サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 自由党両院議員総会@小沢一郎事務所 | トップページ | 野党と市民が結集 記者会見@新潟長岡グランドホテル »

自由党の衆議院総選挙への対応について

平成29103

各 位

 自由党 参議院議員 森ゆうこ

 

自由党の衆議院総選挙への対応について

 

1010日公示、22日投開票の衆議院総選挙への自由党の対応について、この間皆様には大変ご心配をおかけしましたが、本日下記のように決定いたしましたのでご報告申し上げます。

 

小沢一郎代表、玉城デニー幹事長は自由党籍のまま「無所属」で戦います。他の元職や新人の公認予定候補者は、選挙区の事情等により本人の判断で、無所属(立憲民主党に参加する可能性あり)が3人、希望の党の公認が3人となります。

私を含めた参議院議員4人は、引き続き自由党参議院議員として、同志の全員当選を目指して、あらゆる野党勢力と共闘してまいります。

この度の総選挙においては、自由党の旗を掲げることができなくなりました。各党に同志がいるため、比例代表に自由党は候補者を擁立いたしません。

 

これまで共に闘い、ご支援をくださっている自由党 党員・サポーター、YMF会員を始め、全国の支援者の皆様に心からお詫びを申し上げます。

 

自由党は、安倍総理の独裁政治を終わらせ、「政権交代」によって民主主義と立憲主義を回復し、国民の生活が第一の政治を実現して、子どもたちに平和な未来を約束するために、この間「結集」をスローガンにして活動を続けてまいりました。

小選挙区制度は、たった一度の衆議院選挙で、まるでオセロゲームのように、政権交代を実現できる制度です。

政権交代を可能にするためには、安倍一強に対して、野党が結集して候補者を一人に絞って戦う必要があります。そのため、小沢一郎代表を先頭に、様々な違いを乗り越えてお互いを尊重するオール野党の結集と共闘を呼びかけてまいりました。

 

去る917日に予定されていた民進党・自由党・社民党による3党首会談では、結集への大きな前進が図られることになっていましたが、直前にキャンセルされてしまい、共産党を含む野党と市民の共闘で政権交代を実現する大きなチャンスを逃してしまったことは、残念でなりません。

その2日後に希望の党が設立され、民進党前原代表と希望の党小池代表の会談が行われ、その後、民進党は希望の党と事実上合流することを両院議員総会において全会一致で決定しました。

 小沢一郎代表は、前原・小池会談には参加していません。従って、会談の中身が具体的にどのようなものであったのか知ることはできませんでしたが、民進党を中心にした野党の結集とオール野党共闘を提唱してきたことから、民進党の決定に添って自由党も連携を模索して今日に至りました。

 

この一週間あまり、正直に申し上げれば、「結集」とは間逆の「排除」という言葉に驚いたこともありました。しかし、もう後ろを振り返ることはできません。

 

結集は間に合いませんでしたが、共闘することはできます。

地元新潟県では、既に、無所属のオール野党共闘が決定!

新潟5 大平 悦子 さん

新潟6区 梅谷 守  さん

 

市民とオール野党はひとつ!!

頑張ります。

 

« 自由党両院議員総会@小沢一郎事務所 | トップページ | 野党と市民が結集 記者会見@新潟長岡グランドホテル »

コメント

森ゆう子議員お疲れ様です。日々の活動を応援しています。安倍総理の突然の理不尽なかいさん。お仕事内閣?がお仕事放棄?したと思ったら、部下の混乱を嘲笑うかのごとく街灯で、仕事で勝負勝負だと。ろくに国会もひらかず、街灯でよびかけても、そのお金被災して復興が遅れているところでは、喉から手が出るほどまわしてほしいとおもいますよ。安倍総理はなにやっているんだ!と批判。野党議員は、一人でも多く当選するように、祈らずにいられません。森ゆう子議員、小沢代表、自由党の皆様は、希望なんですよ。どこからでようとも、人物重視の応援ですから、支持をやめることはありません。小沢代表、玉木デニーさんをはじめ早々たる面々が、無所属で戦う。総理候補の演説をきくような、つもりで見極めたいです。とくに北朝鮮の対応。トップの判断を誤れば、国民は悲惨なことになる。日本は争わない国。武力ではなく、あらゆる知恵を絞って、話し合いの場に参加させてほしいですね。安倍総理が拳を上げて訴えていることは、イミフ(若者がつかっている意味わからない。)と。野党支持者は、意味のわかるトップを一致団結して選びましょう。小池さんは、都知事として、改革も安倍自民党では、無理かなあ何て思いながら、能力のある総理、議員を選ぶための一票を投じましょう。ゆう子議員小沢代表、自由党のみなさま、野党共闘賛同。希望の星が太陽となって、暖かい平和の風を起こしてほしい。どうか皆様一人も倒れることなく、理不尽とたたかい、生活者の支えになってください。お身体大切にしてください。応援しています。

「4年後の為に」という題で自由党と達増知事のブログのメールに一文を書こうと考えています。今回の選挙で政権交代できたはずですが、前原の不誠実によって二転三転ドングリころころとなりました。排除の宣言と踏み絵によって民進は二分し、高額な入会費を払って候補にさせてもらうというボッタクリなやり方を国民が簡単に指示はしないでしょう。自民党以上に、陸山会事件で小沢一郎を守っていた人達は最初から不支持です。オリーブの木ができれば党名は何でも安倍政権を倒す事ができたはずですが、マイナス要因をいくつも自分達で作ってしまったので民進党以上の結果にはならないでしょう。かえって左の受け皿の方が反安倍政治の主張をして民進支持者だった人達にはより近い感覚になりそうです。何しろ法外なお金を入会費に払ってですから、この部分を見ただけでも国民には嫌悪感となります。

中村哲治の前原誠司は変わったという話を信じて、自由党を民進党が吸収する建前を取って、消滅する自由党に対する儀礼として党名を国民党に変える。この形式を取り乍ら、実質的に新しい政党を作る。時間が無いので「国民党」という名前にし、オリーブの木を「国民の声」とする案を中村哲治と自由党に送りました。重要なのは「国民の声」の方で、国民の側からは国民が自分の意思を持って政治に参加する、政治を考える。政治家は国民の側に立って政治を行うという政治の姿の意味を込めました。しかし現状は自分の為に政治をするしか考えない人達ばかりのようです。私のこの考えは本来の保守政治であると思います。フェイスブックでは、小沢=前原で笑顔の写真が続いていましたが、裏切られる結果となってしまいました。前原は二度と相手にされないでしょう。細野も随分と下衆な顔になってしまいました。家計や森友や山口レイプもみ消しを追求しなければならない場面で一院制などと唐変木な話をして、現実に起きている悪政に対する正義の感性がないのが露呈しました。一言でいえば、馬鹿です。希望の党で仮に一定数取ったとしても民進党と同じ茶番を見せるだけでしょう。彼らはそれに慣れてしまっていて変えられないのでしょうが、国民にとっては何一つ良い事が無い政治状態が継続します。ですから紛い物ではなく、本物の政党を4年間で作り次の選挙で政権を取りに行くという構想の話です。原子炉事故処理と拉致事件解決は概ね頭の中では完成していて、これを他人に解るように描くかが課題というところです。原子炉事故処理は特殊な工事方法を取りますが大規模にもなりますが土木工事だけでやって3年で完了させられます。私は中学まで西伊豆の土肥の金鉱山の長屋に住んでいた事が、こうした考えを持つ下地になったと思います。またトナミ運輸時代に三島ー新潟線を担当していて新潟県庁の先の営業所から歩いて日本海を見に行った事もありました。後で、この辺りで恵さん拉致が行われたと知るわけですが、様々に関連する事柄が偶然私の人生に散りばめられていて思考となり解決の案という形になったと思っています。これらは実際に問題を解決する際の参考であっても構わないわけですが、しかしこうした話を聞いてくれる人でなければ云っても無駄にしかなりません。しかし原子炉事故処理はアメリカやソ連は直ぐに終わらせてしまうような事案で、日本の政治家は誰も関わろうとしない状態は異常でしょう。何をして良いのか解らない、実際の事はした事が無いので紙の上の知識しかない、自分の責任になる事はしたくないという自己保身が理由でしょう。この2つの問題を最優先で解決する能力を持った政党が本物の日本の舵取りを担うべき政党となるはずです。このところを「4年後の為に」というテーマで表してみようと思っています。

安倍総理の独裁政治を終わらせるための野党結集を期待していましたが、日々変わる情勢に戸惑い、理解不能になっています。自由党の役割を期待していたのですが。
比例でも自由党の選択がなくなったことはさみしい限りです。せめて3名は無所属でオール野党の枠組みで戦って貰い選挙後、自由党に復帰して欲しいのですが

なにがなんだかねわからない国民不在の選挙になるかとしんぱいしていました。
お互い信義の上に立ってことを進めないと 大義が崩れます。
幸い枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げ、フォロー数では一日にして8000i人
完全に希望の党を抜くいきおいであります。今回は民主党も立派な旗のようで
リベラルとして二極の片棒になりそうです。一方希望の党は予想通り、大阪知事
橋下、さらにパソナの竹中まで加わっての人気も落下傾向になりました。
最期に細川の殿の「こざかしい」の一言が希望の党の真実のようです。
もう謀などにかかわっている時ではないと思います。野党統一と市民連帯これさえ完成すれば、新日本の成立です。がんばってください。ご健闘をいのります。

小沢一郎と共に闘うあなたは素晴らしい。
正しいことをしている小沢一郎さんしか
この日本を変えるために生まれてきた方は
いないようですから。そうなる日を願って
います。そうなったら、皆さんで鹿児島の
出水ひかり郷にこの世を変える力を貰いに
こられたらよいと思います。
川内ひろしも小沢さんと共に闘うとよいの
ですが。なかなか勇気のいることですから
ね。応援しています。

この数週間の動きを見させて頂き、安倍政権を終わらせる千載一隅のチャンスであるとの認識につきましては、私も同意いたしますが、野党結集の受け皿となるべき希望の党につきましては、はっきり申しまして信用できません。野党結集の受け皿ではなく、安倍以後の自民公明政治の受け皿に見えて仕方がありません。自由党の方々がお示しになった判断に同意いたします。

「あらゆる野党勢力と協力する」
この為には今回の判断はベターだと思います。
勿論希望を含めた野党の結集が理想でした。しかしそれは現実には共産党など自民党補完勢力と批判する野党がある以上難かしいことはわかります。だからといって希望を野党勢力に入れなければ選挙は勝てず、自民党の思うつぼになります。これでは正直話になりません。自民、
公明、維新以外が一つにならないと安倍政権を倒せないのは明らかです。国会議員が当選することを考えるのは悪いことではありません。
希望は所詮自民党と同じと言って敵視したらいけません。決まった数の中でどうやって過半数を取るか。結集して一つの党になれないなら、
せめて選挙協力はしないと意味はありません。
その意味で森さんの同志が希望の党の公認になったのはとても意味のあることです。
自由党には3野党と希望の橋渡し役をして下さい。希望を第2の維新にしたらいけません。
小沢氏は「安倍政権を倒すことで一致する」と言いました。非自民連立政権は決して夢ではありません。後は一人でも多くあらゆる野党の候補者が当選することを祈るだけです。与党と言わない以上希望は野党なのですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58639/65870626

この記事へのトラックバック一覧です: 自由党の衆議院総選挙への対応について:

« 自由党両院議員総会@小沢一郎事務所 | トップページ | 野党と市民が結集 記者会見@新潟長岡グランドホテル »

本の予約はこちらから

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31