サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 西村ちなみ候補 | トップページ | 「岩上安身による自由党・森ゆうこ参議院議員インタビュー」を26日受けます。 »

新潟ショック再び‼️

黒岩たかひろ候補

1508695533307

« 西村ちなみ候補 | トップページ | 「岩上安身による自由党・森ゆうこ参議院議員インタビュー」を26日受けます。 »

コメント

比例区

自民66
公明21
計 87

社民 0
共産11
立憲37
維新 7
希望32
計 87

その他0
___

つまり、政党支持について、与野党半々。
国民の公務員を選出する権利の行使について、
与党が可決し、内閣が承認した公職選挙法の小選挙区制が、
議席の配分を歪め、国民の権利を侵している。

内閣が衆議院を解散することによる選挙においては、内閣を信任するかしないかについて、国民投票を同時に行う必要がある。

森ゆう子議員お疲れ様です。日々の活動を応援しています。新潟県は、もう自民党には、投票しない!という県民の思いと、自民党ではダメ!という候補者の思い。ぶれない野党結集でまとまったのは、生活者の、もう安倍政権勘弁してくれと、そこまでの気持ちになったから。すごかったですね。候補者の顔も鋭くなって、この方たちが生活者の声を、国会に届けてくれる。自民党の数の多さに、がっくりしているところですが、皆様の活躍が楽しみでもあります。横須賀も真白さんが、奮闘していました。増税凍結と年金の話し、僅か二週間、演説を聞いた人は、真白さんに一票入れたのではないかと思います。ボーッとして自民党に入れて、増税で、はっと目がさめる。こんなところでしょうか?小沢代表のガックリ疲れた姿がテレビにうつりました。政界50年まであと少し、沢山の能力ある議員を結集し、国民の暮らしが第一の政策を、実現していただきたいですね。ゆう子議員、小沢代表、自由党の皆様、支持者の皆様お体大切にしてください。応援しています。

これはとても大きな勝利です。
新潟だけが真の野党共闘をやり自民党に勝った。6区ある中で自民党は2勝4敗。野党の完勝。
しかも黒岩さんと菊田さんは無所属で比例の重複がない中での勝ちはとてつもない価値がある
。大平さんも梅谷さんも重複していたら当選の可能性があったと思います。特に梅谷さんは民主党で落選。今回は僅差であと1日あれば当選できたでしょう。はっきりしたのは野党が本気になって候補者を一本化すれば勝てることを証明しました。勿論候補者の日頃の努力を忘れてはいけない。何もしないで神輿に乗れば勝てるものではありません。小沢氏が言うように日常活動こそが選挙に勝つ道です。そして何よりも
森さんが候補者につきっきりで司令塔の役を果たしたことが大きかったのは言うまでもありません。新潟は大成功しました。
一つだけ非常に残念なのは新潟では共産党が大きな役割を果たしましたが他の選挙区ではまだまだです。今回希望以外の3野党は共闘と言ったけどバッティングしたところが22もありました。立憲と共産党が20。社民と共産党が2。
これでは正直野党共闘と言っても不十分。共産党が変わったのはわかるけどあともう1歩。
共産党が「確かな野党」から「勝つ野党」になる為にはもう一皮剥けないといけない。
新潟でやったことを全国でやらないといけない。自分の党にこだわらなかった自由党を見習ってほしい。どうすれば安倍政権に勝てるか。
それだけで野党は一つになるべきです。

選挙が終わりました。本当にお疲れさまでした。
無所属出馬の黒岩氏が奇跡の50票。
最後に天は黒岩氏に味方したと思いました。
本当によかったです。
大平氏は2200票、梅谷氏は2212票差で惜しくも自民を下せませんでしたが、
結集の結果を残しました。とても意義のある結果を残しました。

ある方のブログにこのようなコメントが。
新潟は自民が2勝4敗で負け越し。
この結果は勿論、自由党の森裕子さんに力を負うところが大だろう。
しっかりした指揮のもとに野党が結集すれば自民党を負かすことができるいい手本だ

また次のようなコメントも。
立憲と民主主義を守るために本当に身を切る改革をした共産党に敬意を表する。

森さんのメッセージから
新潟知事選以来、市民と野党の大同団結のため、献身的に活動されている
日本共産党に敬意を表します。比例での活躍を期待します。

新潟は唯一野党共闘に成功しました。
新潟の名産物、名産米、酒、名湯、自然、放射能汚染されたら新潟県自体がなくなります。そんな覚悟は市民の皆さんは分かっていると思います。
だからけっして妥協しないことです。
生活圏を守ることは各自の自覚です。
市民の代弁者として森さんのこれからのご活躍を心から願っています。

訂正です。
野党3党がバッティングしたのは27の選挙区でした。立憲と共産が21。共産と社民が6。です。
候補者の調整が時間がなくてうまくいかなかったのでしょう。それにしてももったいないです。特に東京は多かったです。正直共産党は12区以外候補者を降ろした方が良かった。そうしたら後2人は当選しました。本当に惜しい。
東京19区。立憲。末松。90540票。共産。杉下。17377票。東京22区。立憲。山花。91073票。共産。阿部。22859票。この二つは合わせれば自民党の候補者を上回ります。立憲の二人は比例で当選しましたが小選挙区でも当選できました。だから確実に二人は増えました。また比例でも立憲の当選者が増えたでしょう。
希望を合わせたらどれだけ当選者が増えるか?。早く新潟のように候補者を一本化して自民党と一騎討ちができるようにしないといけない。一つの党になって共産党が協力すれば自民党に勝てます。一日も早く結集してほしい。選挙だけでなく国会対応の為にも必要不可欠です。安倍政権は間違いなく弱気になってます。
野党に「早く質問しろ」と息巻いていた頃とは全く違います。明らかに野党の質問を嫌がっています。質問時間を減らすなら野党は一致して
全ての委員会の審議を拒否すればいいです。
「安倍一強」という言葉に負けてはいけない。
例え少しでも自公は数を減らしました。
野党はもっと自信をもって強気でいってほしい。マスコミの批判など気にしなくていい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/65951709

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟ショック再び‼️:

« 西村ちなみ候補 | トップページ | 「岩上安身による自由党・森ゆうこ参議院議員インタビュー」を26日受けます。 »

本の予約はこちらから

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31