サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

« 沖縄「辺野古野党合同視察」(1) | トップページ | 真に国民を幸福にする政治を実現するために、野党は結集を! »

沖縄「辺野古野党合同視察」(2)

第8回埋め立て承認撤回の”執行停止 ”抗議 野党合同ヒアリング
出席省庁:沖縄防衛局
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー
C1_2 C2_2

« 沖縄「辺野古野党合同視察」(1) | トップページ | 真に国民を幸福にする政治を実現するために、野党は結集を! »

コメント

                   2019 年 1 月 16 日
※※専決等不可※※
内閣総理大臣 殿
厚生労働大臣 殿
 大臣官房人事課長 殿
 職業安定局長 殿
労働局長 各位
(参考)
人事院総裁 殿
法務大臣 殿
 法務局長 各位
総務大臣 殿
 行政評価局長 殿
 地方管区行政評価局長 各位
報道機関 代表者 各位
人権団体 代表者 各位
労働団体 代表者 各位
外 関係各位
                  ■ ■   ■ ■

   ※※重要※※
   障がい者によるハローワークプラザ等の公共職業安定所出先機関の利用可否について(照会)
 先般通報済みの「厚生労働事務官等による違法行為=ハローワークプラザ柏による障がい者差別事件について(人権侵犯被害申告)(公益通報等)」と題した文章で述べた通り,その都度,厚生労働省本省へ通報し,後にプラザにおける障がい者拒絶の対応が間違いであり,これの是正及び全国のプラザ等安定所職員への当該事件の注意喚起をする旨のご回答をいただくものの,時を経て,又は場所を変えて,同様の事件を繰り返されるので,改めて,標記について,ここに照会いたします。
 ハローワークプラザ等の公共職業安定所の出先機関における障がい者による利用等は,これを禁止又は禁忌,忌避若しくは抑制等されているのでしょうか。
 また,禁止等されているようであれば,障がい者差別解消法の規程を棄却すべく上位法若しくは特別法の存在又はこれの解釈の証左をお示しいただけますでしょうか。
 そして,当該出先機関において,これに障がい者立入り禁止の文言を明確に表示するとともに,その旨,労働局及び安定所本体の庁舎にも掲示し,ウェブサイト上にも登載し,リーフレット等も配布し,併せて「ハローワークプラザ等出先機関における障がい者による利用の禁止令」も発令され,その周知徹底をしてください。


     nekosirobuti0418@yahoo.co.jp
     〒300-3592
     茨城県結城郡八千代町大字菅谷1170番地
       大久保 司 (おおくぼ まもる)

【視察すべきは最高裁判所〔裁判官会議〕】

 前沖縄県知事が提起した上告の理由には、民事訴訟法 第三編 第二章 第三百十二条1項に掲げる「憲法の違反があること」として、第十四条1項に反する旨の主張がある。

 これに対し、最高裁判所 裁判官会議は、その定めた規則により、裁判所法 第二編 第十条の規定に反し、原則として、裁判をする〔当事者の主張に基いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを判断する〕ことができない合議体〔小法廷〕に事件を配塡し、その合議体は、「意見が前に大法廷でした、その法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するとの裁判」の理由の記載を付していない定型文により却ける権〔強制〕力を行使している。
___

憲法 第六章 第十四条1項
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

裁判所法 第二編 第十条
 事件を大法廷又は小法廷のいずれで取り扱うかについては、最高裁判所の定めるところによる。但し、左の場合においては、小法廷では裁判をすることができない。

 当事者の主張に基いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを判断するとき。(意見が前に大法廷でした、その法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するとの裁判と同じであるときを除く。)

 前号の場合を除いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合しないと認めるとき。

 憲法その他の法令の解釈適用について、意見が前に最高裁判所のした裁判に反するとき。 
  

以下の事実をマスコミ各社は把握していると思われるのですが報道されない事が不思議で成りませんが、「辺野古沖新基地建設」に、何の意味が有るのか不思議です。

辺野古新基地は滑走路が短い為、緊急時には那覇空港・自衛隊基地など4施設の「代替使用」が求められており、「実質的には無意味」だと米軍に宣告されている状態です。

「普天間からの移設」とも言われますが、当初「無条件移設」の筈が、現在では確か「9項目の条件」が付され、辺野古基地とは切り離された状態なので、何時「返還・閉鎖される」のか全く不透明です。

しかも160億円で購入し、米軍基地として使用予定の「馬毛島」を普天間・辺野古の代替施設として運用すれば、「埋め立ては全く不要」になります。

その上、2005年日米の外務・防衛大臣による「2+2合意」で、島嶼部・ミサイル・テロなどの防衛は各国が独自に行うとされ、「日本の有事」に米軍は一切動く事は有りません。

一体「何の為」に埋め立てるのでしょう?

この事実を是非国会で取り上げて頂ければ幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄「辺野古野党合同視察」(2):

« 沖縄「辺野古野党合同視察」(1) | トップページ | 真に国民を幸福にする政治を実現するために、野党は結集を! »

本の予約はこちらから

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31