章 第七十六条2項の規定により、行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。

最高裁判所大法廷 昭和22(れ)188(昭和23年7月7日 判決)裁判要旨 五「裁判は一般的抽象的規範を制定するものではなく。個々の事件について具體的處置をつけるものであるから、その本質は一種の處分であることは言うをまたぬところである。」から、憲法 第六章 第七十六条2項の規定により、検察庁は、終審として処分を行うことはできない。
よって、国又は公共団体の機関の法規に反する行為について、公訴を提起しない処分は、終審の性質を有するため、法規〔国の最高法規である憲法を含む〕に反する。

森ゆうこ議員お疲れ様でしす。ゆう子さんの日々の活動を応援しています。私は、どんなことがあってもゆう子さんの応援を続けるでしょう。なぜなら、生活に密接な、すぐに生活に影響がある法案をよみといて、ダメなものはダメ!と体をはって庶民をまもってくれるから。国民の生活をまもる!の意味をしっている政治家だと思うから。実は今日ゆう子さんの答弁を書き込みしている三宅雪子さんのツイッターをみています。二度の落選をし、知的障害のある弟さんの面倒をみながら、顔の見えない元支援者の厳しいご指導をうけながら、どうやら、元政治家としてのぶれない活動を始めたようです。良かった。元支援者の皆様、落選というのは、自分を否定されてしまうこと。山ほどのバッシング、人格破壊、文章が乱れて数年、私は、残念で残念で仕方なかった。彼女は、得意分野を生かして鋭い情報発信をして、議員の援護射撃をしてくれるとしんじています。自由党の会報拝見しました。小沢代表はきっと、ご自分が立ち上げた政党で、政権交代をなしとげるでしょう。年金が枯渇する!汗水たらして働いておさめた、税金、保険、年金!。次世代でも、生活者の保障として、有効に活用していただきたいですね。年金生活になり、回りをみわたせば、無理して働いて力尽き亡くなる人がふえました。悪政を阻止する有能な政治家が、小沢代表の回りにたくさん集まることを願っています。新潟県の鳥インフルエンザ、度重なる県民の皆様のご苦労に、お見舞い申し上げます。小沢代表、ゆう子さん、自由党、情報発信をしている支持者の皆様、お身体大切にしてください。応援しています。認知症予防のダンス、伝達活動をしている孫を心配するおばあちゃんより。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/64564574

この記事へのトラックバック一覧です: TPP特別委員会で森ゆうこ参議院議員が質問に立ちます!:

« 森ゆうこ参議院議員と米山隆一新潟県知事を囲む会in十日町・三条 | トップページ | 192-参-環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会-010号 2016年12月01日(未定稿) »

本の予約はこちらから

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック