サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

資料サイト

森ゆうこを応援

ご意見

森ゆうこtwitter

森ゆうこ動画

週刊文春への謝罪要求文

平成23527

週刊文春編集部

デスク 鈴木 康介 殿

参議院議員 森 ゆうこ

週刊文春平成2362日号について

 週刊文春平成2362日号36ページ『“小沢有罪”の3点セットが揃った!法廷傍聴記森功ノンフィクションライター』の記事に関して、私、参議院議員森ゆうこは平成23427日の陸山会事件第10回公判を傍聴しておりません。したがって、裁判長に注意を受けた事実があるはずもなく、森ゆうこに関する記述は全くの事実無根です。また、「下品な笑い声」や「川村の証言を揶揄するかのような態度」などと書かれることは私に対しての侮辱であり、強く抗議するとともに以下のことを求めます。

1.      ただちに事実無根の記事を訂正すること。

2.      私、森ゆうこに対する謝罪文を次号の週刊文春に掲載すること。

(5月27日19:50週間文春へFAX送付済み)

以上

コメント

かかる下品な記事をねつ造する品格なきメディアを糾弾する。
公器を悪用して個人を貶めようとするメディアに謝罪を要求するだけでは不十分です。直ちに訴訟を起こすべし。従来から謝罪と訂正文だけを要求することにとどまっているから、かかる捏造記事がなくならない。要求するなら新聞紙上とし謝罪記事を載せる場所(社会面とか政治面)と記事のサイズを指定すべし。実行された場合にも重ねて提訴すること、賠償金を要求することを同時に行うべし。国会議員を侮辱したということで、侮辱罪で訴えるべし。

<参議院議員森ゆうこは平成23年4月27日の陸山会事件第10回公判を傍聴しておりません。>
この事実の確認だけで良いようですね。
「文春」を買うか?
それは「売春」をするか、と同じような馬鹿馬鹿しさです。

大変失礼な記事のようです。
大手メディア、週刊誌等に、この種のデタラメが横行していますが、これらを徹底的に懲らしめることが必要と考えます。
それを徹底しないと、間違いが世論となっていきます。

「見てきたように嘘を言う」文章を載せなければならないほど、
追い詰められているのかもしれませんね。
バカを相手のときじゃないけど、
詰めを誤らないように、頑張ってください。

平成23年4月27日の陸山会事件第10回公判の時、国会にいた事のアリバイを固めておいた方がいいと思います。向こうは「週刊誌」という破壊兵器を使ったんですから、感情的な肉弾戦はまずいと思います。まずは証拠を固めて「虚偽」であることを認めさせ、週刊文春の読者を納得させるように手を打ったほうがいいのでは?たとえば、その時国会にいたという証拠とともに「週刊文春が虚偽の記事を載せた」ことを新聞に発表するとか。たとえば宿敵の読売新聞とか。徹底的にやっつけないと。週刊文春の謝罪記事じゃ足らないよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

本の予約はこちらから

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31